「輸入構造」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

賃金についての分析です。

実質賃金伸び悩みの背景に日本特有の要因―米独と比較、著しい交易条件の悪化―

...独では2000年代以降、労働生産性の伸びを実質賃金の伸びが概して下回っている。 ●その共通要因としては、労働分配率の低下が挙げられる。非正規雇用の増加や相対的に賃金の低いサービス業の雇用の増加が背景による。 ●日本の実質賃金の伸び悩みは3カ国の中でも特に顕著であり、これは交易条件の著しい悪化という日本の特有の要因によるものである。 ●日本の交易条件悪化の背景には、貿易契約に占める自国通貨建て比率、輸入構造、輸出構造の3点が影響しているとみられる。 ●足元の原油安やベアによる賃上げにより2015年度...

競争優位を確保し 第五位の工作機械生産国へ

...ロッパやアメリカが景気回復へ向かうのはアジア各国よりも遅れるものと考えられる。 2012年~2014年における台湾国内工作機械の総生産額はおよそ1642億元の水準を維持し、年間成長率は1%を見込んでいる。また2012年~2015年の間は、中国の工作機械生産業は輸入構造の最適化を引き続き行い、主に付加価値の向上、高技術、新興産業と装備製造の発展(例えばボーリング加工センター、FMC、ターニングセンター、コンピューター数値制御、CNC加工機、コンピューター増量制御など)を目指す。欧米日各国の将来的な中国市場への製品及び「ハイレベル機種平価化」や「高価機種入門レベル」など...

2015年4月9日国際貿易投資研究所フィードバック数:0社会/政治

東アジアと日米及びミャンマー・カンボジアの貿易構造の特徴~中間財輸出の割合が高まるベトナムと低いミャンマー・カンボジア~

...財は38%であった。最終財は46%に達し、日本とはやや異なる輸入構造を示している。図4:中国・ASEAN及び日米の財別輸入の推移(1999年~2013年、BEC分類)図5:中国・ASEAN及び日米の財別輸入構成比(1999年~2013年、BEC分類)図6:中国・ASEAN及び日米の産業用資材(加工品)の輸入割合...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ