「FF金利先物」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年8月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国の長期金利低下の「謎」を探る

...する市場参加者の期待の変化が大きく影響していると考えられる3。1.5 13 (資料)Bloomberg L.P. 14 (年/月) 2.0 2.5 3.0 (%) 3.5(図表1)米国の10年債利回りの推移2.FRB の超低金利政策の長期化観測昨年に比べて早期利上げ観測は抑制 市場参加者の最大の関心事は、いつから FRB の利上げが始まるかという点であろう。市場参加者 の将来の政策金利の予想経路を推測する方法として、FF 金利先物レートを用いる方法がある4。こ こでは、 FF 金利先物レートが初めて 0.5%(初回の利上げで想定される FF 金利...

2013年12月5日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

もしも11月雇用統計が20万人だったら ~同じテーマで2度も混乱しない~

...された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1仮にTapering観測が俄かに高まっても6-8月のように市場が混乱する可能性は低いだろう。夏場の混乱を経て米債市場では「Tapering」と「利上げ」の切り離しが進んだ。FF金利先物はバーナンキ議長発言(5/22)前の水準を回復しており、短期金利は「フォワードガイダンス」、長期金利は「Tapering+景気回復見合い」といった具合にそれぞれ別の道を歩んでいる。Taperingが長期金利の上昇要因であることは間違いない。しか...

2013年12月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 次の対戦相手は「利上げ」

...着工統計を受けて米国時間午前に2.90%に 接近したがFOMC結果・会見を受けて上昇幅を縮小。FF金利先物(2015年12月)は低下。欧州債市場もギルト 債下落が重石になり軟調。Eoniaは低下(0.206%→0.176%)、Euribor(3m)は横ばい(0.298%)だった。(%) 1.75 1.5 1.25 1 0.75 FF金利先物85 8483 82 81 80 79 ドルインデックス0.50.250 13/0113/0313/0513/0713/0913/11(年/月)(備考)Bloombergによ...

2014年10月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年10月号:[ドル円]日米金利差拡大と円売りに傾く需給環境が支える円安ドル高。[ユーロ]金融緩和の「量」の重要性に気付いたECBとユーロ相場

...ドル名目実効レート(対全通貨、左)106115ドル円相場(右)1051101041051031001029510190↑ドル高100859980987570971213(資料)Bloomberg L.P.14(年/月)米2年債利回りとFF金利先物(%)0.65(%)2.0米2年債利回り(左)0.601.8FF金利先物(24ヵ月先、右)(%)4.52014年9月4.02014年6月3.52014年3月3.02.52.01.51.00.50.02014年2015年2016年2017年長期(資料)FRB...

2014年3月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の出口事例、1994年の不安再来はあるか

...末予想値とのズレ」は当月の実効 FF 金利平均値と、前月末の FF 金利先物(翌月物)との差。(資料)FRB、Bloomberg よりみずほ総合研究所作成我々の基本的な見方は、1994年と2014年の金融環境は大きく異なるため、金融政策の方向性も大きく異なるというものである。グリーンスパン議長(当時)が率いていた1994年のFRBは、米国経済が潜在成長1リサーチTODAY2014 年 3 月 5 日率を上回るペースで拡大を続けると予想し、「従来の金融緩和スタンスを続ければインフレ圧力が増大する」(1994年2月の...

2014年12月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

慎重にガイダンスを修正したFOMC~緩和スタンスは不変であると強調、市場に配慮~

....政策金利見通しは下方修正政策スタンスに変更はない、という声明文ではあったが、FOMC参加者らの政策金利見通しは小幅ながら下方修正されている。イエレン議長は、記者会見で、多様な見方があるとの言葉を添えながらも「来年半ばの利上げを多くのFOMCメンバーが支持している」と述べた 3。「来年半ば」といった日程に触れるのは、これまでのコミュニケーション政策と整合的ではないが、FF金利先物に織り込まれた市場予想通りの発言だったことで驚きは少なく、利上げのタイミングに関する不透明感は消えている4。した...

2013年3月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

米超緩和措置の継続がもたらす円安 ~米実質金利は上昇へ

...ように、全体としては超緩和政策の継続と長期化を示唆する内容であったが、それは市場がすでに織り込んでいたものであり、たとえば先行きの政策金利見通しを表すFF金利先物レートは、今回のFOMCの前後でほとんど変化は見られなかった。同時に、一連の政策は株式市場においては流動性相場を演出してきたが、これに伴うリスク許容度の回復が、安全性資産からリスク性資産への資金流出を促していると考えられ、この日も米国債のイールドカーブは僅かながらスティープニングを見せた1。気になるのは、超低...

2014年3月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 半年のゼロ

...の政策金利見通しが若干引き上げられたことを受けてUSDが全面高。更にイエレン議長が記者会見で「相当な期間(considerable time)」を「6ヶ月を意味する可能性がある」と発言したことからUSD高に弾みがついた。USD/JPYは102半ばまで上伸、EUR/USDは1.38前半まで下落。20日の日本時間はやや水準を切り下げUSD/JPYは102前半で推移している。・米10年金利は+10.0bpの2.773%。カーブ上では5年ゾーンを中心に金利上昇。FF金利先物も急上昇。欧州債市場はウクライナ関連のヘッドラインにも特段の反応をみせず、欧州...

2014年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook FED内部は荒れ模様だが、そもそも利上げ観測が萎んでいる

...の失業率低下にも拘らず、FF金利先物は落ち着いている。フォワードガイダンスの目的である“利上げ観測封じ込め”の必要性が低下していることからすれば、その変更内容が多少期待はずれであったとしても、金融市場へのインパクトは小粒なものになるのではないだろうか。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また...

2014年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 強い雇用が示されよう

...は欧州時間に日経平均先物が下落したことなどから104.70近傍まで下落したものの、ADPを受けて反発に転じた。FOMC議事録に対する反応は限定的だった。一方、新興国通貨は全体的に軟調。ZAR、BRL、MXN、TRYが1%近く下落した。・米10年金利は+5.0bpの2.99%。カーブ上では中期ゾーンでの上昇が目立ったほか、FF金利先物も上昇した。ただ、何れも上昇の半分程度はADPを受けたものでFOMC議事録を受けて急騰した訳ではない。欧州債市場もADPを受けて、やや軟調な展開だった。14前日比(bp...

2015年5月11日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 予想よりも弱い雇用情勢で賃金上昇率も抑制(15年4月雇用統計) ~早期利上げ観測がさらに後退~

...消費は緩やかな拡大ペースを維持したと予想される。FF金利先物は、4月の雇用統計を受けて年内の利上げの織り込み度合いを弱めた。今後インフレ率や賃金上昇率が抑制された状況が続くと予想されるなかで、景気減速からの回復やその程度を確認し、2%のインフレ目標に向かうと合理的な確信を持つために時間がかかるとみられ、FRBは当面「がまん」強くならざるを得ないだろう。当社は、引き続き合理的な確信を持つことができるであろう12、1月にFRBが利上げを開始するとの見方を維持する。(%)2.0(図表)FF金利先物イールドカーブ2015/5/42015/5/52015...

2013年12月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米量的緩和縮小と市場動向~QE3縮小決定後になぜ株価は上昇したのか~

...金利が急上昇するというリスクを内包していた。しかし今回、超低金利政策維持の条件として「インフレ率が長期目標(2%)を下回って推移し続けると予測される場合」が加わったことで、むしろ低インフレの長期化によって2015年よりも利上げ時期が後倒しになる可能性が意識されることとなった。これは、FOMC後の長期金利上昇が限定的であったことからも窺える。株式市場にとって、本当に怖いのは量的緩和の縮小よりも長期金利の急上昇である 2 。したがって、株式市場は量的緩和の開始以上に利上げ開始時期を意識してきたとみられ、このことは株価とFF金利先物...

2014年8月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年8月号

...金利先物(7月31日時点) FOMC参加者(中央値、6月) 13 140.1 (年/月)FOMC参加者と市場の政策金利見通しもっとも、米金利が上昇しても、円高に振れるリスクは残存。 ドル円相場においては、金利だけでなく、リスク許容度の動向も 重要。円高に振れるリスク要因の一つは、高値更新を続ける米国 株の調整。足許の米国株の予想PERは金融危機前の景気回復局 面の平均をやや上回る水準まで上昇しており、高値警戒感が生じ やすくなっている状況。一方、足許における市場の利上げ見通し は、直近のFOMC...

2014年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年2月号

... 419982 00220062 010選別的な通貨下落が発生2014(%)6.56.05.55.04.54.03.53.02.52.0前 月末予想値と のズレ(右目 盛)F F金利誘導目標199 4年は予想外の利 上げが持続199394(bp)  60  50  40  30  20  10 0▲ 10▲ 20▲ 3095(注)「前月末予想値とのズレ」は当月の実効 FF 金利平均値と、前月末の FF 金利先物(翌月物)との差。(資料)FRB、Bloomberg、みずほ総合研究所(注)45 カ国...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ