「DODA編集長」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2012年4月25日インテリジェンスフィードバック数:1キャリアとスキル

2012年1月-3月 転職求人倍率

...の求人数と転職希望者数は、どちらも前年同時期の約120%で推移しており、人材流動が活発化していることが伺えます。 ※より詳細な分析やDODA編集長の解説が掲載されている「DODA転職求人倍率レポート」は、DODAサイトでご覧いただけます。※調査は2008年より行っております。過去のデータをご覧になりたい場合は、広報部までお問い合わせください。 個人情報保護方針インテリジェンスはプライバシーマークを取得しています。 © Intelligence, Ltd....

2014年9月28日扶桑社フィードバック数:0キャリアとスキル

転職者の約6割が「異業種へ」――転職市場に異変が起きた背景とは?

...経験不問の求人割合」もリーマンショック前から急増。今や5割以上が定着し、業種を超えた人材確保が広まっている。⇒【グラフ】はコチラ邪道と思われていた異業種転職も、今や主流派になっている。なかでも、商社・流通・小売・外食からは8割以上が異業種へ転職している。新天地を求め、未経験の仕事へ飛び込む人も少なくない(『DODA』調べ)「背景にあるのは、ビジネススピードの変化です」と語るのは、転職支援サービス大手の『DODA編集長の木下学氏だ。「グローバル化・情報化社会が進むなか、企業の新事業を開拓するスピードが加速。慢性...

2017年7月22日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年6月 転職求人倍率

...のこれまでの成果をアピールすることや、企業にとって納得感のある志望動機を伝えることが重要といえるでしょう。(DODA編集長 大浦 征也)DODAサイトでご覧いただける「DODA転職求人倍率レポート」では、詳細なデータや考察を掲載しております。https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/index.html調査は2008年より行っております。過去のデータをご覧になりたい場合は、広報室までお問い合わせください。■2017年下半期 転職市場予測~技術革新による人材ニーズの増加や、働き...

2017年6月29日プレジデント社フィードバック数:0キャリアとスキル

「女性が稼げる」仕事ランキング

...労働省の調査をもとに作成した2016年の女性の高収入職業ランキング。前年と比べて目に付くのは、航空機操縦士がトップになったこと(前年4位)、航空機客室乗務員が大きく順位を上げたこと(前年22位)。それ以外は、例年上位に入るおなじみの顔ぶれです。「代表格はいわゆる『士業』。弁護士、税理士、公認会計士などの専門性の高い資格職業です。字は違いますが、医師や歯科医師などの『師業』も、年収の高さが知られています。いずれも高度な知識が求められます」と転職サービス「DODA編集長の大浦征也さん。多くの場合、学生...

2015年5月18日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年4月 転職求人倍率

...企業側の中途採用に対する意欲が落ち着く時期ですが、今年は新卒採用スケジュールの変更を受けてか、4月に入っても求人数は伸び続け、過去最高数を更新。企業の採用意欲が衰えを見せないのが特徴です。さらに、5月も求人数は伸び続けると考えられ、求職者の増加を上回ることで、求人倍率は上昇する見通しです。また、7月以降は後ろ倒しとなった新卒採用の影響を受ける可能性がありますが、7月まではこの活況が続くと予想されます。転職希望者へのチャンスはより広がっていると言えるでしょう。(DODA編集長 木下 学)※ DODAサイトでご覧いただける「DODA転職...

2015年2月16日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年1月 転職求人倍率

...市場は更なる活性化が見込まれます。(DODA編集長 木下 学)※ DODAサイトでご覧いただける「DODA転職求人倍率レポート」では、詳細なデータや考察を掲載しております。※ 調査は2008年より行っております。過去のデータをご覧になりたい場合は、広報部までお問い合わせください。 個人情報保護方針インテリジェンスはプライバシーマークを取得しています。 © Intelligence, Ltd....

2014年11月11日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

転職理由調査です。

転職理由ランキング<2014年下半期>

...や条件に対する希望が顕在化し、「今よりもっと良い会社で働きたい」と新たに転職に踏み切る人たちが増えたのだろうと考えられます。 (DODA編集長 木下 学) 社会人が選ぶ転職したい企業TOP300職種別、業種別、都道府県別、年齢別に平均年収や生涯賃金をまとめました最新の転職マーケットを解説しますあなたにオススメのコンテンツ何かお困りですか? DODAの使い方/転職ノウハウをお答えします...

2013年10月22日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

転職理由調査です。

転職理由ランキング2013年下期

...、回答割合が2008年以降で最多となっています。需要増加や新規ビジネスへの参入など、企業活動が活発化したことにより、社員の業務量や就業時間が増えていることが考えられます。(DODA編集長 木下学) あなたにオススメのコンテンツ何かお困りですか? DODAの使い方/転職ノウハウをお答えします...

2015年11月27日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

転職理由ランキング

...の経営不安よりも、将来を見据えた転職活動が増加している傾向が伺えます。【図表1、2】(DODA編集長 木下 学) ■業種別 ~ 待遇改善を望む転職のほか、業界の変化を受けて新たな専門性追求に向けた転職も増加 8つの業種別にみたところ、1位が「ほかにやりたい仕事がある」となったのは7職種。前回調査より1職種増え、「メーカー」のみが「会社の将来性が不安」が1位という結果になりました。また、「メディア」を除く7業種で「残業が多い/休日が少ない」の回答割合が上昇。業績が好調な企業が増えたことで、一部...

2017年5月26日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年4月 転職求人倍率

...連続で調査開始以来の最高値を更新し続けています。5月も、求人倍率は引き続き高い水準で横ばいとなるでしょう。転職希望者はボーナス支給の時期を加味して5月中旬から本格的に転職活動を開始するため、増加が見込まれます。求人数も引き続き増加傾向で、これまで中途採用を行っていなかった企業の求人、業界、業種の未経者を歓迎する求人など、求人の幅が広がってきています。いつかはやりたい仕事や憧れの業界で働きたいと考えている方は、希望の求人があれば積極的に活動することを考えても良い時期となるでしょう。(DODA編集長 大浦 征也) ※DODAサイ...

2017年4月19日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年3月  転職求人倍率

...度も引き続き求人数はゆるやかに増えていく見込みです。また、これまでは中途採用をしていなかった部署で新しく採用を始めた企業も見られ、転職先の選択肢はこれまで以上に広がっています。4~5月のゴールデンウィーク頃までは転職希望者の動きがやや落ち着く傾向にあるため、求人倍率は4月も上昇するでしょう。これから転職活動を始める方は、転職希望者が比較的少ない4月のうちにできるだけ多くの求人を検討し、積極的に応募することをおすすめします。(DODA編集長 大浦 征也) ※ DODAサイトでご覧いただける「DODA転職求人倍率レポート」では、詳細...

2017年3月17日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年2月  転職求人倍率

...月と比べると新たに転職活動を始める動きは落ち着きを見せ、求人倍率は上昇する見込みです。3月までの採用充足を予定しているポジションでは、応募条件の緩和などが行われ、通常時よりも面接に進みやすい可能性があります。一方で、採用が充足され募集が終了する求人も多くなる時期にもなるため、早めに転職を希望している場合は、希望に近い求人があれば積極的に応募していくことをお勧めします。(DODA編集長 木下 学)※ DODAサイトでご覧いただける「DODA転職求人倍率レポート」では、詳細...

2017年7月12日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

転職市場予測2017下半期

...や業界を取り巻く環境変化を踏まえ、そこで自分はどのように貢献をしたいのか、どのように価値発揮をしたいのか、という見解を話せるようになると、より希望に沿った転職が実現できるのではないでしょうか。(DODA編集長大浦 征也)■11の分野別に求人動向を予測01.IT・通信積極的なIT投資を背景に、事業会社の求人ニーズも旺盛 https://doda.jp/guide/market/001.html02.電気・機械垂直統合から水平分業へ。社外・社内との連携に対応できる人材ニーズ高まる https://doda.jp/guide...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ