「AUD」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 3度目の正直へ

...や弱含んだ。ウクライナ情勢の緊張緩和が期待されるなかでJPYは最弱となったがUSDも弱かったため、USD/JPYの変化率は0.09%と極めて小幅。6日日本時間では、豪貿易収支が14.3億AUDと予想(1.0億AUD)を上振れたことからAUDが急伸。小売売上高も前月比+1.2%と予想(+0.4%)を上振れた。USD/JPYは日本株上昇と歩調を合わせ102後半まで上伸。・米10年金利は動意に乏しく+0.7bpの2.705%。独10年金利もECB理事会を控えて動意に乏しく+0.7bpと小動き(1.605%)。反面...

2013年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook ドル高の足音

...う稀な組み合わせが成立するなかで上昇。主要通貨で最弱となったのはAUD。ステーブンスRBA総裁は「AUD/USDが0.85まで下落する必要がある」とターゲット型の口先介入を断行、直後にAUDは急落し0.90を割れた。米10年金利は+2.4bpの2.88%。欧州時間から緩やかに上昇を開始し、米経済指標を通過後一時2.89%に迫った。欧州債市場も全体的に軟調。独10年金利は+2.5bpの1.84%。欧州株が下落するなかイタリア、スペイン金利は上昇し、対独スプレッドはワイドニング。【国内株式市場・経済指標】~短観は当社予想:大企業製造業DI...

2014年3月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 市場予想を予想する

...)Bloombergにより作成。太線:製造業生産。1314(年)本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~銅急落~・11日のG10通貨はAUDの弱さとJPYの強...

2014年9月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 確かな余力がそこにある

...生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~豪雇用統計:ポジティブサプライズ~・前日のG10通貨はJPYが最弱でそれにAUD、CHFが続き、反対にGBPが最強でCADが続いた。USDも堅調。USD/JPYは日本時間から一貫して上昇、一時は107に接近。EUR/USDは、USD/CHFが「防衛ラインが脅かされる場合、必要であればマイナス金利を採用する方針だ」とのSNB高官の発言に反応して急伸するとそれに追随して1.29前半まで下落。EUR/CHFはECBのサプライズ利下げを受けてSNBの防衛ライン1.20寸前...

2014年4月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook お心遣いありがとうございます?

...性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~米金利スティープニング、ギリシャは復帰~・前日のG10通貨はJPYとUSDの弱さが際立った。ややハト派だったFOMC議事録を受けてUSDが全面安となるなか、リスク選好のJPY売りも同程度の盛り上がりをみせUSD/JPYは小幅上昇。北欧通貨、EUR、AUD、GBPが揃って上昇したほか、新興国通貨もほぼ全面高。ドルインデックスは3月...

2013年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

GlobalMarket Outlook 敢えてこのタイミングで欧州に注目

...性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~サマーズポジションのアンワインド~13-17日の海外市場はドルが全面安。サマーズ氏候補辞退の報道を受けてTapering・利上げ前倒し観測が後退。ドル円は16日オセアニア時間に下落した後は日本市場が休場だったこともあり、小動きに終始。その後、欧米時間に入るとやや買い戻し優勢となった。資源・新興国など相対的高金利通貨ではAUDやNZD...

2014年3月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook それなら6月は円安なのか? 3月円高説に一石投じる

...日本時間では、週末にウクライナ情勢が一段と緊迫化したことからJPYが全面高。USDも主要通貨に対して買われているが、USD/JPYは、JPYショートの巻き戻しが優勢で101前半まで下落。豪経済指標(AiG製造業指数、インフレ関連指標、新築住宅販売件数)は何れも市場予想を上回ったがAUDの反応は限定的。もっとも、午後にかけては中国7日物レポレートの急低下を好感して、JPYに売り、AUDに買いが入っている。・米10年金利は+0.9bpの2.648%。欧州債市場は、ユーロ圏HICPを受...

2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook それでも「失望売り」は最適戦略にならない ~4月緩和の可能性は後退した~

...料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~それでもEURは売られない~・22日はGBP、AUDの強さが目立った一方でCADの弱さが目立った。USD/JPYに特段の材料はなかったが、米金...

2015年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook もう少し待つ必要があった?(原油安効果)

...生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~ユーロ圏GDP:良くも悪くも緩慢な成長~・前日のG10通貨はUSDとEURが弱かった一方、資源国通貨とJPYが強かった。原油価格が堅調に推移するなかNOKが最強となり、それにCAD、NZD、AUDが続いた。他方、JPYは米金利上昇にも拘らず上値が重く、118後半で推移。16日日...

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 個人マネーに注目

...で一進一退。米金利は低下したものの、主要通貨に目立った動きはなく動意に乏しかった。27日日本時間では、豪4Q民間設備投資の予想下振れ(予想:▲1.3%、実績:▲5.2%)を受けてAUDが急落。民間設備投資は主力の鉱業投資(+3.0%→▲5.5%)が下押し。同時に3Qも下方修正された。ブラジル中銀は大方の予想どおりセリックレート25bpの利上げを全会一致で決定(10.50%→10.75%)。前回までの50bpから利上げの幅は縮小したが、当社新興国担当は、インフレ動向などから判断して「利上...

2014年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook USD/JPY115を再確認

...生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~英雇用統計:更なる改善を示唆~・前日のG10通貨はUSDが全面高。FOMCを受けて米債売り・USD買いの組み合わせ。USD/JPYは107前半から108半ばまで急伸。EUR/USDも1.28前半へ沈み、AUD/USDは一気に0.9を割込んだ。一方、GBPは英雇用統計やスコットランド独立が回避されるとの見方から売り買い交錯。18日日本時間でもUSD買いの流れが残存。USD/JPYは108後半で推移する場面もみられた。・米10年金利は+2.7bpの2.620%。相場...

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook キーワード 4月、コアCPIマイナス、追加緩和

.../USDは一気に1.12を割れた。その他では原油価格下落を受けたNOK、AUD、CADの弱さが目立った。・米10年金利は+6.1bpの2.030%。CPIの底堅さに反応。欧州債市場は総じてラリー。独10年金利は遂に0.3%を割り込み、ポルトガル10年金利も2%の節目を突破。QE開始を目前に控えて好需給が意識された。【国内株式市場・経済指標他】~生産:ポジティブサプライズ~・日本株は小幅高で寄り付いた後、もみ合い。PMI生産・製造業生産706065・1月鉱工業生産指数は前月比+4.0%とポ...

2015年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 利上げの階段のぼる

...価格下落に伴うエネルギーセクターの軟調も相場を下押し。・前日のG10通貨はJPYとUSDが強かった一方、EUR、CHFの弱さが目立ったほか、原油価格下落を受けてNOK、AUDが軟調。ギリシャ問題が一服し、イエレン議長会見を控えていることもあり穏やかな一日となった。一時はUSD/JPYが119半ば、EUR/USDは1.13割れを記録するなど、USD高基調が強まる場面もあったが、長続きしなかった。24日日本時間でUSD/JPYは119近傍で一進一退(10:00)。・米10年金利は▲5.4bpの2.057%。米指標が冴えない内容となり、米株...

2014年8月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 終わりそうで終わらない

... Reutersにより作成。太線:4週移動平均0708091011121314(備考)Thomson Reutersにより作成【外国為替相場・債券市場】~Ifo景況指数:4ヶ月連続の低下~・前日のG10通貨はUSD高がほぼ全面高。週末にジャクソンホール講演が終了、オセアニアオープンと同時にJPY、EUR、GBP、AUDはギャップダウン。その後は英国が休日だった影響もあり閑散相場。米指標に対する反応も限定的。26日日本時間でUSD/JPYは104を挟み一進一退(10:00現在)。・米10年金利は▲2.0bpの2...

2014年8月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 苦手な夏を克服

... Reutersにより作成【外国為替相場・債券市場】~ユーロ圏PMI:フランスが心配~・前日のG10通貨はUSD高が一服。米指標は総じて堅調だったものの、米金利が低下したこともあり、USD高基調が途切れた格好。USD/JPYは日本時間に104手前まで上伸した後、欧米時間は103後半で一進一退。EURやGBPは下落一服、AUDは反発した。22日日本時間でUSD/JPYは再度104をトライ。・米10年金利は▲2.0bpの2.407%。イエレン議長講演でハト派姿勢が強化されることを見越した動き。欧州...

2015年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

政府・日銀の良い距離感

...)Thomson Reutersにより作成20161112131415【海外株式市場・外国為替相場・債券市場】・前日の米国株は反落。決算発表を控えるなか、高値警戒感から利益確定売りが優勢。・前日のG10通貨はAUDとNZDの弱さが目立ったほか、EURがやや軟調。JPYは一日を通してみれば横ばいでUSDの強さは中位程度。USD/JPYは一時120.80近傍まで上昇したものの、浜田参与の発言をきっかけに下落。・米10年金利は▲2.0bpの1.927%。当初の相場は軟調に推移していたが、米国...

2015年4月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本株の独立 ~米国離れが鮮明に~

...の米国株は小幅反発。原油価格急落が重石となるも全体としては堅調。他方、欧州株は反落。・前日のG10通貨はAUD、NZDの強さが目立った一方、EURが軟調。USDとJPYの強さは中位程度。USD/JPYは木内委員のTapering提案を受けて小幅低下したものの、その後は切り返し102を回復。・米10年金利は+2.0bpの1.905%。FOMC議事録に対する反応は限定的。他方、欧州債市場はコア国中心に堅調。独10年金利は▲2.3bp、0.163%と既往最低を更新。【国内株式市場・経済指標他】~景気ウォッチャー:要割...

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook ともに「無風通過」だろう(日銀会合・米FOMC)

...の流れが続いた。USD/JPYは日本時間17時頃から上昇を開始、米小売売上高で一旦は下落したものの、米現物株がラリーとなるなか一段高となった。EUR/USDはノボトニー・オーストリア中銀総裁の為替中立発言(「ユーロ高に耐える必要がある。ECBはユーロ高に対抗する手段を持たない」)を受けて急上昇する場面はあったが、その後もUSD買い基調は崩れなかった。その他G10通貨ではAUDの弱さが目立った。RBA総裁が「豪ドルはかなり高い確率で現在の水準から著しく下落すると思われる」と発言したことが背景。米10年金利は▲2...

2014年4月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 好機に思える

...要旨(4/1分)に特段のサプライズはなかったが、AUDは発表後に水準を切り下げた。・米10年金利は+2.3bpの2.647%。予想より強い小売統計と金融大手決算を受けて債券相場は反落。カーブ上では5年ゾーンの金利上昇(+3.8bp)が目立った。欧州債市場はコア・セミコア軟調、GIIPS債はギリシャを除き堅調で対独スプレッドは大幅にタイトニング。独10年金利は+2.2bpの1.526%となったが、2年金利は▲0.3bpの低下となった。2年債の堅調さには、週末のドラギ総裁、14日の...

2013年9月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 結局、リスク性資産に心地良い風が吹く

...株が全面的に調整する傍ら円ショートポジションが巻き戻される展開。米地区連銀総裁3名が講演したものの、何れも反応は限定的。他方、ユーロドルはドラギ総裁がLTRO再実施の可能性を示唆したことを受けて下落。米10年金利は米株安を受けて3bp低下の2.70%。独10年金利は上述のドラギ総裁発言を受けて3bp低下の1.92%。伊・西10年金利も低下したが対独スプレッドはほぼフラット。前週末発表のCFTCデータ(9/17時点)によると円のネットショートポジションは4週ぶりに減少(9.51万枚→8.88万枚)。EUR、GBP、AUD、CAD、CHFでも...

2014年4月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 地味に企業向けサービス価格が20年ぶりの水準へ

...(%)15651060Markit4505540050350453004050-5ISMユーロ圏製造業PMI5550-10 45-15製造業生産(右)独仏ユーロ圏40-2035-25-30 30352500910111213140708091011121314(備考)Thomson Reutersより作成。製造業生産:3ヶ月前比年率(備考)Thomson Reutersにより作成。太線:3MA07080910(備考)Bloombergにより作成。111213【外国為替相場・債券市場】~BOE:スラックを巡り意見割れる~・前日のG10通貨はアジア時間に急落したAUDを除...

2014年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 逆風弱まる、そして無用な混乱からも解放されるかもしれない

...)1113(年)【外国為替相場・債券市場】~意外にも小動き~・7日の海外時間は雇用統計を受けてJPYが売られたものの変化率は小幅。その他G10通貨も、加雇用統計の予想下振れからCADが売られた以外に目立った動きを見られず、予想外に静かな一日となった。10日日本時間では中国貿易統計への失望からAUDが売られる反面JPYは買われ、103近傍まで水準を切り下げている。・米10年金利は+5.1bpの2.788%。中国社債デフォルトやウクライナ情勢への懸念は限られた。欧州債市場は独・仏が小動きとなった一方、周縁...

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 春の訪れと強いドル EURとJPYは下落へ

...された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~EUR急伸~・6日のG10通貨はEURとAUDが強くJPYが全面安。ECB会合結果を受けてEUR/USDは急上昇し、一時1.3873を付け昨年来高値(1.3895)に肉薄。USD/JPYは米金利上昇と欧米株高が併存するなか103を回復。7日日本時間はニュースに乏しく主要通貨に目立った動きは見られない。・米10年金利は+3.2bpの2.737%。米指標改善と欧州債下落が背景。欧州...

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 雇用の「量」は“○”でも「質」は“?“「物価」は”△“

...生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~雇用統計前に米債ショート積み上がる~8日の海外時間は雇用統計を受けてG10通貨でUSD全面高・JPY全面安。USD/JPYは99円台を回復、EUR/USDは“利下げ(ECB)・格下げ(仏)”も手伝って1.337に到達。AUD、NZD、THB、ZARなど資源・新興国通貨も軒並み弱かった。ドルインデックスは“No Taper(9/18)”直前の水準に到達。米10年金利は+14.8bpの2.75%。FF金利先物は2015年半ばの利上げ織り込み度合いを強め、2年金利は0...

2014年2月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 楽観的見通しを維持する

...・新興国通貨は総じて軟調。ZAR、TRYは反発したが、CLP(チリ・ペソ)、HUF(ハンガリー・フォリント)、PLD(ポーランド・ズロチ)などの弱さが目立った。3日日本時間では豪AiG製造業指数と豪住宅建設許可件数が共に予想を下振れたもののAUDの反応は限定的。USD/JPYは102.20を回復(15:00)。・米10年金利は▲5.1bpの2.644%。欧州債市場は各国とも中期ゾーンが堅調。弊社欧州担当は6日の理事会での利下げ(その他緩和策)を予想していないが、総裁...

2014年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook もはや“ノイズ”というレベルではない

...い展開。精彩を欠く米経済指標を受けて米金利低下・USD売りの組み合わせ。USD/JPYは一時102割れとなるも、米株が切り返すなか102を回復。EURは米欧金利差縮小から買われ、CHF、GBPも連れ高。新興国通貨は区々もBRL(+1.36%)、IDR(+0.90%)は堅調。14日日本時間にUSD/JPYはリスクオフの流れから一時101.60割れ。AUDは中国CPIの予想上振れを受けて一時0.90を回復。・米10年金利は▲2.9bpの2.732%。欧州債ラリーに追随するなか米指標を受けて一段と金利低下。欧州...

2014年2月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook やっぱり「強い雇用統計」が欲しい

...生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~そもそもTaperingだから新興国通貨安なのか?~・11日の海外時間はJPY全面安。USD/JPYは欧米株ラリーの中で102.50を回復。EUR、CHF、GBPが弱かった一方、AUD、TRY、ZARなど資源・新興国通貨は米金利が上昇するなか大きく反発。因みに「Tapering→米金...

2014年3月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 半年のゼロ

...勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~6ヶ月!?~・19日のG10通貨はFOMC結果とイエレン議長会見を受けてUSD全面高。FOMCを控えてJPY、EUR、AUDは膠着状態となっていたが、FOMC委員...

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook Mrドラギも春を待っている

...102.75をコアレンジに膠着。他方、EUR/USDは1.39をブレイク。13日オセアニア時間ではRBNZが予想どおり25bpの利上げを決定。ウィラー総裁が「融資抑制が住宅価格インフレを抑えるのに寄与」などとタカ派な見解を示したことからNZDが急伸。また豪州では豪2月雇用者数が+4.73万人(予想:+1.50万人)と非常に強く、過去分も上方修正(▲0.37万人→1.8万人)。失業率は6.0%で横ばいも労働参加率(64.5%→64.8%)は上昇。これを受けてAUDは急伸。他方、USD/JPYは15...

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 雇用のポテンシャルは強いはず

...-2030 -30050709(備考)Bloombergにより作成。1105 06 07 08 09 10 11 12(年) (備考)Bloombergにより作成。3ヶ月前比年率。1313 14(年)【外国為替相場・債券市場】~欧州委員会:インフレ見通し下方修正~・25日の海外時間はJPYが強かったが変化率は小幅。米指標への反応も限定的で102前半ではUSDに断続的な買いが入った。その他、EUR、GBP、AUDなど主要通貨何れも小幅な値動き。26日もUSD/JPYは膠着が続き、102前半で一進一退。NZ...

2014年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 今年はコジンの出番

...済指標は概ね好調だったにも拘らず米金利が低下、USDは主要通貨に対して売り優勢。アジア時間に急落したAUDに買い戻しが入ったほか、CHF、JPY、EURなども反発した。一方、新興国通貨は引き続き軟調。金は反発、原油は続落。17日日本時間では主要通貨に目立った動きはみられず。USD/JPYは104.30を中心としたレンジ相場。・米10年金利は▲5.0bpの2.84%と、12月FOMC(17-18)前の水準に到達。1月からは実際にQEが縮小しているが、今のところ影響は限定的。欧州債市場は全般的にラリー。好調なスペイン入札や米金利低下もあり、独10...

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook ますます雇用統計が信じられなくなる

...利が上昇するなか断続的にJPYが売られ主要通貨で最弱となった。他方、EURやGBPは英・欧指標に対して特段の反応もなく小動きだった。主要通貨ではAUDの弱さが目立った。15日日本時間でJPYは104半ばを一進一退。・米10年金利は+4.5bpの2.87%。米債市場はここ数日のラリーの反動が意識される中、欧米株の上昇もあり軟調な推移となった。一方、欧州債市場は総じて堅調。独10年金利が▲0.3bpの1.81%となったほか、イタリア、スペイン10年金利も低下して対独スプレッドはタイトニングした。米10年金利(%)3.2伊・西...

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook そろそろ日銀に注目、先ずは声明文から

...)を受けてAUDが急落。USD/JPYは105を目指す場面があった。・米10年金利は+2.0bpの2.89%。一時2.91%まで上昇したが、エバンス総裁の発言などを受けて上昇幅を縮小。欧州債市場は独金利が上昇(+1.1bp)の一方で周縁国国債金利が低下。対独スプレッドは一段と縮小した。一方、EONIAは0.210%と12/30(0.223%)の水準に接近。EURIBOR(3m)も上昇した。豪雇用統計(新規雇用者数)EONIA・EURIBOR0.5(%)45(%)0.290.45350.4eonia0...

2014年9月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ますます自信を深めるべき

...いた。反対にNZDはウィラー総裁のNZD高牽制発言を受けて急落、AUDもそれに追随して連れ安。USD/JPYは米国時間入り後に米株現物が安く寄り付き、米金利が低下すると急激に下落。108半ばまで水準を切り下げる場面があった。もっともUSDは他通貨に対して相対的に堅調。ロックハート・アトランタ連銀総裁は「USD高が米輸出競争力の低下を懸念させる」と発言。このところFED高官(他にダドリー・NY連銀総裁など)が相次いでUSD高を牽制しているが、今のところ市場の反応は限定的。そもそも、USD高を懸念してFED...

2015年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

G・Wはやわかり

...押しに寄与し、港湾ストの影響が収束しつつあることを示唆。ISM非製造業605550454035070809101112131415(備考)Thomson Reutersにより作成・豪RBA理事会は大方の予想どおり政策金利(オフィシャルキャッシュレート)を25bp引き下げて2.00%にすることを決定。ただ、利下げの決定も去ることながら、市場で注目されたのは(実質的な)フォワードガイダンス部分が削除され、追加緩和バイアスが消失したこと。AUDが0.7後半まで下落したこともあり、RBAは15年入り後に行った2回の...

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米利上げ予想後ずれで買い優勢の新興・資源国市場

....080050.060014/11株価:RTX指数←為替:USDRUB→14/1215/115/215/315/115/215/315/4(年/月)↑米ドル高↑米ドル高(ポイント) オーストラリア:株価指数・対米ドル為替(AUD/USD)(RUB/USD)1,2007002.214/1215/445.01.355,8001.305,6001.255,4001.205,200株価:S&P/ASX200指数←1.15為替:USDAUD→40.0 5,00014/11(年/月)1.1014/1215/115...

時間帯分析です。

円安になりやすい時間帯は存在するか?(3)-円安に対する米ドル高の影響を検証してみる

...とリーマンショック時のボラタイルな動きを含む「2007年9月3日~2014年12月31日」の約7年間において、主要7通貨ペア(豪ドル/米ドル(AUDUSD)、ユーロ/米ドル(EURUSD)、ボンド/米ドル(GBPUSD)、豪ドル/円(AUD/JPY)、ユーロ/円(EURJPY)、英ポンド/円(GBPJPY)、米ドル/円(USDJPY))に関して、前回と同様の方法で4時間毎の終値の差分を足し上げたものである。対米ドル通貨ペア(豪ドル/米ドル(AUDUSD)、ユーロ/米ドル(EURUSD)、英ポンド/米ドル(GBPUSD))と対円通貨ペア(豪ドル/円...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ