「電気事業法」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2011年11月21日厚生労働省フィードバック数:3キャリアとスキル

毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年9月分)

...電力管内の東北・関東と新潟県及び山梨県の15都県を「東日本」、それ以外の32道府県を「北海道・中部・西日本」とし、この2区分で、既に提出された調査票を利用して地域別集計を行い、その集計結果を公表しています。今回は9月分を公表します。なお、東北電力・東京電力における電気事業法第27条に基づく電気の使用制限が終了したため、この地域別集計は、今回の9月分をもって終了します。【結果のポイント】1 雇用についてみると、2月以降東日本では減少で、北海道・中部・西日本では増加で推移している。一般労働者・パー...

2014年4月15日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大気汚染についての調査です。

平成23年度大気汚染物質排出量総合調査

...対象施設・大気汚染防止法第2条第2項に規定する「ばい煙発生施設」・電気事業法に規定する電気工作物である「ばい煙発生施設」・ガス事業法に規定するガス工作物である「ばい煙発生施設」・鉱山保安法に規定する鉱煙発生施設である「ばい煙発生施設」 3.調査対象期間 平成23年4月1日〜平成24年3月31日4.調査方法 調査対象施設を設置する工場・事業場に調査票を配布し、回答を求めるアンケート方式で実施。5.調査項目(1)ばい煙発生施設の情報(業種、施設種類、排出ガス量等)(2)ばい煙(SOx、NOx及びばいじん)の排...

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度 洋上風力発電に係る電気事業法に基づく安全規制の適合性調査 成果報告書

...平成24年度成果報告書平成24年度洋上風力発電に係る電気事業法に基づく安全規制の適合性調査成果報告書平成25年3月商務情報政策局商務流通保安グループ委 託 先株 式 会 社電力安全課東 洋 設 計まえがき平成 23 年 11 月 1 日のエネルギー・環境会議で了承された「エネルギー需給安定行動計画」規制改革アクションプランにおいて、重点課題として「洋上風力発電に関する制度環境の整備」が明示され、洋上風力発電に関する制度環境を整備すべく、電気事業法...

電力小売りの全面自由化に関する調査

...男女を対象に「電力小売りの全面自由化に関する調査」を実施しました。調査背景・目的 2014年、電気事業法の改正案が成立したことにより、2016年4月より電力の小売りが全面自由化されることとなりました。これにより、業界を問わずさまざまな企業が市場に参入し、サービスやプランを打ち出しています。開始まで数週間となった今、国民は電力小売りの全面自由化について、どのような意識を持っているのでしょうか。そこで今回は、電力小売りの全面自由化の認知率や検討意向、切り替えの重視点について把握し、実態...

2013年2月13日大和総研フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

石炭火力発電の予見性が低下

...稼働が前提になっていることが話題になった。そして、石炭等の入札が始まる本年2月に入ると、地球温暖化防止の観点から環境省が経済産業省に対して入札を延期するよう要請したことで、再び電源構成に注目されている。電気事業法の発電所の許認可は経済産業大臣が行うことになっているが、環境影響評価の手続きにおいて、環境大臣に環境保全の見地から意見を聴かなければならないことになっている。今回の要請は、将来的に計画そのものが撤回を迫られる可能性もあり、応札を予定している卸電気事業者にとっては発電事業に係る予見性の低下となっている。入札は2月から5月下...

2014年4月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

九州の電力需要実績(平成26年2月分)

...増加したことから、製造業(計)について は、5ヶ月連続で前年同月を上回った。(注)○特定規模電気事業者とは、平成17年4月1日の改正電気事業法施行以降、特定規模需要に応 ずる電気の供給を行う電気事業者。 ○特定規模需要とは、契約電力(一般電気事業者又は特定規模電気事業者との契約上使用できる 最大電力)が原則50kW以上で、特別高圧電線路又は高圧電線路から受電している需要家の 需要。*次回(平成26年3月分)更新予定日5月12日1表-1 総需要              項 目 種 別 総 需 要 販売電力量(①+...

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等共通基盤整備促進事業報告書

...電池発電システムの設置および運営に関する基準等に関する調査(1) 太陽電池発電設備の設置および運営に関する国内法規制等の整理太陽光発電設備の構築には、電気事業法をはじめとする広範な法規制への対応が必要とされる。これらの国内の各種法規制について、文献調査を行い、各種法令において太陽光発電関連条項等の抜粋・整理を行った。1)調査対象本調査で調査対象とした法規制一覧を下表に示す。表 2-1本報告書における調査法規制等の一覧区分制度全般法令名所管再エネ特措法(再生可能エネルギー電気の調達に関す経済産業省る特別措置法)電気設備電気事業法...

2014年8月14日東京商工リサーチ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京商工リサーチのまとめです。

2013年「電力事業者」の新設法人 前年比2.2倍増の1,799社

...は増加傾向にある。1999年の電気事業法改正により導入され、大手10電力会社とは別に電力供給が可能となったが、再生可能エネルギーを利用した発電手段の拡大や、大手電力会社の電気料金値上げなどの影響から新規参入を目指す事業者が相次いでいる。2014年8月4日時点で資源エネルギー庁に届け出のあった特定規模電気事業者は313社。このうち設立年代別では2010年以降が117社(構成比37.3%)で最多だった。次いで2000年代が85社(同27.1%)と、業歴15年未満で全体の6割以上を占めた。地域別では関東151社(同48.2...

2015年4月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

競争環境下における原子力事業者が直面する会計上の論点に関する調査報告書

... ShinNihon LLC 20151.はじめに(1) 本調査の目的►電力システム改革については、平成25年11月に第1段階、平成26年に第2段階の電気事業法 の一部を改正する法律が成立し、平成28年を目途に電気の小売業への参入の全面自由化(電力シ ステム改革の第2段階)、平成32年を目途に法的分離による送配電部門の中立性の一層の確保、 電気の小売料金の全面自由化(電力システム改革の第3段階)の実施を行っていくことが予定され ている。 一方で、原子力発電については、平成26年4月に閣議決定された、第4次「エネ...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度燃料電池等活用調査報告書

...(以下 「EV等」という。)は,電気事業法上電気工作物として取扱われることとなる。そこ で,現状のEV等の電気工作物としての利用に係る規制について調査を行うとともに, EV等を一般家庭等の電源として活用する場合における電気事業上の安全確保策につい て検討を行うことにより,技術基準の見直しに資することを目的とする。     1.2  委員会の活動内容 (1)EV等の調査  EV等は,蓄電池や発電設備を搭載し,走行時の動力の全部又は一部を電気でまか なっており,停車中に,一般家庭等の電源(蓄電池,発電...

2015年12月11日ユーキャンフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査

...」(24.6%)、4位「『電気事業法』改正」(24.1%)、5位「『アメリカ大統領選』実施」(19.0%)という結果になりました。 文化・スポーツ・自然/科学技術関連のトピックでは、今年の盛り上がりを受けて続く「ラグビーブーム」と「リオデジャネイロオリンピック」が同率1位(27.2%)として選ばれ、続いて「任天堂初のスマホアプリ提供」(14.8%)、「新たな祝日『山の日』実施」(13.4%)などが選ばれました。 これまでに見てきた2015年振り返りと2016年予想を踏まえて、430個以上(2015年...

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度高効率火力発電設備健全性調査報告書

...等の追加調査を行う。加えて、今までの文献調査結果について分析を行う。ここでは、クリープ延性の低下、吸収エネルギーの低下、破壊靭性の低下等について、それらを区別して分析を行う。2.3配管の減肉に関する強度評価の検討現在の配管の減肉管理については、電気事業法施行規則第 94 条の 3 第 1 項第 1号及び第 2 号に定める定期事業者検査の方法の解釈で是認された社団法人日本機械学会規格「発電用火力設備規格火力発電設備配管減肉管理技術規格(2009 年版)」(JSME S TB1-2009)によ...

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度電気設備技術基準関連規格等調査役務請負報告書

...検討の結果をより詳細に説明している。本報告書が,「電気設備に関する技術基準を定める省令」及び「発電用火力設備に関する技術省令」に携わる各位の発展に寄与できれば幸いである。平成 26 年 2 月一般社団法人 日本電気協会第一章平成 25 年度 技術基準適合評価委員会の概要1.背景と経緯平成 9 年 3 月,電気事業法に基づく「電気設備に関する技術基準を定める省令」及び「発電用火力設備に関する技術省令」は,次の事項を目的とし大幅に改正された。(以下,2つの省令を総称し「技術基準」という。)(1)公正中立な民間規格をできる限り活用し,内外...

2014年4月7日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

広域機関の設立を機に新たな民間送電投資を

...機関の設立を機に新たな民間送電投資を要  約1.2013年11月13日に改正電気事業法が成立し、地域間送電等を担う広域的運営推進機関(広域機関)が、国のガバナンスの下で設立されることが決まった。広域機関が発電地と消費地を柔軟に結べるようになれば、地域間の電力のやり取りや風力発電等の再生可能エネルギーの利用が活発化すると予想される。そのため、北海道と東北を結ぶ北本連系線、東西の50Hz-60Hzの周波数変換装置、東北と東京を結ぶ相馬双葉幹線などの地域間連系線、あるいは、北海道西岸や東北の日本海側など、各地で送電網の増強が必要となる。地域...

各電力会社による再生可能エネルギー発電設備の接続保留に関する一考察

...ネの導入実態をより正確自由化に把握できるようにすることで、接続自由化発電送配電小売受け入れ余地が生まれてくる電力会社中立性確保もあるように思われる。第3段階 送配電の中立性確保3 電力システム改革の加速次に、根本的な対策として、電力シ2018-20年目途資料:「電力システムに関する改革方針」(2013年4月2日閣議決定)及び「電気事業法」(2014年6月18日改正)より作成広域的運営の推進は来年が目途とされステム改革の必要性がますます顕在化しているが、これを早急に進め、現在接続ているといえるだろう。13 年 4 月に閣議決定された「電力...

2015年6月10日富士通フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

林業・バイオマスからの地方再生

...からボイラーを輸入できればこうした問題はクリアできるが、熱用とは異なり発電用ボイラーの輸入は、電気事業法により難しいのが現状である(経産省が規制緩和を検討中)。林業および地域再生の視点からみて急がれるバイオマス利用は、発電よりは熱利用である。日本で熱利用というと需要がないといわれるが、実際には最終エネルギー消費の5割は熱である。電力は4分の1に過ぎない。給湯や暖房、農業施設、産業用プロセス熱など、さまざまな場面で大量の化石燃料が消費されている。これらは基本的に、バイオマスに代替可能である。熱利用であれば、地域に存在するし、輸送...

2013(平成25)年の主な出来事

...院選挙、自民党が第一党とな保険の提携強化を発表り、「ねじれ」解消7月8月7日みんなの党渡辺喜美代表、江田憲司幹事 21 日 内閣府景気動向研究会、09 年 4 月から長を更迭、浅尾慶一郎政調会長を後任に続いた景気拡大期の「景気の山」を 1212 日 高知県四万十市で国内観測史上最高気年 4 月と暫定的に設定温となる 41.0 度を観測するなど、西日 28 日 原子力規制委、東京電力福島第一原発本を中心に記録的猛暑タンクからの汚染水漏出を「レベル 3」に引き上げ9月2日10 月1日11 月13 日 改正電気事業法...

2014年8月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業 (工場等判断基準順守状況等分析調査事業)

... 2 A 、 6 B 等) や、 ガス会社によって発熱量が異なるため、 定期報告書ではその他燃料に集計している。 注3)電力の「昼間買電」は、一般電気事業者(電気事業法第2条第1項第2号に規定する一般電気事業者。 例:東京電力など)から購入した電気のうち、8時~22時の間に使用した電気をいう。 注4)電力の「夜間買電」は、一般電気事業者から購入した電気のうち、22時~翌8時の間に使用した電 気をいう。 注5)電力の「上記以外の買電」は、 (特定電気事業者や特定規模電気事業者(PPS)等)から...

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度発電所環境審査調査(海域調査)報告書

...類の分布・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・333参考文献・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・335調査の概要- 1 -調査の概要Ⅰ.調査目的発電所を立地し、エネルギーの利用の高度化を図るためには、発電所周辺の環境保全に万全を期すことが重要である。発電所が設置される際には、事業者は環境影響評価法及び電気事業法に基づく環境影響評価を実施し、国は当該評価に対して妥当性を審査することとなっている。本事業は、環境...

2014年1月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[緊急リポート]アベノミクス1年間の評価は70点~ビジネス環境No.1に向けた10の政策提言~

...3)【 経済政策主要10分野の施策・評価・課題 (ポイント一覧:その3) 】・原発をベース電源と位置付ける新たなエネルギー基本計画を立案(2014年2月以降に ・今後のわが国のエネルギー政策について、決定予定)現実的な方向への姿勢を明確にした。ただ・新設の原子力規制委員会が原発の安全基 し、エネルギー価格抑制への具体策を固め準をまとめ、再稼動の可否を判断する審査 て実行するという点では、十分ではないに着手・改正電気事業法の法案審議に時間を要した・電力システム改革を進めるための改正電気 が、成立...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度産業経済研究委託事業「エネルギー供給構造の変化が我が国の経済産業構造に与える影響に関する調査」,報告書

...東京電力管内のみで実施された。東京電力管内における計画停電の実施回数(資料)資源エネルギー庁『エネルギー白書 2011』②需要家への対策2011 年夏の電力不足に対して、政府は需要抑制の目標を達成するため、大口需要家、9小口需要家、家庭のそれぞれの主体に対して需要抑制策を実行した。個別の主体別にみていくと、契約電力 500kW 以上の大口需要家に対しては、電気事業法第 27 条に基づき、夏の電力需要が増加する見込みの期間・時間帯において、電力使用制限(2010 年の夏における使用最大電力から 15%削減)を実施した。合わ...

2015年2月8日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Japan's Environmental Policy 日本の環境政策(改訂版)

... Business Act(注30) has provisions for regulating power plants, and are used to ensure that the emissions from fossil fuel combustion in power plants do not exceed certain limits. 特別な施設についての他の法律も、大気の質を守るために使われる。たとえば、電気事業法には発電所を規制する規定があり、発電...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業(工場等判断基準遵守状況等分析調査)

...を製造する事業)電炉による普通鋼製造業(電気炉により銑鉄を製造し、圧延鋼材を製造する事業(高炉による製鉄業を除く))目指すべき水準0.531kl/t以下0.143kl/t以下平均達成割合(%)0.5821kl/t0.1767Kl/t16.6721.1電炉による特殊鋼製造業(電気炉により銑鉄を製造し、特殊鋼製品(特殊鋼圧延鋼材、特殊鋼熱間鋼管、冷けん鋼管、特殊鋼冷間仕上鋼材、特殊鋼鍛鋼品、特殊鋼鋳鋼品)を製造する事業(高炉による製鉄業を除く))電力供給業(電気事業法第2条第1 熱効率標準化項第1号に...

2014年3月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業(工場等判断基準遵守状況等分析調査)

...ガスの種類 (13A、 12A、 6B 等) や、 ガス会社によって発熱量が異なるため、 定期報告書ではその他燃料に集計している。 注3)電力の「昼間買電」は、一般電気事業者(電気事業法第2条第1項第2号に規定する一般電気事業者。 例:東京電力など)から購入した電気のうち、8時~22時の間に使用した電気をいう。 注4)電力の「夜間買電」は、一般電気事業者から購入した電気のうち、22時~翌8時の間に使用した電 気をいう。 注5)電力の「上記以外の買電」は、 (特定電気事業者や特定規模電気事業者(PPS)等)から...

2014年8月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度発電所環境保全措置評価事業調査報告書(公開版)

...結果を発電所アセス省令第 21 条第 1 項に規定する参考項目ごとに整理した。本調査の対象は、環境影響評価法及び電気事業法に基づく環境アセスメント図書の届出を行っている全 54 件とした(表 1-3、及び、資料編「付表 文献調査の対象とした発電設備」参照)。なお、これら 54 件には、環境影響評価手続きの過程で事業中止となったものや計画のみで着工に至っていないもの等を含む。また、定量評価が困難と思われる動植物や景観に関する環境保全措置については、現地調査(ヒアリング)により情報収集を行った(表 1-4)。調査...

2013年4月10日経済産業省★フィードバック数:22製造業/エレクトロニクス

この夏の電力需給の見通しです。

2013年度夏季の電力需給見通し

...)(④×⑤)B注1)震災影響分(▲約70)を考慮後の需要 注2)夏季H1/H3比率の過去5カ年平均。試算例) 関西電力の場合A3,089① - 268② - 5③ = 2,816④B2,816④ × 1.010⑤ = 2,845⑥103.供給力について(1)火力発電について ①火力の定期検査時期の調整について(1/2)○ 電気事業法に基づき、ボイラーは2年毎、タービンは4年毎に定期検査を実施する必要がある。○ 震災以降、需給状況が厳しいため、 2013年度夏季においても需給ひっ迫を回避する観点から、震災...

2013年5月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度電気施設技術基準国際化調査

...スケジュール·························································· 7- 1 -- 2 -1.事業目的WTO/TBT協定において規制及び規格の国際整合化が求められており,電気事業法に基づく「電気設備に関する技術基準を定める省令」(以下「省令」という。)と電気分野における国際規格である「IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)規格」の整合化を図る必要がある。本事業は,省令で定める保安水準を確保しうる範囲内で,電気設備に関わる審査基準としてのIEC規格の取り入れ可否を検討し,可で...

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:インド・ラジャスタン州への系統安定化技術適用に関する事業可能性調査)

...(Rajasthan Rajya Vidyut Utpadan Nigam Limited (RVUN)) 及び 配電会社3社 (JaipurVidyut Vitran Nigam Limited (JVVN), Ajmer Vidyut Vitran Nigam Limited (AVVN) andJodhpur Vidyut Vitran Nigam Limited (JdVVN))が2000年7月に発足した。電気事業法(2003年施行)に基づき、RSEBからRRVPNLに移...

2013年6月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度高効率火力発電設備健全性調査

...中における靭性低下の傾向に関する検討を行うと同時に、規格基準での靭性要求の取扱いを検討する。2.2.1靭性に関する規格の調査保安確保のための靭性要求についての知見を得るため、国内外の靭性評価に関する規格を調査する。- I-2 -2.2.2靭性低下に関する文献調査国内や海外の高クロム鋼の靭性や延性の低下及びそれらに及ぼす組織変化の影響に関する文献等の調査を行うと同時に、クリープ強度低下との関連について文献等の調査を行う。2.3配管の減肉に関する強度評価の検討現在の配管の減肉管理については、電気事業法施行規則第 94 条の 3 第 1 項第 1号及...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気料金の原価の適正性の確保に係る指標策定に関する調査報告書

...者を選択できない重要家の利益を保護する観点から電気料金の適正性を行政が担保する料金規制を行うこととしている。料金規制を行うことは、あるべき適正な費用に限定して料金原価での回収を認めることにあり、とりわけ、需要家に負担を求める電気料金は、電気の供給により優先度の高い費用に重点化することが求められる。さらに、電気事業法が求める「能率的な経営の下における適正な原価」を確保するため、各費用の性格に応じて、一般電気事業者の適切な経営効率化努力を織り込んだ原価とする必要がある。一般電気事業者は競争市場にある企業と異なり、地域独占の下で競争リスクがないことや公益事業としての側面等があることから、一般...

2013年7月3日中国電力★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

欧州についてのレポートです。

欧州の電力システム

...と電所)から店舗(電気供給地点)までトラックが隙間いう商品を扱うのが電力ビジネスであり,英国から始なくつながり,スピードを緩めることなく順調に走っまった電力システム改革の流れを受け,わが国でもている状態である。一般商品だと生産が多かったり,1995 年(平成 7 年)に 31 年ぶりに電気事業法の改正消費が少なかったりすると,道路は渋滞状態となる。が行われ,また,今回,抜本的な改革が行われようと一方で,生産が少なかったり,消費が多かったりするしている。電力システム改革→競争促進→料金低下→と,トラ...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度火力関係環境調査(海域調査)

...・石炭等を燃料とする発電所を立地し、エネルギーの利用の高度化を図るためには、発電所周辺の環境保全に万全を期すことが重要である。発電所が設置される際には、事業者は環境影響評価法及び電気事業法に基づく環境影響評価を実施し、国は当該評価に対して妥当性を審査することとなっている。本事業は、環境影響評価の審査に万全を期すため、事業者から既に提出された環境影響評価方法書に基づく調査を行うものであり、本事業の成果は、今後...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ