「Facebook経由」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2011年7月26日アイティメディア★フィードバック数:141キャリアとスキル

転職意識についての調査結果です。

ITエンジニア・キャリア調査2011  エンジニアは脱SIを目指すか? 4割強がソーシャル業界への転職に興味あり

...多かったのは「人材紹介会社」(53.0%)の利用で、約2人に1人が利用していることが分かった(図2 転職の方法)。一方、「転職希望企業への直接応募」(48.0%)や友人や知人の紹介(30.6%)といった、独自に転職先を見つけるエンジニアも多い。図2:転職の方法(複数回答) 今年の傾向として特に興味深かったのはTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを利用した転職活動への意識である。TwitterやFacebook経由で転職した人は全体のわずか1%にすぎないものの、次回の手段としては12.2%の人...

2013年10月10日リサモビフィードバック数:0マーケティング

SNS利用者18-65歳の傾向 2013/1/13

...インの採用及びスマートフォン専用サイトの作成には、状況によってメリット、デメリットがございます。詳しくはこちらでご確認ください。 レスポンシブWebデザインのメリット )そして、次の2つのグラフはそれぞれ上から、【有料】のイベントやセミナーに参加経験、下図は【無料】のイベントやセミナーに参加経験とリサーチしたもので、どちらも約1割前後がFacebook経由でイベントに参加した経験を持っていることが分かる。 こうやって見てみると、有料無料に限らずイベントへの参加となれば実名制のSNSの方が有利なのかと考えがちになるが、匿名性のTwitterでも...

2012年10月26日レバレジーズフィードバック数:0マーケティング

10月のWeb業界動向レポート 検索エンジン特集

...ェアを維持しています。MicrosoftはFacebook経由でどれだけのトラフィックを得ているのか公表していませんが、FacebookとBingの連携強化を発表したのが2010年10月、Bingが安定してシェア率を伸ばしてきたのがそれ以降のため、Facebookの影響は多少なりともありそうです。日本では、MicrosoftはまだFacebookとの連携機能をリリースしていませんが、今月16日にYahoo! JAPANが「トップページ連携」「リアルタイム検索」のFacebook連携機能をリリースしました。以前からTwitterとの...

ブログについての意識・実態調査

...年1月時点では、スマートフォンが77%、パソコンが23%と大きく逆転しており、スマートフォンの普及により、日々の生活の中でブログを見るシーンも増え、ブログの閲覧がさらに日常的なものになったとも考えられます。同時に、Twitter、Facebookなどのソーシャルメディア経由のブログ閲覧者も増加傾向にあります。1年前の2014年と比較すると、ソーシャルメディア経由のブログ閲覧数は約1.7倍となり、特に、Facebook経由の閲覧数は4倍以上(2015年1月時点)と急増しています。ソー...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ