「CO2回収」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年4月7日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

CCSU(CO2回収・貯留・利用)技術に関する将来予測 2015

...2015年04月07日 CCSU(CO2回収・貯留・利用)技術に関する将来予測 2015 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてCCSU(CO2回収・貯留・利用)技術の調査を実施した。1.調査期間:2015年1月~2月2.調査対象:CO2関連(分離・回収、輸送、貯留、利用)技術3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<CCSU(CO2回収・貯留・利用)とは>CCSU(CO2回収・貯留・利用)とは、CO2回収・貯留(CCS...

CCS(二酸化炭素の回収と貯留)の現状と展望

...2015.02.18CCS(二酸化炭素の回収と貯留)の現状と展望  地球温暖化防止を目的とした「排ガスからのCO2回収技術の開発研究」が国際的に開始されたのは1990年代初頭である。1992年アムステルダムで開催された第1回CO2回収に関する国際会議(The First International Conference on Carbon Dioxide Removal)では、実証あるいは商用規模の様々なCO2回収技術とともに、EOR(原油増進回収)、地中貯留、及び海洋処分などの利用・貯留...

2013年9月3日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

二酸化炭素回収・貯留(CCS)関連技術、特許総合力トップ3は三菱重工業、ALSTOM TECHNOLOGY、関西電力

...状況  1位三菱重工業の注目度の高い特許には、「冷却と加熱を繰り返したり、水蒸気の消費を増やすことなく、回収したCO2にCOSが混入するのを防ぐことができる高純度CO2回収方法」に関する技術などが挙げられます。 2位ALSTOM TECHNOLOGYは、「二酸化炭素の回収量を増大させつつ、リッチアミン溶液を再生するためのシステム」に関する技術などが、3位関西電力は、三菱重工業との共同出願である「スチーム凝縮水の余熱などを効率的に用いることでエネルギー効率を一層向上させるCO2回収装置」に関...

「世界を変革する新興テクノロジー トップ50」2017年版

...自己修復材料マイクロ・ナノカプセル化スマートグラス神経刺激OLED照明oo触覚イメージングウェアラブルオフショア風力発電CO2回収・利用・貯留oooo手術用ロボットo分散型エネルギー発電o人工臓器光バイオプシーマイクロエレクトロニクスoo超解像顕微鏡ooエネルギー&ユーティリティo医療機器・医用画像ICTヘルス&ウェルネスセンサー・制御oooooバイオセンサー非接触型センサスマート触覚先進運転支援システム(ADAS)電子皮膚ナノ3Dプリ...

2014年8月26日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー環境総合戦略調査(将来のエネルギー需給構造に関する調査研究)調査報告書

...ガス原油石炭太陽エネルギー地熱水力風力都市ごみバイオマスパルプ黒液廃油核燃料使用済み燃料プルトニウム減損ウラン天然ウラン二次エネルギー鉄道トラック航空機船舶CO2排出CO2回収・貯留図 1.2-3 MARKALモデルの概要代表的なモデルであるMARKAL(Market Allocation)モデルでは、まず将来にわたるエネルギー・サービス需要をモデルの前提条件として与えた上で、エラー! 参照元が見つかりません。に示す通り、需要を満たすためのエネルギー需要側技術・供給側技術等について、国もしくは世界全体のシステムコストが最小になるように、線形計画(Linear Programming)9法を...

2014年3月7日日本産業機械工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

European New Build Power Plants 2013(その2)

...し、全容量が60GWにまで達している。⑤多くの国々における再生可能エネルギー急激な進展による経済性は、次のことを考慮すべきである。・風力および太陽光(PV)発電所の設置コスト・既存の化石燃料による発電所の柔軟性を得るために必要となる改造コスト・電力の品質の向上および一次と二次制御を容易にするためのグリッド内のエネルギ― 39 ―情報報告 ウィーンー貯蔵にかかる追加コスト⑥運転サイクルにおける化石燃料を使用する装置の環境への影響ならびに二酸化炭素(CO2)回収・貯蔵のコストが増加する。そして、多く...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ