「ASEAN市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年11月14日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業(7)】現代自動車のグローバル戦略が直面する問題-課題として残る米国、ASEAN戦略

...での販売は比較的堅調に推移しているのに対して、近年米国での販売が鈍化していることに注意したい。この一因に、輸出比率が高いため、為替変動の影響を受けやすい構造になっていることがある。これには、新興国での市場開拓を優先してきた結果、米国での現地生産が遅れたことが関係している。 中国での好調な販売を受けて、現代自動車はさらに事業を拡大していく方針である。中国市場向け戦略車の中型車セグメントへの投入、内陸部での工場建設計画など新たな取り組みが注目される。その一方、米国市場とASEAN市場に対する取り組みは課題として残っている。為替...

2013年10月8日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス海外

ASEAN消費市場への日系企業の参入における課題と対応策

... 消費市場としてのASEANの難しさは、消費者の持つ多様性、いわば「モザイク」模様の市場構造にある。経済水準、民族・言語・宗教などさまざまな面で個別性の高いASEAN市場に進出するには、エントリー市場として、まずはシンガポールおよびマレーシアに参入することが有効である。3 ASEAN市場で成功するには、「自社の強みの本質を見極めてそれを貫くこと」、および「合わせるべきは合わせるローカライズ」の両面が必要である。ローカライズに際しては現地企業とのパートナーシップが有効な手段となる。4 日系...

2013年11月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN中間層をターゲットとした新たな動き

...まで通り代理店契約を継続しつつ、現地小売店への直接販売を行うことで機動的な営業活動が可能になるとの判断だ。同社は、2013年前半に同産業の日系企業では初めてミャンマーに製造工場を設立した。工場では製品の包装工程から開始し、2~3年を目途に現地向け製品の生産を計画している。以上のように、化粧品・トイレタリー企業はASEAN市場を成長のドライブ役として期待しており、今後も現地市場をターゲットとした動きがみられるだろう。但し、進出企業が増加する新興国市場であるが、撤退する例も出ている。米国の化粧品訪問販売大手、エイボン・プロ...

2014年8月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

中国のASEANへの影響力拡大に日本はどう向き合うか

...:日中企業間協力の可能性協力分野内容中 国 進 出 日 本 企 業 は、 中国 ・ASEAN FTAを 活用 して① 中国・ASEAN FTA活用 ASEAN市場開拓を行うことができる。2015年以降は、非関税品目の範囲がさらに拡大する②日中間では、厚い産業集積を基盤とするサプライ チェーン日本・中国・ASEAN生産が構築されており、このサプライチェーンをASEANにも広げ分業ていくことができる省エネ・環境保護分野や、ハイテク分野で日本企業には優日本・中国企業の共同 位性があり、中国...

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本企業のチャイナ・プラスワン戦略は加速

...わけ中小企業ではこの傾向が顕著である。業種別にみると、「機械精密」ではタイ・ベトナム、「電気機械」ではタイ・ベトナムに加えてフィリピンでも投資が拡大、「輸送機械」ではタイに加えてインドネシアでも集積が進みつつある。一方、大企業の多くが中国における設備投資を継続するとしているように、市場としての中国の重要性は依然高い。今後の注目点として、①中国現地法人における売り上げの回復、②M&Aの戦略的活用によるASEAN市場の開拓、③中国に続いてASEANでも上昇する人件費への対応などが挙げられる。1リサーチTODAY2013 年 11 月 22...

2013年12月6日日本能率協会★フィードバック数:0ビジネス

ASEANでの事業展開についての調査です。

2013年度(第35回)「当面する企業経営課題に関する調査」ASEAN地域3カ国 調査報告書

...は現地ローカル市場向けとしての役割が今 回 の 調 査 で は、 日 本 国 内 調 査 に 加 え て、最大となる。また、ASEAN 市場向け、さらにはASEAN 地域のうち、地域統括機能が集まるシングローバルなサプライチェーンの中での主要拠点ガポール、ものづくりの要であり中進国でもあるとしての機能が高まっていくことがわかる。タイ、新興市場として急成長しているインドネシ次に販売拠点の機能をみると、現状でも現地ローアの3カ国を対象に、アンケート調査と企業へのイカル市場向けの役割が最大であるが、今後...

2015年5月26日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス

アジア地域(ASEAN)における社会・ICTインフラビジネスの動向と事業機会第2回

...需要だけでなく、コンテンツ需要や、スマートフォンやタブレット端末などに対応した動画ビジネスも視野に入れた取り組みが求められます(図3)。日本の放送関連企業にとっての事業機会ASEAN6カ国で1.1億世帯を擁し、自立、成長期を迎えたASEAN市場に対して、放送設備やコンテンツ販売、動画配信などの市場開拓戦略を構築する段階を迎えつつあります。NRIは、今後も現地の調査や定期的な情報発信を通じて、日本企業のASEANへの進出を支援していきます。※2回目:1回目は本年2月3日に公表。ニュ...

JCC 2015年下期 日系企業景気動向調査(概要)

... タイでの研究開発拠点・テクニカルセンターの設立については、「既に設立済み」が 11%、「検討中」が 6%となった。業 種製造業非製造業全  体既に設立済み48553(17)(2)(11)単位:件数、( )は回答企業割合(%)回答検討していない検討中その他企業数19(7)214(76)0(0)2819(4)192(93)1(0)20728(6)406(83)1(0)488 設立の目的(複数回答)は、「ASEAN市場に対応した製品開発」が 68%と最も多かった。次いで「タイ...

2015年2月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN市場統合を睨んで周辺国との経済関係を深めるタイ

...みずほインサイトアジア2015 年 2 月 23 日ASEAN 市場統合を睨んで周辺国との経済関係を深めるタイアジア調査部上席主任研究員酒向浩二03-3591-1375koji.sako@mizuho-ri.co.jp○ カンボジア、ラオス、ミャンマー(CLM)では、2015年末のASEAN経済共同体(AEC)発足に向けて関税撤廃が進んでおり、隣接するタイはCLM市場を取り込むべく経済関係強化を図っている○ 具体的には、貿易円滑化の取り組みを通じて対CLM輸出の拡大を促進しているほか、政府...

2013年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

堅調続く日本の対ベトナム投資~インフラが整い現実的な投資先としての魅力高まる~

...いう人口構成が魅力的で内需向けの投資も増えていることが挙げられる○ ASEAN市場統合に向け、ベトナムは輸出競争力向上や国有企業改革などの諸課題への取り組み強化を迫られているが、これらの改革の動きが日本企業の新たな商機になっていると考えられる1.はじめにベトナムでは、2008年の世界金融危機を契機に、それまで8%台で推移していた実質GDP成長率が5~6%台に大きく減速するなど経済不振が続いている(図表1)。米欧景気の低迷に伴う輸出の伸び悩みと、国内のインフレや経常赤字を抑制するために金融引き締めが続いたことなどに拠る。こうした厳しい経済状況を反映して、2009年以...

2015年2月3日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス

ASEANの長期展望と日本企業が取り組むべき課題

....中国市場まではかなり浸透していた欧州企表2 カンボジアへの直接投資の国別内訳業も、ASEANへの進出をいよいよ本格的に1994∼2011年9月累計国金額(百万ドル)順位検討し始めている。インド企業も、タタ・モ15,107─ーターズのような大手はASEAN市場での事カンボジア中国8,8661韓国4,0272マレーシア2,6093業展開を着実に進めている。AECを一つの契機として、世界の多国籍英国2,3784企業がASEANに注目しており、今後、競争米国1,2855台湾8276はま...

2013年11月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

12年下期以降の対中・ASEAN投資~加速し始めた日本企業のチャイナ・プラスワン戦略~

...機械」ではタイ・ベトナムに加えてフィリピンでも投資が拡大、「輸送機械」ではタイに加えてインドネシアでも集積が進みつつある○ 今後の注目点としては、①中国現地法人における売上回復、②M&Aの戦略活用によるASEAN市場開拓、③中国に続いてASEANでも上昇する人件費への対応などが挙げられる1.はじめに中国における人件費の上昇に2012年下期以降の日中関係の緊張が重なり、日本企業はこの1年あまり、中国に替わる投資先としてASEANを重視するようになっている。日本の財務省統計によると、12年下期以降、対中...

2015年6月16日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

みずほのレポートです。

需給動向レポート(2015年6月)(5)自動車 ~国内市場は微減、海外市場では一部新興国の需要回復に遅れ~

...が拡大基調に回帰するにはなお時間を要すると見られる。タイ市場、インドネシア市場は底打ちまでなお時間を要する見通しASEAN 市場では、タイ市場が政治混乱を受け需要が急激に冷え込み、2014 年の新車販売台数は 881 千台(同▲33.7%)となった。インドネシア市場は、需要の冷え込みをLCGC 政策2対応車種が下支えし、1,208 千台(同▲1.8%)となり、両国の市場規模は逆転した。2015 年のタイ市場は早期の回復が期待されたものの、民政移管のスケジュールが不透明になる中、依然需要の回復が遅れており、804 千台(同▲8.8%)を予...

2014年4月22日東北経済連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地域産品に関する検討部会報告

...では海外進出が困難である中小企業が共同グループを形成し、リスク・コストを低減した形で共同海外進出を行う取組に対する支援を行っている。採択事業(東北分)は以下の通りである。【採択事業一覧(東北分)】No. 県名対象者事業計画名1青森(株)ファーストインターナショナル青森県産品の北米販路開拓事業2青森青森トレーディング(株)青森りんご対アジア販路開拓事業3山形(公財)山形県企業振興公社ASEAN市場海外進出支援事業4山形(株)マイスター「切削フォーラム21」切削工具の海外進出事業5新潟新潟県酒造組合新潟清酒輸出拡大プロジェクト~世界...

2014年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 経済連携促進のための産業高度化推進事業(アジア大洋州各国に関する基礎的情報の網羅的整備)調査報告書

...は食糧安全保障の確保から農業開発を推進している。果実、野菜、家畜生産等の第一次生産や、食品、鶏卵加工等の第二次生産部門を成長産業に位置付け産業育成を推進している。また、ASEAN市場向け中核的生産拠点を目指しハラル食品産業の育成にも取り組んでいる。サービス部門• 2011年の銀行資産の成長率は前年比約24%増。主に銀行、ファイナンス、資産運用、保険、投資信託部門を戦略的投資受け入れ部門に位置付けている。• 観光業は政府の成長戦略に掲げる重点部門の一つ。良好な自然環境を活かしたエコツーリズムやヘルスツーリズム等の分野に注力している。鉱業...

2014年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ASEAN観光客誘致策の日韓比較~観光客の満足度を高める取り組みが鍵~

...客の不満を解消できるほどの効果をまだ生んでいない可能性がある8。以上から、韓国の観光誘致は、政府の主体的な取り組みの下でASEAN市場開拓に取り組み、韓流ブ図表 4韓国旅行で満足な点(主要項目、%)シンガポールショッピングがしやすい安全自然景観が美しい街がきれい活気にあふれている56.043.951.837.337.2タイ57.057.367.059.234.6マレーシア56.258.463.556.028.2図表 5全体平均言葉が通じない道が混んでいる案内標識の不足物価が高い食べ物が口に合わない52.238.936.534.027.2(注)1. みず...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ