「銀行融資」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

米国・欧州主要国の景気概況(2015年5月)

...I.米国経済【景気概況】 1~3月期の実質GDPは前期比年率+0.2%に成長が失速【トピック】 次期大統領選挙運動の火蓋が切られる【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに回復している【トピック】 緩やかに持ち直す銀行融資【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 1~3月期実質GDPの前期比成長率は+0.3%に低下【英国の主要経済指標】...

中国経済に起こっていることを電力消費量から読み解く

...用できない 中国政府が発表したGDP統計では、1~3月も4~6月も前年比7%増。中国政府の目標としている7%成長にぴったり一致している。ところが、この数字を信じる人はほとんどいない。中国景気の現状を知るには、GDP統計ではなく、「電力消費量」「銀行融資」「鉄道輸送量」の変化を見た方がいい(注)と考えられている。 (注)李克強首相が、首相になる以前に「中国のGDPは信頼性が低い。景気の実態を見るには電力消費量、銀行融資、鉄道輸送量を見た方がいい」と発言したと記録されていることから、この3指標が有名になった。電力...

2014年5月28日海外建設協会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

平成25年度(2013年度)海外建設受注実績の動向

...及び大洋州は、690億円となった。資金源別にみると、自己資金案件は、1兆4,449億円、無償資金案件は、581億円及び有償資金案件は、434億円となった。なお、ODA全体(無償、有償の合計)は、1,015億円で、前年度(2,120億円)に比し、減少した。なお、世界銀行融資案件及びアジア銀行融資案件の受注はなかった。発注者別にみると、公共機関案件は、3,445億円、民間案件は、1兆2,019億円となり、公共機関と民間案件の受注比率は、22:78(前年度31:69) となっている。契約形態別では、施工のみの案件は、1...

戦時期の起債市場と社債保有構造

...不急産業への資金供給の抑制を目的に,臨時資金調整法と国家総動員法を基礎にして行われた。その結果,軍需産業や国策会社は銀行融資や社債発行を通じて,優先的に資金調達を行うことができた。他方,発行された社債の最大の投資主体は普通銀行であり,特に資金調整によって貸出が制約され,運用難に陥った地方銀行が社債保有を拡大させた。それは,金利平準化によって社債投資の採算が合うようになったことを基底に拡大し,政府や日本興業銀行による預金部保有社債の売却や,興銀債の優先割当などで,地方銀行は社債保有を増やしていった。しかし,こう...

2016年7月30日健美家フィードバック数:0ライフスタイル

「健美家」のユーザ会員数が5万人を突破

...それを上回る勢いで推移しています。■50代、年収1,000万円超の会員が増加新規のユーザ登録は、登録時の平均年齢が上がる傾向にあり、特に今年に入ってからは、50歳代(平均年齢53.9歳)の新規登録が増加が目立ちます。これらユーザの50%が年収1,000万円以上と高所得者。早期退職の退職金などを利用して現金購入を考える投資家や、低金利で銀行融資を活用して投資を始めるケースなどが考えられます。さらに、60歳以上も増加。相続増税が影響して資産運用の観点で投資を始める人が増えたことが要因の一つかと考えられます。健美家(けんびや)は、収益...

2015年3月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

1兆ユーロ超のB/S拡大に突き進むECB ~アクセルの踏み過ぎに注意?~

...中央銀行資料などより第一生命経済研究所が作成本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。2(図表4)銀行融資基準と企業の資金需要ユーロ圏の銀行融資基準(「厳格化」-「緩和」)過去3ヶ月80今後3ヶ月604020厳格化↑↓緩和0-2003 04 05 06 07 08 09...

2013年4月26日大和総研フィードバック数:10社会/政治海外

100兆元を超えた中国の貨幣供給量

...びやGDP成長率を踏まえると、実際には200%を超える可能性も出てきた。わが国でも、長期にわたる金融緩和下でデフレ状態が続いてきたため、この比率は近年一貫して上昇し、12年は170%以上になっている。今後デフレ脱却に向け、わが国でも、マネーストックと実質成長率や物価との関係がより注目されてくることになろうが、中国でのこうした高水準のマネーサプライをどのように見るべきか?第一に、短期的に見ると、このところのマネーサプライの急上昇の主たる要因は、銀行融資の増加に加え、海外からの資金流入が昨年第4四半...

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景気底割れ回避に必死の下支え

...プロジェクトの継続が最優先され、銀行融資の健全性維持は脇に置かれた感が強い。◆景気下振れリスクは依然として高く、今後も必死の下支えが続こう。少なくとも2014年秋までは、無駄な投資と借金を抑制し、産業構造の高度化や成長の質的向上を目指すという明確な政策意図を持った景気下支え策が実施されてきたが、下振れリスクが高まるにつれて、改革による質的向上というよりも、景気底割れ回避が前面に打ち出されるようになってきた。投資・投機の増大を容認した住宅市場のテコ入れ策然り、地方政府融資平台プロジェクトの継続最優先然りである。 この記事を「お気...

拡大や多様化が期待されるアジア社債市場

...~20年のインフラ需要が約8兆米ドルとみられていること(アジア開発銀行の予想)などもあり、今後、広範な分野で資金需要が大きく高まる見通しです。なお、アジアでの企業の資金調達においては従来、銀行融資への依存度が高かったものの、世界的な金融危機の後、国際的に展開する銀行に対して自己資本規制が強化されていることなどを背景に、融資のハードルが上がっていることもあり、拡大する資金ニーズを満たす上で、社債の重要性が高まると考えられます。米国の量的緩和の縮小が進む中、新興...

2013年11月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年11月号7~9月期の景気は持ち直し

...は再び投資抑制スタンスを強める公算大。輸出入消費投資物価業種別固定資産投資(年初累計、前年比)業種別固定資産投資(年初累計、前年比)固定資産投資(年初累計、前年比)固定資産投資(年初累計、前年比)(%)34(%)4532403035全体製造業28302625242022152010185162010111213自動車はん用機械電気機械02012(年/期)(資料)国家統計局13(年/期)(資料)国家統計局銀行融資残高(前年比)銀行融資残高(前年比)設備能力利用水準DI設備能力利用水準DI(%)(%ポイント)4619(季調値、「上昇...

2014年2月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年2月号 過剰投資・過剰債務の抑制スタンスが鮮明化

...政府の債務問題への優先度を高めるなか、市場金利が上昇。この結果、企業の資本コストが上昇し、銀行融資と他のルートによる融資ともに増勢加速はみられず(実質成長率予測は2014年7.7%、2015年7.5%に据え置き)。中国の過剰投資・過剰債務は深刻。固定資本形成の名目GDPに占める割合は90年代半ば以降恒常的に30%を上回り、2012年には46.1%に。これは同じように輸出・投資主導で高成長を成し遂げてきた日本や韓国に比べても異例の高さ(日本の最高値は1973年の36.4%、韓国は1991年の38.0%)。これ...

2014年8月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年8月号:顕在化する政策効果

...経済展望 2014年8月-3-不動産開発投資の増勢鈍化が景気のブレーキ要因固定資産投資に底入れの兆し。1~6月の固定資産投資は前年比17.3%増と1~5月の同17.2%から小幅に持ち直し。この背景には、当局のミニ刺激策。①規制緩和、②インフラ整備、③部分的な金融緩和など構造調整と景気てこ入れを両立させる一連の措置を受けて、情報通信業や保健衛生(医療サービス等)、治水などのセクターの資金需要が強まり、当該セクターの固定資産投資が拡大。M2に持ち直しの動きがみられ、銀行融資残高にも底打ちの兆し。他方、1~6月の...

2014年7月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州 利上げの時期は「かなり先」の様子 ~豪ドル相場にとって「重石」になることが予想される~

...上で「今年度予算での歳出削減が景気の重石となり、向こう1年の経済成長率は潜在成長率を下回る」との見方を据え置いた。なお、過去数ヶ月に亘り雇用を取り巻く環境に改善の動きがみられるものの、「失業率が持続的に低下するにはしばらく時間を要する 」とし、「賃金下落などによる国内コストの低下で向こう1~2年のインフレ率は目標のレンジ(2~3%)に収まる 」との見方も据え置いている。図 3 銀行融資残高の推移 なお、足下の金融政策について同行は充分に緩和的との見方を示しており、金融...

2014年5月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国・地方財政の債務構造と政府の対応策

...抱える債務が最も多く、それに県級が続年6月末時点の地方政府債務総額17.9兆元く(図表5)。省級と比べて資金調達力の乏(偶発債務も含む。以下同様)に占めるシャしい市級や県級政府のリスク管理強化が課題ドーバンキングの割合は10.3%と、銀行融資、である。債券発行に次いで大きい(図表6)。「2011年規定違反行為の主なケースとして、違法な会計監査」では該当項目が存在せず、全体に方式での資金調達、地方政府による担保提供占めるその他(銀行融資、債券発行、上級政に加え、借り...

不動産投資に関する意識調査(第8回)

...ーコメント)> ※一部抜粋■上がる理由・銀行融資が活発化することで一般の投資参加者が増え、過熱気味の相場となるから・オリンピック前まではジリジリと上昇する傾向が続くと予想されるから・日銀がさらなる金融緩和をすると、資金の行く先が不動産に向かう可能性がある■下がる理由・現状がピークだと思うから・中国経済成長の鈍化による世界経済の冷え込み■横ばいで推移する理由・そろそろ上昇はピークであると思うが、直ぐ下落に向かうとも予想できない・ある程度、上昇したのでオリンピックまでは横ばい◆この先の 1 年間...

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国インターバンク市場―二つの謎とその意味とは?

...他金融仲介機関と共同で行っている簿外取引の規制強化3. 人民銀行、銀行監督委員会、証券監督委員会等、金融監督当局の責任分担の明確化、金融機関の規制逃れ業務の防止を柱とし、具体的には、銀行が行う資産管理業務を本来の融資業務と明確に分離すること、信託会社は、銀行融資のような業務を拡大せず、本来の資産管理業務に戻ること、適切な監督下に置かれていない零細信用機関は銀行監督委の監督を受ける等の措置が含まれている(市場関係者には、金融機関の反応を見るための観測気球で、今後さらに修正がありうるとの憶測もあるようだが、何れにせよ、同業業務、影子...

2013年7月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:灰色の住宅ローン

...わち少なくとも当初70万元程度の資金を用意する必要が出てきた。あちこちから金を工面しても30万元しか集まらず、どうしても40万元足りない。困った同人を見た仲介業者は‘変道方式’と呼ばれる一種の迂回方式を提案、それによると、現在保有している家を担保に、それを補修する名目で銀行融資を申請、銀行は審査の後、補修業者の口座(実は同人の親戚の口座)に金を振り込み、本人は直ちにそれを現金化するというものだ。そして仲介業者は、これによって5,000元の仲介料を稼ぐことになる。このように、住宅を担保にして借りた消費ローンが、回り...

2015年4月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

金融市場の「じゃじゃ馬」と対峙する中国当局 ~株式相場の過熱と不動産市況の低迷の間で政策対応に苦慮~

...対応は難しい舵取りを迫られている。《株式相場に過熱懸念の一方、不動産市場の安定を目指す金融緩和も不可欠であり、政策対応は難しい舵取りに直面》 昨年末以降の中国の金融政策を巡っては、これまでの「穏健(安定的)」とする基本方針を変えていないものの、政策金利や預金準備率の引き下げを繰り返し実施するなど緩和的な姿勢を強めている。こうした動きを反映して、同国金融市場では銀行融資の伸びが昨年末を底に図 1 株価動向(上海総合指数)の推移再び加速感が強まっているほか、株式...

2015年4月10日経済産業研究所フィードバック数:0大型消費/投資

家に賭ける:金融政策、住宅ローンの活況、住宅価格

...価格の関連を分析している。これほど長期的かつ広範囲な歴史的解析が今回初めて可能になったのは、幅広い複数年データ収集の産物である2つの新データを統合できたからである。1つ目は、個人および非金融企業向けの不動産融資など、17カ国における細分類された銀行融資データである (Jordà et al. 2014)。2つ目はKnoll et al. (2014)の研究により、1870~2012年という長期間にわたる住宅価格を、最初のデータの17カ国のうち14カ国についてまとめ、新たに発表されたデータである。今回、この2つの...

中国経済の“新常態”とそれを揺るがす“4つの問題”

...時点でのリスク説明の徹底や金融監督当局による実態把握とその適切な公表などリスク管理の強化が欠かせない。この“4つの問題”は連鎖反応を起こすと悪循環に陥るという特徴がある。[図表2]に示したように、“(1)製造業の過剰設備問題”では、中国からインドなど巨大な人口を抱える後発新興国への工場移転が起こると、中国では製造企業の経営破綻が相次ぐことになり、裏付け資産の不良化で銀行融資が焦げ付くとともに“(4)シャドーバンキング問題”も深刻化する。同様に“(2)住宅バブルの問題”でも、住宅バブルが崩壊すると不動産業者の経営破綻が相次ぐことになり、裏付け資産の不良化で“(4)シャドーバンキング問題”も深...

2013年5月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年5月号

...げや預金準備率の引き上げは景気回復の腰折れに繋がりかねないため、政府は窓口指導を通じて、銀行融資の抑制を継続する見込み。5.528265.0244.522204.0183.52008091011(資料)国家統計局を基に日本総研作成1213(年/月)16201112(資料)国家統計局13(年/月)(株)日本総合研究所 中国経済展望 2013年5月-3-政府消費は伸び悩む一方、個人消費は堅調に拡大<個人消費>実質小売売上高の伸び率は2013年入り後に低下。公費倹約令による政府消費の増勢鈍化が主因。贈呈品等の需要が高まる春節を前に、中央...

2013年8月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国は急減速を避けられるか?~「改革」と「軟着陸」両立の狭き道を行く習政権~

...%の間に位置している(図表4)。それに対し、実際の2012年の実質GDP成長率は+7.8%である。ここから中国製造業の資本ストックの積み上がりが顕著であり、調整圧力が強いことがうかがえる。(3)投資依存型成長を助長した「シャドーバンキング」これらの投資依存型成長の歪みが蓄積していく過程で、中国政府は地方政府融資平台、ディベロッパー、生産能力過剰業種への銀行融資の拡大を規制や行政指導によって次第に抑えていったが、それに代わる資金源として長足の拡大を遂げたのが、オン...

2015年4月7日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスについてのレポートです。

内外経済の展望 ―アベノミクスの課題を検証する―

...表するのか、表現が注目されるところです。それによって、中国が7%を下回ることを想定しているかどうかが示されることになります。中国に関しては情報が限られるため、金融面のリスクが不透明といえます。経済全体の流動性を示す社会融資総量は、7月に6年振りの低水準まで低下しました。その後、2015年初めにかけて持ち直しに転じたものの、予断は許さない状況です。当局は、規制緩和によって銀行免許を広く解禁する構造改革を推進する中で、シャドーバンキングはそれまでのつなぎとして、銀行融資...

2015年5月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

進展する人民元の国際化と今後の展望-資本取引の自由化との関係

...めた。その中でも、人民元や日本企業はグローバル化の縮小を余儀なくの伸びは249.0%と世界の新興国通貨の中でされた。そのため、円建ての資本取引(クロも際立って高く、そのシェアは2013年に2.2%スボーダー銀行融資、国際債券発行など)やとなった。貿易が減少した。また、新興国通貨が自国外で取引される割第2に、貿易の円建て化が進まなかったこ合は、2007年の50%弱から2013年には67.4%とである。その原因としては、主要な相手国に上昇した(図表6)。その中で、人民...

2015年4月12日日本政策投資銀行★フィードバック数:0社会/政治

古民家活用についてのレポートです。

古民家の活用に伴う経済的価値創出がもたらす地域活性化

...の会議やパーティースペースとしての賃貸利用により、「企業」から「古民家」や地方への資金の流れをつくる可能性も秘めており、今後は既存の建物の用途に縛られず、自由な発想での使い方が保存・活用に求められる。8.古民家再生に関わる資金調達• 古民家の残存価値はほぼゼロと判断されることが多く、担保不足などにより銀行融資を受けられないケースが多いが、実際の取引実績に基づいた判断や古民家のカルテ作成による認証等により、リノベーションをする際に金利を優遇するという金融機関の取り組みが始まっている。•その他、観光...

2014年9月7日参議院フィードバック数:0社会/政治

2014年4~6月期GDP速報と先行き経済への視点

...行からの借入れなどを行わせて資金を調達し、土地を購入してインフラ投資や不動産開発などを行っていた。借り入れた債務については、開発した土地の転売など事業収益を返済に充てる形で事業運営を行っていたが、不動産価格が下落すると事業収益が悪化し、債務返済に支障を来すことが懸念されている。そもそも地方政府の事業計画については、ずさんさや投資の過大さなどが指摘されていた。なお、こうした地方政府のインフラ投資については、シャドーバンキング(金融当局の規制を受けない銀行融資以外の資金調達)を通じた資金も回っていると見られている(内閣府『世界...

2013年2月6日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

アジアマンスリー2013年2月号

...投資家にとって経済が不調となっている欧米先進国の市場への投資よりも域内投資が相対的に魅力を増していること、などがあるものとみられる。一方、銀行融資に関しては、欧州系銀行のアジアに対する融資の縮小が加速し、これを域内(台湾・香港・シンガポール・マレーシアなど)の銀行が代替している。先進国において生じた危機に伴い、アジアの域内金融統合が促進されているといえよう。<アジアにおける域内投資比率の推移>長期債券(%)株式33.03530.128.1302517.9201520.415.316.712.010502001年■深まる日本の経済主体との関わりアジアの金融資本市場と日本の経済主体(一般企業、金...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ