「FF金利先物」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年8月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国の長期金利低下の「謎」を探る

...する市場参加者の期待の変化が大きく影響していると考えられる3。2.FRB の超低金利政策の長期化観測昨年に比べて早期利上げ観測は抑制市場参加者の最大の関心事は、いつから FRB の利上げが始まるかという点であろう。市場参加者の将来の政策金利の予想経路を推測する方法として、FF 金利先物レートを用いる方法がある4。ここでは、FF 金利先物レートが初めて 0.5%(初回の利上げで想定される FF 金利の誘導目標水準)に達する月を市場参加者の利上げ時期のコンセンサスと考え、その推移についてみると、昨年5月にバーナンキ FRB 議長(当時)が量...

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 個人マネーに注目

...市場を含めてマーケットインパクトは限定的だろう。2/11以降に発表された米経済指標は軒並み弱かったが、これにフォーカスしてハト派に傾斜(例えば、Tapering中止を示唆)するようなことはしないはずだ。FF金利先物をみる限り(FEDからみた場合の)早期利上げ観測は抑制されているため、敢えてこのタイミングでハト派に傾斜する理由に乏しい。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全...

2014年3月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の出口事例、1994年の不安再来はあるか

...末予想値とのズレ」は当月の実効 FF 金利平均値と、前月末の FF 金利先物(翌月物)との差。(資料)FRB、Bloomberg よりみずほ総合研究所作成我々の基本的な見方は、1994年と2014年の金融環境は大きく異なるため、金融政策の方向性も大きく異なるというものである。グリーンスパン議長(当時)が率いていた1994年のFRBは、米国経済が潜在成長1リサーチTODAY2014 年 3 月 5 日率を上回るペースで拡大を続けると予想し、「従来の金融緩和スタンスを続ければインフレ圧力が増大する」(1994年2月の...

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 雇用の「量」は“○”でも「質」は“?“「物価」は”△“

...生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~雇用統計前に米債ショート積み上がる~8日の海外時間は雇用統計を受けてG10通貨でUSD全面高・JPY全面安。USD/JPYは99円台を回復、EUR/USDは“利下げ(ECB)・格下げ(仏)”も手伝って1.337に到達。AUD、NZD、THB、ZARなど資源・新興国通貨も軒並み弱かった。ドルインデックスは“No Taper(9/18)”直前の水準に到達。米10年金利は+14.8bpの2.75%。FF金利先物は2015年半ばの利上げ織り込み度合いを強め、2年金利は0...

2014年3月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 半年のゼロ

...の政策金利見通しが若干引き上げられたことを受けてUSDが全面高。更にイエレン議長が記者会見で「相当な期間(considerable time)」を「6ヶ月を意味する可能性がある」と発言したことからUSD高に弾みがついた。USD/JPYは102半ばまで上伸、EUR/USDは1.38前半まで下落。20日の日本時間はやや水準を切り下げUSD/JPYは102前半で推移している。・米10年金利は+10.0bpの2.773%。カーブ上では5年ゾーンを中心に金利上昇。FF金利先物も急上昇。欧州債市場はウクライナ関連のヘッドラインにも特段の反応をみせず、欧州...

2013年8月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年8月号 ドル円:当面は方向感を欠くものの、徐々に円安ドル高基調に復帰へ。ユーロ:ユーロの上値が重い展開が続く見通し。:相場見通し、ユーロ相場見通し

...的緩和縮小観測が強まり、米金利が上昇するなかで円安ドル高が進行。もっとも、10日のバーナンキFRB議長発言以降は、米国の緩和的な金融政策が長期化するとの見方が強まり、米金利が低下するなかで円安ドル高に振れる展開。6月FOMC後から7月上旬にかけての米金利の上昇には、FRBの量的緩和縮小・終了だけでなく、行き過ぎた利上げへの期待も織り込まれていた公算大。6月FOMC声明と同時に示された金利見通しでは、大多数のFOMC参加者が2015年の利上げを予想。もっとも、市場が織り込む2015年末時点のFF金利水準(=FF金利先物)は...

2014年3月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年3月号 当面は方向感が出にくい展開が続くものの、年後半にかけて、ドル>ユーロ>

...入日米英が行ったような国国債購入債購入による量的緩和×策(資料)各種報道等を基に日本総研作成(%)2.00ドイツ、米国の2年債利回りの推移(%)2.01.8ドイツ1.6米国1.41.21.00.80.60.40.20.0▲ 0.2101.50FOMC参加者(中央値)1314(年/月)ECBの民間への資金供給とSMPによる国債購入残高(兆ユーロ)1.2FF金利先物12(資料)Bloomberg L.P.FOMC参加者の金利見通しとFF金利先物1.75111.01.251.00長期流動性供給(LTRO)残高0.80.750.500.60.250...

2013年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米金利の本格上昇は年後半 ~財政の崖クリア後はスティープ化進展

...によっては年内でQE3の打ち切りを行うことも考えられる。景気持ち直しを織り込んだ長期金利は年後半上昇加速へ米国債券のイールドカーブを見ると、QE3決定時に比べて2年などの短期債利回りがほとんど上昇していない一方で、長期債利回りは水準が切り上がってきている。一方で、先行きの金融政策を織り込む形で動くFF金利先物の動きを見ると、こちらの方は8ヶ月先までほぼ水準が同じで、概ね年内に利上げされるとの見方は無いことがわかる。それでも、“逆イールド”状態となっていたQE3導入時に比べると“フラットニング”が進んでおり、景況...

2014年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年2月号

... 419982 00220062 010選別的な通貨下落が発生2014(%)6.56.05.55.04.54.03.53.02.52.0前 月末予想値と のズレ(右目 盛)F F金利誘導目標199 4年は予想外の利 上げが持続199394(bp)  60  50  40  30  20  10 0▲ 10▲ 20▲ 3095(注)「前月末予想値とのズレ」は当月の実効 FF 金利平均値と、前月末の FF 金利先物(翌月物)との差。(資料)FRB、Bloomberg、みずほ総合研究所(注)45 カ国...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ