「輸入企業」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年4月15日JETRO★★フィードバック数:0ライフスタイル海外

タイの市場データです。

平成25年度タイの化粧品・パーソナル商品市場調査

...タイの化粧品・パーソナル商品市場調査(2014年3月) タイの化粧品市場は中間層の所得向上を背景に大きく拡大している。本レポートは、日本ブランドのタイ市場進出のための参考資料である。以下の構成で、タイの化粧品・パーソナルケア商品市場について、カテゴリ別市場規模、輸入状況、参入ブランド、主な輸入企業などを紹介した。 発行年月:2013年4月 作成部署:ジェトロ・バンコク事務所、ジェトロ生活文化産業企画課 総ページ数:52ページ ジェトロ・ウェ...

2013年5月19日経済産業研究所フィードバック数:3社会/政治

輸入増加の影響:我が国製造業企業の国際化企業と国内企業の比較

...ような場合国際活動によって輸入の影響が軽減される可能性は考えにくい。そこで、本稿では、我が国の製造業企業を国際化活動の属性別に分類し、輸入増加の影響を確認することとした。具体的には、経済産業省「企業活動基本調査」のデータを、国際活動を行う企業(輸出企業、輸入企業、海外子会社保有企業)とその他の企業に分類し、アジア諸国からの輸入、その他途上国からの輸入、先進国からの輸入が各グループの従業者数成長率、実質売上高成長率等に及ぼす影響を検証した。分析の結果、従業者数や正規職員数の変化率については、輸出企業・海外子会社保有企業の方が非輸出企業・海外...

2015年4月30日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第7回 全国「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

...4153件判明。前年度(2万4208件)を55件(0.2%減)下回り、2年連続で前年度比減少となった。同期間の「倒産」(9044件)と比べると、件数は約2.7倍に上る 種類別にみると、「解散」(9078件)は前年度比1.3%の減少となった一方、「休廃業」(1万5075件)は同0.4%の増加となり、2年ぶりに前年度を上回った 業種別に前年度比をみると、「建設業」(2.6%増)と「卸売業」(2.8%増)の2業種のみが増加となった。人手不足・資材価格高騰による不採算工事の増加や、円安による輸入企業...

10月の「ロイター個人投資家調査」

...円との回答が6割> 日本経済にとって望ましい為替水準を聞いたところ、90─105円のレンジに全体の65.1%の回答が集中した。内訳をみると「1ドル95─100円」との回答が全体の24.3%と最も多く、「製品輸出と原料輸入コストを考えるとこれくらいが望ましい」(60代男性)、「企業が自己の経営努力によって利益を得られる限界水準」(30代男性)、「ドル高/円安になり過ぎると米国経済が失速する」(50代男性)として、他国との兼ね合いや輸出・輸入企業...

2014年9月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2014年9月調査)予測

...う約重石に6 年ぶりの水準に達した(前頁図表 2)。前回調査時点の企業の想定為替レート(6月調査、全規模・全産業:2014 年度 1 ドル=100.44 円)と比較すると大幅な円安水準にある。輸出企業では収益回復の追い風になるものの、輸入企業では輸入物価上昇を通じたコスト増が懸念される。こうした認識に基づき、10/1 発表の日銀短観(9 月調査)を以下の通り予測した。2.予測の詳細大企業・製造業の業況判断DIは小幅悪化を予想大企業・製造業の業況判断DIは+10%Pt(6 月調査:+12%Pt)と 2 ポイ...

2014年8月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年8月号:顕在化する政策効果

...の地域では景気が急減速。こうした地域では、住宅価格が大きく下落する恐れも。第2に、不動産企業の厳しい資金繰り。これまでとは異なり、企業はシャドーバンキングを通じた資金調達が困難化。今後、資金繰り難が深刻化し、不動産業で淘汰や再編の動きが拡大する見通し。その結果、金融機関の不良債権が増加する恐れ。<人民元レート>元安進行に歯止め。輸出企業の経営環境に改善がみられる一方、輸入企業の調達コストが元安により上昇するなか、当局は元売り介入を縮小。2013年10月、主要都市が住宅価格抑制策の運用厳格化を開始2013年3月、中古...

2014年7月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

資源・エネルギー輸入大国である我が国の為替リスク対策に関する調査報告書

...により輸出企業の採算が悪化する/円安により輸入企業の採算が悪化する。⇒ 短期的な視点から円高対策・円安対策の議論を行っても根本的な解決にはつながらない。1)アジア新興国を中心に我が国製造業の海外への生産移転が進んでいる(国内産業空洞化懸念)2)円安で輸入金額は増加しているにもかかわらず輸出の増加は一部の業種に限られている(貿易赤字拡大)これらの事象の背景には「市場」や「競争力」といった要因と並んで「為替」の問題がかかわっており、企業に「為替」が及ぼす影響についても事実認識を整理したうえで必要な対策を構築していく必要がある。それ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ