「金融派生商品」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年6月3日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2012年末の本邦対外資産負債残高

...)金融派生商品(資産:4.6兆円、負債:5.3兆円)資産・負債ともに、概ね前年並みであった。(4)その他投資(資産:152.9兆円、負債:162.0兆円)資産残高は、12.7兆円(+9.1%)増加した。負債残高は、26.5兆円(+19.6%)増加した。(5)外貨準備(資産:109.5兆円)8.9兆円(+8.9%)増加した。本邦対外資産負債残高は、財務省・日本銀行が「平成24年末本邦対外資産負債残高」として5月28日に公表したもの。地域別残高計数は本ホームページにおいて公表している。報告...

2012年6月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2011年末の本邦対外資産負債残高

...資産の増加幅が対外負債の増加幅を上回ったことから、増加した(10年251.5兆円→11年253.0兆円)。2. 項目別の特徴点(1)直接投資残高(対外直接投資:74.8兆円、対内直接投資:17.5兆円)対外直接投資残高は、7.1兆円(+10.5%)増加した。対内直接投資残高は、前年並みであった。(2)証券投資残高(対外証券投資:262.3兆円、対内証券投資:157.5兆円)対外証券投資残高は、10.2兆円(△3.7%)減少した。対内証券投資残高は、5.0兆円(+3.3%)増加した。(3)金融派生商品残高(資産:4.2兆円、負債:5.6兆円)資産...

2014年5月30日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2013年末の本邦対外資産負債残高

...資産、負債、純資産は比較可能な期間1で過去最高の水準となった。2. 項目別の特徴点(1)直接投資(対外直接投資:117.7兆円、対内直接投資:18.0兆円)対外直接投資残高は、27.9兆円(+31.1%)増加した。対内直接投資残高は、前年並みであった。(2)証券投資(対外証券投資:359.2兆円、対内証券投資:251.9兆円)対外証券投資残高は、54.1兆円(+17.7%)増加した。対内証券投資残高は、71.4兆円(+39.5%)増加した。(3)金融派生商品(資産:8.2兆円、負債:8.7兆円)資産...

2015~2016年度の企業業績見通し

...なく変わる場合があります。野村證券およびその親会社である野村ホールディングスの役職員は、このレポートに記載された証券について、買い持ちしている場合があります。野村證券およびその親会社である野村ホールディングスは、このレポートに記載された証券、それら証券に基づくオプション、先物その他の金融派生商品について、買い持ちまたは売り持ちのポジションを有している場合があり、また今後自己勘定で売買を行うことがあります。野村證券は、このレポートに掲載された会社に対して、引受等の投資銀行業務その他サービスを提供し、かつ...

2011年11月10日東京商工リサーチフィードバック数:4社会/政治

東証1部・2部上場メーカー90社「下期想定為替レート」調査(2012年3月期決算) ~下期想定レートの9割が1ドル=70円台~

...の債務危機懸念からユーロが一時、10年4カ月ぶりに1ユーロ=101円を割り込むなど歴史的な円高水準が展開している。 国内経済が震災発生から予想以上に早くサプライチェーンが復旧し、景気の持ち直し機運が高まるなかで、高止まりした円高の長期化は、輸出企業には業績の下振れリスクとなっている。 一方、円高は輸入関連にはメリットもあるが、海外からの安価商品の流入は、中小企業に製品・部品価格の引き下げを強いて、企業体力を消耗させることにもつながる。また、デリバティブ(金融派生商品)取引での損失が拡大すると、一服状態にあった「円高関連」倒産...

2011年7月28日東京商工リサーチフィードバック数:5社会/政治

東証1部・2部上場メーカー121社「想定為替レート」調査

...は輸入関連にはメリットもあるが、海外からの安価商品流入は、デフレと低価格に翻弄される中小企業に一層の価格引き下げを強いる。また、デリバティブ(金融派生商品)取引で損失が拡大すると、一服状態にあった「円高関連」倒産が再び増加に向かう可能性も高まってくるとみられる。 禁・転載・複写株式会社東京商工リサーチ 経済研究室/TEL:03-6910-3157または最寄りのTSR支社店へお問い合わせください 株式会社 東京商工リサーチ本社:〒100-6810 東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル その...

2011年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:2ビジネス

2011年「円高」関連倒産動向 ~高水準の円高が続くなか、11月は今年最多の10件~

...%)、銀行取引停止が5件(同9.4%)、内整理1件と続く。 「円高」関連倒産の減少背景 金融ADR制度の利用増加 前年2010年の「円高」関連倒産は、前年比3.5倍の77件に急増した。この急増要因には、「通貨デリバティブ損失」倒産が26件発生したことがある。急速な円高進行で通貨デリバティブ(金融派生商品)を契約した企業が多額の損失を被り、対応できないまま資金繰りに行き詰まったケースが続出し、この問題は国会でも取り上げられた。 これに対し、今年9月までの「円高」関連倒産のうち「通貨デリバティブ損失」倒産...

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:英国におけるアンシラリーサービス提供を目的としたグリッド・ストレージ事業の実現可能性調査)

...力等も対象。CfD は変動するスポット価格のリスクをヘッジするために使われる金融派生商品。FIT-CfD はこの手法を用いて買取価格を固定化する仕組み。買取期間は、再エネに対して 15 年、原子力に対して 35 年となっている。再エネの買取価格(行使価格)は政府により設定され、原子力の買取価格の設定は個別案件となる。■新設火力の CO2 排出基準の設定:石炭火力に対する CCS 設置を実質的に義務付け。2015 年 4月からの実施に向け、議会で審議にかけられる予定である。■容量市場制度(CM:Capacity...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ