調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 連結損益計算書

「連結損益計算書」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

日本のテクノロジー業界8社の財務諸表を見ています。

業界別財務分析(損益計算書中心)‐テクノロジー

...業界別財務分析(損益計算書中心)‐電機業界 今回は、日本のテクノロジー業界8社の連結財務諸表の損益計算書と損益計算書に関連する主要な指標をみながら、簡単に比較・分析します。 まずは、例示として、テクノロジー業界8社の連結損益計算書(一部抜粋)と、関連するそれぞれの指標【表1】を見ていきましょう。それぞれの指標の算定式については、【表2】指標の説明を参照してください。 開示事例:平成25年(2013年)3月期有価証券報告書、キヤノンは平成24年(2012)年12月期。【表2...

業種別財務分析(損益計算書中心)‐広告業界

...業種別財務分析(損益計算書中心)‐広告業界 まずは広告業界のうち、執筆者が選定した4社の連結損益計算書(一部抜粋) 【表1】と、関連するそれぞれの指標を見ていきましょう。それぞれの指標の算定式については【表2】指標の説明を参照して下さい。 (*1)サービス業の業界平均は東京証券取引所に上場しているサービス業に分類される会社の2014年1月から12月に決算日を迎えた会社の平均値となっております。 直近の広告業界4社の連結損益計算書と、関連...

業界別の財務分析です。

業界別財務分析(損益計算書中心)‐電機業界

...業界別財務分析(損益計算書中心)‐電機業界 2014年04月に紹介しました「業界別財務分析(損益計算書中心)-電機業界」では、直近3年間の有価証券報告書の数値を基に、電機業界における主要8社の連結財務諸表の損益計算書や損益計算書から読み取れる主要な指標について推移を比較しました。今回は、直近の第2四半期の数値を用いて、前回と同様に指標数値の推移を比較・分析していきます。 まずは、テクノロジー業界8社の連結損益計算書(一部抜粋)と、関連するそれぞれの指標【表1】を見...

四半期決算短信開示情報(四半期連結財務諸表に関する注記事項)の分析‐主にゲーム、映画、テーマパーク、ホテル

...ー項目を主要な項目に集約した要約版を記載しているケースもあります。その他、該当がある場合は「重要な後発事象」について注記しているケースがありました。 さらに、一部の会社では「補足情報」として販売実績の情報や地域別売上高の状況を記載しているケースも見られました。その他、「四半期連結財務諸表に関する注記事項」の「四半期連結貸借対照表情報」、「四半期連結損益計算書情報」、「重要な後発事象」を記載しているケースもあり、分析対象上場会社8社中2社で注記が行われていました。記載内容としては、「四半期連結貸借対照表情報」については、偶発...

税金負担率‐電機業界

...海外との税率差)」をもう少し解説します。 税率差(主に海外との税率差)電機業界のように国外に多くの子会社を有する場合には、外国子会社などが現地の税率で負担した法人税などが連結損益計算書の税金費用として計上されます。日本は、比較的高税率な国とされているので【表3】、連結財務諸表上の税金負担率は、日本の法定実効税率よりも低くなることが多いのではないでしょうか。今回分析対象とした11社の中では、「税率差」の調整項目の割合が比較的大きい三菱電機について見てみました。三菱電機の、2013年3月期の「海外税率差」の調...

業界別財務分析(損益計算書中心)‐ゲーム業界

...業界別財務分析(損益計算書中心)‐ゲーム業界 2014年05月に紹介しました「業界別財務分析(損益計算書中心)-ゲーム業界」では、直近3年間の有価証券報告書の数値をもとに、ゲーム業界における主要9社の財務諸表のうち損益計算書から読み取れる主要な数値について、直近3年間の推移を比較しました。今回は、直近の第2四半期の数値を用いて、前回と同様に数値の推移を比較していきます。 まず、エンタテイメント&メディア業界のうち主要ゲーム会社9社の連結損益計算書(一部抜粋)と、関連...

業種別財務分析(損益計算書中心)‐携帯電話(移動通信)業界

...ぞれの指標の算定式については、【表2】の説明を参照してください。【表1】連結損益計算書 上記【表1】の中で企業の事業規模を表す売上高に注目し、業界の動向と各社の経営戦略につき簡単な分析をしていきます。 売上高・売上高成長率推移まず、直近3年における、各社の売上高とその成長率の推移について見ていきます【表3】。【表3】売上高・売上高成長率推移 上記の通り、KDDI、ソフトバンクともに直近3年間において、売上高を拡大しています。これは近年スマートフォンの普及がより進み、当初からiPhoneを扱っていたソフトバンクが、国内...

業界別成長度(売上高伸長、従業員数伸長など)分析‐電機業界

...は大きく減少を続けています。これは大規模なリストラを行っていることが影響しています。各期の連結損益計算書には、構造改革費用として早期退職一時金やのれん・固定資産の減損などの費用が、営業外費用(US-GAAPを採用)としてFY2011は7,671億円、FY2012には5,088億円、FY2013には2,074億円計上されています。また、FY2009に子会社化した三洋電気関連の事業譲渡の影響もあり、連結子会社数がFY2010では633社ありましたが、FY2013では504社まで減少しています。 まとめ今回筆者が抽出した9社に...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ