「輸出マイナス」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:7.5%成長、最大の功労者は?

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:7.5%成長、最大の功労者は?全面的な「金融によるテコ入れ」 ◆国家統計局によると、2014年4月~6月の中国の実質GDP成長率は前年同期比7.5%と、1月~3月の同7.4%を僅かながら上回った。1月~6月の同7.4%成長に対する需要項目別寄与度は、最終消費支出4.0%ポイント、総資本形成3.6%ポイント、純輸出マイナス0.2%ポイントであった。◆中国の主要経済統計の一部は6月に...

2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げ2巡目の論点 交易条件の改善こそ本筋

...幅に下落している。これは労働生産性が上昇しているにもかかわらず実質賃金が上がっていないことを意味し、経済理論の予測が外れていることを示す。しかしながら賃金をGDPデフレーターで実質化すると、この比率はほぼ安定しており、経済理論の予測が大まかに成立していることを示している。このように実質化に用いる価格指数によって結果が大きく異なるのは、GDPデフレーターがGDPを構成する財を対象とする一方でCPIは消費財を対象としているからである。GDPには消費のほか、投資、政府消費、純輸出(輸出マイナス輸入)が入り、両者...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ