「ASEAN投資」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年11月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

12年下期以降の対中・ASEAN投資~加速し始めた日本企業のチャイナ・プラスワン戦略~

...みずほインサイトアジア2013 年 11 月 11 日12 年下期以降の対中・ASEAN 投資アジア調査部主任研究員加速し始めた日本企業のチャイナ・プラスワン戦略03-3591-1375酒向浩二koji.sako@mizuho-ri.co.jp○ 中国における人件費の上昇に2012年下期以降の日中関係の緊張が重なり、日本企業は中国に替わる投資先としてASEANを選好するようになっており、大企業に比べて特に中小企業でその傾向が強い○ 業種別にみると、「精密機械」ではタイ・ベトナム、「電気...

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本企業のチャイナ・プラスワン戦略は加速

... 14 日)を参照いただきたい。アジアビジネスアンケート調査は 1999 年に開始され、今回が 13 回目になる。資本金 1 千万円以上の製造業を対象にして今回は 1,303 社から回答をいただいた。ここでの地域分類における「アジア」とは NIEs4カ国(韓国、台湾、香港、シンガポール)、ASEAN5 カ国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム)、中国、インドの11カ国・地域を対象としている。2酒向浩二 「12 年下期以降の対中・ASEAN 投資」(みずほ総合研究所 『みず...

2014年5月9日野村資本市場研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

ASEAN投資信託市場の現状と課題

...野村資本市場クォータリー 2013 Spring特集:アジア アセット・マネジメントASEAN 投資信託市場の現状と課題神山 哲也▮ 要 約 ▮1.アジアの経済成長に伴うアジア諸国における所得水準の向上・中間所得層の増大は、小口・分散投資の機会を提供する投資信託ビジネスにとって多大なポテンシャルがある。2.タイは、約 5.7 兆円と ASEAN 最大の投信市場規模を持つ。外資系運用会社にとっては、運用会社の外資保有制限がなく、投信投資家に海外投資も根付いている一方、販売...

2013年5月30日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

【アジアの視点】ASEANとの経済関係が再び強まる韓国

...国で成長が持続しビジネスチャンスが生まれたことが背景にある。経済のグローバル化が進むなかで、韓国と中国との経済関係が強まった。韓国にとって(1)対外直接投資は高水準で推移中国が最大の貿易相手国であり、主要な投資(2)近年では対ASEAN投資が対中投先となった。近年、「韓国が日本よりも中国資を上回る3.今後の展望と課題(1)一段と強まる経済関係(2)今後の課題結びに代えてを重視するようになった」といわれているが、こうした経済関係を踏まえれば、韓国が経済外交面で中国を重視するのは当然であろう。それと同じ論理で、中国の位置づけが今後「相対化」され...

2015年6月3日金融庁フィードバック数:0社会/政治

ASEAN地域統合における金融分野自由化進展に向けて-WTO金融サービス分野の自由化約束をベースとした分析-

...でに撤廃することが定められた。また、サービス貿易に関しては、1995 年に AFAS(ASEAN サービス枠組み協定)が合意された。その結果、ASEAN 域内における金融、海運、電気通信等のサービス分野の自由化が進展することとなった。-5-<金融庁金融研究センター ディスカッションペーパー DP2015-1(2015 年 6 月)>更に、1998 年の AIA(ASEAN 投資地域枠組み協定)によって、域内への投資促進、外資誘致などを推進したこともあって、先進国等から ASEAN 域内...

ASEAN経済共同体に向けての作業進展状況 -第46回ASEAN経済大臣会議文書から-

...ビス貿易協定(ASEAN Trade in Service Agreement: ATISA)としている。2-3.投資2014年AEMでは、ACIA修正議定書に署名した。これは、留保表(ネガティブリスト)の留保分野の削減のための手続を規定したものであり、自由化促進のための措置である。ブループリントでは、ASEAN投資地域枠組み協定(AIA)と投資保証協定(AIGA)を統合してACIAを制定するとしており、ACIAは2009年調印され2012年3月に発効した。2-4.熟練労働者の移動2014年AEMでは、現在のMRA...

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:タイ、ベトナムにおける面的スマートコミュニティ事業可能性調査)

...降に政局不安や大洪水など一時的なマイナス要因があったものの、1985 年のプラザ合意以降、総じてタイへの投資が活発に行われており堅調に拡大してきているといえる。単位:億円10,01215,099中国タイ13,05576,418シンガポールインドネシア13,590マレーシアその他32,648アセアン合計 8兆4,404億円図表 中国 ASEAN 投資残高(2013 年末)出所:財務省、日本銀行統計より作成8図表 対タイ直接投資推移出所:財務省、日本銀行統計より作成産業別に日本企業の進出数を見ると、東洋経済新報社の 2014 年データによれば、電機機器が 223...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ