「CLM」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ミャンマーのリスクシナリオは大統領選での民主派台頭

...,8001,6001,4001,2001,0008006004002000199095200005060708(資料)国連よりみずほ総合研究所作成10910111213(年)リサーチTODAY2015 年 3 月 17 日下記の図表はミャンマーとその周辺の後発国であるCLM諸国(カンボジア、ラオス、ミャンマー)を比較したものだ。ミャンマーは5,000万人以上の人口を抱え、人口が1,000万人程度であるカンボジアやラオスよりも大きな内需を持ちうる国である。にもかかわらず、長年...

2014年5月21日日経リサーチフィードバック数:0ライフスタイル海外

新・新興国 カンボジア、消費生活の実態~プノンペン生活者の暮らし調査より~

...新・新興国 カンボジア、消費生活の実態 2014.05.20  中国やタイに続くアジアの「新・新興国」として注目度が増すカンボジア・ラオス・ミャンマー。急速な経済成長が期待され、頭文字を取って「CLM」と呼ばれる。 日経リサーチは2012年にミャンマー最大の都市ヤンゴンで生活実態調査を実施したのに続き、13年6月にカンボジアの首都プノンペンとラオスの首都ビエンチャンで定性的な家庭訪問調査を実施。日常生活の様子や所有物、生活意識などをヒアリングした。10月にはプノンペンで25~34歳の...

2014年2月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

ASEANの最低賃金引き上げがもたらす不安

...年頃から労働争議が急増していることがある。ベトナムにおいては最低賃金の水準自体はタイ、インドネシアの6割強に留まるが、最低賃金の2桁増が続いている。下記の図表は日本企業の製造業ワーカー賃金の比較である。タイでは最低賃金が一斉に引き上げられたために、労働集約型産業・生産工程の地方への展開は困難になっている。その結果、賃金水準がタイより大幅に低いカンボジア、ラオス、ミャンマー(CLM)などの周辺国への展開、いわゆる「タイ・プラスワン」戦略の加速が見込まれる。一方、インドネシア・ベトナムでは首都・商都...

2014年11月14日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治海外

東南アジア、中国、インド経済アウトルック

...い成長を維持すると見通しています。ブルネイとシンガポールは比較的安定した経済見通しで、CLM諸国―カンボジア、ラオスそしてミャンマーは、中期的に7%を超える成長が予想されています。新興アジアの大国である中国とインドの見通しにも変化がみられます。中国では、人口動態の変化に沿う構造調整、投資から消費主導の成長への移行、また農業、環境および教育といった領域での課題がある中、成長率は2015年から19年にかけて6.8% まで緩やかにと減退することが予測されています。インドは、新政府の新たな改革プランの進捗による不確定要素があるものの、6...

アセアン諸国の有望投資先としての位置づけが一段と向上-国際協力銀行の最新調査結果を踏まえての印象点

...アンに遅れて加盟したカンボジア(C)・ラオス(L)・ミャンマー(M)のCLM諸国は、経済発展は後発であるが労働コストが未だ低廉であり、タイに拠点を置く企業が労働集約的な業務を3国に移す「タイ・プラス・ワン」という動きが特に注目されている。アセアン諸国は、国情、経済発展の段階や抱える課題も様々であるが2015年のアセアン経済共同体のスタートに向けて連携を強化しており、その動向は日本のみならず、米中韓など多くの諸国からも注目されている。おりしも先週末には、両者の友好関係樹立40周年の節目として日・ASEAN特別...

ASEAN経済共同体に向けての作業進展状況 -第46回ASEAN経済大臣会議文書から-

...2008年、CLMVは2012年までにナショナル・シングル・ウィンドウ(NSW)を実施することになっているが大幅に遅れており、CLMを除く7カ国がASWパイロットプロジェクト参加を決定。2015年までに選定された港で実施することになっている。④ 基準・適合性評価2014年のAEMでは、ASEAN基準品質協議委員会(ASEAN Consultative Committee on Standards and Quality: ACCSQ)による貿易の技術的障害の除去を評価し、医療...

2014年12月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

13年下期以降の日本のアジア投資~中国・ASEANで「電気機械」製造業の不振が目立つ~

...って運営営するヤンゴン郊外ののティラワ工工業団地が一一部開業するる予定になっており、それを契機に、、今後の対ミミャンマー投資の本格格的な増加はは期待しうるる。図表表 11日本本の対 CLM 投資(製造業投業)(資資料)日本銀行「国際収支統計」7(3)対 ASEAN 投資の先行きのカギを握るる、「輸送機機械」、「電電気機械」、 「非製造業業」日本の対対 ASEAN 投資資は、「輸送送機械」と「「電気機械」の動向が、明暗を分けたた。「輸送機機械」(主に自動車産産業)向けのの投資が多いいタイおよびびインドネシシア向けが堅調であった一一方で、「電電気機械」向けの多いい、マレーシシア、ベト...

2013年5月15日みずほ総合研究所★フィードバック数:2社会/政治海外

企業対象のアンケートです。

中国からASEANへのシフトに舵を切り出す日本企業~2013年2月アジアビジネスアンケート調査結果~

...、台湾、香港、シンガポール)、ASEAN5(タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム)、インドの 11 カ国・地域を対象とし、一部の質問は、CLM(カンボジア、ラオス、ミャンマー)、バングラデシュも対象とした。12.アジアビジネスへの取り組み(全企業(1,303 社)の回答)(1)約 7 割がアジアビジネスを実施日本企業全般のアジアビジネスへの取り組みを概観するために、回答した全ての企業 1,303 社を対象に「現在、日本とアジア各国・地域との間でどのようなビジネスを行っているか」と質...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ