「CPIインフレ率」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年1月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドの金融政策改革案、準備銀は改革前進を示唆か ~金融政策の最重要課題に物価抑制を据える意思がうかがえる~

...抑制を金融政策の最重要課題に掲げるとともに、同行が優先する物価指標をこれまでの卸売物価(WPI)から消費者物価(CPI)に変更する方針を示している。また、これまで準備銀が設置してきた諮問委員会などの検討などを踏まえ、足下において10%前後で推移するCPIインフレ率を向こう1年以内図 1 CPI の推移と『改革案』が示す目標に8%程度、2年以内に6%程度にし、最終的には4%程度まで低下させるとともに、4%を中央値に上下2%を許容範囲とする「インフレターゲット制」の導入を図るべきとした。組織面での改革として、これ...

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

金融政策と長期金利の中期見通し ~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

....01980198119821983198419851986198719881989199019911992199319941995199619971998199920002001200220032004200520062007200820092010201120122013201420152016201720182019202020212022202320242025-2.0<株式・為替市場の見通し>・金融政策が購買力平価に沿って収斂したと仮定した場合のドル円レートの推移を予測した。結果は資料8にまとめられている。なお、見通しでは日銀が CPI インフレ率をインフレ目標の目指すとおりに調整した場合を「メインシナリオ」とした。この結果、2025 年度のドル円レートは 99円程度に収斂する。・株価が「配当割引モデル」に従った場合、名目 GDP の成長率に合わせて株価も堅調に上昇していく。メインシナリオの想定する名目+2%程度の成長下では、2025 年度...

2013年6月25日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年6月号

...スインフレ傾向には歯止めがかかっている様子だ。前月比でも+0.1%(4 月同+0.1%)とインフレ率は横ばいの推移だ(図表 14)。企業の販売価格は上昇6 月に入ってからの企業の販売価格を示す連銀製造業調査の販売価格DI(現状判断)を見ると、NY調査では+11.3(5 月+4.6)と上昇している。CPIは上昇するも、コCPIは 5 月前年比+1.4%(4 月同+1.1%)とインフレ率が上昇する一方、アCPIは低下傾向コアCPIは同+1.68%(4 月同+1.72%)と僅かに低下した(図表 15)。コアCPIインフレ率は前年比ベースで 2012...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ