「資産市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

米国・欧州主要国の景気概況(2013年3月)

...I.米国経済・景気概況: 緩やかな回復が続く・最高値を更新した米株価・主要経済指標II.欧州経済1.ユーロ圏:景気が弱含む中で追加利下げを模索するECB・欧州委員会『2013年冬期経済見通し』に見る政策当局の景況感2.英国:景気の弱い動きが続く中で資産市場に明るい動き...

安倍政権の経済政策と2013 年・2014 年の日本経済

...安倍政権の経済政策と2013 年・2014 年の日本経済 2013/12/26経済・社会政策部 片岡剛士早いもので2013 年の終わりまで数日となった。2013 年の日本経済のメイントピックはアベノミクスと言えるだろう。安倍首相が提唱した「大胆な」金融政策、「機動的な」財政政策、「民間投資を喚起する」成長戦略の三本の矢からなる経済政策-アベノミクス-に対しては当初から様々な議論があったが、円安・株高といった資産市場の好転のみならず、2013 年1-3 月期及び4-6 月期の実質GDP 成長...

2013年10月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀の次の一手、来年3月追加量的緩和か

...との乖離が広がり環境が悪化するなか、「追い込まれて行う」対応は避けたい。また、年度内の支援は市場に優しい。以上の観点を総合すると、筆者は2014年3月のタイミングを想定している。下記の概念図は日銀の足元の金融政策による資金フローを示す。異次元の金融緩和では、ベースマネーを2倍に拡大させ、図表の左にあるマネーフローの入り口からの量的緩和として資金供給を拡大させ、長期国債保有額の倍増、ETF保有額の倍増が目標とされた。その効果は、ルート①で為替の円安効果、ルート②で国債支援とポートフォリオ・リバランス効果による資産市場支援にある。第3の課...

2013年3月27日大和総研フィードバック数:3社会/政治

日銀新体制に期待される金融政策の中身

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日銀新体制に期待される金融政策の中身債務デフレ要因を払拭していくことがポイント ◆2013年3月20日、日銀新体制が始動、金融緩和の追加策が注目される。◆実質金利を欧米並みのマイナスにするまで金融緩和を続けることが必要。◆金融政策決定のうえで、資産市場動向を勘案していくことの重要性が増していく。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポ...

2013年10月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

なぜ貸出拡大の実感がないか、なにが必要か?

...対応として投資抑制等を緊急に行う行動は即座に行われやすいが、前向きに投資を行うことや賃金引上げへの方針転換には「年度」の時間軸が必要だ。下記の概念図は、日銀の足元の金融政策による資金フローを示す。今年4月の異次元の金融緩和は、ベースマネーを2倍に拡大させ、図表の左から右への流れで量的緩和として資金供給を拡大させる。その効果は、ルート①で為替の円安効果、ルート②で国債に向かい、さらにポートフォリオ・リバランス効果による資産市場支援にある。究極の目的が貸出拡大にあるとすれば、ルート①・ルート②はその「副作用」に過ぎない。しかし、当面...

2013年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外資金がアジア経済に与える功と罪 ~年末にかけて再び景気維持と物価安定の舵取りを困難にする種になろう~

...な景気拡大が続くアジア新興国には海外資金が流入しており、株式や不動産といった資産市場は活況を呈している。過去の金融市場の混乱を経て投資家の姿勢は慎重さが窺えることから、国ごとに状況は異なるなどファンダメンタルズを反映した動きもみられる。ただし、先行きも比較的高い成長が期待出来るアジアには今後も資金流入が起こると見込まれ、内需の押し上げを通じて各国景気を下支えすると予想される。 足下のインフレ率は低位に留まる中、各国は金融緩和を通じて内需下支えを図っている上、外需の回復も見込まれることから、先行きの景気は緩やかに底離れが進むと期待される。一部...

2014年2月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀の追加緩和には「異次元」の発想も

...の概念図は日銀の足元の金融政策による資金フローを示す。異次元の金融緩和は、長期国債保有額の倍増、ETF保有額の倍増という量的緩和によって、ベースマネーを2倍に拡大させ、図表の左から右への流れで資金供給を拡大させることを狙ったものである。具体的には、ルート①で為替の円安効果、ルート②で国債支援とポートフォリオ・リバランス効果による資産市場支援が目的である。ただし、このルートにおける大きな担い手は事実上、海外投資家であり、このポートフォリオ・リバランス効果は国内投資家では顕著には確認できていない。図表で、究極の目的が貸出拡大にあるとすれば、今年2月の...

2014年2月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し、米欧中心に改善、ネオ・デカップリング

...税率引上げにともなう減速はあるものの、先の世界的な景気回復に加え、世界的な金融緩和に伴う資産市場の押し上げと円安によって、自律的な回復に繋げることができるかが試される重要な局面にある。従来から議論してきたように日本にとって2014年前半は自律的回復軌道入りできるかの正念場だ。1「2013・14・15 年度内外経済見通し」(みずほ総合研究所 『内外経済見通し』 2014 年 2 月 18 日)当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり、商品の勧誘を目的としたものではありません。本資料は、当社...

2014年12月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界の金融関係者が注目する市場変動要因はなにか

...マンショック等の変動に対処したグローバルな金融規制は強化されており、その規制がもたらす副作用が問題視されている。同時に、先進国で中央銀行による金融緩和が続く中、いずれどこかに信用拡大の芽、バブル的な予兆が出てくるのではないかについての関心が高かった。今回のMMGは、丁度、日銀が10月末に金融緩和を行った直後であり、また、ECBの追加緩和観測が強まっている局面で開催されただけに、大量の流動性の供給及び市場の緩和期待が、どのように影響するかが関心の中心になった。日本や欧州の事例を振り返り、緩和資金は結局、海外に向かって為替の下落を招くだけではないか、資産市場...

2014年8月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界は金余りだがまだバブルでないと考える理由

...マンショック以降、さらに名目GDPとマネーサプライの乖離が大きくなっている。こうした状況の継続が、世界的な金余りによる資産市場のより一層の膨張を生じさせやすいと考えられる。■図表:米国のマーシャルのkの推移(%)【米国】0.7535マーシャルのk0.700.65日本のマーシャルのkの推移30【日本】1.81.60.60200.55150.50100.455トレンドからの乖離(右目盛)0.35‐5(年/四半期)‐100.3000020406081012151.4101.251.0000.4020マーシャルのk25トレ...

2014年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の「長期停滞論」と「日本化」

...多くの市場参加者が想定してきた水準に比べ低い水準であるのは間違いないにしても、その水準が大幅にマイナスなのか、ゼロ近傍に止まるかは推計が難しい。いずれにしても、当初想定よりも自然利子率は低く、その結果、金融政策の出口においてFF金利の引き上げのタイミングが想定よりも遅くなることで金融緩和が長期間になることが予想される。その世界経済へのインプリケーションとしては、需要不足の状況に伴い実物経済が低迷すると同時に、過度な金融緩和が資産市場でバブル状況を引き起こしやすくなることが考えられる。こう...

2014年7月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国住宅はバブルか

...割高0割安‐100‐10割安859095000510‐2085(年)9095000510(年)(注)1992~2002 年の平均値を用いて適正水準を計算。(資料)S&P、米国労働省よりみずほ総合研究所作成この背景には、大幅な住宅バブルのあとで家計行動がまだ慎重であること、同時に資金供給を行う金融機関の姿勢にも慎重さが残存することがあろう。ただし、現段階の中央銀行の姿勢が、2000年代に比べて極端に緩和的であることを踏まえれば、いずれかの段階で生じうる住宅市場も含めた資産市場の不安定さには、引き...

2013年10月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

建設業は19年ぶりの水準、持続性は?

...り調査方法が訪問調査から郵送調査へと変更になったため、2013 年 4 月以降の値については郵送調査の値にリンク係数を加えて算出。(資料)内閣府「消費動向調査」よりみずほ総合研究所作成アベノミクスの三本の矢とされる、①金融政策、②財政政策、③成長戦略のなかで、①金融緩和に伴う円安と株高効果に加えて、②財政政策の建設業への波及が既に表れたのが、本論の建設業の業況判断や消費マインドの改善にある。以上の効果は、金融・財政政策が実行されること、または行われるとの期待から、即座に顕現化しやすいものである。なかでも期待が反映されやすい株式市場等の資産市場...

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し、2014年に向けて米欧中心の改善に

...らも経済に不確実性を与えているが、日米欧はバランスシート調整からの正常化の流れでの緩やかな改善に向かうというのが2014年に向けた基本シナリオである。日本の状況は、世界的な景気回復に加え、世界的な金融緩和に伴う資産市場の押し上げと円安によって、2014年には、消費税率引き上げに伴う減速があるものの、自律的な回復に繋げる重要な局面にある。1「2013・14 年度内外経済見通し」(みずほ総合研究所 『内外経済見通し』 2013 年 11 月 15 日)当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり、商品...

2013年6月24日日本総研フィードバック数:0社会/政治

数字を追う-パラダイム変更後の政策下の金融・経済動向

...Research Focushttp://www.jri.co.jp2013 年 6 月 21 日No.2013-0008数字を追う ~パラダイム変更後の政策下の金融・経済動向調査部 主席研究員 吉本澄司《要 点》 2012 年末以降、株式などの資産市場は、経済活性化やデフレ脱却など政策への期待など、予想の変化に影響を受けて価格が動いてきた。しかし、5 月下旬以降、期待の揺らぎ、海外要因への懸念などによるリスクオンを受けて、不安定化した。 このような状況に関して評価を急ぐ動きもあるが、パラ...

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook バブルモニタ(ドーマー条件) 条件成立が濃厚に

...を満たすと財政健全化が担保されやすいとされるが、一方でこの状態が長く続くと資産市場で過剰なリスクテイクが助長されるというジレンマを抱える。米国では、ITバブルや住宅バブル期にドーマー条件が成立していたほか、直近でもQE3実行下でこの状態が成立している。足もとで一部地域の住宅価格が前年比25%程度も上昇しているのは、FED高官の言うところの「過剰なリスクテイク」かもしれない。一方、これまでの日本はデフレ下において名目成長率が名目金利を下回る状態が続いたため、ドーマー条件は成立しないことが多かった。これは同時にリスクテイク意欲を萎縮させた。しか...

2013年3月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪ドル相場は上値を追いにくい展開が予想される ~景気は依然底這いの中、追加利下げの可能性は燻る

...価格の下落などに伴う交易条件の悪化により国民所得に下押し圧力が掛かったことや、雇用環境の悪化などにより個人消費は依然として力強さを欠いている上、政府による歳出削減の動きも景気を下振れさせている。他方、金融市場の不透明感の後退により、不動産や株式をはじめとする資産市場への資金流入の活発化により住宅投資に底打ちの動きが出ているものの、昨年9月に始まった炭素価格制度及び鉱物資源利用税の影響で鉱業部門などを中心に設備投資はピークアウトしており、民間部門による投資鈍化は景気の足かせになっている。同国経済は意外に内需依存度が高いことから、様々...

2013年9月20日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

長期不況下における郵便貯金の資金的役割 -定期貯金満期資金をめぐって-

...用が預貯金市場に大きな影響を及ぼしたことが伺える。郵便貯金との関連では、バブル崩壊後、90 年代半ばまでは金融市場がまだ決定的な危機的状況に至っていなかったことが注目される。この段階では、危機は証券市場を中心とした資産市場にとどまっており、国民には金融市場全般を脅かし、実体経済にも甚大な影響を及ぼすシステミック・リスクが進行しているという実感はなかったと考えられる。金融自由化過程を通じ、直接金融への移行の巨大なうねりをみせた証券化の動きが、バブル崩壊と金融不安によって頓挫したとはいえ、それ...

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

...まで、「薪が乾くまでに」至る前に景気回復が終ってしまい、その結果、「もう何をやっても駄目だ」との悲観に陥ってしまったと考えればいい。図表 2「異次元の金融緩和」によるマネーフロー概念図金融政策財政政策量的緩和ベースマネー2倍国債増発貸出減少ベースマネーマネーサプライ  ルート①貸し出し    ルート②   為替下落信用収縮  国債支援現 金・外貨自国通貨安長国保有額2倍短期商品クレジット商品資産市場国債ETF保有額2倍企業セクターポートフォリオリバランス効果(資料)みず...

2013年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2013年10月、基本的見解)

...経済の動向など不確実性は大きいものの、リスクは上下にバランスしていると評価できる。物価の中心的な見通しについても、中長期的な予想物価上昇率の動向を巡って不確実性は大きいものの、リスクは上下に概ねバランスしていると考えられる。より長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、現時点では、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されない。もっとも、政府債務残高が累増する中で、金融機関5日本銀行「金融政策運営の枠組みのもとでの「物価安定の目標」について」(2013 年1月 22 日)参照。6の国...

2013年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米金利の本格上昇は年後半 ~財政の崖クリア後はスティープ化進展

...生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1財政の崖クリア後の米景気は株高を背景に潜在成長率を上回る公算財政の崖の残りは、FRBの手足を縛っているだけでなく、市場にもリスクを取りにくい材料として影響を及ぼしている。その分だけ、同問題が解決した後には、市場のリスク許容度に改善する余地がある。この場合、FRBが行っているQE3などによって生じている過剰流動性がリスク性資産市場...

2014年7月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 政策『微修正』が奏功して景気底入れ ~リスク要因がくすぶるなか、今後も構造改革は先送りされるのか~

...のインフレ率は政府による通年目標(3.5%)を大きく下回っている上、川上の物価である生産者物価は2年半近く前年を下回る伸びに留まっており、景気に対する不透明感が重石になっていることから、当面急上昇するとは想定しにくく比較的安定した動きが続くと見込まれる。しかし、足下の景気が依(出所)国家統計局, THOMSON REUTERS より作成然として共産党・政府が打ち出した『望ましい』方向に必ずしも向かっていないこと、同国では過剰流動性が不動産など資産市場のかく乱要因になってきたことを勘案すれば、政策の『微修正』から...

2013年4月30日日本銀行フィードバック数:50社会/政治

経済・物価情勢の展望(2013年4月、基本的見解)

...わち金融政策運営の観点から重視すべきリスクについて点検すると、中心的な経済の見通しについては、海外経済の動向など不確実性は大きいものの、リスクは上下にバランスしていると評価できる。物価の中心的な見通しについても、中長期的な予想物価上昇率の動向を巡って不確実性は大きいものの、リスクは上下に概ねバランスしていると考えられる。より長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、現時点では、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す5動きは観察されない。もっとも、政府債務残高が累増する中で、金融機関の国債保有残高は高水準である点には留意する必要がある6...

2015年4月30日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2015年4月、基本的見解)

...を安定的に持続する成長経路へと移行していく可能性が高いと判断される。次に、第2の柱、すなわち金融政策運営の観点から重視すべきリスクについて点検すると、中心的な経済の見通しについては、海外経済の動向などを巡る不確実性は大きいものの、リスクは上下にバランスしていると評価できる。物価の中心的な見通しについては、中長期的な予想物価上昇率の動向などを巡って不確実性は大きく、下振れリスクが大きい。より長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、現時点では、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されない11。もっとも、政府...

2014年4月30日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年4月、基本的見解)

...の動向など不確実性は大きいものの、リスクは上下にバランスしていると評価できる。物価の中心的な見通しについても、中長期的な予想物価上昇率の動向などを巡って不確実性は大きいものの、リスクは上下に概ねバランスしていると考えられる。より長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、現時点では、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されない9。もっとも、政府債務残高が累増する中で、金融機関の国債保有残高は、このところ減少しつつも引き続き高水準である点には留意する必要がある。金融政策運営については、「量的・質的...

2014年5月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年4月、全文)

...長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、現時点では、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されない9。もっとも、政府債務残高が累増する中で、金融機関の国債保有残高は、このところ減少しつつも引き続き高水準である点には留意する必要がある。金融政策運営については、「量的・質的金融緩和」は所期の効果を発揮しており、今後とも、日本銀行は、2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで、「量的・質的金融9詳しくは「金融システムレポート」(日本銀行 2014 年4月)を参照。8緩和」を継...

2014年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年10月、全文)

...の動向や消費税率引き上げの影響など不確実性は大きいものの、リスクは上下にバランスしていると評価できる。物価の中心的な見通しについては、中長期的な予想物価上昇率の動向などを巡って不確実性は大きく、下振れリスクが大きい。より長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、現時点では、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されない11。もっとも、政府債務残高が累増する中で、金融機関の国債保有残高は、漸減傾向が続いているが、なお高水準である点には留意する必要がある。金融政策運営については、「量的・質的金融緩和」は所...

2014年11月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し~「トリプルメリット」が押し上げる日本経済~

...経済の下振れリスクには警戒が必要○ 世界的な金融緩和継続での市場の不安定化に留意・ スキュー指数(※)が高めの水準で推移するなど、一部のリスク警告指標は相場調整リスクの高まりを示唆・ 中国や欧州経済の一段の下振れやバブル懸念が意識される金融・資産市場の不安定化、地政学問題の深刻化など、世界経済を下振れさせる要因は多く、一定の警戒が必要※「テール・リスク」や「ブラック・スワン・イベント」と言われるような極端な事象(突発的に発生する大幅な相場下落)が発生するリスクを示す指標【 スキュー指数 】【 2015年にかけての主なリスク 】150...

2013年4月25日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度総合調査研究(為替に関する調査)報告書

...収支の不均衡は為替相場の変動による経常収支の変化に基づき調整されると考えられていたためである。また、短期的な経常収支の不均衡は、民間投機家や通貨当局の公的介入による資本移動により均衡に向けて調整されると想定されていた。しかしながら、経済収支の不均衡が長期的に維持される等の現状を考慮すると、現実の変動相場市場を十分に説明することができないという見方が 1970 年代半ば以降一般的になり、主流の考えではなくなっている。2)アセット・アプローチ短期的には調整速度の速いストックとしての資産市場の需給で決定されるというアセット・アプローチが着目されるようになった。この理論では、資本...

2013年5月1日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

[みずほリサーチ]2013年5月号

...の投機家が円キャリー取引(低金利の円で資第一に、企業や個人の投資・消費マインドを喚起さ金調達を行い、高利回りの海外資産などを購入すせる成長戦略の速やかな実行だ。ボールは日銀サイる取引)を拡大することも考えられる。金融緩和にドから政府サイドのコートに移っている。金融政策伴う海外の資産市場やマネーフローへの影響を注というアベノミクスの 1 本目の矢が強烈であっただ意深く見守る必要がある。けに、3 本目の矢である成長戦略、すなわち、大胆な規制緩和や民間投資の支援策が待たれるが、成長...

2014年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年10月、基本的見解)

...長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、現時点では、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されない11。もっとも、政府債務残高が累増する中で、金融機関の国債保有残高は、漸減傾向が続いているが、なお高水準である点には留意する必要がある。金融政策運営については、「量的・質的金融緩和」は所期の効果を発揮しており、今後とも、日本銀行は、2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで、「量的・質的金融緩和」を継続する。その際、経済・物価情勢について上下双方向のリスク要因を点検し、必要...

2013年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2013年10月、全文)

...の中心的な見通しについても、中長期的な予想物価上昇率の動向を巡って不確実性は大きいものの、リスクは上下に概ねバランスしていると考えられる。より長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、現時点では、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されない。もっとも、政府債務残高が累増する中で、金融機関の国債保有残高は引き続き高水準である点には留意する必要がある6。5日本銀行「金融政策運営の枠組みのもとでの「物価安定の目標」について」(2013 年1月 22 日)参照。6詳しくは「金融...

2013年9月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

地価変動と住宅投資-VARによる実証分析-

...和美・國則守生・井上徹・村瀬英彰(1997)「設備投資と土地投資:1977-1994」,浅子和美・大瀧正之(編)『現代マクロ経済動学』,東京大学出版会,323-349 頁.井出多加子・倉橋透 (2011)『不動産バブルと景気』,日本評論社.井出多加子・田口輝幸(1999)「担保契約による貸出市場と土地市場の相互作用-地銀パネルデータによる均衡分析の統計的検証」,『日本経済研究』,第 38巻,201-227 頁.小川一夫・北坂真一(1998)『資産市場と景気変動』,日本経済新聞社.小川一夫・得津...

2015年5月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2015年4月、全文)

...経済の動向などを巡る不確実性は大きいものの、リスクは上下にバランスしていると評価できる。物価の中心的な見通しについては、中長期的な予想物価上昇率の動向などを巡って不確実性は大きく、下振れリスクが大きい。より長期的な視点から金融面の不均衡について点検すると、現時点では、資産市場や金融機関行動において過度な期待の強気化を示す動きは観察されない11。もっとも、政府債務残高が累増する中で、金融機関の国債保有残高は、漸減傾向が続いているが、なお高水準である点には留意する必要がある。金融政策運営については、「量的・質的金融緩和」は所...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ