「FMC」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2010年10月19日MM総研フィードバック数:2モバイル

法人ユーザーの携帯電話の導入配布状況・ニーズに関する調査(2010年度版)

...名義の携帯電話・PHSを増やす方向性】法人名義の携帯電話・PHSを増やす理由として、最も多かったのが「法人向け通信料金の低価格化や割引が進んでいるため」で52%、次いで「個人情報保護法への対応強化のため」が37%、「FMCサービスの導入でトータル通信コストを削減するため、または業務を効率化するため」が34%、「事務処理効率化のため(例:以前は個人名義端末で、会社利用分を計算し支払っていた手間を効率化するため)」が30%となった。法人市場に注力するキャリアのFMCサービスを含めた通信料金の低価格化と割引施策、外部...

2013年11月11日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年10月のサイバー脅威

...する脅威をExploit-CVE2013-3609, Exploit-FMB, Exploit-FMCとして検知します。なお、11月6日現在、Microsoft社より回避策が提供されていますので、早急に対応するようお願いします。検知会社数検知データ数検知マシン数【PUP】PUPの全体的な傾向は従来と比べてさほど大きな変化はなく、またPUPは従来ほど活発ではありません。PUPは、インターネットからダウンロードしたフリーウェア等に付加されていることが多いため、フリーウェアの利用には引き続き十分な注意が必要です。検知...

次世代無線LAN市場の将来展望

...結果をまとめました。 Gbps(ギガビット/秒)を実現する次世代無線LAN規格IEEE802.11ac/adの標準化が始まりました。モバイルWiMAX、次世代PHSサービスも開始され、まもなく高速・広域ワイヤレスブロードバンドの時代を迎えることが確実となっています。 PCをはじめゲーム機などの様々な機器への無線LANの標準搭載が進みつつあり、宅内のLAN環境に対するニーズも多様化し、次世代無線LANへのグレードアップやLTE(3.9G携帯電話)との連携によるFMCサービスの創造が求められています。 本調査では、無線LAN...

2012年4月28日アイティメディア★フィードバック数:24マーケティング

企業のマーケ部門を対象としたアンケートです。

マーケティング部門が抱える課題とツールの利用環境に関するアンケート調査

...マーケティング部門を取り巻く環境の変化  米Facebookは3月に開催したマーケティング関連イベント「fMC」で「日本国内のFacebook人口1000万人超え」を発表した。また、4月にはマーケティング会社のディーツー コミュニケーションズが、20代の女性スマートフォン所有率が50%を超えたという調査を公表した。いま、実名制であるFacebookや位置情報を取得可能なスマートフォンの普及を筆頭に、マーケティング戦略を計画する上でアクセスできる情報が格段に増えつつある。それに伴い、マー...

携帯電話法人市場の概要がわかります。

2009年版 携帯電話の法人市場展望

... プレスリリース本レポートはプレスリリースにも掲載されました。詳細は以下のページをご覧下さい。 主な調査内容I. 携帯電話の法人市場展望携帯電話の法人市場規模2007年、2008年の動向、及び2013年までの市場展望法人端末市場法人向け端末市場データカード型、モジュール型、スマートフォンなど法人ソリューション市場 II. 法人ソリューションの動向中堅・中小法人向けソリューション 通話定額、データ定額、FMC料金、法人端末、セキュリティ、メールソリューション、GPS・位置、内線...

テレビ向けブロードバンド映像配信(IPTV)ビジネスの市場動向と将来展望

...以降は、VOD 対応テレビ等のハードの普及拡大が見込まれる。また劇場映画コンテンツの配信までの期間の短縮化や、テレビ番組の見逃しコンテンツやライブコンテンツの増加等が進められ、人気が高く、タイムリーなキラーコンテンツと、サブスクリプション型の見放題メニューをトリガーとして、契約数を伸ばすことが予想される。さらに、高機能化するモバイル端末との連携視聴を可能にするFMC サービスの提供が本格化する。そのため、従来のビデオレンタル市場の代替にとどまらない、新たな視聴スタイルが創造され、利用...

2014年11月18日エムシーエイフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

通信建設業者便覧 2014

...建設業界は通信事業者の設備投資動向に大きく左右される業界構造になっており、通信建設業者は通信事業者から恒常的なコスト削減を要求される状況にある。こうした厳しい市場環境から、通信建設業界は従来のように通信建設のみを展開する以外に、施工方法の提案や要件定義、交渉、施工構築、調整試験、運用保守などの付加価値提案を要求されるようになってきた。また、IP化の進展と固定と移動体通信の融合(FMC)化は技術者の多能工(マルチスキル)化が求められるようになっている。上記に加え、通信機器(無線機)市場が外資系ベンダに席巻されている背景もあり、外資...

2015年1月8日MM総研★フィードバック数:0ビジネス

法人でのモバイル利用についての調査です。

法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査(2014年度版)

...「災害時や緊急時における安否確認、連絡手段の確保や、事業継続のため」と「コンプライアンス対応強化、内部統制の強化のため」で同率26.0%、7位が「FMCサービスの導入でトータル通信コストを削減するため、または業務を効率化するため」で19.2%の順となった。■導入拡大の阻害要因では「ウイルス感染」不安が2位に上昇 スマートフォンの導入拡大の阻害要因として最も多かったのは「セキュリティへの不安(不正アクセスによる情報漏えい)」で47.0%と突出。次いで、「セキュリティへの不安(ウイルス感染)」の37.3...

2014年3月11日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス海外

2013年アジア・欧州間コンテナ荷動き・運賃の動向

...な解撤の進捗が見込まれない一方、英クラークソンによる14 年コンテナ船の竣工予定は、60 隻(対前年比 76.5%増)、80.2 万 TEU(同 66.7%増)となっており、船腹過剰の状態が続く可能性も高い(表 2)。船社側の対応として、P3、G6 などの連携強化の動きもあるが、米国 FMC など各国の承認の見通しが立っていないため不透明感が増している。表2:新造船超大型コンテナ船の竣工(予定)状況2011201220132014竣工隻数45513460総TEU568,446653,696481,024802,053平均TEU...

2016年1月15日MM総研フィードバック数:0モバイル

法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査(2015年度版)

....0%だった。前年は35.6%だったため、比率はほぼ変わらなかったが、今回は上述1位・2位の理由がそれを飛び越えていった。以降、4位は「事務処理効率化のため」で31.7%、5位が「外出先から社内情報にアクセスする必要が出てきたため」と「法人向け通信料金の低価格化や割引が進んでいるため」で同率30.9%、7位が「FMCサービスの導入でトータル通信コストを削減するため、または業務を効率化するため」で17.1%の順となった。スマートフォン導入拡大の阻害要因では「セキュリティ不安」が更に上昇 スマ...

競争優位を確保し 第五位の工作機械生産国へ

...ロッパやアメリカが景気回復へ向かうのはアジア各国よりも遅れるものと考えられる。 2012年~2014年における台湾国内工作機械の総生産額はおよそ1642億元の水準を維持し、年間成長率は1%を見込んでいる。また2012年~2015年の間は、中国の工作機械生産業は輸入構造の最適化を引き続き行い、主に付加価値の向上、高技術、新興産業と装備製造の発展(例えばボーリング加工センター、FMC、ターニングセンター、コンピューター数値制御、CNC加工機、コンピューター増量制御など)を目指す。欧米日各国の将来的な中国市場への製品及び「ハイレベル機種平価化」や「高価機種入門レベル」など...

2013年11月14日MM総研フィードバック数:0モバイル

2013年度法人携帯電話スマートフォンニーズ調査

...時や緊急時における安否確認、連絡手段の確保や、事業継続のため」34.6%、「事務処理効率化のため(例:以前は個人名義端末で、会社利用分を計算し支払っていた手間を効率化するため)」31.8%、「コンプライアンス対応強化、内部統制の強化のため」29.0%、「FMCサービスの導入でトータル通信コストを削減するため、または業務を効率化するため」20.6%の順となった。前回調査までは、2011年の東日本大震災の心理的インパクトが強かったこともあり、災害時の対応がトップだったが、今回は4位に落ち着いた。前回調査で3位だ...

2015年2月13日日本海事センターフィードバック数:0大型消費/投資

定期船市場の回顧と展望

... 年は大きな動きの見られた一年となった。2014 年年初においては2既定路線と思われた P3 ネットワーク(マースクライン、MSC、CMA-CGM)が、6 月に中国商務部の認可が得られずに破談したことは大きなサプライズとなった。しかしながら、連携強化の流れは変わっておらず、翌月にはマースクラインと MSC が 10 年間の船腹共有協定を結び、2M の結成が発表された。2M は 10 月に米国連邦海事委員会(FMC)からの認可を取得し、2015 年1 月から連携3が始まる予定となっている。P3 ネッ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ