「APT攻撃」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年1月20日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年にサイバー脅威の標的となった企業は、2013年の2倍以上に

...[本リリースは、2014年12月9日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(GReAT)※1は、2014年の脅威の状況を特徴づける主な出来事を総括しました。昨年もさまざまなセキュリティインシデントが発生しましたが、特にその規模および企業、政府、公的/私的機関に対する影響の面で、標的型攻撃と悪意のある攻撃が際立っていました。GReATが過去12か月間に発見、報告した7件のAPT攻撃においては、標的...

2015年6月30日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

エネルギー会社のセキュリティ・プロフェッショナルの 86% が重要システムへのセキュリティ侵害を 1 週間以内に検知可能であると回答

...-Trends レポートによると、企業ネットワークに対する APT 攻撃の検知には、平均で 205 日かかるとしています。また、Verizon 社の 2015年度データ漏洩/侵害調査報告書 (DBIR) では、サイバー攻撃の 66% は検出に 1ヵ月を要したという結果があがっています。Chertoff Group の社長である Mark Weatherford 氏は次のようにコメントしています。「エネルギー会社のサイバーセキュリティはかつてないほど強化されています。しかし、エネ...

2016年2月18日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃の検知に関し自信過剰なITプロフェッショナル

...に蔓延する危険なサイバー攻撃の防御対策に必要な具体的な情報が獲得できます。侵入の兆候を迅速に特定し、損害が発生する前に適切なアクションを起こすことが組織にとって必要不可欠です。Mandiant 社の M-Trends 2015 レポートでは、企業ネットワーク上で APT 攻撃を検知するまでに要する平均的な日数は 205 日であると報告されています。また、Verizon 社の 2015 年データ侵害調査レポートでは、標的型攻撃の 3 分の 2 はその検出までに数時間要していることが示されています。さらに詳細な情報については、次のリンクをご参照ください。 Tripwire...

マルウェアランキング 2013年12月(日本のランキング)

...ッシングメールの解析 Cryptolockerなどのランサムウェアから身を守るための11のポイント 2014年のセキュリティトレンドを占う 「高度」とは言い難いAPT攻撃を確認ESETは世界中の脅威を監視し続けており、すべてのユーザーにセキュリティ情報をリアルタイムに提供しています。引き続き、オンライン上では安全な行動を心掛けてください。このトロイの木馬は、インターネットから別のマルウェアをダウンロードしようとします。SWF/Exploit.Agent.FEは、細工が施されたShockwaveのコードを使用して、脆弱なFlash...

2016年6月20日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

侵害検知機能に自信過剰な金融サービス業界のITプロフェッショナル

...ベントリ継続的な構成管理とハードニング包括的な脆弱性管理パッチ管理ログ管理アイデンティティ/アクセス管理組織全体でこれらのコントロールを導入した場合、世界に蔓延する危険なサイバー攻撃を防御するために必要となる具体的な情報が獲得できます。侵入の兆候を迅速に見つけだし、甚大な損害が発生する前に適切なアクションを起こすことが組織にとって必要不可欠です。Mandiant 社の M-Trends 2015 レポートでは、企業ネットワーク上で APT 攻撃を検知するまでに要する平均的な日数は 205 日と報告されています。また、Verizon 社の 2016 年データ侵害調査レポートでは、標的...

2015年6月25日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

フォーティネットが世界12か国で実施したIT部門責任者対象の調査で、企業ITインフラにおける無線ネットワークセキュリティの脆弱性が浮き彫りに

...げられました。フォーティネットのマーケティングプロダクト担当バイスプレジデントであるJohn Maddisonは次のように述べています。「今回の調査結果から、モビリティ戦略が強化されている一方で、企業は無線ネットワークのセキュリティ対策に積極的に取り組んでいないことが伺えます。しかし、高度で持続的な標的型攻撃(APT攻撃)による複数のエントリーポイントを狙った攻撃が急増し、クラウド活用が進むなか、企業は直ちに対策を講じる必要があります。無線...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ