「資本金区分」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年7月30日公正取引委員会★★フィードバック数:0エンタテインメント

テレビ番組制作の取引に関する実態調査報告書

...ビ番組制作会社が厳しい取引環境に置かれていることがうかがえる。公正取引委員会としては,テレビ局等がテレビ番組制作会社に今後の取引に影響が生じる旨を示唆するなどして,著作権の取扱いについて,一方的に自己に有利な条件を定めたり,協議の要請自体をさせないようにする行為は,優越的地位の濫用規制上問題となり得る行為であることを周知していく必要がある。さらに,こうした行為が,下請法上の資本金区分に該当するテレビ局等とテレビ番組制作会社との間で行われた場合,優越的地位の濫用規制上問題となり得ることはもとより,下請法上も問題となり得るところ,本調査の結果においては,優越...

2014年6月22日公正取引委員会★フィードバック数:0ライフスタイル

公正取引委員会の調査です。

食品分野におけるプライベート・ブランド商品の取引に関する実態調査報告書

...として下請法上の「製造委託」に該当する。また,下請法上,この製造委託に関して下請法の適用対象となる取引は,資本金3億円超の小売業者等と資本金3億円以下の製造業者等の間の取引となっている。そして,この資本金区分に該当する「製造委託」の取引において,下請法が禁止する行為類型に当たる行為が行われた場合には,原則として下請法上問題となる。下請法が禁止する行為類型と,優越的地位の濫用として問題となる行為類型には共通する行為類型があるところ,その共通する行為類型について,図3にお...

15年1-3月期特別項目結果~設備投資動向について~

...る見込みで規模が大きくなるにつれて投資額は上がり、資本金が「5,000 万円超」から全体を上回る投資額となり、14 年度は「3億円超」で1社当たりの投資額が2億円を超える結果となった。増減率をみると、「1,000 万円以下、個人」ではマイナス 53.3%と、5割を超える下落幅となる見込みである。資本金規模が小さいほど下落幅が大きくなる傾向があり、中小・零細企業の慎重な投資スタンスがみてとれる結果となった。表2 1社当たりの投資額        (単位:百万円、%)資本金区分回答社数全体1,000万円以下、個人1,000万円超~5,000万円以下5...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ