「ECB欧州」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

米国・欧州主要国の景気概況(2013年3月)

...I.米国経済・景気概況: 緩やかな回復が続く・最高値を更新した米株価・主要経済指標II.欧州経済1.ユーロ圏:景気が弱含む中で追加利下げを模索するECB欧州委員会『2013年冬期経済見通し』に見る政策当局の景況感2.英国:景気の弱い動きが続く中で資産市場に明るい動き...

米国・欧州主要国の景気概況(2013年4月)

...I.米国経済・景気概況:緩やかな回復が続く・医療保険制度改革の現状・主要経済指標II.欧州経済1.ユーロ圏:必要に応じて追加金融緩和を行うと明言したECB欧州経済の新たなリスク要因として浮上したキプロス問題2.英国 :景気の弱い動きが続く中で高まる追加緩和観測...

史上最高値を更新した世界の株価

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月4日ユーロ圏の金融政策を担うECB欧州中央銀行)は3日の理事会で、政策を現状維持としたものの、企業への融資促進に向けて6月に導入を決めた長期資金供給オペの詳細を発表したほか、必要に応じて量的緩和を行なう用意があるとの姿勢を改めて示しました。また、同日に米国で発表された6月の非農業部門雇用者数は前月比+28.8万人と、市場予想(+21.5万人)を大きく上回ったほか、失業率も前月比▲0.2ポイントの6.1%と、2008年9月以...

輸出主導の“好成長”を示したトルコ

...引き上げる動きが相次いでいます。先週、ECB欧州中央銀行)が包括的な追加金融緩和の導入を決めたことに伴ない、ユーロ圏の景気回復がより確かなものとなれば、結びつきの強いトルコの輸出拡大につながると考えられます。また、米国で量的緩和の縮小が続いているものの、ECBの金融緩和政策の継続・強化などに伴ない、中長期的に高い成長が見込まれているトルコへのユーロ圏などからの資金流入が強まれば、リラの安定・上昇や同国景気の拡大に寄与すると期待されます。 トルコ統計局、トル...

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

未知の世界に挑むECB

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 未知の世界に挑むECB~ついに国債買取を開始~『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 1999年に設立されたECB欧州中央銀行)は現在、欧州19カ国の金融政策を一機関で担当しているユニークな中央銀行である。2007年以降、ECBは金融危機、ユーロ圏債務危機、そしてデフレ懸念と次々に新しい問題に直面し、事態打開のために様々な「非伝統的な金融政策」を繰り出してきた。2015年1月に...

低金利政策が欧州の社債市場の追い風に

...との利回り差(スプレッド)が投資尺度の1つとされています。米国では、緩やかな景気回復が続くなか、金融緩和政策の出口戦略が模索され始めており、来年には政策金利の引き上げが予想されています。一方、欧州では、英国の景気は回復方向にあるものの、ユーロ圏では国によって回復状況が大きく異なることに加え、物価が低水準にとどまり、デフレへの懸念が残っています。このため、ECB欧州中央銀行)のドラギ総裁が8月の理事会後の会見で、引き続き追加緩和を視野に入れるとともに、金融緩和が長引くとの見通しを示しました。ユー...

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日・米・ユーロ圏のそれぞれにとっての長期停滞論

...は一時的にせよ後退局面に陥ったことになり、来年10月に予定されている消費税増税を延期するとした政府の判断は賢明な選択だ。本来は実質所得が安定的に増えてくるまで消費税率の再引き上げは待つべきだろう。日米とも一線を画す形でひどく低迷しているのがユーロ圏の内需である。ユーロ圏を牽引するドイツを含めてもこの形状だから、スペインなど南欧諸国の状態は推して知るべし、である。ギリシャ、イタリア、スペインと続いた金融危機をECB欧州中央銀行)の政策でしのいだが、緊縮財政を堅持しながら量的緩和の実施に躊躇し、結果的に経済の極端な低迷を招いている。昨年...

2013年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し EU財政政策の修正に注目

...ロ圏の景気低迷長期化を懸念して金融政策が動いた。ECB欧州中央銀行)は5月に政策金利を0.25%引き下げ、0.50%とした。またユーロ圏の経済政策もこれまでの財政健全化を最優先する方針から、経済成長や雇用創出も重視する方針に転換しつつあると見受けられる。ユーロ圏の成長率予想を2013年はこれまでの-0.3%から-0.5%に下方修正する一方、2014年は+0.9%とプラス成長に復帰するとの見方を維持する。◆英国の2013年1-3月期のGDP成長率は前期比+0.3%と、予想比強めの結果となった。消費...

ユーロ圏にとっての原油安、ユーロ安の効果~欧州委員会15年冬季予測の見方~

...きに対する期待によって、ECBの量的緩和や、欧州委員会の投資計画の効果も変わってくる。今回の欧州委の予測は、慎重ながらも明るいトーンでまとめられており、期待に働きかける役割を帯びているように感じられる。ユーロ圏経済が脆弱さを抱える一方、外部環境の不透明感は強い。ECB欧州委員会、各国政府が、それぞれの政策を着実に実行する必要がある。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮らし ジェロントロジー(高齢社会総合研究)注目テーマ・キーワード 統計...

2013年11月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

デフレ懸念に先手を打ったECB

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 デフレ懸念に先手を打ったECB0.25%の利下げ実施で過去最低の政策金利水準に ◆ECB欧州中央銀行)は市場予想に反して11月7日の金融政策理事会で利下げを決めた。主要オペ金利は0.25%引き下げ、過去最低の0.25%となる。また、EONIA(翌日物市場金利)の上限である限界貸出金利も0.25%引き下げて0.75%とした。一方、下限金利の中央銀行預金金利は0%で据え置き、マイ...

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 地政学的リスクが浮上

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 地政学的リスクが浮上ECBの宿題は銀行貸出増を促すための対策 ◆3月6日の金融政策理事会でECB欧州中央銀行)は政策金利を据え置き、他の金融緩和措置も見送った。注目されたECBスタッフの景気予想では2014年のインフレ率予想は+1.0%に下方修正されたが、緩やかな景気回復を背景に2016年10‐12月期には前年比+1.7%まで上昇し、ECBが目指す「+2.0%をや...

2013年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復

...ロ圏の雇用情勢はいまだ改善していないが、小売売上高や新車販売が底打ちしつつあり、内需も最悪期脱出と考えられる。◆ECB欧州中央銀行)は11月の金融政策理事会で市場が想定していなかった0.25%の利下げを決め、さらに追加の金融緩和の可能性を示唆している。追加策として考えられるのは、長期のLTROなど銀行への流動性供給、あるいは中央銀行預金金利をマイナス金利に引き下げることなどである。追加策が実施されるかの鍵は、ユーロ圏の資金の流れが正常化に向かうか、とりわけ企業向け貸出が回復するかにあるとみられる。◆英国経済は7-9月期は前期比+0.8...

リスク資産への回帰が見られる欧州金融市場

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年5月21日リスク資産への回帰が見られる欧州金融市場 欧州金融市場では2015年に入り、株式やハイ・イールド社債などリスク資産への資金回帰が鮮明になっています。2014年の欧州は、年末にかけて、ドイツなどで景気鈍化がみられたことに加え、ウクライナ問題や原油価格急落などが相次ぎ、国債や投資適格社債など比較的安全とされる資産が選好されました。しかしながら、ECB欧州中央銀行)が量的緩和の導入を決定した2015年1月以降は、流動...

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の欧州経済見通し

...ンスやイタリアでは必要とされる構造改革の進展が遅く、物価下落の原因となるほど賃金上昇率が落ち込む可能性は低いと予想される。ECB欧州中央銀行)は物価、景気、それにマネー動向をにらみつつ、2014年も金融緩和政策を継続することになろう。◆2014年の英国のGDP成長率は2013年の+1.4%(推定値)から+2.1%への加速を見込んでいる。住宅市場回復を背景に、個人消費と住宅建設投資が牽引役となろう。2014年の消費者物価上昇率は+2.3%と2013年の+2.6%(推定値)からやや減速し、BOE(英中銀)の政策金利は2014年末まで0.50%で据...

2年4ヵ月ぶりの利下げに踏み切った中国人民銀行

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月25日2年4ヵ月ぶりの利下げに踏み切った中国人民銀行 中国人民銀行(中央銀行)は21日、2012年7月以来、約2年4ヵ月ぶりとなる利下げに踏み切り、22日から、1年物貸出基準金利を従来より0.4ポイント低い5.6%、1年物預金基準金利を同0.25ポイント低い2.75%とすると中国金融市場の引け後に発表しました。21日の欧米では、ECB欧州中央銀行)総裁が追加金融緩和に前向きな姿勢を示したこともあり、株価...

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の欧州経済見通し

...リアの3大国のうち、ドイツは個人消費と輸出に支えられて景気の牽引役に復帰してくると予想する。これに対して、フランスとイタリアは遅れている構造改革への取り組みを進める必要があり、景気回復は遅行しよう。◆ユーロ圏の消費者物価上昇率は2014年の+0.4%(推定値)から2015年は0.0%へさらに低下しよう。ECB欧州中央銀行)は12月の金融政策理事会で、インフレ期待の低下阻止を目的に「2015年の早い段階で」追加緩和策を発表することを示唆した。次回の1月22日のECB理事会で、資産買取の対象に社債やEU...

世界的な低金利環境が、債券市場の追い風に

...安によるインフレ率の低下などを背景に利下げなどの金融緩和政策をとっており、債券価格にとってプラス要因になると考えられます。また、ハイイールド債については、米国市場で、原油安に伴なって米エネルギー企業の財務悪化懸念が広がり、昨年大きく下落したものの、足元で価格は持ち直しています。欧州市場では、ECB欧州中央銀行)の量的緩和により高格付債の利回りが押し下げられたことで、ハイイールド債の利回りも大きく低下(価格は上昇)しています。今年予想される米国の利上げにより、米国債利回りが大きく上昇した場合、新興国国債やハイイールド債の価格変動も短期的に大きくなる可能性があります。しか...

スイス・フランの急上昇について

...急激なユーロ安フラン高となりました。その後、SNBのフラン売り介入発動のうわさもあって、乱高下しながら1ユーロ=1.00フラン付近での推移となっています。<上限撤廃の背景>スイス・フランの対ユーロの上限レートとして1.20が2011年9月に設定され、その後3年4カ月にわたってSNBによる巨額のユーロ買いフラン売り介入によって維持されてきました。昨年以降、欧州景気の鈍化を受けてECB欧州中央銀行)の金融緩和に対する思惑が浮上し、為替市場ではユーロに対する売り圧力が強まる反面スイス・フラン高となりました。これに対してSNBは、大規...

リスク資産に回帰しつつある欧州金融市場

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月6日欧州金融市場では2015年に入り、それまでの国債などの安全性資産を選好する動きから、株式やハイ・イールド社債などリスク資産への資金回帰がみられています。2014年の欧州は、年末にかけて、欧州主要国であるドイツなどに景気鈍化がみられたことに加え、ウクライナ情勢の緊迫化、原油価格急落などが相次いだことが嫌気され、国債や投資適格社債など比較的安全とされる資産が選好される傾向にありました。2015年に入ると、ECB欧州...

ECBの追加金融緩和を受け、欧州債券の魅力が高まる

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月11日ECBの追加金融緩和を受け、欧州債券の魅力が高まる ECB欧州中央銀行)は6月の定例理事会で、追加の金融緩和政策を発表しました。指標となる政策金利を引き下げた(0.25%→0.15%)ことに加え、民間銀行がECBに預け入れる余剰資金の金利をマイナスにする政策の導入を決定したことなどから、金融市場では、欧州の国債が買われ、利回りは低下基調を強めました。こうした動きは前回(2013年11月)の政...

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国金融緩和のアクセルを踏んだECB、ブレーキを意識したBOE ◆ECB欧州中央銀行)は6月5日の金融政策理事会で予想通り複数の追加緩和策を発表した。その目的は2つあり、1つはユーロ高でECBの意図に反した金融引き締め効果が出ることを阻止すること、もう1つはECBによる金融緩和を民間部門に伝達する銀行部門の機能再生である。なお、国債買取を通じた量的緩和策(QE...

国債利回りの低下が示すユーロ圏の「平常モード」

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月18日国債利回りの低下が示すユーロ圏の「平常モード」 ユーロ圏各国の長期金利が軒並み低下傾向にあります。最近の債券市場では、ドイツの10年国債利回りが昨年5月以来11ヵ月ぶりに1.5%を下回ったほか、欧州債務危機に揺れた南欧諸国でも、イタリアの国債利回りが統計をさかのぼれる範囲内では過去最低水準となり、スペインの国債利回りは約8年半ぶりの低水準まで低下しました。こうした背景には、ECB欧州中央銀行)がイ...

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的

...消費者物価上昇率は前年比+0.4%)を受けて、景気てこ入れとデフレ回避を目的とした大規模な国債買取への期待が改めて高まっている。しかしながら、ECB欧州中央銀行)は6月に発表したTLTRO(企業向け貸出増を意図した長期オペ)を9月と12月に実施することを優先しよう。年末までに景気が持ち直さず、物価が一段と低下した場合、追加緩和に踏み切ると予想する。◆英国の4-6月期成長率は前期比+0.8%と高成長が続いた。失業率が低下傾向にあり、住宅建設投資が好調なため、今後も消費と投資が牽引する景気回復が続こう。2014年の...

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し ドイツの減速は一時的

...出相手国でこのところ景況感改善がみられる。また、ドイツの消費者マインドも6月に好転し、7月に一段と改善することが示唆されている。ドイツ景気の足元の不調は一時的なもので、ユーロ圏経済はECB欧州中央銀行)が繰り返し言及しているように景気下振れのリスクを抱えつつも、緩やかな景気回復を継続すると予想される。◆ユーロ圏では低成長を背景に低インフレの長期化が見込まれる。6月の消費者物価上昇率は前年比+0.5%と5月と同水準にとどまった。デフレ回避を目的とした大規模な国債買取や、ユーロ安実現を意図した為替介入などの要請がECBに対...

米長期金利の低下傾向について

...エレン議長が超低金利政策の長期化を示唆したほか、住宅市場の鈍化懸念に言及したことが挙げられます。昨年までは米国の利上げの可能性まで織り込むように長期金利が上昇していましたが、利上げには相当な時間がかかるとの見方が徐々に拡がる中、新たに住宅市場について指摘があったことなどが長期金利の押し下げ要因になっているとみられます。加えて、ECB欧州中央銀行)が6月にも追加の金融緩和に踏み切るとの観測が高まっていることも米金利の低下圧力になっています。最近の米住宅市場の回復鈍化は、住宅ローン金利や住宅価格の上昇が要因とみられます。ただし、米国...

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追加緩和の可能性高まる

...で輸出の回復は期待したより遅れており、また、失業率は高止まりしているが、消費者と企業の景況感が改善していることからユーロ圏経済は緩やかな回復の継続を見込む。通年の成長率は2013年の-0.4%から2014年は+1.1%とプラスに転じ、2015年は+1.4%を予想する。◆景気回復の一方で、ユーロ圏の消費者物価上昇率はここ4か月は前年比+1%を下回り、1月は前年比+0.7%に低下した。ECB欧州中央銀行)は2月の金融政策委員会では追加緩和策を見送ったが、3月にECBスタッフのインフレ予想が下方修正されれば、追加...

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?今こそ財政政策の有効活用を ◆ECB欧州中央銀行)は9月4日の金融政策理事会で追加利下げと、ABS(資産担保証券)とカバード・ボンドを対象とする資産買取計画の10月導入を決めた。9月18日開始のTLTRO(民間向け貸出増を意図した条件付き長期オペ)と併せ、銀行貸出の促進が狙いである。6月に決めたTLTROが始動する前に、ECBが追加緩和に動いた背景には、ユー...

2013年7月19日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

欧州経済見通し 米国の動向に一喜一憂

...回の景気回復局面で大きな存在感を示したエマージング諸国の需要の回復が今回は遅れている。ユーロ圏の景気回復の可否が米国1国の動向に左右されやすくなっているわけだが、そのことが最近1か月あまりのFRB(米連邦制度理事会)のコメントを巡って、世界の金融市場が大きく動揺した中で確認された。ユーロ圏の金利上昇や株価調整は相対的に小幅だったが、景気実体から乖離した金利上昇を抑えるため、ECB欧州中央銀行)はこれまでの方針を転換し、「政策金利は当面、現行水準かそれ以下で推移する」と金融政策の見通しを公表した。◆英国でようやく個人消費が主役の景気回復が動き始めた。2013年1-3月期...

半年ぶりに利下げに踏み切ったトルコ中央銀行

...以降、エルドアン大統領があからさまに利下げを要求したことなどを背景に、今回の利下げは政治圧力に屈したものと捉える向きもあることなどから、対米ドルでトルコ・リラは弱含みとなっています。なお、22日には、ECB欧州中央銀行)理事会が予定されており、ユーロ圏の国債買入れによる量的緩和の導入が決定されるとの見方が有力です。2011年12月以降の流動性供給オペ(LTRO)などによりECBの資産規模が大きく拡大した局面では、市場の警戒感が和らいだこともあり、トルコへの資金流入が拡大しました。ECBによ...

足元の欧州景気について

...ベースで2012年1-3月期以来の高水準となる底堅さとなっています。こうした状況に加え、ユーロ圏では、低インフレなどを背景に今後も緩和的な金融政策の継続が見込まれています。またECB欧州中央銀行)は、必要があれば、さらなる金融緩和措置を行なう可能性も示唆していることから、金融政策面からもユーロ圏の景気を支えていくと考えられます。なお、ウクライナ情勢の緊迫化に伴なう米欧とロシアの関係悪化は、エネルギー供給や貿易など、経済的つながりの深い欧州にとって、景気への懸念材料となっていることから、同情...

2013年1月20日大和総研フィードバック数:1社会/政治

欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆し

...感改善を後押ししていると見受けられる。外需を牽引役としたユーロ圏の景気持ち直しが2013年半ばからみえてくると予想する。◆ECB欧州中央銀行)は1月の金融政策理事会で金利据え置きを決定。ユーロ圏周縁国の国債利回りが低下傾向にあり、また、銀行の資金繰りにも改善がみられると評価した。ただ、ECBも指摘していることだが、ユーロ圏危機解決は、各国がそれぞれに財政健全化と競争力強化に取り組み、またユーロ圏統合を着実に進展させることが大前提であることに変わりはない。◆英国経済も2012年10-12月期は内外需が落ち込み、マイ...

2014年5月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

欧州出張報告

...ロ高などで低インフレが長期化することへの懸念に対しては、ECB欧州中央銀行)が予告通り何らかの追加緩和策を講じるだろうとの見方が多かった。◆まだ改善が見られない高失業問題に加え、所得格差拡大や貧困といった問題に対処するためにも、欧州の成長力を高めることが重要との認識が共有されていた。成長戦略として議論されているイノベーション促進、デジタル化推進、人材育成のために教育を重視、規制緩和と税負担軽減、EU単一市場の有効活用、TTIP(EUと米国間のFTA)推進などは以前から指摘されており、目新しさはない。ただ、欧州の業界団体のアンケート調査では、政策...

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し リスクは過度な通貨高

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し リスクは過度な通貨高ユーロ圏、英国ともエネルギー価格下落が物価を押し下げ ◆ユーロ圏の3月の消費者物価上昇率は前年比+0.5%に低下し、ECB欧州中央銀行)が目指す「前年比+2.0%をやや下回るインフレ率」からさらに乖離してしまった。ただし、イースターが昨年は3月、今年は4月とずれたことが物価下押しに作用したと考えられ、また4月のエネルギー価格は3月ほ...

慎重な金融政策を貫くトルコ中央銀行~ユーロ圏での量的緩和は追い風に

...安が進むようなことがあれば、物価に押し上げ圧力が働くことなどから、中央銀行は利下げの可否や幅などを慎重に判断すると考えられます。同国では、今年6月に総選挙を控え、大統領などから利下げを求める政治的圧力が強まっており、中央銀行の独立性に対する懸念などを背景にトルコ・リラが軟調傾向となっています。ただし、今回の利下げが限定的だったように、トルコ中央銀行が今後も政治的圧力に屈することなく、慎重な金融政策を貫き通せば、3月に始まるECB欧州中央銀行)の量...

英国総選挙後の英ポンドの見通しについて

...の選挙で勢力を大幅に拡大したスコットランド民族党への対応も課題となるでしょう。ただし、EU脱退に係る国民投票の実施は2年後であり、スコットランドの独立運動も直ちに先鋭化するとも思えないため、当面は英ポンドの重しとなる可能性は低いと考えられます。<BOEの利上げ見通しと英ポンド高>結局のところ、当面の英ポンド相場を決定する最大の要因は、英国の景気と英国の金融政策です。前述の安定的な成長見通しの下、利上げを視野に入れたBOE(イングランド銀行)と、量的緩和を開始したばかりのECB欧州中央銀行)や、物価...

堅調な拡大を続ける英国経済~英ポンドは対円で上昇の見通し~

...鈍化すると予想されます。ただし、伸び悩みを続けてきた賃金が、雇用環境の改善を背景に上昇ペースを速める可能性もあり、内需は引き続き堅調が見込まれます。また、外需については、ユーロ安やECB欧州中央銀行)による積極的な金融緩和政策などを背景に、ユーロ圏の景気が徐々に持ち直し、プラスに寄与すると見込まれます。なお、IMF(国際通貨基金)のGDP成長率予想*は、2014年:前年比+3.2%、15年:+2.7%となっています。* 主要国・地域の2014、15年予想=米国:+2.2%、+3.1%、ユーロ圏:+0.8%、+1.3...

トルコ・リラを取り巻く環境について~振れの大きな展開となる可能性も~

...に影響することも考えられます。なお、ECB欧州中央銀行)の量的緩和が始まれば、市場心理の改善につながる可能性があり、トルコの経常赤字の縮小とともに、リラ高要因になると期待される一方、今年の半ば頃と予想されている米国の利上げ開始は、米ドル高要因となる可能性があります。 トルコ中央銀行、トルコ統計局などの信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成※上記は過去のものであり、将来を約束するものではありません。 当資料は、日興アセットマネジメントが市況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定...

成長率の持ち直しが見込まれるトルコ

...面での不透明感が和らぎ、設備投資などの民間固定資本形成の拡大が進むと見込まれます。さらに、ECB欧州中央銀行)が2015年初にも量的金融緩和の導入を決定するとの観測が高まっており、その効果などでユーロ圏の景気が踊り場から回復へ向かえば、トルコの輸出に恩恵が期待されます。 トルコ統計局やトルコ中央銀行などの信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成※上記は過去のものおよび予想であり、将来を約束するものではありません。 当資料は、日興...

利上げが意識されはじめた米国リート市場

...の下落により米国リート市場は保有不動産の価値と比べて割高感はなく、市場がさらに下落した場合には割安感が強まると考えます。加えて、ユーロ圏ではECB欧州中央銀行)が量的緩和を導入し、域内主要国の長期国債利回りが米国債を下回る状態になっていることや、原油価格下落によりインフレ圧力も後退していることから米国の長期国債利回りが大きく上昇するとは考えにくいことも市場にはプラス要因です。以上のことから、景気回復を背景とした米国の利上げが慎重なペースで進められるのであれば、長期国債利回りの上昇も緩やかなものにとどまり、リート市場では短期的な調整局面はあるものの、賃貸...

関心の高まりが期待されるCoCo債~日本でも大手銀行が発行開始~

...て、足元では、ECB欧州中央銀行)による量的緩和を背景に長期金利が一段と低下傾向となっており、投資家がより高い利回りを求める「サーチ・フォー・イールド」の動きの強まりとともに、CoCo債の需要は一段と高まっているようです。バーゼルⅢへの対応、そして、ROEを重視する海外投資家への対応が求められる中、日本の金融機関においても今後、CoCo債を発行する動きは拡がると考えられます。超低金利環境で債券の運用が非常に難しくなっていることもあり、機関投資家などを中心に利回りの高い証券への需要は高く、利回...

緊迫するギリシャ情勢の現状と今後の展望

...緊迫するギリシャ情勢の現状と今後の展望2015年6月29日<ECBが緊急流動性支援の枠を据え置き>ギリシャが債権団との交渉を一方的に打ち切り、債権団から提示された緊縮策の是非を問う国民投票を7月5日(現地、以下同様)に実施することを決定しました。これにより、6月末を期限とするギリシャ向け第二次金融支援の延長や、同じく6月末を期限とするギリシャからIMF(国際通貨基金)への約15億ユーロの返済がほぼ不可能となったことから、ECB欧州中央銀行)はギ...

カナダが予想外の利下げ

...ノルウェー中央銀行が今回のカナダ銀行同様に予想外の利下げに踏み切りました。また、2015年に入るとSNB(スイス国立銀行)の利下げや、ECB欧州中央銀行)の国債購入策への期待が高まるなど、一段と金融緩和策が拡がりをみせています。原油価格の下落によりもたらされるインフレの下押し圧力が、各国の金融政策の調整を促している格好です。一方で、カナダ銀行が金融政策報告書で公表したインフレ見通しは、2015年について大きく下方修正されたものの、2016年については従来の見通しを維持しました。また、経済成長についても2015年上...

2015年4月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀、追加利下げの可能性は変わらず ~商品市況と企業向け融資の動向が鍵も、早ければ来月利下げの可能性~

...が設備投資意欲を高めるかは不透明である。その意味では、早晩(早ければ来月の定例会合)においても利下げを実施する可能性は残ると予想する。準備銀はここ数回、「豪ドル相場は米ドルに対し大きく下落したが、通貨バスケットに対しては米ドルほどではない 」ほか、「主要商品市況の調整を勘案すればさらなる豪ドル安の可能性が考えられる 」、「さらなる豪ドル安がバランスの採れた経済成長の実現には必要」との認識を示すなど、豪ドル安を志向する姿勢を強烈に打ち出している。日銀やECB欧州中央銀行)による量的金融緩和実施に伴い、豪ド...

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

「一難去ってまた一難」の韓国経済 ~MERS感染拡大の長期化による悪影響に懸念~

...に伴う形で同国経済にとっては輸入に下押し圧力が掛かることになろう。同国通貨ウォン相場が高止まりしている背景には、弱い内需による輸入鈍化の影響で経常黒字が拡大するなど、新興国のなかでは相対的にファンダ(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成メンタルズが強いとの見方がくすぶるなか、先進国による金融緩和の影響で世界的なマネーがかつてない規模に達するなか、いわゆる「マネーゲーム」の対象とされていることも影響している。先進国の金融政策を巡っては、年内にも米国ではFRB(連邦準備制度理事会)が利上げを実施するとの見方が強まっているが、日本銀行やECB欧州中央銀行)につ...

2015年3月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油安の長期化でインフレ圧力は一段と後退(Asia Weekly (2/28~3/6)) ~春節の時期はアジアの貿易動向に影響~

...安による輸入減を受けて月次ベースの貿易黒字額は過去最高に~1日に発表された2月の輸出額は前年同月比▲3.4%と2ヶ月連続で前年を下回る伸びに留まり、前月(同▲0.7%)からマイナス幅も拡大した。当研究所が試算した季節調整値に基づく前月比も2ヶ月連続で減少しており、今年は春節(旧正月)の時期が例年から大きく後ずれしていることも影響したと考えられるものの、それ以上に最大の輸出相手である中国経済の減速が足かせになっている。さらに、ECB欧州中央銀行)による量的金融緩和決定に伴いユーロ安圧力が強まるなか、通貨...

2014年3月27日企業共済協会フィードバック数:0ビジネス

企業倒産調査月報 2014年4月(2014年2月調査)速報

...動向はどうだろう。米国では、1月の個人消費、建設支出が底堅く推移、2月の製造業景況感指数も良好である。もっとも、景気回復の息の長さを支えているのは、住宅市場の動きといえる。ECB欧州中央銀行)は、3月の定例理事会で政策金利0.25%の据え置きを決めた。EU圏の13年10~12月期GDP(国内総生産)成長率が、年率換算で1.1%増と3四半期連続のプラス成長を確保したことが背景にある。日米欧など先進7か国は、ロシアのウクライナ南部クリミア半島編入に反発、対ロ経済制裁を強めるとの警告を発している。実行...

2013年11月26日企業共済協会フィードバック数:0ビジネス

企業倒産調査月報 2013年12月(2013年10月調査)速報

...い景況感と企業業績への期待が、先行きの警戒感を凌いでいるようだ。ユーロ圏では、7~9月期GDP(域内総生産)が前期比0.1%増(年率換算0.4%増)と2四半期連続のプラス成長が伝えられた。ECB欧州中央銀行)は11月初旬、圏内適用の政策金利を0.5%から、過去最低の0.24%に引き下げた。圏内の景気が回復基調にあるとはいえ、経済動向はいぜんもろい状態にあると判断、金利面で「緩やかな支援」のメッセージをだしている。政策金利の引下げは、こんごも緩やかな回復を後押しする効果が期待できる。中国では、11月の...

2015年4月7日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスについてのレポートです。

内外経済の展望 ―アベノミクスの課題を検証する―

...の調整が生じる可能性に留意する必要があるでしょう。欧州経済は、米国に比べて極めて景気回復力が脆弱で、デフレ・リスクが大きいといわれています。その最大の要因として、リーマンショック後もマイナス3%弱の大幅な需給ギャップが残存しており、改善の兆しもみられません。失業率は概ねピークを打ったものの、ギリシャや南欧諸国は依然として高水準にあります。完全雇用には程遠く、2015年の実質成長率は0.9%に留まる見通しです。ECB欧州中央銀行)は実質的にオープンエンドの量的緩和に踏み込み、市場に大きなインパクトを及ぼしましたが、実体...

2015年4月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...ータより大和投資信託作成前月末比0.88%【先月の回顧】3月の欧州株式市場は、改善を示す経済指標に加えて、ECB欧州中央銀行)の国債購入開始を受けた域内の国債利回り低下を好感して上昇基調となりました。またスウェーデン中央銀行の予想外の政策金利引き下げと量的緩和拡大や、FOMCで金融緩和的な政策スタンスが維持されるとの見方もサポート材料となりました。ただし、月間ベースでは、1月からの力強い株価上昇に対する一服感から利益確定売りの動きも見られ、小幅上昇にとどまりました。【今後の見通し】欧州株式市場は、底堅...

2014年11月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...では下落となりました。【今後の見通し】欧州の経済環境はさえない状況が続いています。特に、足元で悪化しているドイツの経済統計に注目しています。財政規律を重視しているドイツが、経済成長重視への方針転換や、ECB欧州中央銀行)による国債買い入れを容認すれば、欧州のセンチメントは大きく変化するとみています。しかし、短期的には、その可能性は低いとみており、欧州株式市場はやや上値の重い展開を想定します。一方、足元のユーロ安による輸出企業を中心とした企業業績の改善や、ECBなど...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ