「銀行システム」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

欧州経済見通し-問われる雇用の危機への対応力-

...緩和策の効果が債務危機国には及ばないため、回復のペースは緩慢に留まる見通しである。2013年はマイナスのゲタも影響し、年間の成長率はマイナス0.6%と落ち込む。2014年は1%成長への緩やかな回復が期待される。銀行システムの強化、雇用対策の遅れは、不況をさらに長引かせるリスクとなる。ユーロ圏全体の経常収支は黒字転化、債務国でも対外不均衡はほぼ解消している。金融安全網が強化されたことで、ユーロ圏が世界的な金融混乱の引き金となるリスクは大きく後退しているが、外部環境の悪化に対して脆弱である。イギリスでは、個人消費の緩やかな拡大の半面、投資...

欧州中央銀行の「包括査定」でユーロ圏は変わるか?-ECBだけでは問題は解決できない

...かりで進めてきたユーロ参加国の主要銀行の包括査定の結果が公表された。不合格行は規模が比較的小さく、経営再建も進みつつあるため、大きな波乱を引き起こすことはないと思われる。包括査定の積極的に評価できる側面は、ECBと各国監督当局との連携体制構築への重要なステップとなったこと、事前の対策を促し、銀行の健全化が進んだこと、銀行の資産内容の透明性が増したことだ。しかし、包括査定を終え、銀行監督を一元化しても、ユーロ圏の銀行市場の分断がただちに解消し、貸出が力強く回復する訳ではない。世界金融危機から続く銀行システム...

2014年12月1日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資海外

中国のインターネット金融の現状と今後の展望

...ターネットMMFは銀行システム外部から競争を導入し、金利の市場化を促進しようとしている。しかし、今後、金利の自由化をはじめとする金融改革が進展していけば、インターネットMMFの隆盛を支えた「特殊要因」は徐々に消滅していく。言い換えれば、過渡期という状況がインターネットMMFの隆盛をもたらしたのである。今後、インターネット金融は、迅速、高効率、低コスト、高度に情報化されたプラットフォームという優位性を生かした小口貸付などの金融サービスや、高い利便性を有する決済・資産運用が注目され、銀行...

2013年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

ユーロ危機の新たな段階 -債務危機から雇用危機へ

...市場の硬直化につながる規制の改革、二重構造の解消に取り組むことが必要だが、それだけで雇用の増大が実現するわけではない。仲介機関のマッチング能力、職業訓練や教育の強化、さらに学校と仕事の移行を円滑化などALMPの有効な活用も欠かせない。銀行システムの強化を通じた中小企業の経営環境の改善、さらに成長分野での雇用機会の創出のための投資環境改善への取り組みも不可欠だ。ユーロの危機は、債務危機国の財政健全化と成長の両立、雇用の拡大を伴う成長が再開した時に、ようやく終わりを迎える。南欧に広がる雇用危機への問題意識を共有し、停滞...

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~

...とのユーロ安の主な要因はギリシャ政局よりも、むしろ欧州中央銀行(ECB)の追加緩和期待にある。ギリシャ以外の国債の利回りは低下している。現在では、欧州安定メカニズム(ESM)など伝播を防ぐ「防火壁」も厚くなっている。ギリシャの財政事情も変わった。EU・IMF・ECB(トロイカ)の支援の一環として12年に行われた民間の損失負担による債務再編、公的支援に関する負担軽減、国債買戻しを通じて政府債務の残高は削減、満期が長期化し、財政の基礎的収支は黒字化した。ギリシャの耐性も向上し、債務不履行の場合の銀行システム...

2013年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し-問われる雇用の危機への対応力

...には下げ止まりが期待されるが、参加国の多くが財政健全化に取り組む一方、金融緩和策の効果が債務危機国には及ばないため、回復のペースは緩慢に留まる見通しである。2013年はマイナスのゲタも影響し、年間の成長率はマイナス0.6%と落ち込む。2014年は1%成長への緩やかな回復が期待される。銀行システムの強化、雇用対策の遅れは、不況をさらに長引かせるリスクとなる。ユーロ圏全体の経常収支は黒字転化、債務国でも対外不均衡はほぼ解消している。金融安全網が強化されたことで、ユー...

2013年6月26日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国:目的は金融秩序回復、結果は市場が混乱

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:目的は金融秩序回復、結果は市場が混乱上海銀行間取引金利(SHIBOR)急騰の背景 ◆6月20日にかけて上海銀行間取引金利(SHIBOR)が急騰した。金融当局は、銀行システム以外で調達された資金が、貸出リスクの高い中小企業や期待収益率の低いプロジェクト、不動産に向かっていることに懸念を持っていた。中国人民銀行がオペレーションによって資金を供給し、金利低下を促すことは可能であり、それ...

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

銀行資産を統一基準で精査 ~三度目の正直で銀行の信頼回復となるか?~

...の定義をバーゼルIIIに依拠した基準に設定したほか、不良債権を始めとした銀行資産を統一的な基準で精査し、従来よりも厳しい銀行の健全性審査を実施する。こうした動きは、1990年代後半から2000年代前半にかけて、日本の金融当局が不良債権の定義を厳格化することで、銀行の信頼回復を目指した経緯を思い起こさせる。結果の判明は1年後とまだ先のことではあるが、欧州でも厳格な銀行の健全性審査の実施をきっかけに、経営体力の弱い銀行の問題点を洗い出し、銀行システムの信頼回復につなげることが出来るかに注目が集まる。■ 不良...

モーリシャス:アフリカ投資のゲートウェイ

...が強く多様化しており、能力と資格を有する人材が豊富で、先進的な銀行システムと良く認知された証券取引所が存在し、透明性についてはOECDのホワイトリストに掲載されている。3. 講演「モーリシャスの金融業」(AfrAsia Bank、Kamben Padayachy氏)【モーリシャス経済は多角化を達成】 モーリシャス経済は多角化しており、そのGDPの内訳は、製造業が17%、流通業が12%、金融業が10%、飲食業、不動産、交通、建設業がそれぞれ10%を占めている。このうち金融業においては、2万5千社以上の「世界...

2015年6月11日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資海外

ベトナムのATM事情

...的に使用されているカードは発行枚数のうちの半分程度のようだ。ベトナムでは口座保有率の低さからもうかがわれる通り、依然としてたんす預金を好む人が今も多いとみられている。また、高インフレが続いてきたために自国通貨であるベトナムドンに対する信認が低いとも言われている。政府は通貨流通量の適切な管理と取引の透明性を高めるため、銀行システム利用促進とキャッシュレス化を後押しすべく、公的部門の給与支払いを銀行振込としている。民間部門においても日系企業を含む外資企業や大手地場企業などは、従業員の給与を銀行振込とするケースが増えてきた。また、支払...

2015年5月24日三井住友信託銀行フィードバック数:0社会/政治

調査月報 2015年6月号 No.38

...の相関変化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17三井住友信託銀行 調査月報 2015 年 6 月号時論~超金融緩和と規制強化がもたらすシャドーバンキングの拡大超金融緩和と規制強化がもたらすシャドーバンキングの拡大リーマン・ショック後、その主犯の一つと見なされたシャドーバンキングをターゲットとした規制が国際的に強化されてきた。シャドーバンキングの定義には、各機関・識者によって違いがあるが、「通常の銀行システムの外にあるエンティティや活動を含む信用仲介のシステム(FSB:Financial Stability Board)」「信用...

2014年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム景気に光が射すも、不良債権問題が足かせに ~外需を中心に底入れの一方、内需の重石は当面抜けられず~

...は元々金融システムの深化が未成熟であり、多くの国民は銀行システムへのアクセスの乏しさや不信感を理由にいわゆる『たんす預金』への依存度が高く、金融政策が効果を挙げにくい要因になってきたが、不良債権問題も金融機関の貸出態度のボトルネックとなっている。こうしたことも、中銀が今年3月に利下げを実施して政策金利は過去最低水準にあるにも拘らず資金需要が活発化しない一因になっている。不良債権処理を巡っては、わが国がODA(政府開発援助)を通じた支援を行っており、今後は処理が徐々に進展していくものと見込まれる一方、不良...

2015年6月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャ協議はいよいよ最終局面へ ~残された課題は多いが、危機バネが働くことを再認識~

...シャの銀行からの預金流出が加速しているが、ECBは毎週水曜日の定期点検に加えて、先週金曜日と今週月曜日に緊急の電話会合を開き、ELAの上限を引き上げることで対応した。ロイター通信の報道によれば、ドラギ総裁はツィプラス首相に対して、ギリシャが支援プログラムにいる間はギリシャの銀行システムは安全であると伝えたとされる。このまま交渉が平行線のまま、月末に支援プログラムが失効してしまった場合にECBがどのような対応を採るかは判断の分かれるところだろう。ECBは法律のルールに則って行動しており、政治...

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

通貨スワップ市場がもたらす外貨投資インセンティブの非対称性-外貨を保有する投資家にとって円建て資産への投資が魅力的な理由

...レッドが生じる要因としては、「各通貨のLIBOR市場間の流動性の違い」、「各通貨のLIBOR市場間の銀行システムの信用力の違い」、「各通貨の資本市場間の資金調達ニーズの偏り」といった点が考えられる。米ドルと円のスワップ・スプレッドがマイナスの場合、米ドル調達サイドは円調達サイドよりも相対的に調達コストがかさむことになる。スワップ・スプレッドがプラスの場合はその関係は逆になり、米ドル調達サイドの調達コストが相対的に低減することになる。つまり、この通貨スワップ市場における追加的な調達コスト(スワップ・スプレッド)のプラス・マイ...

仕事と口臭です。

営業マンと息リフレッシュに関する調査

...ダートマス大学タック経営大学院卒業(MBA取得)。東京銀行システム部部長代理(経営情報システム担当)、財務開発部部長代理(M&A担当)、岡本アソシエイツ取締役、日本福祉サービス(現セントケア)企画部長を経て現職。この間、93年にUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)選挙監視員として、総選挙を監視。2005年から09年3月まで明治大学会計大学院特任教授、2012年より 名古屋大学経済学部非常勤講師(後期課程)に就任。特種情報処理技術者 日本証券アナリスト協会検定会員。...

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:2社会/政治海外

経済レビュー:FRBの出口戦略と長期金利の行方

...経済環境が許せば、政策金利を引き上げ。金融政策における最優先の調節手段がFF金利に。「超過準備への付利金利」と「銀行システムの準備預金量」を、FF金利が誘導目標に近付くために使用。4初回の政策金利の引き上げから少し時間をおいて、エージェンシー債・MBSの売却を開始。売却のタイミングとペースは事前に公示。売却ペースは比較的ゆっくりで一定になる見込みだが、経済・金融情勢次第。5エージェンシー債・MBSの売却には3~5年かける。SOMAポートフォリオは、2~3年で正常化。(注)『SOMA』は、連邦...

2013年11月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

デフレへの警戒を強めるECB~11月政策理事会、政策金利は過去最低に引き下げ~

...月末まで(資料) ECBよりみずほ総合研究所作成1貸出ファシリティ金利の高め設定は、市中銀行が適切な流動性管理を継続することを促すための措置銀行システムへの潤沢な資金供給を継続するとのメッセージの低水準となったことが判明したためである(10/31)(図表 2)。この最新の物価統計には 2 つのサプライズがあった。まず、コモディティ価格の影響を受けづらいサービス物価も上昇率が大きく鈍化したことだ(9 月前年比+1.4%→10 月同+1.2%)。さらに、10 月からイタリアで VAT(付加価値税率)が...

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国はディスインフレの世界に突入か(Asia Weekly (9/8~9/12)) ~インドネシア中銀は、マクロ経済と金融市場の安定に軸足を移す~

...の金融政策が奏功している模様がうかがえる。なお、足下のインフレ率については「ラマダン終了の影響で低下した」との認識を示す一方、先行きについては「物価上昇を警戒して依然慎重姿勢を続ける」との考えを示す。金融システムについても「銀行システムの堅牢さや金融市場の安定を背景に堅調な状況にある 」としており、当面は現行の金融姿勢が続く可能性は高いと見込まれる。10 月に誕生するジョコ・ウィドド次期政権は政権公約の中で燃料補助金の削減を謳っており、当該施策が実施された場合には燃料価格を通じてインフレ圧力が再燃することが見込まれることから、同行...

2014年2月23日国際通貨研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ビットコインの仕組みと課題

...を介さないため信用創造にはつながらない。マネーストックの量はいつまでたってもマネタリーベース7また、中央銀行が市中銀行に与える流動性のセーフティネットは、カスケード式(段階的)に市中銀行から一般の企業や個人に対しても当座貸越などの形で供与される。ビットコインには、この銀行システムを介して提供される流動性のセーフティネットがないのである。こうしたマネタリーベース以上に残高が増えないという量的限界や流動性セーフティネットの欠如という限界のため、健全...

2013年7月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2013年7月)

...ガポール、インドネシアに次いで3位。6月28日マレーシア中央銀行、5月の月次報告、同月のM3は、前年同月比+9.5%。増加率は4月の8.2%(改定値)から+1.3ポイント。また、5月の国内銀行システムの不良債権比率は、4月から±0ポイントの1.4%。①2013 年第 1 四半期の電気・電子産業への投資認可額は 32 億リンギと発表6月17日、マレーシア投資開発庁(MIDA)は、2013年第1四半期の電気・電子産業(E&E)への投資認可額を発表した。認可件数は20件で、既存...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ