「GSE」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年4月29日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

経済レビュー:米国におけるGSE・住宅金融市場改革の行方

...平成 25 年(2013 年)4 月 24 日NO.2013-6米国における GSE・住宅金融市場改革の行方【要旨】— 住宅市場は回復傾向にあるが、住宅ローンの民間金融機関による貸出基準は依然として厳しく、ファニーメイやフレディマックが支えている状況。— ファニーメイとフレディマックは、このところ業績が大幅に改善。今年から公的資金注入額に上限が設けられたが、住宅市場の回復が続けば、追加の公的資金注入は限定的となる公算。— 両社の業務については、業績や住宅金融市場の動向に関わらず、一段...

2015年2月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRB銀行上級貸出担当者調査(2015年1月)

...ローンにおいては、消費者金融保護局(Consumer Financial Protection Bureau)の適格住宅ローン(QM:Qualified Mortgage)の規則を反映させ、住宅ローン市場に関するより詳細な情報を提供するために、住宅ローンの分類が修正及び拡大された。◆大手銀行の中には、政府支援機関(GSE: Government-Sponsored Enterprise)適格を含む住宅ローンの基準を緩和した銀行があった。住宅ローンの借入需要に関しては、ほぼ変化なしとの回答が多数であった。◆消費...

2013年6月13日みずほ総合研究所フィードバック数:1ライフスタイル海外

低水準の伸びが続く米国の医療費~構造的な変化の有無に左右される財政への影響~

...の財政赤字見通しが約2,000億ドル、2014~23年度の財政赤字見通し(累計)が約6,000億ドル引き下げられている。このうち2013年度については、景気の持ち直しによる税収増と政府系住宅金融機関(GSE)からの配当増が改定の主因であり、医療費の伸び率低下の影響は大きくない。しかし、2014~23年度の累計については、医療関連の歳出見通し引き下げの存在感が大きく、財政赤字見通し改定額(利払い費を除く)の約38%に相当する規模となっている。2.低水準の伸び率は続くのか?今後...

2015年3月17日経済産業研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

結婚と健康の関係を分析しています。

結婚によって人はもっと健康になれるか?

...世界の視点から 結婚によって人はもっと健康になれるか?Yuliya KULIKOVA バルセロナ自治大学・バルセロナGSE大学院生Joan LLULL バルセロナ自治大学講師・バルセロナGSE兼任教員夫婦は独身者よりも健康である。本稿では、パネル調査のデータを用いて、因果関係の方向性を究明する。進化心理学の文献によると、健康な人ほど魅力的であり、結婚する可能性がより高くなる。しかし、結婚には健康を「守る」価値もある。夫婦は健康に気遣うよう、お互い働きかけるのだろう。 2011年に...

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは月額850億ドルのQE3を継続(13年10月29・30日FOMC) ~景気の現状判断維持はFOMCの予想を下振れていることを示す~

...ワードガイダンスも変更なし再投資継続のほか、フォワードガイダンスも変更なし国債とMBSの購入ペース維持のほか、MBSやGSE債の再投資、国債のロールオーバーの継続を決定FRBは、10月29、30日にFOMC(連邦公開市場委員会)を開催し、経済成長をさらに強め雇用の回復を速めるとともに、インフレ率を目標に一致した水準で安定させるために、MBS(住宅ローン担保証券)を毎月400億ドル、国債を毎月450億ドルの合計850億ドルの資産購入ペースの継続を決定した。また、上記の資産購入プログラムが終了した後も、相当...

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3減額には13年後半の成長率加速と持続性の確認が必要に(13年7月30、31日FOMC) ~成長率・インフレ率の下振れを受け、早期のQE3減額に慎重な意見が増加している模様~

...:2722:4823:0923:3023:510:120:330:541:151:361:572:182:393:003:213:424:034:244:452.50○FRBは、○FRBは、MBSとMBSと国債の購入ペース国債の購入ペースをの購入ペースを合計で毎月850合計で毎月850億ドル850億ドルに億ドルに維持すること維持することを決定することを決定国債とMBSの購入ペース維持のほか、MBSやGSE債の再投資、国債のロールオーバーの継続を決定FRBは、7月30、31日にFOMC(連邦...

2015年3月23日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

資金循環の日米欧比較(2014年第4四半期)

...-SponsoredEnterprises, Agency-and GSE-Backed Mortgage Pools**, Issuers of Asset-Backed Securities**, Finance Companies**,Real Estate Investment Trusts, Security Brokers and Dealers, Funding Corporations, Holding Companies【欧】 Non-Money-Market Investment Funds, Other...

2012年9月27日日本銀行フィードバック数:60社会/政治

資金循環(日米欧比較)(2012年第2四半期)

... Funds*, Mutual Funds*, Closed-End Funds*, Exchange-Traded Funds*, Government-SponsoredEnterprises, Agency-and GSE-Backed Mortgage Pools**, Issuers of Asset-Backed Securities**, Finance Companies**,Real Estate Investment Trusts, Security Brokers...

2014年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3の縮小を継続する一方、「慎重な」金融政策スタンスを維持(14年6月17、18日FOMC) ~FF金利の中立水準の中央値がこれまでの4%から3.75%に下方シフト~

...入を毎月150億ドルとこれまでの毎月200億ドルから縮小し、国債は毎月200億ドルとこれまでの毎月250億ドルから購入ペースを鈍化させる。また、GSE債とMBSの償還元本をMBSに再投資し、米国債の償還資金を入札で再投資する既存の政策を継続する。委員会が保有する国債は、相当規模の額になるうえ、依然増加が続くことから、長期金利に下向きの圧力をかけ続け、住宅ローン市場を支え、より広範な金融環境をさらに緩和的なものにする支援となるだろう。このような状況はより力強い経済の回復を進めるとともに、イン...

2014年1月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 資産購入額を100億ドル縮小し月額650億ドルに(1月FOMC予想) ~ファワードガイダンスは変更しない見込み~

...、29日のFOMCでは、最大限の雇用に向けた一段の進展や労働市場環境の見通し改善を踏まえ、100億ドルの資産購入額の縮小を決定すると予想される。2月より委員会は政府支援機関のMBS(住宅ローン担保証券)の購入を毎月300億ドルとこれまでの毎月350億ドルから縮小、同時に国債は毎月350億ドルとこれまでの毎月400億ドルから購入ペースを減速させよう。また、償還を迎えた証券の再投資は継続される見込み。GSE(政府機関)債とMBSの償還元本を住宅ローン担保証券に再投資し、米財...

2014年9月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3縮小継続。FOMCの利上げ予想中央値は小幅上方シフト(14年9月16、17日FOMC) ~利上げ時期は経済情勢次第とのスタンスは変わらず~

...ルとこれまでの毎月150億ドルから購入ペースを鈍化させる。また、GSE債とMBSの償還元本をMBSに再投資し、米国債の償還資金を入札で再投資する既存の政策を継続する。委員会が保有する国債は、相当規模の額になるうえ、依然増加が続くことから、長期金利に下向きの圧力をかけ続け、住宅ローン市場を支え、より広範な金融環境をさらに緩和的なものにする支援となるだろう。このような状況はより力強い経済の回復を進めるとともに、インフレ率が時間とともに確実に委員会の二大責務に最も一致した水準になることを促すだろう。委員...

2014年9月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 2014年、2015年経済・金融予測 ~緩やかな成長基調を維持、早期の利上げがリスク要因~

...、政策金利に下げ余地がなくなった08年以降、量的緩和策とフォワードガイダンス政策によって、緩和的な金融環境を強めている。これらの政策の効果等による経済成長の安定や雇用情勢の改善傾向を受け、FRBは13年12月のFOMC以降、毎回のFOMC(14年1月、3、4、6、7月)でQE3の縮小を決定している。同時に、償還期限を迎えたMBSやGSE(政府支援企業)債をMBSに再投資している。さらに、償還期限を迎えた国債をロールオーバーすることで、金融緩和を強化している。QE3縮小については、FOMC声明...

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年11月号

...増税、緊縮財政による歳入歳出両面の改善が財政赤字縮小に繋がったといえる。またCBOによれば、今夏にはGSEによる約 500 億ドルの特別配当があり、財政収支の改善に寄与した。GSEは 12 月にも約 390 億ドルの配当を行う予定であり、2014 年度の財政収支改善にも寄与しよう。他方、2014 年度入りした 10 月の財政収支は、▲916 億ドル(前年同月▲1,200億ドル)と財政赤字が前年から縮小している。内訳では、歳入が 1,989 億ドル(前年同月 1,843 億ドル)と前年同月から増加し、歳出...

2014年7月6日財務省フィードバック数:0社会/政治

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

...金融緩和では、イールドカーブ全体の金利低下を促す観点から、長期国債の保有残高が年間約 50 兆円に相当するペースで増加するよう買入を行い、かつ買入の平均残存期間を現状の 3 年弱から 7 年程度に延長するとしている 9。FRB は、グローバル金融危機への対策として様々な信用緩和策を打ち出す中で、住宅市場を下支えし、金融市場の状況改善を図るために、2008 年 11 月に 1,000 億ドルの政府支援企業(GSE)債と 5,000 億ドルの住宅ローン担保証券(MBS)の買入を発表した。さらに2009 年 3 月に...

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは年内利上げの見方を維持(15年6月16、17日FOMC) ~FOMC参加者は年内2回の利上げを想定も利上げペースはより慎重な見方に修正~

...や国際情勢の状況など様々な情報を広く考慮する。労働市場の一段の改善を確認し、インフレ率が中期的に2%の目標に向かって戻ると合理的な確信を持った時に、FFレートの誘導目標レンジを引き上げることが適切になると予測する。委員会は、保有するGSE債とMBSの償還元本をMBSに再投資し、米国債の償還資金を入札で再投資する既存の政策を継続する。委員会が相当の水準で長期証券を保有する政策は、緩和的な金融環境を維持する支援となるだろう。委員会が金融緩和の解除を決定する時には、雇用の最大化と2%のイ...

2014年12月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015~16年米欧経済見通し-グレート・リセッションの後遺症が残る米国と、下振れリスクを抱える欧州

...盛)3.5住宅ローン2.5自動車ローン2.0小規模企業向け1.5大中企業向け020406080100(%)(資料)FRB(注)企業向けは、シンジケートローンを除く。消費者向けは、全てプライム層向け(住宅ローンは、GSEの債権買取基準を満たすコンフォーミングローン)。-8-33.634.03.0クレジットカード(%)33.234.4FICOスコアが650以下の人の割合(右逆目盛)1.02005 0607080934.81011121335.214(年、年/月)(資料)Fair Isaac...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ