「軍事政権」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ミャンマーのリスクシナリオは大統領選での民主派台頭

...空白を改めて意識する面が多かった。筆者が抱いていたミャンマーに関する固定観念は、50年の空白は軍事政権による暗黒時代であり、そうした状態がアウンサンスーチー女史率いる民主化勢力の台頭によって雪解けが生じてきたとするものだった。一方、当方が現地の実業界とのヒアリングで耳にしたのは、今年の最大のリスクは2015年末までの実施が予定される総選挙で、アウンサンスーチー女史率いる民主化勢力が台頭し、大統領に就任することだった。それは、我々が当然視する「民主化=正義」との認識とは異なるものだった。その背景を考えれば、ミャ...

ミャンマー経済の現状と今後の展望

...○ミャンマーは、かつてのビルマ式社会主義による事実上の鎖国状態と、その後の軍事政権の民主化抑圧に対する国際社会からの制裁のため、約50年にもわたって世界経済からほとんど隔絶されたような状態にあった。しかし、文民政権成立(2011年)後に、欧米諸国の対ミャンマー制裁が緩和されたことを契機に、ミャンマーは、一躍、アジアのラスト・フロンティアとして脚光を浴びるようになった。○文民政権のもとでの経済開放・自由化や外国企業の対ミャンマー投資拡大などを追い風に、ミャンマー経済は高成長を続けており、足元...

アジア新興国・地域の経済見通し~原油安の恩恵で、内需中心の安定成長へ

...のリスク要因としては、引き続き新興国からの資金流出の加速が挙げられる。利上げに向かう米FRBの市場との対話の失敗や中国経済のハードランディング、資源国の通貨危機や財政危機は、そのきっかけになりうるだろう。地政学的リスクとしては、ウクライナやイスラム国の問題はアジア新興国としても無視できるものではない。また、タイでは軍事政権からの民政移管を混乱なく乗り切ることができるか、注意する必要がありそうだ。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮ら...

ミャンマー在留邦人のメンタルヘルス環境に関する調査

...フラ、文化、日本人社会の規模などの要素によりメンタルヘルス環境が大幅に異なることを肌で感じてきました。一方で、グローバリゼーションのなか、たとえばメディアで最後のフロンティアと表現されるアフリカ等、これから新たに企業進出を開拓し拡大してゆかなければならない進出先があります。そこで、勝田研究室では日本企業群が今後、進出段階・規模に応じてどのような支援が必要になるのか提言に結びつけるべく、科研費の支援をいただきながら、現地調査、日本国内では企業への調査など並行して進めています。ミャンマーはかつて軍事政権...

2014年3月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本人が親しみを感じない国

...力の拡大を背景にした中国側の強気の対日姿勢などを反映したものかもしれない。韓国は、かつては軍事政権下での人権問題などのイメージからか、ロシアほどではないものの中国やアメリカに比べ親しみを感じない人が多く、半数はそうであった。その後、民主化等に加え、韓流ブームなどもありどんどん減少していたもののやがて止まり、2012年には劇的に悪化した。朴・現大統領就任前であることに留意すべきであろう。現在は、図にはないがインドや東南アジア諸国を追い抜き、日本人が親しみを感じない国第3位である。この間、名目GDPの拡大ペースは中国はもちろん、日本に比べてもはかばかしくない。国民...

2013年10月25日大和総研フィードバック数:0ビジネス海外

消費市場としてのミャンマー進出 ~その魅力と課題点(前編)~

...を得る年齢層と考えられ、家庭を築くなどして、消費を牽引していく層であると期待される。また、若い世代は一般に新しい文化や価値観を受け入れやすいため、日本製品を含めて海外の製品の購買にも抵抗感が少ないと考えられる。 経済成長性ミャンマーは2011年3月に軍事政権から民政移管し、経済改革を急ピッチで進めている。市場経済の発展が進み、経済開放に動き出していることが評価され始めている。今後の経済成長に伴う国民の所得上昇、すなわち購買力のアップが期待できる。新外国投資法外国企業がミャンマーへの進出を検討する場合、関連...

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ミャンマーにおける教育ビジネスの可能性

...ような教育分野における外資企業を含む民間事業の進出が、ミャンマーの子供の教育機会を拡大し、より良い教育を受けて成長した人材がミャンマーの発展を持続可能にするならば、国際協力としての人材育成分野への貢献ともいえよう。(※1)ミャンマーでは2000年から高校までの11年間を基礎教育とし、大学以上の教育を高等教育としている。増田知子著「ミャンマー軍事政権の教育政策」、工藤年博編『ミャンマー軍事政権の行方』調査研究報告書、アジア経済研究所、2010年、5-1~5-20ページ。(※2)学校の教師は公務員であり、副職をしてはならない。しかし、低収...

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成25年度 新興国での新中間層獲得による日本再生事業(南部経済回廊に関する課題検討調査)調査報告書

...化運動を弾圧し、運動の指導者であるアウン・サン・スー・チー氏を拘束した軍事政権は、国際社会から非難を浴び、米国や EU によるミャンマーに対する経済制裁措置や金融制裁措置の実行を招く結果となった。経済制裁措置後、ミャンマーは国内の主要産業である農業への依存を高めていき、経済的には長く困窮の時代が続いた。この間、外貨獲得の手段は資源貿易しかなく、その主な相手国が中国とタイであったことから、現在でも経済的に中国、タイに依存する構造が続いている。2010 年に議会制の民主主義に移行し、現在では 2011 年 3 月に...

【タイ】軍事クーデターでも急がれる地域格差の是正

...間の政権争いが混乱を極めている。5月に入ってからは首相の失職、国軍による戒厳令の発令があり、現在は軍事クーデターによって軍事政権が発足している。これらは日本で起きれば戦後最大の事件になるだろうが、タイにとってはお馴染みのイベントのようだ。なぜならタクシン派と反タクシン派の対立から始まる政変は、2006年の軍事クーデター、2008年の憲法裁判所による与党解党に続き、今回は3回目であるからだ。このように政治の混乱が繰り返される背景には、地域間の所得格差の問題がある。地域別の1人当たり所得(月額)を見ると、バン...

2013年9月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

民主化の度合いはどのように評価すべきか

...に経済危機などをきっかけとして政治不信が著しく高まる場面では民主化が後退することもある。一方で、権威主義側の国であっても、例えば民主化運動や政権交代などがきっかけとなり、社会や経済が大きく変貌を遂げながら民主化へ大きく前進する可能性がある。例えばミャンマーを取り上げると、1988年以降、長らく軍事政権による支配が続いてきたが、2008年の国民投票で新憲法が成立し、2010年の総選挙で新政権が誕生した。しかしながら、20年ぶりに国民選挙が行われたとはいえ、アウン・サン・スー・チー氏の自宅軟禁を不服として民主化政党である国民民主連盟(NLD)が選挙をボイコットしたこと、上下...

2014年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN5ヵ国の経済見通し

...混乱の影響の例としては、①コメ融資担保制度による農家への支払い停止、②政府主導のインフラプロジェクトの停止、③投資委員会(BOI)による審査停止、④訪タイ外国人観光客数の減少、などが挙げられる。この一方で状況が改善される兆しも見える。5月1日からBOIによる審査が再開したほか、5月22日の軍事クーデター後、軍事政権はコメ融資担保制度上での未払い分を支払う方針であり、また政府主導のインフラプロジェクトの一部を実施に移す方針である。ただし、クーデターに反発するタクシン派のデモ隊が抗議活動を活発化させれば、再び...

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイの反政府運動が強気姿勢を続ける背景 ~「微笑みの国」の微笑ましくない実状とは~

...権益層と新興勢力」など様々な対立構図の基に成り立っていることが挙げられる。 同国の議会制度は下院(人民代表院)と上院(元老院)に分かれており、前者は小選挙区比例代表並立制により全議員が公選制で選ばれる。一方、後者では約半数ずつが公選制と任命制で選ばれており、現行制度はクーデターによりタクシン元首相が失脚した後、2007 年に軍事政権下で行われた憲法改正を基にしている。また、任命制議員は憲法裁長官、最高裁長官、選挙委員会委員長による委員会が選ぶ上、最高裁判事や選挙委員会委員は上院が任命権限を有することから、現制...

2015年版 タイ市場動向

...平和秩序維持評議会(NCPO)」が全統治権の掌握を宣言し、暫定軍事政権が発足した。NCPOは、即座に民政復帰に向けた「ロードマップ」を発表。6月には同ロードマップに基づき,7月中に暫定憲法を公布し、 9月に立法会議及び暫定内閣を、10月に改革会議をそれぞれ立ち上げ、暫定憲法から約1年後となる2015年7月を目処として新憲法を公布、新憲法公布の3ヶ月後に議会選挙を実施して、2015年中に民政復帰する政治プロセスが発表されている。現在ではとりあえずの落ち着きは取り戻しているものの、政治的な不安定さは拭えない。総人...

2014年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 経済連携促進のための産業高度化推進事業(アジア大洋州各国に関する基礎的情報の網羅的整備)調査報告書

...USドル)3PL事業(保管、配送、物流コンサル)1月発表出所:三菱東京UFJ銀行「アジア週報」、三菱東京UFJ銀行「アジア隔週報」、各社プレスリリース29ミャンマー連邦共和国ブルネイ・ダルサラーム国基礎情報 長らく軍事政権下にあったが2012年に軍事政権から民政移管が行われ、欧米諸国の経済制裁が解除されたことを機に世界各国の企業進出が進んでいる。 中国、タイ、ベトナム等で人件費が上昇する中、新たな低コスト生産拠点として注目されている。タイに続くASEAN第5位の...

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

東南アジアの行方と日本の関わり方 ~混乱再燃の可能性は残るが、中長期を見据えた関係構築の重要性は不変~

...国の景気回復も以前に比べて力強さを欠いており、過去に実現した景気回復の勢いを期待することは難しい。したがって、比較的早期の景気底入れに繋がる期待はあるものの、外部環境の動向を勘案すれば比較的緩やかな景気拡大に留まる可能性は高いと見込まれる。 なお、東南アジアや南アジアにおいて急速に注目を集めているのは、カンボジアやラオス、ミャンマー、バングラデシュ(CLMB)など域内でも相対的に経済発展の度合いが遅れている国々である。特に、ミャンマーは長期に亘る軍事政権下で欧米の経済制裁が行われたため、民主...

2014年6月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

比中銀、将来の利上げへさらなる布石(Asia Weekly (6/16~6/20)) ~泰中銀は政治混乱の収束を受け、利下げ圧力を後退~

...的な財政支出と緩和的な金融政策が続くことで、景気は一段と押し上げられるとの見方を示した。なお、4月の前回会合の評決は「6(据え置き)対1(25bp の利下げ)」であったが、今回は全会一致で据え置きを決定しており、軍事政権による政府機能の回復を受けて中銀内で追加利下げを推す声が後退している様子がうかがえる。また、委員会後の記者会見では中銀の今年の経済成長率見通しを従来の前年比+2.7%から同+1.5%に▲1.2p 下方修正されたことが明らかにされた。図 5 TH 政策金利の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[インド]図 6 TH...

世界経済の新潮流となった"走出去”(中国の対外展開)の現状とその行方 報告書

...ア訪問で感じた中国企業の台頭 ............................................................................. 43第 6 節 習近平政権はインドネシアのジョコウィ政権の海洋国家構想を支援 ................................ 43第 7 節 インドで競う日本と中国の投資計画 ............................................................................... 44第 8 節 タイの軍事政権...

2014年12月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイ経済の中期展望~2020年までは楽観できない見通し~

...に至る政治情勢の整理と今後の展望し、タイは軍政に回帰した。その後、80年から首相を務めたプレーム陸軍司令官が、88年に首相指名を辞退したことで、タイは文民政権に移行したものの、91年にスチンダー陸軍司令官がクーデターを起こ⑴ タクシン政権の登場に至るまでの経緯し、軍が政権を奪取した。まず、軍上層部の強い政治志向を反映して、民政民政化が前進するようになったのは、90年代に移管とクーデターによる軍政化が繰り返されてきた入ってからのことだった。スチンダー軍事政権に対1970年代から、タイ...

エマージング10~投資10ヵ国についての四半期コメント~

...政府派の対立に打開の糸口がみえない状況は当面続くと見込まれ、今後、軍事政権発足の可能性や暴動拡大の恐れもあると考えています。先頃行なわれた総選挙では、反政府派の妨害によって各地で投票中止が相次ぎ、選出議員数が国会召集要件に満たなかったため、新政権の発足が見送られました。こうしたなか、同国では他の多くの新興国と同様、汚職対策が喫緊の課題と考えられるものの、政多新興、汚職喫課考、治腐敗が広く蔓延していることを踏まえると、その実現には多大な労力を要すると考えられます。z 当四半期、タイ・バーツは対米ドルで下落基調で推移しました。足元...

2015年4月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度内外一体の経済成長戦略構築のための国際経済調査事業(ミャンマー産業化促進支援総合開発計画調査) 報告書(日本語版)

...で、2011 年まで軍事政権下での経済制裁もあり、電力等のインフラが十分に整った工業団地が不足しているため、自動車、鉄鋼、化学といった製造業及び重工業の進出が阻まれてきた。2) ODA によるインフラ開発の進展民政移管を受け、本邦対ミャンマーODA 支援も活発に行われるようになり、ティラワ開発の他、電力、鉄道、道路、港湾等各種インフラ開発に対する支援、円借款の再開、ミャンマー国全国運輸交通プログラム等各種マスタープラン策定支援等ミャンマー国の経済発展に向け、数多くのプロジェクトが進行中である。東ア...

2013年6月4日みずほ総合研究所★フィードバック数:1社会/政治海外

韓国経済についてのレポートです。

転機にある韓国経済と新政権の経済政策

...結果として家計部門の所な企業が共生できる環境を目指そうというものだ。得が伸び悩むようになった。さらに、質の高い(働憲法119条は、もともと全斗煥(チョン・ドファン)きがいのある)仕事がないことが青年層の失業を生元大統領が1987年に、軍事政権の政策に財閥が反対じさせている。こうしてみるに、韓国において、できないように追加したものだが、25年の歳月を経2000年代に生じた問題の根本には雇用創出力の低下て趣旨は違えども改めて重みを持つようになった。があり、雇用をどのように拡大していくかが問われている。今回の選挙で、野党候補の文氏は「出資総額制限制度」の復活や、グル...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ