「雇用年齢」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

国内の人材市場動向数値 (建設業界編)12月

...業に特化した人材関連の様々な情報、最新の雇用関連データもまとめています。 今月のトピックス政府は、11月に取りまとめた未来投資会議の中間報告の中で、現行は65歳までとなっている企業の継続雇用年齢に関し「70歳までの就業機会の確保を円滑に進める」とし、企業や個人の自由度を認めつつ段階的に法制度を整備すると明記しました。今回は、このような定年延長の流れを踏まえて、高齢化が深刻な問題となっている建設技術者における定年年齢や再雇用の現状についてまとめました。■建設業では定年を65歳以...

2019年1月9日パソナグループフィードバック数:0キャリアとスキル

シニア人材の活躍に関するアンケート調査

...で働くことのできる環境の整備に向けた議論を加速させています。企業においても、女性や外国籍人材はもとより、シニア人材の活躍に向けた取り組みが求められています。本調査では、日本CHO協会会員の人事部門の取締役・執行役員・部長・課長層の役職者に対して、シニア人材の活躍に向けた取り組みや定年・継続雇用制度の現状などを聞きました。【調査結果のポイント】● 約9割の企業で、今後10年間でシニア社員(50歳以上)の数は増加と予測● 現時点では多くの会社で雇用年齢の上限引き上げは検討していない● 8割の会社でシニア社員の活性化は優先度の高い人事課題だが、積極...

2017年6月29日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度新入社員の会社生活調査

...以上は許容できない」 男性62.7% 女性79.8%長時間労働の是正など「働き方改革」の議論が進む昨今。今年度の新入社員に1ヵ月の残業時間は何時間程度なら許容できるか尋ねたところ、男性の約6割、女性の約8割が「30時間以上の残業は許容できない」と回答しました。全体では「11~20時間」が27.9%で一番多く、次いで「21~30時間」が24.9%となりました。残業許容時間「0時間」から「21~30時間」までを合計すると約7割となりました。(下図) 60歳を超えても働きたい 男性41.2% 女性15.5%継続雇用年齢...

20代の金銭感覚についての意識調査2018

...回答も1割以上となっており、平均額は4,026万円でした。昨年(2017年)の調査結果と比較すると、安心できる貯蓄の平均額は「2017年5,055万円→2018年4,026万円」と、1,029万円の減少となりました。現在、国が定める継続雇用年齢は65歳となっていますが、これを70歳に引き上げようとする法改正検討が始まっているという報道があります。法改正が実現した場合、働く意欲が高いシニアは、65歳を過ぎても就業機会を確保しやすくなります。このような「70歳継続雇用」時代...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
 

お知らせ