「BASF」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年7月6日BASFフィードバック数:0大型消費/投資

アジア太平洋地域における自動車のカラートレンド予測

...Close You want to purchase products or view order status from BASF SE? Would you like to register to get personalized information? BASF(ビーエーエスエフ)は持続可能な将来のために、化学でいい関係をつくります。また、経済的な成功、環境保護、そして社会的責任を同時に実現しています。 また、BASFは科...

2013年7月4日BASF★フィードバック数:0マーケティング

自動車のカラートレンド予測です。

アジア太平洋地域におけるカラートレンド予測

...Close You want to purchase products or view order status from BASF SE? Would you like to register to get personalized information? BASF(ビーエーエスエフ)は持続可能な将来のために、化学でいい関係をつくります。また、経済的な成功、環境保護、そして社会的責任を同時に実現しています。 また、BASFは科...

【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、花王、日東電工

...電工のほか、前年から順位を上げた企業には、DIC、信越化学工業、三菱化学、BASFが挙げられます。DICは「高速応答性に優れ、表示不良の発生が少ない特徴を有し、優れた表示特性を有するFFSモードの液晶表示素子」、信越化学工業は「CCDやCMOS等の固体撮像素子シリコン基板と保護ガラスの貼り合わせに適した接着剤組成物」、三菱化学は「耐熱性、成形性、及び機械的強度に優れ、かつ屈折率が小さく、逆分散率が大きいポリカーボネート共重合体」、BASFは「虫やクモなどの節足動物害虫を駆除するのに適した、ゲル...

【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、花王、積水化学工業

... 花王は、「実用上充分な湿潤強度及び水解性を有し、且つ生産性に優れた水解紙」や、「香りの劣化を効果的に抑制できる着香剤組成物」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。 3位 積水化学工業の注目度の高い特許には「合わせガラス用中間膜、金属処理のウォッシュプライマーに用いられるポリビニルアセタール系樹脂」や「硬化促進剤を含有するポリマー微粒子」などがあります。 上位10社の中で、前年から順位を上げた企業は、日立化成、信越化学工業、三菱化学、BASFの4社です。日立化成は「回路...

2013年9月3日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

二酸化炭素回収・貯留(CCS)関連技術、特許総合力トップ3は三菱重工業、ALSTOM TECHNOLOGY、関西電力

...する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。図2:上位企業 二酸化炭素回収・貯留関連技術 出願状況  図2は総合力上位5社についての出願状況を示したものです。国内企業の三菱重工業、関西電力、東芝は早い時期から出願を行っており、2000年代後半以降にさらに出願数を伸ばしていることが分かります。ALSTOM TECHNOLOGYはほとんど見られていなかった出願が2008年以降急増し、BASFは特定の時期での急増は見られないものの、2004年から一定数の出願を行っています。図3:上位企業 二酸化炭素回収・貯留関連技術 主要国への出願状況  図3...

2017年7月5日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【窯業業界】他社牽制力ランキング2016トップ3は旭硝子、日本ガイシ、日本特殊陶業

...第5726414号)が最も引用されており、後発の特許6件の審査過程で拒絶理由として引用されています。企業別にはトヨタ自動車、本田技研工業、BASF、イビデン、HALDOR TOPSOE、キャタラーの各1件となっています。このほかには「窒化物単結晶の育成方法」(特許第5044311号)や、「排気ガスの微粒子センサ」(特許第4898902号)などが引用された件数の多い特許として挙げられます。2016年に、日本ガイシの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は京セラ(18件)、次いでセイコーエプソン(17件...

車両用塗装関連技術、特許総合力トップ3は関西ペイント、日本ペイント、BASF COATINGS(ドイツ)

...車両用塗装関連技術、特許総合力トップ3は関西ペイント、日本ペイント、BASF COATINGS(ドイツ) 弊社はこのほど、日本に出願された車両用塗装関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 自動車製造における塗装プロセスは非常に長い工程からなり、またVOC(揮発性有機化合物)の排出が多いことから、コスト面、環境面から改善が求められています。近年ではさまざまな企業からこれらの課題を克服する技術が提案されています。本調...

【鉄鋼・非鉄金属・金属製品業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は住友電気工業、新日鐵住金、日立金属

...製罐グループホールディングスなどとなっています。 2014年に、新日鐵住金の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はJFEスチール、次いで神戸製鋼所、日新製鋼となっています。 3位日立金属の最も引用された特許は、「磁気冷凍作業ベッド用の焼結体」に関する特許(特願2006-119673)で、後発の特許6件の審査過程で拒絶理由として引用されており、企業別にはBASF(独)の3件、デンソーの2件などとなっています。このほかには、「冷凍機に使用される磁性材料」に関する特許(特許第4240380号)や、「高熱伝導・低熱膨張複合材」に関する特許(特許...

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度石油産業体制等調査研究(各国のエネルギー関係企業・機関等の動向を踏まえた石油関連産業の分析) 報告書

...事業追求型の企業は、・中・下流への経営資源の集中と合理化、スケールメリットの追求によって収益の最4大化を図るという事業戦略を採っていると言える。【プロダクトヘッジ戦略】(4)他業種参入型:他の産業を主としながら石油・ガスビジネスに参入BASF 、BHP Billiton、Formosa などの企業は、コア事業は石油・ガス関連産業以外でありながら、事業ポートフォリオの一部として石油・ガスビジネスを位置づけている。ドイツを拠点とする BASF は世界最大の化学会社で、基礎...

【おむつ分野】国際調査における特許牽制力ランキングトップ3はP&G、ユニ・チャーム、KIMBERLY CLARK

...を抑制する吸収製品に関する技術(WO1998026808)です。BASFやKIMBERLY CLARKなど22件の国際調査で引用されました。分野全体としては、KIMBERLY CLARKの国際調査において最も引用されており、そのほか、ユニ・チャーム、SCAなどに多く引用されています。 2位 ユニ・チャームの最も多く引用されている特許は、使い捨てオムツ(JP19920130935)に関する技術です。KIMBERLY CLARKやPROCTER & GAMBLE、花王などの国際調査に引用されています。分野全体としては、PROCTER & GAMBLE...

洗濯用柔軟剤関連技術 特許総合力ランキングトップ3はP&G、花王、ライオン

...性や溶解性に関する特許の割合が大きいという特徴が見られます。注目度の高い特許には、「生乾きのような洗濯物から発生する不快な臭いを抑制でき、乾燥後の衣類に香料が残りにくい液体柔軟剤組成物」などが挙げられます。 そのほか、4位 FIRMENICHは、「ウッディな香りのデカリン誘導体の付香成分」などが、5位 BASFは、「光や、熱、酸素の悪影響から繊維製品を保護するための安定化組成物」などが注目度の高い特許として挙げられます。 6位以下では、DOW CORNING、高砂香料工業、UNILEVERなどの企業が上位にランクインしています。 本分...

2013年5月9日パテント・リザルトフィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

おむつ関連技術 特許総合力ランキングトップ3はP&G、ユニ・チャーム、大王製紙

...ラクター)が出現又は消失して排尿が判断できるとともにおむつはずしにも適する「使い捨て吸収性物品」などが挙げられます。 6位以下では、使い捨ておむつを中心に出願する王子製紙(王子ネピアを含む)やリブドゥコーポレーション、吸水性材料に関する技術を中心に出願する日本触媒、また海外企業としてBASF(ドイツ)、SCA HYGIENE PRODUCTS(スウェーデン)等の企業が上位にランクインされています。図2:国内上位企業 おむつ関連技術 各国への出願状況  図2は、国内企業総合力上位5社のパテントファミリー(注2...

2015年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度製造基盤技術実態等調査(機能性素材動向調査)報告書

...シャリティ分野のなかでも自社ポジションの弱い事業を売却し、強者に集約する動きを展開している事例が見られる。一方、汎用石化は数社間で事業を集約して大型プレーヤーを成立させ、原料や成長性で不利な事業環境のなかでも、規模のメリットの追求や統合運営によって事業性を見出す戦略を展開してきている。こうした動きの数少ない例外としては、規模の大きい BASF と Dow、および Bayer等があげられる。BASF はオイル&ガスからの一貫体制およびコンビナート統合運営体制を敷き石化のコスト競争力を維持する一方、ポリオレフィン事業はすでに Basell とし...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ