「需給環境」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

まだら模様ながら着実に改善が進む東京オフィス市況

...まだら模様ながら着実に改善が進む東京オフィス市況 | ニッセイ基礎研究所 まだら模様ながら着実に改善が進む東京オフィス市況 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 景気回復と需給環境の改善に伴い東京のオフィス市況は、Aクラスビルを中心に回復が明確となっている。東日本大震災後、テナントのビル選定基準が明確化され、ビル...

2015年1月13日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:12月雇用統計~概ね良好、賃金は名目で不冴も実質では不悪

...通してみれば 0.1%ポイントの低下に止まっている(2013 年は 0.9%ポイント低下)。金融危機以降の労働参加率の急速な低下傾向には、歯止めが掛かりつつある状況だ。 現在の労働市場では、通常の失業率(U3)が示す以上に“緩み”が存在しているため、各種失業率で広範な需給環境を確認する。U-4 失業率は 6.0%、U-5 失業率は 6.9%、U-6 失業率は 11.2%となり、夫々0.2%ポイント低下した。“緩み”は依然大きいものの、景気回復持続とともに 12 月も着実に縮小(改善)している。 このように労働市場の需給環境...

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度改訂版「総合エネルギー統計」の開発について

...2013年度改訂版「総合エネルギー統計」の開発について概要経済産業省資源エネルギー庁が策定する「総合エネルギー統計」は、現在2005年度に筆者が開発したシステムを用いて算定されており、エネルギー・環境政策の基礎的統計として用いられているが、特に東日本大震災後のエネルギー需給環境の変化を受け部分的な精度低下が顕著化するなど改修が必要な状況となっている。一方、2005年度から開始されたエネルギー消費統計は、第三...

2014年10月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年10月号:[ドル円]日米金利差拡大と円売りに傾く需給環境が支える円安ドル高。[ユーロ]金融緩和の「量」の重要性に気付いたECBとユーロ相場

...為替相場展望2014年10月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆日米金利差拡大と円売りに傾く需給環境が支える円安ドル高・・・・・・・・・・・・p.2◆金融緩和における「量」の重要性に気付いたECBとユーロ相場・・・・・・・・・・p.4◆ドル円、ユー...

2014年11月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

今度こそ賃金は上昇するか

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今度こそ賃金は上昇するか逼迫した労働需給環境の維持と正規・非正規のミスマッチ解消を 2014年11月10日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司◆本稿では、デフレ脱却を実現するための条件について経済構造面から検討する。労働生産性の向上を通じた実質賃金の上昇はデフレ脱却を後押しすると期待されるが、生産性の伸び率の高低はデフレそのものの原因ではない。デフ...

2014年の振り返り(世界の債券市場) QEの縮小・終了でも債券利回りは低下【デイリー】

...国債利回りは若干低下しました。■欧州では、景気回復期待で南欧諸国の国債に買い安心感が広まりました。秋以降は米国の国債利回りを下回るまで買い進まれました。 新興国国債は各国異なる動き ■米国社債利回りを見ると、投資適格社債は安定した推移となりました。一方、ハイイールド社債は、年後半に過熱感が懸念され、需給環境も悪化する中、利回りが上昇しました。その後は好調な企業業績を背景に一時落ち着きましたが、年末にかけては原油価格の急落でリスクを回避する動きが強まり、利回りが再び上昇しました。■新興国国債の利回りは、経常...

2013年12月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

12月短観は+4ポイントと好調継続 ~中小企業・非製造業は21年ぶりに業況プラス浮上~

...Economic Trends経済関連レポート12月短観は+4ポイントと好調継続発表日:2013年12月16日(月)~ 中小企業・非製造業は21年ぶりに業況プラス浮上~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)大企業・製造業が前回比+4 ポイントと、4 期連続での改善になった。今回は、非製造業が特に好調だ。中小企業・非製造業は、業況判断が 4 とプラス圏に浮上した。実に 21 年ぶりのことである。消費税増税を前に、国内製商品の需給環境が改善している。それ...

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の株価急伸をどう見るか?

...て金融市場は落ち着きを取り戻し、株価を押し上げるひとつの要因となった。第二に挙げられるのが需給環境の改善である。昨年初には新規株式公開(IPO)が再開されたこともあって需給悪化懸念が燻っていた。4月に上海市場と香港市場で相互に株式取引を開放するとの方針が伝えられると、海外資金流入に対する期待が高まった。その後香港で民主化を求める学生らのデモが起きると、その期待が一時はしぼみかけたものの最終的には11月17日に開始されることとなった。MSCI(国際的な株価指数を算出する会社)が新興国株指数にA株(人民元建て)を組...

物価と金融政策─デフレ脱却へ向けて─

...できるだけ早期に実現するとした政府とのる場合もある。共同声明(1月)に基づき、その目標を2年程度で達成することを宣言した。以下では、政府・日銀が物価安定を重要であるとする理由、3  なぜ、デフレが問題なのか日本は一時期を除いて、15年近くデフレのそれに向けた政策運営等について解説するこ「物状態が続いてきた(第1図)。その過程では、ととしたい。価下落→賃金低下→需要減退→物価下落」といった悪循環に陥っていた。2  物価下落の捉え方デフレが問題視される理由としては、①賃物価変動の要因を考える際には、マクロ的金の下方硬直性がある場合に、企業は解雇等な需給環境...

2014年12月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油相場の新たな展開~地政学・金融相場から需給相場への転換~

...みずほインサイトマーケット2014 年 12 月 9 日原油相場の新たな展開市場調査部地政学・金融相場から需給相場への転換03-3591-1197井上主任エコノミスト淳jun.inoue@mizuho-ri.co.jp○ 今夏までの原油相場は、緩和的な金融環境のもとで原油投機が活発化しやすい状況にあり、地政学的リスクが投機のモメンタムをさらに増幅させる「地政学・金融相場」だった。○ 地政学的リスクは引き続き留意が必要な状況のままだが、QE3の終了を前に「地政学・金融相場」は終息し、緩和的な需給環境...

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の株価急伸をどう見るか?

...の成長率は1-3月期を上回る伸びを示した。そして金融市場は落ち着きを取り戻し、株価を押し上げるひとつの要因となった。第二に挙げられるのが需給環境の改善である。昨年初には新規株式公開(IPO)が再開されたこともあって需給悪化懸念が燻っていた。4月に上海市場と香港市場で相互に株式取引を開放するとの方針が伝えられると、海外資金流入に対する期待が高まった。その後香港で民主化を求める学生らのデモが起きると、その期待が一時はしぼみかけたものの最終的には11月17日に開始されることとなった。MSCI(国際...

2013年12月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

国債市場歳時記、年末の季語は国債発行計画

...のミクロ的な状況を考えるには、年限別の需給や流動性の判断も必要になる。今回、国債発行計画で流動性入札の拡大の期待が高まっているのは、このように個別銘柄への日銀の関与が強まる需給環境においては不可避なものといえる。また、実際に新たな国債が発行されることを所与に考えるなら、日銀の追加緩和策も2014年1~3月の年度内に行って「ネット供給」が明示的に市場に示されたほうが望ましいと考えられる。同時に、このような実質的な「財政ファイナンス」の状況においては、政府に常に財政規律の姿勢を示す必要があることは言うまでもない。その意味で、今年1...

2014年8月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

メキシコ 米国の景気拡大に素直に反応 ~外需主導の回復に加え、資金流入は資金需給緩和を通じて景気押し上げ~

... 輸出額の推移ているほか、国際金融市場の混乱一服により資金流入の動きに回帰がみられることに加え、利下げによる資金需給の緩和で内需に底入れの動きが出ていることを受け、サービス業でも堅調な動きがみられる。さらに、海外資金の流入による資金需給環境の改善は国内金融市場におけるマネーの伸びに繋がっている上、中銀による6月の利下げ実施も追い風に国内金利は下落基調を強めており、足下では建設部門の生産拡大が促される動きに繋がっている。また、年(出所)CEIC より...

2014年10月2日世界平和研究所★★★フィードバック数:0キャリアとスキル

人口減少と労働力についてのレポートです。

人口減少下での労働市場―女性、高齢者の労働力率引上げにより2040年にかけての労働力不足を乗り切れ―

...がアベノミクスによる景気の拡大とともに、いろいろなところから聞こえるようになってきたように思えます。牛丼屋が人手不足で深夜営業が出来なくなったり、アルバイトの時給が上がったり、某外資系コーヒーチェーンでは非正規雇用社員の正規雇用化を始めたりしています。また、2015年3月卒の新卒者の就職環境も昨年、一昨年に比べるとかなり好転してきているようです。こうした労働需給環境の好転は、景気の拡大という「労働需要」の増大による面もあると考えられますが、一方で人口減少局面に入った我が国においては「労働供給」の天...

2014年6月6日日本政策投資銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

市場分析です。

東京オリンピック期間中と期間後の全国のホテル需給環境を考える

...2014年6月株式会社日本政策投資銀行企業金融第6部東京オリンピック期間中と期間後の全国のホテル需給環境を考える~ 国内宿泊市場縮小傾向、訪日外国人客増加傾向で宿泊客層に大きな変化 ~<要旨> 1.  昨年、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まった。更なるインフラ整備が必要となる中、ホテルの需給環境が気になるところである。 過去のオリンピック開催都市の例では、ホテルの供給はオリンピックにあわせて増加する傾向にあり、需要については、オリ...

2013年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「シェール革命」は米国を変える、世界を変える

...機関のエネルギー価格予想は従来のトレンドに沿って右肩上がりになっている。しかし、原油に加え天然ガスの生産が大幅に拡大するなか、世界的なエネルギー供給は明らかに増加している。一方、需要は新興国を中心に増大を続けるが、従来のような急拡大となる成長見通しが低下するなか、エネルギー需給環境は緩みがちである。その結果、エネルギー価格全般に下落圧力がかかりやすくなっている。■図表:米国の天然ガス貿易の予想(兆立方フィート)34予測32純輸出3028天然ガス消費2624天然ガス生産22純輸入20181619909520000510152025303540(年)(資料)米国...

2013年6月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米金利上昇は株高ドライバーのはず

...は割安感くらいしか買い材料が無いのも事実である。裁定買い残が減少するなど需給環境には好転の兆しがみられるが、米株が勢いを取り戻すなど金融市場のリスク選好が強まらなければ、当面は上値の重い展開が続こう。【注目点】~米金利上昇は株高ドライバーのはず~5月以降の米金利上昇を受けて景気のオーバーキルを懸念する声もある。だが、回復モメンタムを弱めることはあっても腰折れさせるまでには至らないだろう。10年債利回りは、潜在成長率2%、期待インフレ率1%、リスクプレミアム0%と控えめな前提を置いても均衡金利に40bp程度の距離がある。依然...

2014年6月6日野村総合研究所フィードバック数:0社会/政治

生産年齢人口と金融政策

...総裁が追加緩和の必要性を感じなくなっている最大の根拠は、日本経済の需給ギャップが大幅に縮小し、昨年第4四半期時点でほぼ均衡しているとされる点にある(※1)。黒田総裁は雇用、特に非製造業の雇用環境が内需の回復によって想定以上に改善し、これが需給ギャップの縮小に寄与していると見ているようだ。 こうした総裁の見方に対し、4月8日の会見では「今後については、円安がさらに進行しなくても、需給環境を反映して、ある種実力ベースの物価上昇率が2%に向かっていくとみているのか」という質問が出たが、黒田総裁はこれに対して「私は基本的に、ご指...

2014年2月5日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

新潟県内の雇用・所得動向

...内給与を中心に全体として前年割れが続いてい るが、一部に改善の動きがみられてきている。 こうした中、県内企業において、労働力の維持ないし確保等に向けた動きが 多様化している。 所得の改善の動きが、先行き拡がりをみせていくとみられるとの試算が得ら れた。こうした動きは、先々の県内の消費支出額にプラスの影響を及ぼすと期 待される。11.雇用動向県内の雇用動向をみると、 有効求人倍率1は、 ここ数年上昇傾向をたどる中で、 特に 2013 年以降、それ以前に比べ、大きく上昇している(図表 1) 。すなわち、 労働需給環境において、改善...

2014年7月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 政策『微修正』が奏功して景気底入れ ~リスク要因がくすぶるなか、今後も構造改革は先送りされるのか~

...金融市場が落ち着きを取り戻すなかで世界的にリスクマネーの動きが活発化しており、海外資金の流入にも再び動きが出ていると見込まれ、国内金融市場の資金需給環境は改善している模様である。事実、6月の人民元建新規融資は3ヶ月ぶりに1兆元を上回り、年初からの累計でも前年同月比+13.2%と高い伸びが続き、総資金調達額も年初からの累計で約4%も上回るなど資金需給環境は改善している。これはマネーサプライの伸びに底入れの動きが出ていることにも現れている。このように共産党・政府が繰り出した政策の『微修正』は所期の政策目的を実現している。 こうした影響は経済指標にも素直に現れている。4-6月期...

2013年4月1日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

「安全通貨」という呪縛から逃れられない円

...みずほインサイトマーケット2013 年 3 月 29 日「安全通貨」という呪縛から逃れられない円市場調査部エコノミスト細沼めぐみ03-3591-1248megumi.hosonuma@mizuho-ri.co.jp○ 安倍政権への政策期待から急速に円安が進展したが、円安トレンド自体は政権発足以前から生じていたとの見方も可能○ 「安全通貨」である円が売られ円安が進行するためには、世界経済が安定し投資家のリスク許容度が一定程度高まっていることが前提であると考えられる○ 今後のドル円相場は、日米金融政策スタンスの違いや需給環境...

2013年12月11日日本総研フィードバック数:0社会/政治

消費者物価のプラス基調が定着-フィリップス・カーブの形状変化が物価押し上げ

...の予想物価上昇率や市場参加者のインフレ予想は、今年に入り明確に上昇。インフレ期待の高まりは、フィリップス・カーブを上方シフトさせることで、マクロの需給バランスに変化がなくても、実現する物価上昇率はより高い水準となる。 また、家計の低価格志向の緩和を背景に、企業は価格の引き上げなどにも積極化。こうした企業の価格設定行動の変化は、フィリップス・カーブをスティープ化させることで、マクロ的な需給環境の改善が、物価上昇を促しやすくする。 今後、円安による物価押し上げ圧力は剥落していくものの、フィリップス・カー...

2013年3月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年3月号

...持続に期待される円の売り手一段の円安には日本の投資家の対外投資活発化が不可欠。年央以降、世界景気の回復基調が明確化し、金利差が拡大すれば、円売りが強まることが期待。昨年11月以降、円売りを主導してきた海外投機筋は足許にかけて利益確定の動き。投機筋の動向を示すIMM通貨先物取引(非商業部門)では、直近(2月26日時点)の円の売越額は直近ピーク時(昨年12月11日時点)の7割程度に縮小。アベノミクスへの期待が投機筋の円売りのきっかけになったことは間違いないものの、わが国の貿易赤字が定着するなど、円を取り巻く為替需給環境...

先行き改善が期待される家計の所得環境~消費が牽引役となり、好循環が実現へ~

...国経済の回復も進み、た家計の所得環境が好転する可能性が出円安で価格競争力をつけた輸出は底堅くるなど、明るい材料も出ている。3 月の推移するとみられ、企業設備投資の本格消費総合指数は前月比 0.5%と 2 ヶ月連回復を促し、経済の好循環が実現するだ続で上昇したが、前述のとおり、消費のろう(経済見通しは後掲レポート『2015動きは総じて鈍い。しかし、消費者マイ∼16 年度改訂経済見通し』を参照のこと)。ンドはすでに好転しており、所得環境の一方、物価動向であるが、増税後の需給環境が悪化した図表3.消費...

2015年2月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国人民銀、景気安定に向け本格的金融緩和に舵切り ~対応余地の大きさから、今後も追加緩和の可能性は高まろう~

...担当者景況感)の推移き、全面的なデフレに陥ることを阻止する狙いがあったと考えられる。こうした姿勢の変化を反映して一部の大都市では不動産市況に底入れの動きが出つつある一方、地方部を中心に依然低迷状態にあることから、不動産市場の動向が金融市場のリスク要因になる懸念はくすぶってきた。中銀は昨年来、金融市場における資金需給環境の改善に取り組んでおり、利下げ実施後も金融機関に対してリバースレポ(債券を担保とする資金貸出)を通じた資金供給を行うなどの対応が採られてきた。ただし、その後もインフレ率は共産党・政府による(出所...

2013年11月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

デフレ脱却のカギを握る需給バランス ~2014年以降の需給バランスはどうなるか~

...Economic Trendsデフレ脱却のカギを握る需給バランス~ 2014 年 以 降 の 需 給 バ ラ ン ス は ど う な る か ~経済関連レポート発表日:2013年11月18日(月)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2014 年 4 月の消費税率の引上げを前にして、GDP ギャップはマイナスからプラスに転じようとしてい る。需給環境の改善が進むことは、増税によってデフレが再燃するリスクを予防する。デフレ脱却を明 確にするには、一過...

米国リートの投資環境について

...ュエーション米国社債とリートの利回り差の推移 米国リート市場は年初来で大きく上昇した後も、社債との利回り差(過去平均:-0.0%に対し2014年7月末時点:-0.8% )やNAVプレミアムの水準(過去平均:+5.1%に対し2014年7月末時点:-1%)からは割高感は見られません。4%ファンダメンタルズ0% 物件の供給量(新規建設)が限定的な一方で、物件に対する需要は引き続き旺盛で、良好な需給環境が続いていると見ています。 入居率の上昇や賃料の上昇に伴い、リートの業績は堅調に推移しており、ファンダメンタルズは良好と考えています。また、低金...

2015年4月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均株価は2万円台を回復~株高基調は持続するか?~

...株についても原油安やドル高によって業績の下方修正傾向が続いているにもかかわらず、最高値圏近辺で推移していることを踏まえれば、グローバルな株式市場全体の好需給環境が反映されているものとみられる。②の企業業績については、東洋経済による東証1部全産業(除く金融)の2015年度利益予想では、経常利益、純利益とも2ケタの増加が見込まれている。ちなみに、みずほ総合研究所では、法人企業統計の大企業全産業ベース(金融・保険、電気業を除く)で2015年度増益率を前年比+15%と予想している。③については、安倍政権主導で「日本版スチュワード シップ・コード(2014年2月公表)」や「コー...

Weekly金融市場 2015年1月23日号

.../2.債券市場寺林 暁良◎相場概況 (1/19∼1/23 前場)長期金利(新発 10 年国債利回り)は、一時は 0.2%を割り込むなど史上最低値を更新したが、その後は 0.3%台まで大幅に上昇。ただし週末には再び低下に転じている。週初の長期金利は、良好な需給環境が続くとの見方が根強い中、20 日の 5 年国債入札が好調となったこともあり、一時は 0.2%を割り込むなど史上最低値を更新した。しかし、20∼21 日の日銀金融政策決定会合で一部の緩和期待に反して金融政策が据え置かれたほか、22 日の...

2013年12月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと東京五輪 ~第二、第三の矢を後押しも課題山積~

...日韓ワールドカップの時に比べて、建設業の就業者が120 万人以上減少している。このため、需給環境が逼迫し、労務費を中心に建設コストが上昇する可能性がある。特にオリンピックと関係ない地域の建設等では、販売価格が上げられない中で建築費が上昇する可能性があり、建築費が収益の圧迫要因になることには注意が必要だろう。更に、オリンピックが開催されなくても被災地の復興や地方の老朽化インフラ整備を行わなければいけない中、この状況のままでオリンピックに向けた東京の整備が物理的に可能かという問題がある。このため、建設...

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の構造転換は半歩ずつ前進 ~政府は資金流入による不動産市況の高騰リスクを警戒~

...をけん引してきた固定資本投資の抑制も景気の重石になっていることが確認された。他方、先進諸国による量的金融緩和の結果、国際金融市場は流動性相場の様相を呈するなど世界的なマネーの動きが活発化する中、同国でも資金流入圧力が高まっており、マネーサプライの伸びは底離れするなど資金需給環境は改善しつつある。政府は春節を前に、公務員に対する接待や贈答に関する綱紀粛正を強化した結果、小売売上高の伸びは年明け以降急速に鈍化した。しかし、近年の大幅賃上げや物価安定による実質購買力の向上、昨年から実施しているエコカーや省エネ家電への補助金政策の効果により、4月の小売売上高は前年同月比+12.8...

2014年6月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年6月号

...ロ相場の見通し>102105~一方で、①ウクライナ情勢等の地政学的リスク、②新興国市場の混乱の再燃リスク、等が残るなか、一本調子の円安ドル高は見込み薄。期中平均 102.8(高値) 105.5レンジ(安値) 100.8~もっとも、米国で寒波の影響やわが国で消費税率引き上げのマイナス影響が一巡し、内外ファンダメンタルズが改善し始めれば、日米金利差の拡大やリスクテイク志向の強まり等に後押しされる形で、再び円安ドル高が進みやすい地合いへ。日米の金融政策の方向性の違いが明確化していることや、わが国の貿易赤字が定着するなど、円を取り巻く需給環境...

2014年7月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年7月号

...ロ圏の高水準の経常黒字、等がユーロ下支え要因となり、当面は、対ドル、対円で方向感を欠いた展開が続く見通し。104108~<ユーロ相場の見通し>102105~もっとも、わが国では貿易赤字の定着や、堅調な対外直接投資等により、円を取り巻く需給環境が円売りに傾斜していることが円安を下支え。加えて、今後、世界景気の回復基調を背景にリスク選好の動きが続くもと、GPIFの運用方針見直し等に後押しされる形で、国内投資家が為替ヘッジをしない外債投資等を積極的に行うようになれば、円安を下支える要因に。期中平均 102.13(高値) 104...

2013年4月9日日本政策投資銀行★フィードバック数:9マーケティング

ECの拡大とそれに伴う物流についてのレポートです。

Eコマース市場の拡大と物流業への影響~大規模物流施設需要動向の考察~

...の需給は概ね一致する(図表5-4)。・また、2014年~17年の4年間のEコマース向け新規需要は年平均60万㎡程度と試算される。全体の需要の4割程度をEコマース向け需要が占めると想定すれば、大規模物流施設全体では、年間150万㎡程度の新規需要となるが、過去に大量供給が続いた05~09年の年平均供給量が年間145万㎡程度であることを鑑みれば、当面の間、需給環境が大きく悪化する可能性は低いものと思料される。・わが国Eコマース市場が引き続き成長していくことが見込まれる中、リアル店舗を持つ小売事業者やEコマ...

2013年3月25日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度 経済見通し

...面では欧米の制裁措置の影響でイランの生産が減少しているが、サウジアラビア、イラク、シ リアの増産がそれを埋め合わせ、供給は安定している。今後は米国のシェールオイル増産が見込ま れるが、これに対応する形でサウジアラビアが供給を絞り込んでおり、需給に大きな変化はないとみ られる。WTI 先物市場における投機資金の買いポジションは世界的な金融緩和の動きに伴うリスク資 産への資金流入の動きもあり、高水準となっている(図表 C-8)。 需給環境に大きな変化はなく、原油価格は引続き高値圏での推移が見込まれる。 13 年度の通関 原油価格は 105.0 ドル、14...

2013年6月5日みずほ総合研究所★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

シェールガスについてのレポートです。

シェール革命がエネルギー市場に与える影響

...採掘リグが増加しており(図表 20)、原油リグの増加は、多くがシェールオイルの生産を意味する水平採掘(もしくは斜め掘り)だと考えられる。そして、こうした稼動リグ数の変化から、採掘業者が採掘の対象を値下がりしたシェールガスから利幅の大きいシェールオイルへ変更している状況が窺える。ただ、シェールオイルを採掘する場合であっても随伴ガスが一緒に産出されることから、稼動リグ数が減少してもなお天然ガスの生産が高水準を維持していると見られる(図表 21)。天然ガス価格が原油価格に対して相対的に割安な状況が維持されれば、随伴ガスが緩和的な需給環境...

地域シンクタンク・モニター調査―2013年第2、第3四半期調査から

...の採用に結びついていない状況も推察される。先行きは、生産活動の持ち直しに伴い、労働需給環境は徐々に改善に向かうものの、引き続き厳しい状況が続く」(同モニター)ことをあげる。高(全店)は同一・八%増の六七七億二二○○万円と僅かながら増加に転じた。住宅投資も持家、貸家、分譲のすべてで前年を上回る」と堅調ぶりを報告する。 一方、企業部門では、「海外経済減速の影響が徐々に後退するなか、製造業では概ね堅調な受注・生産を維持している。業種別では、引き続き繊維、眼鏡枠などの地場産業が弱い動きとなっているが、電子・デバ...

2012年10月10日日本銀行フィードバック数:10社会/政治

金融経済月報(10月)

...パイレス連鎖指数とは、①毎年、基準年の品目ウエイトを更新し、個別品目の指数水準を 100 にリセットして集計した値を計算したうえで、②その前年比を、前年同月の連鎖指数にかけあわせることによって繋いだ指数。品目改廃やモデル式の見直しといったことを除けば、実質的に毎年基準年を更新した指数を作成していることに等しい効果をもつ。15比プラスに転化したため、全体では前月に比べプラス幅が幾分拡大した。もっとも、年初頃と比べると、既往の原油価格下落の影響から、電気代や都市ガス代の上昇率が低下している。国内の需給環境について、9月短...

2015年6月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...上昇幅を徐々に縮める展開となりました。【今後の見通し】今後について、FRBが年内の利上げの可能性を残す中、経済指標の改善が確認されれば市場の利上げ観測が高まり、短中期金利は上昇しやすいと考えています。ただし、長期金利についてはユーロ圏の債券市場が落ち着きを取り戻していることもあり、債券市場の需給環境が悪化しない限り、上昇幅は抑えられやすいとみています。米国 政策金利3.5【チェックポイント】債券価格上昇要因(金利低下要因)政策金利と10年国債利回り(%)4.0米国 10年国債利回り3.0債券価格下落要因(金利上昇要因)2.52.01.5...

Weekly金融市場 2013年10月4日号

...指標である資本財出荷(8 月速報)をみると、同 2.0%と 2 ヶ月連続のプラスで、情報通信機械工業、はん用・生産用・業務用機械工業は低下したが、輸送機械工業がプラスに寄与した(ただし、輸送機械を除くベースでは同▲1.5%と 2 ヶ月ぶりのマイナス)。以上を踏まえ、8 月の機械受注・民需(除く船舶・電力)は 2 ヶ月連続で減少すると予想する。(多田)9 月の企業物価【10 月 11 日(金)8:50】<当社予測>国内企業物価:前年比 2.2%(8月:2.4%)、前月比 0.2%(8月:0.3%)景気回復を受けた需給環境...

2012年7月24日内閣府★フィードバック数:5大型消費/投資

家賃についてのデータ分析です。

近年の家賃の動向について

...しも内閣府の見解を示すものではない。1国 2.7%、東京都区部 4.3%(公営家賃等はそれぞれ 0.4%、0.5%)であり、それほど大きいわけではない。しかし、このほかに持家の帰属家賃がそれぞれ 15.6%、19.4%を占めている。帰属家賃は民営家賃等のデータから推計されるため、間接的な影響を含めると、実際に適用されている家賃の相場が物価全体に大きな影響を及ぼすことがわかる 1。第二に、一般にサービスの価格は賃金との連動性が高いが、家賃は家賃独自の需給環境の影響を受けやすいとみられる。したがって、家賃...

2013年10月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(途上国における省エネ基準・ラベリング制度構築支援事業)報告書

...め................................................................................................................... 45iはじめにアジアの発展途上国では、経済の発展と人口の増加等に伴って継続的にエネルギー需要の拡大傾向を示しており、世界全体からみた経済とエネルギー消費の両面での牽引役となっている。しかし、こうした当該地域の状況は、エネルギー価格の上昇、あるいは温室効果ガス排出量の世界的な増加といった面での影響をもたらすとともに、当該国にとっても地域的な環境問題の原因となったり、エネルギー安全保障の観点からも持続的な経済成長に対する足かせとなることが懸念される。そのため、こうした課題を解決するための効率的なエネルギー需給環境...

2013年6月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度アジア産業基盤強化等事業(天然ゴムの安定調達に資する協力のあり方に関する調査)最終報告書

...によるレポートでは定性情報を提供しているが、提供情報の多くは長期的需給を分析した定量情報である。▪消費量、生産量、在庫、価格、ゴム商品需要、自動車、タイヤ、などの定量情報が多い。 また、それらの定量データは、IRSGが提供するOutlookのモデルをアップデートするための背景情報が共有されているのが実態である。 この状況の背景には、IRSGの参加者は、タイヤメーカー、金融機関、商社、天然ゴム業界団体であり、彼らにとっての主要論点は「長期的な需給環境」と「安定調達可能性と価格動向」にあるためと考えられる。 IRSGによ...

2013年9月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中東情勢を巡る原油の高騰リスク~シリア後も地政学リスクの長期化に留意~

...て、その後は、次第に明らかとなる戦況とともに、介入によって原油価格が押し上げられていた部分も徐々に剥落し、シリアへの介入が終了すれば、たとえシリアの内戦自体は続いていた場合でも、今度は需給環境を反映した軟調相場に転じると予想する。高成長を続けていた新興国経済が減速懸念を高めるなかで原油需要も伸び悩む可能性があるうえに、供給面でも米国でのシェールオイルの増産が続くと見られており(図表 6)、需給の両面から原油需給の逼迫リスクが緩和し、原油価格に下押し圧力が加わりやすいと考えられるためだ。しかも、バー...

2013年8月27日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

【中国エネルギー研究シリーズ No.2】中国のエネルギー需要構造変化とわが国エネルギー戦略 No.2-中国におけるエネルギー需要の将来推計

...で急速に改善していた中国のエネルギー効率改善のペースは鈍化した。1 単位の GDP を生み出すために必要とするエネルギー投入量は、わが国と比較して、依然としておよそ 5 倍の水準にある。 今後中国では、一定の経済成長率を維持しつつ、エネルギーの消費を抑えていくことが 必要となる。そこで本レポートでは、現在の産業構造、省エネ努力が今後も維持されると 仮定した場合の中国の中期エネルギー需要見通しを示し、第十二次五カ年計画のエネルギ ー効率に関する数値目標の達成可能性や、わが国への影響などについて検討した。 なお、本レポート以後では、 「中国のエネルギー需給環境...

2015年1月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2015年1月号

...る金利低下に繋がるのではないかとの見方が強まっている。以下では、独国債市場の需給環境にQEがどのような影響を与えるかを試算した。試算における仮定として、供給側では、ドイツは 2016 年も均衡予算が続き、同年の新発債発行がゼロ、2016 年中に期日が来る中長期債については同額、同期間で借り換えが行われると想定した。欧州版QEの各国別の資産購入金額はECBによる資本拠出割合(ドイツは約25%)に応じて行われるため、ここから計算するとドイツの国債購入額は約 2,000億ユーロとなる。従って、毎月の購入額は 106 億ユーロと仮定した。更に、毎月...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ