「CH4」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年11月10日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

温室効果ガスのデータです。

世界の主要温室効果ガス濃度は過去最高値 ~WMO温室効果ガス年報第9号の発表~

... for Greenhouse Gases: WDCGG)を運営しており、世界中の温室効果ガス観測データを収集・解析しています。今般、2012年12月までの世界の温室効果ガス観測データについて、当庁が世界の温室効果ガス専門家と協力して解析し、結果を取りまとめました。その結果が、WMOより11月6日に温室効果ガス年報(Greenhouse Gas Bulletin)第9号として発表されました。 今回の解析結果によると、大気中の主要な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)及び一酸化二窒素(N2O)は増...

2014年9月15日気象庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界気象機関の年報です。

世界の二酸化炭素濃度の増加と海洋の酸性化が進行中~WMO温室効果ガス年報第10号の発表~

...中の主要な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)及び一酸化二窒素(N2O)は増加を続けており、 2013年における世界平均濃度(年平均)は過去最高値を記録しています。さらに、CO2の2012年からの年増加量は1984年以降で最も大きい2.9 ppmとなりました。 また、長期間の海洋時系列観測データの解析から、人為起源によって増え続けた大気中の二酸化炭素を海洋が吸収してきたため、海洋酸性化が世界的に進行しており、 海洋の生態系への影響が懸念されています。 今回発表された年報に掲載された解析結果の概要は別紙のとおりです。本年...

2014年12月23日福島県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

福島県における2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量

...化炭素(以下「CO2」という。)(92.8%)が最も多く、次いでメタン(以下「CH4」という。)、ハイドロフルオロカーボン類(以下「HFCs」という。)、パーフルオロカーボン類(以下「PFCs」という。)、一酸化二窒素(以下「N2O」という。)、六フッ化硫黄(以下「SF6」という。)の順となっています。 (2) 基準年度である1990年度(代替フロン等3ガス(HFCs、PFCs、SF6)においては1995年度)と比較すると、CO2が+22.3%、HFCsが+6.6%となっておりますが、その...

2015年6月23日国立環境研究★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度のデータです。

わが国の2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量について

...]は、2005年度比で11.1%の減少、前年度比で1.8%の増加となりました。2005年度からの減少は、工業プロセス及び製品の使用分野(セメント製造等)からの排出量の減少等によります。(2) メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)、パーフルオロカーボン類(PFCs)、六ふっ化硫黄(SF6)、三ふっ化窒素(NF3)2013年度のCH4排出量は3,600万トンであり、2005年度比で7.5%、前年度比で1.0%の減少となりました。2005年度からの減少は、廃棄...

2013年11月20日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

京都議定書の目標達成見込みとのことです。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

...年度)の5カ年平均で基準年比8.2%減(注5)となり、京都議定書の目標(基準年比6%減)を達成する見込みとなりました。 2012年度の我が国の温室効果ガスの総排出量(速報値)は、13億4,100万トン(二酸化炭素換算)でした。これは、京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年度、HFCs、PFCs、SF6は1995年)の総排出量と比べると、6.3%(7,980万トン)の増加となっています。また、2011年度の総排出量(13億800万トン)と比べると、発電...

2014年4月15日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出量です。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)

...事務局に提出することとされています。また、条約の国内措置を定めた地球温暖化対策の推進に関する法律第7条において、政府は、毎年、我が国における温室効果ガスの排出量及び吸収量を算定し、公表することとされています。これらの規定に基づき、2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量等を算定した結果、別添のとおりとなりました。 2012年度の我が国の温室効果ガスの総排出量(確定値(注1))は、13億4,300万トンでした。これは、京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年度、HFCs、PFCs、SF6は1995年...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度環境問題対策調査等委託費(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度事業)調査報告書

...で大阪府、兵庫県、愛知県、福岡県となっていた。4表2.3-3 都道府県別の温室効果ガス排出量(平成22年度)単位:t-CO2都道府県①エネ起 CO2排出量③廃棄物原②非エネ起 燃料使用にCO2 排出量 伴う非エネ起 CO2 排出量808,13972,739④CH4排出量⑤N2O排出量⑥HFC排出量⑦PFC排出量⑧SF6排出量合計1北海道7,432,08646,80054,970025,00015,6648,455,3982青森県2,648,308655,2389,2463,2418,0320003,324...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ