「GDP国内総生産」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

よく分かる!経済のツボ GDPとGNIって?

...よく分かる!経済のツボGDPとGNIって?経済調査部経済の豊かさはどうやって測るの?資料1高橋 大輝GDPとGNIの概念日本では現在、経済の豊かさを測る指標としてGDP国内総生産)が一般的に使われています。GDPとは国内で生み出された付加価値の合計のことです。生産、支出、所得は同じ金額になる(三面等価の原則)ことから、付加価値が多く生み出されるということは所得も同じ(備考)筆者作成だけ生み出されていると考えることができます。そのため、GDPは経済の豊かさを測る指標と資料2GDPとGNIの推...

最近のインド株式市場の動向と今後の見通し

...発表された世界銀行の予測によるとインドのGDP国内総生産)は2015年度以降、当面は主要国の中で最高の成長率が続く見込みです。モディ政権は成長率をさらに押し上げるためにインフラ(社会基盤)投資を促進する様々な政策を実施すると約束しています。また、豊富な若年人口が労働市場に参加する時期を迎えており、労働人口の増加が経済成長にプラスに働いてくると考えます。財政収支と経常収支の赤字もコントロール可能な水準にあり、金融政策に対する信頼感も高いことから為替レートは安定しています。よって、短期的には様々な悪材料から影響を受けたとしても、中期...

2013年12月8日南都経済研究所フィードバック数:0社会/政治

人口推計から未来を予測する(2013年12月)

...生産年齢人口の割合は、2012年の62.9%から2060年には50.9%と12.0ポイントも低下する。こうした中、国民一人当たりGDP国内総生産)の水準を今後もできるだけ維持するには、女性や高齢者等の活用を進め働き手の割合を増やし、また同時に生産性向上により付加価値を高めていくしかない。アベノミクスで打ち出された女性活躍促進策は、こうした予測から導かれる必然的な政策である。また国連によると、世界の人口は2050年までに96億人に達すると予想されており、インドが2028年ごろに中国を抜いて約15億人...

2016年11月3日ダイヤモンド社フィードバック数:0社会/政治

日本の自治体の経済規模を世界の「国」と比較してみた

...東京都の県内総生産は93兆円と、全国の18.3%を占め、人口世界第4位のインドネシア一国の経済規模に匹敵する日本の各都道府県には 世界各国の経済が詰まっている 各国の経済規模はGDP国内総生産)であらわされる。そして、日本の近世に、石高制の下で、米の収穫量に換算した経済規模指標である石高で各藩が格付けされていたように、現代では、世界各国はGDPで格付けされている。WHO(世界保健機関)FAO(国連食糧農業機関)、世界銀行といった国際機関への拠出金も基本的にはGDP規模に対応している。 石高...

各国のネット人口データです。

世界のGDP上位40ヶ国のインターネット人口調査【2012年発表】

...アウンコンサルティング)は、このたび、世界のGDP上位40ヶ国を対象にインターネット人口に関するデータをまとめました。世界のGDP上位40ヶ国のインターネット人口 海外への進出及びマーケティングを行っていく上で、各国のGDP国内総生産)が1つの判断指標となることから、本データでは世界のGDP上位40ヶ国を抽出し調査を行っております。 各国におけるインターネット人口及び、人口に対する割合を把握することは、Webマーケティングを行う上で重要となります。インターネット人口が人口対比60%以上の国においては、Webマー...

ESPフォーキャスト2014年9月調査

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.34%成長見込む −「リスク」に国際関係の緊張・軍事衝突が浮上−■2017年10月調査を公表しました(2017年10月10日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)NEW!詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、年率1.34%、17年度は1.59%、18年度1.16%と、ほぼ...

ESPフォーキャスト調査 2014年4月調査

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.34%成長見込む −「リスク」に国際関係の緊張・軍事衝突が浮上−■2017年10月調査を公表しました(2017年10月10日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)NEW!詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、年率1.34%、17年度は1.59%、18年度1.16%と、ほぼ...

ESPフォーキャスト2015年1月調査

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.34%成長見込む −「リスク」に国際関係の緊張・軍事衝突が浮上−■2017年10月調査を公表しました(2017年10月10日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)NEW!詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、年率1.34%、17年度は1.59%、18年度1.16%と、ほぼ...

2014年7月4日フロスト&サリバンフィードバック数:0ライフスタイル海外

インドネシアのヘルスケア市場、2018年までにアジア太平洋地域内で有望な市場へと成長

...でに約3万5000床のベッドが新たに設置される予定となっている。「ユニバーサルヘルスケアが新たな層での需要を推し進めることにくわえて、これまで医療を受けることが出来なかった人々に向けた医療ケアを提供することで、さらに需要を推進することになるだろう。インドネシアではまだ対処されていない医療ニーズが多く存在するため、GDP国内総生産)の減少やルピーの下落、購買力の低下などがインドネシアのヘルスケア市場に及ぼす影響は少ないだろう」とブ...

予想外のマイナス成長となった7-9月期GDP~個人消費は緩やかに回復

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月18日予想外のマイナス成長となった7-9月期GDP~個人消費は緩やかに回復 内閣府が11月17日に発表した2014年7-9月期の実質GDP国内総生産)成長率の1次速報値は、前期比0.4%減、年率1.6%減と、2期連続のマイナスとなりました。市場予想の2.2%増を大きく下回ったことから、4月の消費税率引き上げで落ち込んだ景気の持ち直しが、市場の想定より遅れていることが示されたと言えます。各項目の寄与度をみると、外需...

マーケットレター【底打ちしつつある米国リート市場】

...の経済指標が米国の景気拡大の持続を裏付けたため、市場は上昇基調を維持する展開となっています。1月28-29日(現地、以下同様)に開催されたFOMCにおいても一段の量的金融緩和の縮小が決定されました。29日こそ新興国経済の鈍化に対する懸念から金融市場のリスク回避姿勢が高まり、株式市場とともに米国リート市場も下落しましたが、翌30日は米国の10-12月期GDP国内総生産)成長率が+3.2%(前期比年率)となったことを好感し、リート市場は反発しました。米国リートと米国10年国債利回りの推移( 2012年12月31日~2014年1月30日)(%)3...

ブラジルの財政政策の現状と見通し

...セフ政権は、経済・財政再建に向けて方針を大きく転換し、財政健全化に全力で取り組むことを最優先することになりました。<ブラジルの財政健全化策の概要>政府は、かつて財務省国庫局長を務め政府債務削減を行った経験を持つレビ財務大臣を中心に財政健全化策を推し進めており、2015年のプライマリー・バランス(基礎的財政収支)を対GDP国内総生産)比1.1%の黒字にするとしています。目標達成のため、電力補助金の削減、遺族年金や失業保険などの社会保障給付の抑制、工業製品、輸入品、燃料、住宅ローンに対する増税、金融...

ドイツ景気の勢いが強まる可能性~注目集まるDAX指数

...は、日米独の直近の騰落率でみても、良好なパフォーマンスとなっています。ウクライナ情勢の緊迫化やそれに伴なう景況感の悪化懸念、ユーロ高の進行は、引き続きドイツ経済およびドイツの株式市場にとって懸念材料ではありますが、企業の先行き見通しが改善する中、ドイツ国内で景気回復の裾野が広範囲に拡がっていることや、ユーロ周辺国で景気回復の流れが強まっていることは、ドイツの株式市場の追い風になるものとみられます。なお、ドイツ政府は、最新の月報で内需の強さを牽引役に、5月に発表予定の2014年1-3月期のGDP国内総生産...

英国総選挙後の英ポンドの見通しについて

...ーロで大幅に上昇しています。基本的にはこれまでの政策の継続性がおおむね担保されそうで、政治的不透明感が後退することを好感したものと考えています。労働党主導の政権の場合、連立交渉次第では、スコットランドの独立を主張するスコットランド民族党の影響力増大が懸念されていました。保守党が支持されたのは、歳出削減を中心とした財政再建と減税の公約が評価されたものと思われますが、相対的に堅調な英国景気によるところも大きいと考えられます。英国の実質GDP国内総生産)成長率は2014年に2.8%を記録し、欧州委員会によれば、2015年と...

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

途上国こそ大事な「一人あたりGNI」

...銀行ウェブサイト“Country and Lending Groups”より作成では、GDP国内総生産)とGNI(国民総所得)では何が違うのか。その関係は次のようになっている。GNI=GDP+「海外からの所得の純受取」さらに、「国民総可処分所得」(GNDI)という概念もあり、次のような関係になっている。GNDI=GNI+「海外からの経常移転の純受取」=GDP+「海外からの所得の純受取」+「海外からの経常移転の純受取」「海外からの所得の純受取」とは、「雇用者報酬」(居住者による非居住者労働者に対する報酬の支払と、居住...

2015年9月18日ニワンゴフィードバック数:0マーケティング

月例ネット世論調査2015年9月

...らない」4.8%、「希望する」3.8%。どちらとも言えない層では、「希望しない」43.2%、「年齢的に入隊できない」26.7%、「わからない」26.1%、「希望する」4.0%の順になりました。安倍政権の経済政策「アベノミクス」をいまどう評価するか。 Q74-6月期のGDP国内総生産)が個人消費と輸出の不振で年率1.2%減となったうえ、中国経済の減速をきっかけに株価は2万円を大きく割り込み、円高に振れています。株高・円安をテコにする安倍政権の経済政策「アベノミクス」を、現時点でどう評価しますか。安倍...

カナダが予想外の利下げ

...半期の成長は巡航速度以下の水準に落ち込むとする一方で、今回の利下げによる景気浮揚効果や、米国経済が堅調であること、対米ドルの安い為替水準などにより、下半期以降はインフレや成長は回復軌道に戻るとの見通しとなっています。<今後の見通し>カナダ銀行は、製造業などエネルギー関連産業以外の産業については、外需の拡大や雇用、景況感のマインド改善を指摘しています。カナダのGDP国内総生産)構成におけるエネルギー関連産業の比率は10%以下に過ぎず、利下げ効果でその他の産業の活動が刺激されることで、経済全体の安定が保たれることが見込まれます。その意味でも、今回...

ESPフォーキャスト2015年2月調査

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期...

ESPフォーキャスト2013年11月調査

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期...

ESPフォーキャスト2015年3月調査「15年度名目成長率は2.80%に―消費者物価は下方修正」

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期...

ESPフォーキャスト調査 2014年8月

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.31%成長を予測 -消費不振は一時的、内需主導成長へ-■2017年9月調査を公表しました(2017年9月19日)民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、年率1.31%となった。全般に好調だった4〜6月期に比べ、消費や住宅投資、公共投資が不振だった。しかし17〜18年度の成長見通しはさらに上方修正され、内需主導の成長の定着が見込まれている。内需堅調の背景の一つとして、労働需給逼迫の下での賃金上昇が確認された。�@7〜9月期...

2017年1月27日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

2016年「休廃業・解散企業」動向調査

...降で最多を記録した。休廃業・解散した企業の代表者の年齢は、60代以上が82.3%と高齢化問題も浮き彫りになった。さらに事業承継の問題も一対になり、件数を押し上げているとみられる。だが、これまでは経営者が自主的に休廃業・解散を判断したケースが大半だ。政府は2016年6月2日に「日本再興戦略2016」を閣議決定し、2015年度の名目GDP国内総生産)532兆円を600兆円に引き上げる目標を掲げた。これを受けた形で日本銀行は同年6月30日、金融機関向けに「再チャレンジ支援、事業再生・廃業支援」セミナーを開催した。事業...

ESPフォーキャスト2015年4月調査「15年1-3月期実質成長は2.26%に下方修正」

...ESPフォーキャスト調査4〜6月期、年率2.2%成長を予測 −「政治の不安定化」、景気に影響も−■2017年8月調査を公表しました(2017年8月9日)民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP国内総生産)成長率は、前月の年率1.9%から同2.2%に上方修正となった。1〜3月期に比べ、消費や設備投資、政府支出などの内需の寄与度が高まる見通し。輸出の増勢が鈍化しており、外需が中心だった景気上昇に内需主導の芽が見える。向こう半年から1年先にかけて景気のリスクとなる要因を聞いたところ、2カ月...

ブラジルへの資金流入が活発化

.../1210/0610/1211/0611/1212/0612/1213/0613/12<資金流入の背景>外国人が足元でブラジル投資を活発化させている背景は、ブラジルの投資環境が改善し、投資魅力が高まっているためだと思われます。まず国内要因としての投資環境の改善としては、政府の財政健全化路線の継続方針が示されたことが挙げられます。政府は2月、2014年の当初予算案に対して440億レアルの歳出削減を決め、基礎的財政収支目標を対名目GDP国内総生産)比1.9%の黒字に設定し、投資...

ESPフォーキャスト2015年6月調査

...ESPフォーキャスト調査4〜6月期、年率2.2%成長を予測 −「政治の不安定化」、景気に影響も−■2017年8月調査を公表しました(2017年8月9日)民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP国内総生産)成長率は、前月の年率1.9%から同2.2%に上方修正となった。1〜3月期に比べ、消費や設備投資、政府支出などの内需の寄与度が高まる見通し。輸出の増勢が鈍化しており、外需が中心だった景気上昇に内需主導の芽が見える。向こう半年から1年先にかけて景気のリスクとなる要因を聞いたところ、2カ月...

ESPフォーキャスト2014年10月調査

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.50%成長を予測−新政権に労働市場、社会保障、規制改革を期待−■2017年11月調査を公表しました(2017年11月9日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、前月調査の年率1.34%から同1.50%に上方修正された。消費...

ESPフォーキャスト2014年12月調査

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.50%成長を予測−新政権に労働市場、社会保障、規制改革を期待−■2017年11月調査を公表しました(2017年11月9日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、前月調査の年率1.34%から同1.50%に上方修正された。消費...

ESPフォーキャスト5月調査「15年1-3月期実質成長は1.84%に―15年度消費者物価は0.33%に下方修正」

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.50%成長を予測−新政権に労働市場、社会保障、規制改革を期待−■2017年11月調査を公表しました(2017年11月9日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、前月調査の年率1.34%から同1.50%に上方修正された。消費...

ESPフォーキャスト2014年6月調査「設備投資・輸出で今年度実質0.85%成長に―デフレ脱却描く2025年度予測」

...ESPフォーキャスト調査7〜9月期、年率1.50%成長を予測−新政権に労働市場、社会保障、規制改革を期待−■2017年11月調査を公表しました(2017年11月9日)2016年度優秀フォーキャスターを公表しました(9月20日)「16年度優秀フォーキャスターに聞く」を公表しました(10月18日)詳細は優秀フォーキャスターページをご覧ください。 民間エコノミストが見込む7〜9月期の実質GDP国内総生産)成長率は、前月調査の年率1.34%から同1.50%に上方修正された。消費...

最近の統計調査結果から 2013年2月

...保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成24年10~12月期・1次速報―2012年10~12月期の実質GDP国内総生産)成長率(季調値)は前期比-0.1%(年率-0.4%)となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が0.1%、外需(財貨・サービスの純輸出)が-0.2%となった。毎月勤労統計調査 ―12月分確報・平成24年確報―平成24年12月の現金給与総額(規模5人以上)は前年同月比1.7%減。きまって支給する給与は前年同月比0.6%減となった。また、所定内給与は前年同月比0.6%減、所定外給与は0.2...

2017年2月14日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

2016年 全国社長の年齢調査

...な事業承継の促進を進めている。開業率の上昇はGDP国内総生産)の押し上げ効果も期待されるが、業種の偏りには注意が必要だ。製造業の社長の若返りが進まないと、日本の技術立国を支えてきた中小企業が持つ技能やブランドが消滅、流出の危機に直面する事態も危惧される。製造業の事業承継は「技術承継」として捉えることが大切だ。少子高齢化で社長の平均年齢も上昇の一途をたどるのは必然でもある。社長の高齢化が一概に悪いとは言い切れないが、新陳代謝を織り交ぜた開廃業支援や事業承継への取り組み強化は急務だ。企業独自の取り組みには限界もあり、業種...

2014年2月23日総務省★フィードバック数:0社会/政治

サービス産業の地域別の動向です。

毎年わかる地域のサービス産業 -サービス産業動向調査「拡大調査」の結果から-

...ここから本文です。平成26年2月21日総務省統計トピックスNo.78毎年わかる地域のサービス産業 − サービス産業動向調査「拡大調査」の結果から − 総務省は、平成25年6月にサービス産業動向調査「拡大調査」を初めて実施しました。我が国経済(GDP国内総生産)の7割を占め、地域経済にとっても重要性を増すサービス産業の実態については、これまで毎年利用できる統計は全国値が中心でしたが、同調査の開始により、今後はサービス産業の地域別の動向を、毎年知ることができるようになりました。そこで今回は、先月...

2013年8月8日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

日別の消費の傾向を見ています。

家計簿からみた365日~日別集計結果より

...ここから本文です。統計Today No.66家計簿からみた365日〜日別集計結果より総務省統計局統計調査部消費統計課長 永島 勝利 総務省統計局では、GDP国内総生産)全体の約6割を占める家計消費の実態を把握し、国の経済政策・社会政策の立案に必要な基礎資料を 提供することを目的として、家計調査を毎月実施し、その結果(速報)を翌月に公表しています。このため、家計に関する詳細かつ膨大な統計データが 蓄積されており、家計の実態を詳細に分析することが可能となっています。特に、日単位で、品目別に、消費...

最近の統計調査結果から 2013年6月

...統計調査報告国民経済計算 ―平成25年1~3月期・2次速報―平成25年1~3月期の実質GDP国内総生産)成長率(季調値)は前期比1.0%(年率4.1%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.6ポイント)の上方修正となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が0.6%、外需(財貨・サービスの純輸出)が0.4%となった。労働経済動向調査 ―平成25年5月―平成25年5月1日現在の正社員等労働者過不足判断D.I.(「不足」-「過剰」)は、調査産業計10ポイントと8期連...

2014年3月27日企業共済協会フィードバック数:0ビジネス

企業倒産調査月報 2014年4月(2014年2月調査)速報

...の海外展開で部材の現地調達が進んでいるからだ。賃上げについては、大手企業でそれなりに実施されたが、問題はこの動きが中小企業にどれほど波及するかである。賃上げが浸透すれば、多少なりとも増税ショックは和らぐのだが、もちろん企業にはそれぞれの事情がある。政府が笛を吹くからといって、皆が踊りだすとは限らない。難しい局面である。経済指標のいくつかをみてみよう。昨年10~12月期のGDP国内総生産)は、物価変動を除く実質ベースで年率換算0.7%増と4期連続のプラス成長となったものの、2月発表の速報値から下方修正された。名目GDPも、年率換算1.2%増と...

2013年11月26日企業共済協会フィードバック数:0ビジネス

企業倒産調査月報 2013年12月(2013年10月調査)速報

...月期のGDP国内総生産)速報値が、物価変動を除いた実質で年率換算1.9%増となった。4四半期連続のプラスである。公共投資の進展と、住宅投資で来年4月からの消費税増税に先立った駆け込み需要が進んだ結果といえる。一方で、輸出はアジア新興国の景気減速で3四半期ぶりのマイナスとなった。こんご、日本経済を持続的な成長につなげるには、財政出動による成長押し上げ効果に頼るのではなく、企業中心の民需主導で所得環境の改善と設備投資の伸びを期待したいところだ。当面の景気動向は、増税...

ESPフォーキャスト2014年11月調査「実質成長率は年度、四半期とも下方修正―アベノミクス景気Ⅱの始まりか」

...ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.9%増を予測 −欧州が急上昇、米国は足踏み−■2017年7月調査を公表しました(2017年7月10日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP国内総生産)成長率は、年率1.9%となった。1〜3月期実績の同1.0%から上向く見通し。GDPに対...

最近の統計調査結果から 2014年3月

...%、非正規16.8%となっている。10年前は正規23.6%、非正規16.8%であった。(注1)平成24年成年者 平成24年10月末時点で20~29歳であった男女、平成14年成年者 平成14年10月末時点で20~34歳であった男女。(注2)所得を伴う仕事に就いていてその形態が正規又は非正規である20代独身女性(既卒者に限る)。国民経済計算 ―平成25年10~12月期・2次速報値―平成25年10~12月期の実質GDP国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は0.2%(年率0.7%)と1次速報値と比べて0...

最近の統計調査結果から 2013年11月

...経済計算 ―平成25年7~9月期・1次速報値―平成25年7~9月期の実質GDP国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は0.5%(年率1.9%)となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が0.9%、外需(財貨・サービスの純輸出)が-0.5%となった。平成25年賃金構造基本統計調査(初任給)平成25年3月卒の新規学卒者の初任給(男女計)は大学卒で198,000円(前年比0.8%減)、高校卒で156,000円(同1.2%減)となった。企業規模別にみると、大学卒では大企業(常用労働者1,000人以上)で増...

国内人口推移が、2030年の「働く」にどのような影響を及ぼすか

...年齢人口が減少すれば、GDPも低下する可能性が高い日本の名目労働生産性の推移公益財団法人 日本生産性本部「日本の労働生産性の動向 2012年版」による。  当然ながら、15歳から64歳の働き手の減少は経済規模や労働市場の縮小に直結する。その影響を、具体的にGDP国内総生産)で考えてみたい。GDPとは国内で1年間に生産されたモノやサービスの付加価値の合計数のことで、大雑把には「労働力人口×労働時間×労働生産性」と考えることができる。つまり、労働者が増えるか、労働時間が増えるか、労働生産性が増えればGDPは上がる。逆に...

「最近の統計調査結果から -2015年-」 5月分

...ントの上昇となった。国民経済計算 ―平成27年1~3月期・1次速報値―平成27年1~3月期の実質GDP国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は0.6%(年率2.4%)となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が0.8%、外需(財貨・サービスの純輸出)が-0.2%となった。雇用者報酬の伸び率(季節調整済前期比)は実質0.6%、名目0.0%となった。景気動向指数 ―3月分速報の改訂―平成27年3月のCI(改訂値・平成22年=100)の一致指数は1.5ポイント下降の109.2、3ヶ月後方移動平均は0.70ポイ...

最近の統計調査結果から 2014年8月

...の減少となった。 国民経済計算 ―平成26年4~6月期・1次速報値―平成26年4~6月期の実質GDP国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は-1.7%(年率-6.8%)となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が-2.8%、外需(財貨・サービスの純輸出)が1.1%となった。雇用者報酬の伸び率(季節調整済前期比)は実質-1.8%、名目0.6%となった。中小企業の雇用状況に関する調査(注1)常用労働者(いわゆる正社員)の1人当たり平均賃金を「引き上げる/引き上げた」(定期昇給分を含む)とする企業の割合は64...

最近の統計調査結果から 2014年9月

... 統計調査報告被保護者調査(注) ―6月分概数―平成26年6月の生活保護の被保護世帯数は1,604,414世帯、被保護実人員は2,158,840人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年4~6月期・2次速報値―平成26年4~6月期の実質GDP国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は-1.8%(年率-7.1%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.3ポイント)の下...

「最近の統計調査結果から―2014年―」 12月分

... 統計調査報告被保護者調査(注) ―9月分概数―平成26年9月の生活保護の被保護世帯数は1,611,953世帯、被保護実人員は2,164,909人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年7~9月期・2次速報値―平成26年7~9月期の実質GDP国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は-0.5%(年率-1.9%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.3ポイント)の下...

最近の統計調査結果から-2014年11月分

...26年7~9月期の実質GDP国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は-0.4%(年率-1.6%)となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が-0.5%、外需(財貨・サービスの純輸出)が0.1%となった。雇用者報酬の伸び率(季節調整済前期比)は実質0.7%、名目0.8%となった。毎月勤労統計調査 ―9月分結果確報―平成26年9月の現金給与総額は前年同月比0.7%増となった。きまって支給する給与は0.6%増(一般労働者1.0%増、パートタイム労働者0.4%増)で、特別に支払われた給与が7...

最近の統計調査結果から 2014年5月

...)、精神障害者29,404件(同23.2%増)などとなっている。被保護者調査(注) ―2月分概数―平成26年2月の生活保護の被保護世帯数は1,598,818世帯、被保護実人員は2,166,381人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年1~3月期・1次速報値―平成26年1~3月期の実質GDP国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は1.5%(年率5.9%)となった。内需、外需別の寄与度は、内需...

「最近の統計調査結果から―2015年―」 3月分

...統計調査報告被保護者調査(注) ― 12月分概数―平成26年12月の生活保護の被保護世帯数は1,618,196世帯、被保護実人員は2,170,161人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年10~12月期・2次速報値―平成26年10~12月期の実質GDP国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は0.4%(年率1.5%)と1次速報値と比べて0.2ポイント(年率0.7ポイント)の下...

最近の統計調査結果から 2014年6月

... 統計調査報告被保護者調査(注) ―3月分概数―平成26年3月の生活保護の被保護世帯数は1,602,163世帯、被保護実人員は2,171,139人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年1~3月期・2次速報値―平成26年1~3月期の実質GDP国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は1.6%(年率6.7%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.8ポイント)の上...

最近の統計調査結果から -2013年3月分-

...統計調査報告国民経済計算 ―平成24年10~12月期・2次速報―2012年10~12月期の実質GDP国内総生産)成長率(季調値)は前期比0.0%(年率0.2%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.6ポイント)の上方修正となった。内需、外需別の寄与度は、内需(国内需要)が0.2%、外需(財貨・サービスの純輸出)が-0.2%となった。労働経済動向調査 ―平成25年2月―平成25年2月1日現在の正社員等労働者過不足判断D.I.(「不足」-「過剰」)は、調査産業計12ポイントと7期連...

2018年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年を振り返って(上)

...公開日付:2017.12.29 2017年も残すところあと僅か。エアバッグ大手タカタの民事再生や東芝の巨額損失、素材メーカーの相次ぐ検査データの偽装など、与信管理の上で重要なニュースが数多く飛び交った。2018年はどのような年になるのか。2017年を振り返りつつ考えたい。 世界経済が緩やかな成長をたどり、円安を背景にした輸出関連業種は決算の上方修正が相次いでいる。だが、国内に目を向けると実質賃金が伸び悩み、GDP国内総生産)の約6割を占める個人消費は鈍い。まだら模様の景況感の中、2012年...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ