「IMF予測」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年4月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:17社会/政治海外

BTMU ASEAN TOPICS:カンボジア経済の現状と展望~インフラ改善を追い風に日系企業の進出が加速~

...期的には縫製業以外での投資拡大に伴う輸出競争力の向上と、大型のインフラ投資の一巡に伴う輸入の伸びの鈍化などで経常赤字は改善が見込まれる。第 6 図:外貨準備高第 5 図:国際収支4(10億ドル)(GDP比、%)121086420-2-4-6-8-10-12経常移転収支サービス・所得収支貿易収支経常収支GDP比率3210-1-2-3-409101112131415(注)2012年以降はIMF予測。(資料)IMFより三菱東京UFJ銀行経済調査室作成BTMU ASEAN TOPICS (No. 2013/4)1617(年)(10億ドル)7外貨準備高(カ月)5...

2013年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 失われない6年間へ

...上昇が正当化されないことを示しており、デフレの弊害を如実に表現していると言える。言うまでも無く、これは名目GDPがプラス成長の世界では株高が正当化されることを同時に意味している。今次局面の日本株ラリーは、マーケットが半信半疑ながらも名目成長のプラス転化(≒名実逆転の解消)を織り込んだ名目GDPと株価1000結果であると理解できるが、これが現実味を帯びるにつれて株価が更に先の成長を織り込みに行くことが期待される。100一つの目安として、仮に現時点でIMF予測を完全に織り名目GDPTOPIX込んだとすると、株価水準はTOPIXが...

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

訪日客数増加のポテンシャル

...ーシアが同様に(各国の経済成長予測に応じ、現在のそれぞれの位置から回帰線の傾きに従って)推移した場合においては、同5ヵ国からの訪日客数は合計166万人となる。これは2013年推計値の同96万人に比して、70万人の純増にとどまる。 以上の試算は全て四捨五入を行っている。2018年に向けた各国人口の変化は織り込み済みである(IMF予測を使用)。(※3)一例としては、2013年にはタイとマレーシアからの短期滞在に対してビザの免除が実現し、訪日拡大につながったとされる。中国...

2015年2月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook デフレが終わる、株価が上がる

...経済は漸く前者の状況になりつつある。1055606570758085909500051015(備考)内閣府、IMF、Bloombergにより作成。1970年1Q=100,対数表示14年以降のGDPはIMF予測本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。2...

2014年10月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

オリンピック経済効果シリーズ(11)~観光需要増を梃に食料品輸出の拡大も期待~

...(単位:億円)2013年(実績)世界GDP(日本を除く、右目盛)オリンピック効果(②- ①)2014~2020年累計30,0001,00020,00050010,000(注)「自然体ケース」は世界GDP(日本を除く、PPPベース)を説明変数として食料・飲料輸出金額を推計した結果(推計期間2000~2013年)。世界GDの先行きは2019年までIMF予測、2020年は2019年前年比で先延ばしした。(資料)みずほ総合研究所作成0020,41100 01 02 03 04 05 06 07 08 09...

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年11月(ロシア・中東欧経済の見通し)

...-14年はIMF予測値。(資料)ロシア連邦統計局、IMFより三菱東京UFJ銀行経済調査室作成201120122013201420152016(年)(資料)報道等より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成中銀は当面、インフまた、金融政策が早期に緩和に転じる可能性も現時点では小さい。インレ警戒を継続する フレ率は、今年前半をピークに低下傾向にあるものの、中銀が警戒を緩め公算るには、もう一段のインフレ鈍化を待つ必要があろう。利下げ実施は、来年春先以降と予想するが、イン...

2014年12月10日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア燃料補助金削減の景気への影響-景気減速長期化のリスク、求められる迅速なビジネス環境の改善

...等向け補助金も含む。13140.0201115(会計年度)(資料)インドネシア財務省、IMF、CEIC、各種報道を基に日本総研作成(注1)2014年は補正予算。2015年は予算案。(注2)2014年以降の名目GDPはIMF予測値を使用。15(会計年度)31213日本総研14Research Focus(図表4)実質GDP成長率と需要項目別寄与度(図表3)燃料補助金が景気に与える影響(%)燃料補助金の削減誤差輸入輸出在庫調整総固定資本形成政府消費個人消費実質GDP成長率15歳出削減インフラ整備向け等資金の拡充10消費...

2015年6月25日三井住友信託銀行フィードバック数:0社会/政治

調査月報 2015年7月号 No.39

... (年)(注)国際収支統計より。銀行統計とは一致しない。 (資料)ECB、CEICユーロ圏実体経済の緩やかな拡大に伴い、銀行は資産積み増しに積極的になるとともに、域内 資金需要の増加もミクロ的には期待出来る。しかし、ユーロ圏の貸出金利が低下傾向にあることや、 内外の成長期待格差を考えると、ユーロ圏域内の貸出よりも域外の貸出の方が残高を伸ばしやす い状況にある。例えば、IMF 予測では今後5年間のユーロ圏の実質 GDP 成長率は1%台にとどま るのに対し、世界平均は3%台、新興国平均では4~5%台の...

2014年2月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2014年2月)

....00143.186,585.4(16.2)(0.0)(0.0)15,91700(8.9) (▲100.0) (▲100.0)(3.3)(4.1)(4.2)4,29400(18.9) (▲100.0) (▲100.0)5,23500(0.5) (▲100.0) (▲100.0)▲ 9410000075,81875,68900.0010.0010.6943.5544.1044.936,208.8 5,889.8 6,041.2(注)※1:2012年、2013年の人口はIMF予測値。1人あたりGDPは予...

2014年2月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

為替相場改革後のミャンマー・チャット相場

...入2014・15年の名目GDP累計(IMF予測値)1,365すい環境が続いているためである。実際、国試算の前提2011年(10.1億ドル)の5倍の資本が流入▲ 18おり、通貨の信認低下とインフレが起こりや貿易赤字は、2012年8月∼13年7 月 平 均( 約7.8億ドル/月)で横ばい推移100合計き受けにより財政赤字がファイナンスされて(注1)貿易収支はIMF Direction of Tradeの値を利用、その他はInternational Financial Statisticsの値を利用。(注2...

2013年3月26日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治海外

ベトナムの不良債権問題はどこまで深刻か~景気減速の主因は長引くインフレ圧力~

...には返済される部分もあると見込まれることである。第 2 に、デフレと低成長に苦しんでいたかつての日本と異なり、ベトナムではある程度の経済成長が期待できることである。例えば、2013 年の名目 GDP(IMF 予測)対比で不良債権処理負担は 10.3%まで低下する。第 3 に、財政の支援を受けずに処理される不良債権もあると予想されることである。利益20や増資を通じて得た資金を用いて、金融機関が自助努力で不良債権を処理するほか、健全な金融機関が合併を通じて、経営が悪化した金融機関の不良債権を処理することも考えられる。一方、ベト...

2014年3月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2014年3月)

....0010.6931.4642.4540.7041.7843.6843.6143.5544.1044.9344.905,889.8 6,847.5 6,465.3 6,191.8 5,889.8 6,208.8 5,889.8 6,041.2 6,425.0(注)※1:2012年、2013年の人口はIMF予測値。1人あたりGDPは予測値をベースに当室試算。    ※2:国内自動車販売の四半期、月次はフィリピン自動車工業会(CAMPI)加盟分。暦年のみ現代アジア・リソース(HARI)、GMを追加。 ※3...

2013年6月6日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

アジアマンスリー2013年6月号

...貿易が大きく拡大すると見込まれる。とりわけ、対内直接投資が大幅に増加し、産業レベルの高度化が著しいインドから、周辺国向けの輸出が輸送機械・電気機械を中心に増加すると見込まれる。実際、インドでは、2000年以降、繊維関連製品の輸出シェアが低下する一方、輸送機械・電気機械の輸出シェアの上昇傾向が続いている。<南アジア各国の対内直接投<各地域・国の名目GDPの推移>資残高の推移>(2005=100)(IMF予測)(2000年=100)3001,400インド周辺国バングラデシュEU250インド1,200北米パキスタン1,000200スリ...

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年2月(中国)

...(%)0.3▲ 0.6▲ 0.40.2▲ 1.5▲ 0.7▲ 1.40.6▲ 0.5▲ 0.0(注)1. 『インド』は外国人機関投資家による株式及び債券のネット売買高。    『インド』以外の国は外国人投資家の株式のネット売買高及び債券保有残高の増減額。   2. 株式及び債券の『名目GDP比』は全て2013年の名目GDP見込み額(IMF予測)。(資料)Bloomberg、CEIC、各国中銀、IMFより三菱東京UFJ銀行経済調査室作成(資料)IMF、世界銀行、各国中央銀行・統計局統計より三菱東京UFJ...

2014年4月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中南米経済と外的ショック~QE3縮小・中国景気減速への耐性を評価する~

...府債務/GDP経常収支/GDP対民間銀行貸出/GDP外貨準備/GDP対外債務/財輸出76543210政府債務/GDP対民間銀行貸出/GDPメキシコ(2.8)ブラジル(5.7)インフレ率アルゼンチン(4.5)チリ(3.0)ペルー(3.3)ベネズエラ(4.7)コロンビア(4.0)(注)グラフの 1~7 は順位。データは基本的に 2013 年。その他、個別データの出典、時点は以下の通り。GDP:各国統計。ベネズエラのみ IMF 予測。経常収支:各国統計。コロンビア、ベネズエラは 1-9 月期...

2013年7月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2013年7月)

....3042.916,847.5 7,071.0 7,022.0 6,465.3(注)※1:2012年の人口はIMF予測値。1人あたりGDPは予測値をベースに当室試算。    ※2:国内自動車販売の四半期、月次はフィリピン自動車工業会(CAMPI)加盟分。暦年のみ現代アジア・リソース(HARI)を追加。 ※3:2011年以降、新系列。※4:期中平均、◎印:期末値。(資料)CEIC、IMFなどより三菱東京UFJ銀行経済調査室作成(経済調査室)ASEAN・インド月報(2013 年 7 月)7<フィリピン>2...

2014年1月10日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2014年1月)

....0) (▲100.0)05,7114,82400(▲100.0)(7.2) (▲8.6) (▲100.0) (▲100.0)0▲ 6542020001,22400076,25775,26775,45175,81876,2570.0010.870.0010.0010.00143.6143.8343.1843.5544.105,889.8 6,191.8 6,585.4 6,208.8 5,889.8(注)※1:2012年の人口はIMF予測値。1人あたりGDPは予測値をベースに当室試算。    ※2...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ