「ICT技術」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

グローバルICTインディケーターによる情報通信技術の世界的な普及の分析

...情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2016年5月26日ICT普及、100年以上かかった先進国の水準に遅れていたアフリカでも15年で到達 -グローバルICTインディケーターによる情報通信技術の世界的な普及の分析-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞藤 務)は、情報通信(以下、ICT技術の世界的な普及と変遷を分析するために、篠﨑彰彦・九州大学教授監修のもと、グローバルICTイン...

2014年5月28日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

郊外・環境配慮型データセンターの取組み

...ウドやビッグデータといったICT技術の発展によって、データセンターの利用ニーズが強まっている。データセンターの省エネ化や、環境への配慮に関する積極的な情報発信などの対応が求められている。◆国や地方公共団体においても、データセンターの地域分散化や環境配慮型への転換に向けた取組みが進められている。データセンターを地域のエネルギーマネジメントに取り込んだ、郊外・環境配慮型データセンターへの取組みが重要となる。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポ...

2013年5月15日日経BP★★フィードバック数:3企業情報システム

IT投資についての調査です。

ビジネスとICTに関する調査

...にリアルタイムに適切な判断を促す機能」「業務状況に合わせて、システムの動作を容易に変更できる業務ロジックの設定・管理機能」も3割台と支持を集めた。図3●イノベーションに対するICT利活用の現状と今後への期待図4●ビジネスイノベーションに必要なICTの側面イノベーションに積極的な企業ほどICTの利用意向が高い ICT技術自体の今後の利用意向を尋ねたのが図5である。全体としてみると、「クラウドコンピューティング」「スマートデバイス」「ビッグデータ」「ソーシャルメディア」の利用意向が高い。図にはないが、いずれのICT技術...

2017年3月22日ソニー生命保険フィードバック数:0社会/政治

子どもの教育資金に関する調査2017

...トエイジア株式会社)調査結果 概要【教育や教育資金に関する意識】 【子育て・教育に関する支出の実態】【大学等のための教育資金準備】【ICT技術を活用した授業に関する意識】【子どもに目指して欲しい理想の大人・就いて欲しい職業ランキング2017】アンケート調査結果夫婦の教育熱 「夫婦ともに教育熱心」は22% 「夫婦で教育方針が異なる」5人に1人以上、「教育のことでよく夫婦喧嘩をする」7人に1人大学生以下の子ども(複数いる場合は長子)がいる30~59歳の男女1,000名(全回答者)のうち、現在、配偶者がいる人(893名)に...

2014年8月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新下水道ビジョンとスマートな水循環

...道の新たな展開を見据え、新下水道ビジョンでは、「『循環のみち下水道』の成熟化」を基本的なコンセプトとして掲げている。具体的には、「『循環のみち下水道』の持続」と「『循環のみち下水道』の進化」を二つの長期ビジョンと位置付け、適切なマネジメントにより下水道の機能やサービスを目標水準に維持するとともに、多様な主体との連携により、その機能や役割を進化させ、社会的課題の解決や国際的な水問題解決などにも貢献することを目指している。新下水道ビジョンは、ICT技術や通信インフラの普及・発展が進み、ビッ...

2014年6月30日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

MM総研大賞2014

... Gear』など  MM総研(本社:東京都港区、 代表取締役所長:中島洋)は「MM総研大賞2014」 (審査委員長:安田 浩 東京大学名誉教授)の最終審査を終え、「大賞」「スマートソリューション部門賞(分野別最優秀賞)」「話題賞」を決定致しました。 「MM総研大賞」はICT分野の市場、産業の発展を促すきっかけとなることを目的に、MM総研が2004年に創設した表彰制度です。2014年度の今回が11回目になります。優れたICT技術で積極的に新市場の開拓に取り組んでいる企業を表彰するものです。 「MM総研...

2014年12月28日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「FA」年間記事ランキング2014

...の皆さんの高い関心を集めたことが伺えます。また、28位にも「ドイツ製造業の危機感が生んだインダストリー4.0、日本はどうすべきか?」が入っています。 同プロジェクトは、ドイツ連邦政府とともにドイツの主要製造業やICT企業、主要研究機関や大学などが参加するまさに国を挙げてモノづくりを進化させようという取り組みです。ロボット技術やIoT(モノのインターネット)、クラウドやビッグデータ関連技術など、最先端のICT技術、エレクトロニクス技術を用いて、「工場」や「生産」を再構築した場合、モノづくりはどのように革新できるか、ということを研究・開発...

2015年4月3日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

担い手農業者の今後の経営方針、「生産規模拡大」が4割超~新技術や新品種の導入にも前向き姿勢~<日本公庫・平成26年下半期農業景況調査(特別設問)>

...は今後の景況見通しDIが北海道(▲67.1)、都府県(▲61.0)と低迷する中にあっても、高い結果となった。○「新技術の導入」は畑作と養豚、「新品種の導入」は果樹と施設花きで高い「新技術の導入」については、ICT技術(注2)を活用した機械の利用が今後見込まれる畑作(48.8%)、飼料給与方法の工夫などが見込まれる養豚(46.4%)や性判別技術が普及しつつある酪農(北海道:43.3%、都府県:40.5%)で高い結果となった。「新品種の導入」については、施設花き(57.7%)、果樹(46.2%)など...

2013年12月4日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

グローバル化についての調査です。

(論文)グローバル化と日本経済の対応力

...進行中のグローバル化は、ICT技術の発展に伴い、多国籍企業が、異なる度合いの付加価値を生む多数の工程(研究開発や販売・サービスといった「工程」を含む)を世界各地に最適に配置しつつ、複雑な企業ネットワーク——グローバル・バリュー・チェーン(GVC)——を統括・運営することで、経営効率や利潤を向上させる経営戦略と不可分な形で進展してきた。GVCの発展によって、企業や地域経済レベルでの(国際)競争の本質は、GVCの利点を活かしつつ、いかに高付加価値を生む「(広義の)工程」を保有・維持...

2013年6月18日MM総研フィードバック数:14企業情報システム

MM総研大賞2013

...の発展を促すきっかけとなることを目的に、MM総研が2004年に創設した表彰制度です。2013年度の今回が10回目になります。優れたICT技術で積極的に新商品、新市場の開拓に取り組んでいる企業を表彰するものです。今回の「MM総研大賞2013」では、次世代のスマート社会の核となる「クラウドソリューション部門」で分野を7分野選定し、分野毎に「最優秀賞」を選出しています。その他、ICT産業に大きなインパクトを与えた製品・サービスを「話題賞」として、さらに “ものづくり” の分野で代表的な商品を「ものづくり優秀賞」として選定しています。また、省エ...

広告業の動向と広告売上

...の「特定サービス産業動態調査」とは異なる「特定サービス産業実態調査報告書」より)。 雑誌広告や屋外広告などの売上が多いとは言え、従業員4名以下の広告業でも、テレビ広告やプロモーション/催事などを請け負っている。同業者から請けている比率も高いのだろうが、地域の放送業や自治体からの直接取引もあるだろう。インターネット広告の売上比率は、規模の大きい広告業ほど高い傾向がある。インターネット広告の発注者の中心が、まだ中堅以上の会社が主流であることなども背景にあり、ICT技術力の差もあるのだろう。以下...

EAP・メンタルヘルス市場におけるIT活用動向とデータヘルス連携の可能性 2014

...を受け、EAP等サービス事業者は、顧客企業ニーズに即した費用対効果の高いサービスを提供するひとつのツールとして、IT/ICT 技術を活用した支援体制を強化しつつあります。 本書では、EAP・メンタルヘルス市場でIT /ICT が担う役割とその活用用途、課題、今後の方向性を探るとともに、国の日本再興戦略において示されたデータヘルス計画(レセプト・健診情報等データ分析に基づく効率的・効果的な保健事業をPDCAサイクルで実施するための事業計画策定と施策の実施)を担う健保組合と企業の連携モデルとして推奨される“コラ...

2014年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 ベトナム・ビンズン省先進的生活サービス実現のためのICT調査(和文)

... 年までの ICT 開発に係る首相1-6決定(Decision No.246/2005/QD-TTg)」が公布され、国内主要分野での ICT 技術の活用を目指している。2010 年には「ICT 早期強化プロジェクトに関する首相決定(Decision No.1755/QD-TTg)」が公布され、2020 年までに ICT が GDP に占める割合を 8~10%とする全体目標を掲げ、農村も含むブロードバンド普及や、家庭での情報通信機器の普及等を個別プロジェクトとして掲げている。地方省レベルでは、2010...

2014年7月25日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

都市問題を中心とした社会科学問題解決に向けた次世代ソリューションの展開と情報通信基盤の整備動向調査  調査報告書

...得を義務付ける制度であり、1990年に導入された。・高速道路交通システム(ITS: Intelligent Transport System)23シンガポールでは、ICT技術を活用したITSを稼働させている。前述したERPシステムのほか代表的なものを以下に記す。 青信号連動システム(GLIDE: Green Link Determining System) 高速道路監視システム(EMAS: Expressway Monitoring Advisory System) 電子式道路標識(ERS: Electronic...

2014年3月16日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 平成26年3月号

...総務省統計局統計調査ニュース328No.平成 26 年(2014)3 月信頼ある統計データで拓く新たな時代総務副大臣  上川 陽子ICT技術の進展によるビッグデータの活用や,公共データのオープン化など,統計データを巡る環境は新たな時代を迎えています。ふ統計作成機関は,新たな時代に相さわ応しい新たなミッションを担うことが必要であり,電子政府を一層推進し,統計情報発信の更なる高度化を進めていかなければなりません。現在,総務省統計局と独立行政法人統計センターが進めている「統計API」や「統計GIS...

2015年4月16日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度産業技術調査事業(高度人材外国人の受け入れによる我が国産業イノベーションの創出に向けた海外の先行事例調査)調査報告書

... Scientist)もイスラエルのエコシステムに大きく貢献している。OCS と民間の VC が分担して 1 つのスタートアップに投資するプログラムは世界でも先駆的な取組みである。このほかイスラエルと外国との 2 国間合弁投資プログラムもある。これら OCS の支援策は、ともすれば短期的な投資回収が可能な ICT 技術への支援に偏りがちな民間の VC やアクセラレーターに対し、医療機器など開発に長期間を要す技術に対しても支援させるようなモチベーションを提供している。イス...

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 システム科学分野

... Initiative が進められており、脳神経科学研究の振興が活発である。金融分野の基礎研究で成果を上げた研究者がクォンツ等の形でヘッジファンド、金融業界に進出し、産業化とも結びついている。「サービスシステム」については教育機関ならび企業が積極的な研究開発を推進し、欧州とともにこの領域を牽引している。ICT 技術を利用したデータの蓄積技術や分析技術の研究、スマートシティに代表されるビジネス展開などを積極的に推進している。「システム構築方法論」に関しては、国際標準や大学での人材育成が活発であり、基礎...

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成24年度情報セキュリティ対策推進事業 (ソフトウェア開発管理基準に関する調査研究) ソフトウェアメトリックス調査

...化社会情報システム見える化(業務・情報システム)共有化ステップアップ見える化(業務・情報システム)部門内最適化企業群ICT技術の革新ステップアップ情報システムの導入部分最適段階企業・産業横断的最適化企業群組織全体最適化企業群社会の壁会社の壁部門の壁全体最適段階34公共最適段階34出典:経済産業省「民間CIOのとりくみ」を元にJUASで加筆・編集図表 1-3 の意味は、企業内での情報システムの活用には「部門最適」、「企業内最適」、「関連企業含めての最適」、「官公庁や SNS 等の社会情報システム含めての最適」、の数...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:5企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業,中小企業システム基盤開発環境整備事業,ソフトウェア開発管理基準に関する調査研究,ソフトウェア開発管理基準に関する調査報告書,ソフトウェアメトリックス調査

...内最適化企業群ICT技術の革新ステップアップ情報システムの導入部分最適段階企業・産業横断的最適化企業群組織全体最適化企業群社会の壁会社の壁部門の壁全体最適段階34公共最適段階34出典:経済産業省「民間CIOのとりくみ」を元にJUASで加筆・編集2この図表 1-3 の意味は企業内での情報システムの活用は部門最適、企業内最適、関連企業含めての最適、官公庁、や SNS 等の社会情報システム含めての最適の段階があるが各段階では業務システム、情報システムの「見える化」「共有化」「柔軟化」の発展段階があることを示している。第...

2015年5月22日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度 ビッグデータを活用した新たな経済指標・分析手法の動向に関する調査研究報告書

...ロの経済情勢・景気概況の迅速かつ詳細な把握を行うためには、既存の公的統計を用いた経済情勢・景気概況の把握や、大まかな属性分類(産業別、規模別、地域別等)に基づく分析、企業等からの定性的なヒアリング情報だけでは十分でなくなりつつある。こうした現状を補完するため、最近の ICT 技術の進展により活用が可能となって来た民間等保有のビッグデータを基にした、新たな速報性の高い「ナウキャスティング(Nowcasting、足元予測)」・「フォーキャスティング(Forcasting、将来予測)」や膨...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ