「金融緩和期待」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

ユーロ高の実相

...ユーロ高の実相 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 外国為替市場では、12年7月を底とするユーロ安の修正局面が続いており、特に対円でのユーロ高には日銀の追加金融緩和期待も手伝って弾みがついている。ユーロの名目実効為替相場の増価率は、制度・政策的にユーロに対する変動幅が抑えられている欧州通貨の比重が高いため、対円...

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

不安定な展開になる予感 ~マーケット・カルテ2月号

...後は出尽くし感から一旦調整が入りやすい地合いになると予想。また、海外からの批判拡大も円安に対する逆風となりそうだ。以上より、半年後のドル円相場は現状比でやや円高と見る。ユーロは世界的なリスク選好の中で上昇しているが、過大評価されている印象。実体経済の厳しさや南欧情勢への不安から次第に修正され、半年後には対ドル以上の円高を予想する。長期金利については、半年という時間軸では、米国経済の持ち直しに伴う米金利上昇につれて緩やかに上昇すると見ているが、金融緩和期待という金利低下圧力と財政懸念という金利上昇圧力が並存しており、局面ごとの力関係の変化によって、安定...

2016年2月17日GMOクリック証券フィードバック数:0大型消費/投資

2016年1月CFD売買代金ランキング

...プレスリリースGMOクリック証券2016年1月CFD売買代金ランキングを発表 GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:鬼頭 弘泰 以下:当社)は、2016年1月の当社CFD売買代金ランキングを発表いたします。2016年1月のCFD売買代金第1位は、年初からのリスクオフや日欧の金融緩和期待から値動きの大きかった「日本225」が、2014年12月の当社のCFD売買代金ランキング発表開始以降、14カ月連続の首位となりました。第2位は「原油」、第3...

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

金融市場の動き(1月号)~未知の領域に入った為替レート

...リアの総選挙や米債務上限問題が控えている。これら欧米の情勢次第では、リスク回避的な円の買戻しも想定される。(日米欧金融政策) 12月に日米が追加緩和を決定した。ECBは動かず。今月21~22日の日銀決定会合では「2%の物価目標」の導入について検討し、結論を出すことになるが、幅広い論点と可能性が考えられるだけに、その内容と市場の反応が非常に注目される。(金融市場の動き) 12月の金融市場は、円安ドル高、ユーロドル上昇、長期金利も上昇した。ドル円相場は、日銀の金融緩和期待がうまく繋がれているため、当面底堅い展開が続きそうだが、欧米...

2013年3月4日内閣府フィードバック数:5社会/政治海外

アメリカ:最近の物価動向

...和的な金融政策を継続する期間ついて雇用と物価の数値目標を導入、物価については「1年から2年先のインフレ率が2%+0.5%以内」としているが、実際の物価の動きが数値目標を大きく下回るようであれば、FRBに対し追加金融緩和期待が高まりやすくなるといえる。 (注)PCE全体に占める割合では、ヘルスケア・サービスは住居費、公共料金(除く電気・ガス)よりも大きいが、最近の寄与度に大きな変化がなかったためここでは触れていない。問合せ先担当:参事官(経済財政分析-海外担当)付髙安 亮子 直通:03-3581-9536 本レ...

投資先資産をリスクから考える

...らの特性やリスク量などを認識し、投資判断を行なうことが重要であると考えられます。また、リスク量からは市場心理も垣間見えるようです。最近の日米の株式市場のリスク量の推移を見た場合、米国の株式市場は、リーマン・ショック以降、欧州の債務危機時(2011年秋頃)に一時リスク量が増加したものの、その後は景気の改善を背景に減少傾向となっています。一方、日本は2012年末以降のアベノミクスによる金融緩和期待や、それに付随した円安進行により株価が急上昇する中でリスク量は増加し、足元でも高い水準となっています。こうした違いから、現状...

2013年5月15日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

「達磨さんが転んだ」と「第4の矢」の重要性

...の貿易収支の赤字の継続が円安要因に寄与したこと安倍政権の誕生の2012年末以降、日本では金融緩和期待が一段と強まった。一方、2012年12月のFOMCの議事録にも示されたように、FRBは時間軸政策を失業率に結びつけ、実質的「出口戦略」への思惑を醸成させた。これによる日米金融政策の格差が、ドル高転換後に一段のドル高・円安を後押しした。■図表:2012年以降のドル円推移(円/ドル)105100959085807512/112/312/512/712/912/1113/113/313/5(年/月)(資料)Bloombergアベ...

2014年1月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

昨年の懺悔、最大の見通し違いはユーロだった

...の市場の意識が我々の思う以上に改善していることを示している。また、市場の安定化は想定した以上に欧州債への資金流入を生じさせている。為替、金融緩和期待も含めた金利面、さらに信用スプレッドの観点からも、欧州債券へのニーズが高まりやすいだろう。12「欧州問題は急性期症状から慢性期症状に」(みずほ総合研究所 『リサーチ TODAY』 2012 年 12 月 18 日)中村正嗣、松本惇 『みずほ欧州経済情報』(みずほ総合研究所 2013 年 12 月号 2013 年 12 月 27 日)当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり、商品...

2014年2月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 楽観的見通しを維持する

...弱の雇用が創出されたとみている。仮に予測通りとなれば(或いはコンセンサスに届けば)、週明けからは米国を中心とした先進国の景気拡大期待に市場の関心が戻るだろう。【注目点】~楽観的見通しを維持する~・足もとの新興国通貨安と相俟って懸念されている新興国経済の減速について、筆者は楽観的な見方を維持している。新興国経済の減速ならびに通貨安が商品市況の軟化を通じて先進国の内需を刺激する効果が見込めるからだ(ディスインフレを通じて金融緩和期待を高める効果もある)。実際、過去2年程度の間、日米欧の個人消費は(13年の日本に限っては20%程度...

先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】

...シャへの支援を協議する期限が延長されたことなどから、投資家の不安心理が後退し、国債の利回りは上昇しました。日本では日銀の追加金融緩和期待の後退から、国債の利回りは上昇しました。米国の社債スプレッド(国債との利回り差)は、やや縮小しました。米国では今年半ば以降の利上げ開始をにらんで、米国国債などの利回りには上昇圧力がかかるとみられますが、物価上昇率が低位にあることなどから利回りの上昇は緩やかになるとみられます。日欧の国債の利回りは、強力な量的金融緩和が推し進められ、上昇しにくいと見込まれます。米国など主要国の社債市場では、企業...

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

公共投資と円安だけで賃金は増やせるか ~雇用は増加も賃金上昇には至らず~

...税引き上げを乗り切れるような自律的成長への移行は叶わず、2014 年度には景気は再び厳しい局面を迎えることになるだろう。今後、予定されている成長戦略の策定やその速やかな実行により、中長期的な見通し改善を背景にした所定内賃金上昇の実現が期待される。1.アベノミクスへの期待高まる 2013 年ことで、今後の日本経済が 2014 年度の消費税昨年 11 月の衆議院解散以来、安倍政権によ引き上げを乗り切れるような、民間内需主導る金融緩和期待の高まりを受けて急激に円安の自律的成長に移行できるのかどうか見ていが進み、また今年に入ってからは緊急経済対くことにしたい。策も...

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

2012~14年度住宅着工戸数の見通し ~2013年度の着工は駆け込み需要が押し上げ

...生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1○着工の押し上げ要因足元の着工を下支えているものとして、①低金利など良好な取得環境、②被災地での着工増加、③消費税率引き上げ前の駆け込み需要、の3点があると考えられる。(1) 良好な取得環境一つ目に、住宅ローン金利が低水準に留まっていることが挙げられる。国内景気の回復期待が高まる中だが、日銀の金融緩和期待などを背景に長期金利は低位安定が続いている。また、金融機関の貸出態度も 2009年以降は改善傾向が続いている。足元ではこうした住宅取得コストの低減、資金調達環境の改善が、着工...

2014年11月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...の緩和的な金融環境が株価のサポート材料になることが期待されます。【チェックポイント】MSCI 欧州(ポイント)(現地通貨ベース)1,500株価上昇要因ECBの追加金融緩和期待の高まり経済指標や企業業績の改善株価下落要因地政学リスクの高まり欧州景気の悪化1,4001,3001,20013/10※ MSCI株価指数は、MSCI Inc.が開発した株価指数です。14/114/4(出所)MSCIのデータより大和投資信託作成14/714/10(年/月末)※1ページ目の「当資料のお取り扱いにおけるご注意」をよくお読みください。2/9株式市場【アジア・オセ...

2014年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...固有の構造的な要因だと考えられます。よって、これらの新興国不安が世界経済に与える影響は限定的だとみられ、欧州株式市場は堅調な企業業績見通しやECB(欧州中央銀行)による追加的な金融緩和期待が徐々に意識され、次第に落ち着きを取り戻していくと思われます。【チェックポイント】MSCI 欧州(ポイント)(現地通貨ベース)1,400株価上昇要因ECBによる追加緩和策FRBによる金融緩和策の継続経済指標や企業業績の改善新興国不安の沈静化株価下落要因経済指標や企業業績の悪化FRBの早期利上げ観測長期国債利回りの急上昇新興...

投資環境レポート 2015年1月

...ユーロは対米ドルで下落し、月末にはギリシャの政治問題などもあって、ユーロは1.21米ドルを割り込んだ。今後の円相場を見る上では、引き続き日米の金融政策スタンスが重要だ。2015年に入ると、米国の利上げ開始が近づくと見られる一方、日本では原油価格下落の影響等によってインフレ率が低下し、追加金融緩和期待が生じる可能性もある。今後のユーロ相場を見る上では、欧米の景気や金融政策スタンスが重要だ。米国では利上げ開始が近づくと見られる。一方、ユーロ圏では原油安の影響もあり、インフレ率が低位に留まる中、ECBは金...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ