「ASEAN共同体」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年1月6日アジア成長研究所フィードバック数:0社会/政治

東アジアへの視点 2014年12月号(第25巻4号)

...庄先生訪問記録』 ブックレビュー:『メコン地域開発とASEAN共同体-域内格差の是正を目指して-』 公益財団法人アジア成長研究所北九州市小倉北区大手町11-4Tel 093-583-6202 Fax 093-583-6576Copyright Since 1999 © AGI. All rights reserved....

2013年5月27日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

注目の高まるASEAN経済についてのレポートです。

アジアの経済成長の重心はASEANにシフト ~当面は域内主要国がけん引するも、中長期的には後発組の成長にも期待~

...ア新興国は資金流入による内需の押し上げなども重なり、比較的堅調な景気拡大が続いている。アジア新興国の中では近年、域内大国である中国経済が地域経済のけん引役を担ってきたが、中国景気の足踏みが続く中、アジアの経済成長の重心は東アジアから東南アジアに移動しており、その核であるASEAN(東南アジア諸国連合)に対する注目は高まっている。 ASEANでは、2015 年に「ASEAN共同体」として一大経済圏にまとまるべく制度などの共通化に向けた取り組みが進められており、この実現後には6億超という中国、インドに次ぐ人口規模を擁する経済圏が誕生する。ASEAN...

2014年4月16日経済産業省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成24年度アジア域内の知識経済化のためのIT活用等支援事業(ASEANスキームを活用した東南アジア情報セキュリティ機関構築プロジェクトに向けた事前調査)調査報告書

...の環境整備を進めていくことが必要であり、そのため、日本政府主導でASEAN 共同体のための情報セキュリティ戦略を構築し、情報セキュリティ政策を策定実施する国際専門機関(東南アジア情報セキュリティ機関)の設置を行っていくことが、上述の重要性に鑑みて必要であると考えられる。そこで、本調査では上記背景を踏まえ、以下を目的とした調査・検討を実施する。情報セキュリティに係る既存の国際機関に関する調査をすること東南アジアにおける情報セキュリティ関連の国際連携の動向を調査すること東南...

2015年2月23日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ASEAN経済共同体発足を見据えた域内サプライチェーンの拡充-タイにおけるサイエンスシティの構築の意義と可能性

...エンスシティの構築は、日本企業のサプライチェーンの強化だけでなく、タイにとっては直面する「中所得国の罠」を回避する施策となる点で、日・タイの共栄関係強化のプロジェクトであり、わが国政府も支援すべきプロジェクトの一つといえる。環太平洋ビジネス情報 RIM 2015 Vol.15 No.5649 目 次1.AEC時代のサプライチェーン(1)ASEAN経済共同体の発足をどうみるか(2)ASEANの輸出競争力の変化1.AEC時代のサプライチェーン(1)ASEAN経済共同体の発足をどうみるか2015年末にASEAN共同体...

2014年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム景気に光が射すも、不良債権問題が足かせに ~外需を中心に底入れの一方、内需の重石は当面抜けられず~

...直接投資も景気を押し上げた。一方、不良債権問題は依然内需の重石となる状況は変わらず、インフレ率低下にも拘らず、個人消費などを取り巻く環境は厳しい展開が続く可能性は残ると考えられる。 足下の外需回復には、先進国の景気拡大に加え、政府による通貨切り下げも貢献したと考えられる。同国はTPP加盟交渉などで対外開放路線を志向する一方、産業構造は第1次産業に依存する。製造業では裾野産業が育っておらず、ASEAN共同体設立後は域内競争の激化は避けられそうにない。外需の回復が進む一方、内需の足かせが多いため、当研...

2013年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN経済の魅力と影 ~成長期待がある一方、成熟過程における政策変更リスクに注意~

...「ASEAN共同体」として名実ともに巨大な地域経済圏に統合していく計画を進めている。昨年時点におけるASEANの経済規模は 20 兆ドル程度に留まっており、ASEAN以外の地域経済圏であるNAFTA(180 兆ドル)やEU(160 兆ドル)などに比べると極めて小規模ではある。しかし、これら2つの地域経済圏に比べるとインドネシアやフィリピン、マレーシアなど域内の多くの本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一...

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

東南アジアの行方と日本の関わり方 ~混乱再燃の可能性は残るが、中長期を見据えた関係構築の重要性は不変~

...は人口規模やその構成、労働生産性、領土の広さや資源の有無といった様々な違いを有するが、比較的潜在成長率の高い国が集積している東南アジアでは各国間の競争は一段と厳しくなることは避けられない。ASEANは 2015 年に「ASEAN共同体」として統一する方向で進んでいるが、これが実現すればASEAN域内各国は共通の土台の下で一段と厳しい競争に晒される。その中で、各国がより高い経済成長を目指すには、インフラ建設などを通じてハード面での投資環境の整備に取り組むのみならず、法制度などソフト面での環境整備も欠かせない。東南...

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成24年度アジア域内の知識経済化のためのIT活用等支援事業(日中韓の連携によるオープンソースソフトウェアの推進に関する調査事業)報告書

...11月にソウルで開催された北東アジアOSS推進フォーラムの上位組織にあたるIT-DG Meeting and Forum Chairman Meeting、The 9th NEAOSS Promotion Forumにおいて語られている。ASEAN共同体が2015年、東アジア共同体が2020年を目標年度として、着実に構築に向けて動き出している現状を鑑みると、フォーラムの成果や今後の取組みの方向性については、当該地域共同体への普及を念頭において活動する重要性が高まっている。233-1 WG1(技術...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度アジア域内の知識経済化のためのIT活用等支援事業(日中韓の連携によるオープンソースソフトウェアの推進に関する調査事業

...ながりから、面へと広げる事を目標に掲げている。2011年は、「日中韓3カ国が研究ステージから研究成果を市場へ適用するステージへの転換期を迎えている」と、2010年11月にソウルで開催された北東アジアOSS推進フォーラムの上位組織にあたるIT-DG Meeting and ForumChairman Meeting、The 9th NEA OSS Promotion Forumにおいて語られている。ASEAN共同体が2015年、東アジア共同体が2020年を目標年度として、着実...

2013年12月3日野村総合研究所フィードバック数:0マーケティング

NRI未来年表 2014-2060

...2018頃までにNRI 予 測マレーシアで物品サービス税導入(6%)イタリア(ミラノ)で万国博覧会開催年年2060オーストラリアで世界初の大規模 CO 2 回収・貯留(CCS)設備の商業運転開始国連「ミレニアムの開発目標」の達成期限ASEAN 共同体(経済、安全保障、社会文化)が実現世界の生産年齢(15 ∼ 64 歳)人口比率がピークに[国連]中国がサービス貿易の拡大に注力(2011 年以降年平均 10%以上増加)世界の通信不能地域がなくなる[ITU]EU の電子政府サービス利用率が市民 50...

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成25年度 新興国での新中間層獲得による日本再生事業(ミャンマー政府の財政政策及び債務受入れに関する検討課題調査)調査報告書

...国からの支援案 ··································································5-2第 1 章 序論(1) 調査の背景ミャンマーは、2011 年 3 月のテイン・セイン大統領就任に伴い、民政移管を実現し、民主化と国民和解、経済改革の努力が徐々に国際社会に認められつつある。6 千万人超の人口、広大な高度、廉価で優秀な人材、豊富な天然資源を持つ「最後のフロンティア」として、日本企業はもとより、各国の経済界から熱い視線がミャンマーに注がれている。2011 年 11 月にインドネシアで開催された第 3 回日メコン地域諸国首脳会議においては、2015 年のASEAN 共同体...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ