「IP放送」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2008年10月21日矢野経済研究所フィードバック数:0デジタル家電

IP放送・映像配信市場に関する調査結果 2008

...2008年10月14日 IP放送・映像配信市場に関する調査結果 2008 ~携帯電話・TV向け有料市場が成長、PC向けサービスはプロモーション媒体として有望~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてIP放送・映像配信市場の調査を実施した。1.調査期間:2008年7月~9月2.調査対象:IP放送・映像配信サービス提供企業3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<IP放送サービスとは>IP網を...

テレビ向けブロードバンド映像配信(IPTV)ビジネスの市場動向と将来展望

...比250%)に達する見込み。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、テレビ向けブロードバンド映像配信(IPTV)ビジネスの市場動向と将来展望に関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。 2010 年度のテレビ向けIPTV サービスは、IP放送サービス、IP-VOD ともに、順調な成長を見せました。IP 放送サービスは、「ひかりTV」における地デジの再送信に加えて、WOWOW やNHK-BS の再...

ブロードバンドユーザのIPTV視聴意向を調査

...IPTVの最新市場動向とユーザニーズ調査 シード・プランニング オンラインショップ 市場調査レポートIPTVの最新市場動向とユーザニーズ調査 ご好評頂きました「ブロードバンド映像配信ビジネスの市場動向とユーザーニーズ調査」(2006年9月発刊)の2008年度ブレークダウンシリーズ第1弾!ブロードバンドユーザ300人へのアンケート調査で、実態と課題を分析!⇒TV向けIPTVサービスに絞った視聴動向や映像視聴ライフスタイルの変化、IP放送、VOD、ダウンロード、モバイル連携別の視聴意向、コン...

2009年11月30日矢野経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ブロードバンドアクセス市場に関する調査結果 2009

...純増ペースは、ほぼ前年並み2009年度の主要サービス種別毎の契約数は、FTTH約1,776万(前年度比118%)、DSL約987万(前年度比88%)、CATVアクセス約432万(前年度比105%)と推計する。FTTHの純増ペースは鈍化傾向だが、地上デジタル放送(IP放送)や、セキュリティサービスなどとのセット率が順調に伸びており、ARPU(顧客単価)は上昇傾向にある。「世帯」向けサービスとしての「固定系ブロードバンド」は普及が一巡しつつあり、市場の成熟基調が続く。◆ 2009年度の「ワイ...

2009年1月5日野村総合研究所★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル放送分野の発展が予測されています。

2013年度までの国内IT主要市場の規模とトレンド(1)

...デジタル放送、CSデジタル放送の受信が可能なテレビ受像機)の普及が、BSデジタル放送の普及を後押ししているものの、受信機の普及に比べて、視聴世帯数はそれほど伸びていないことが課題です。ケーブルテレビやCSデジタル放送等の多チャンネル放送市場は、2008年度の約5,700億円から、2013年度には約7,200億円に達すると予測されます。内訳として、ケーブルテレビが約4,700億円、CSデジタル放送が約2,000億円、IP放送が約500億円となります。市場拡大の主な要因は、3波共...

2010年12月21日野村総合研究所フィードバック数:18デジタル家電

ブロードバンド回線は5年後には世帯普及率約7割へ

...横ばいの状況と予測されます。ただし、内訳をみると、ケーブルテレビは加入者数が減少するものの、単価の高いデジタル契約のみになるため、全体として市場が拡大します。衛星デジタル放送の市場が縮小する一方で、IP放送市場は加入世帯数の増加に伴い、拡大します。有料VOD(ビデオオンデマンド)市場は、2010年度の約650億円から、2015年度では約1,200億円に拡大すると見込まれます。市場拡大の主な要因は、テレビ向けVODサービスの充実と、スマートフォンによるVODサービスの利用拡大です。NRIのIT市場予測は、2000年以降、今年...

2015年11月26日野村総合研究所★フィードバック数:0マーケティング

2021年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...ブルテレビ加入世帯」、衛星を利用して提供される有料放送プラットフォームサービスを視聴する「衛星放送プラットフォーム加入世帯」、および光ファイバー網など閉域の IP(Internet Protocol)ネットワーク網を利用して放送番組が提供される多チャンネルサービスを視聴する「IP放送加入世帯」の3種類の世帯数。 ソリューション市場主に通信ネットワークを介してさまざまなシステム機能やアプリケーションソフトを提供する企業向けソリューション・サービスである SaaS、IaaS、PaaS の、国内...

2016年11月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2022年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...トワークを利用する「IP放送サービス加入世帯」の3種類の世帯数。 ソリューション市場 主に通信ネットワークを介してさまざまなシステム機能やアプリケーションソフトを提供する企業向けソリューション・サービスである SaaS、IaaS、PaaS の、国内における利用料の合算とする。 狭義では「ホスティングサービス」と「コロケーションサービス」に大別されるが、広義に捉えると「アウトソーシングサービス」「マネージドサービス」がこれらに加わる。ここでは、国内における、ホスティング、コロケーション、アウトソーシング、マネ...

2014年12月4日野村総合研究所★フィードバック数:0マーケティング

ICTの各分野ごとの状況です。

2020年度までのIT主要市場の規模とトレンドを展望

...聴する「ケーブルテレビ加入世帯」、衛星を利用して提供される有料放送プラットフォームサービスを視聴する「衛星放送プラットフォーム加入世帯」、および光ファイバー網など閉域の IP(Internet Protocol)ネットワーク網を利用して放送番組が提供される多チャンネルサービスを視聴する「IP放送加入世帯」の3種類の世帯数。 ソリューション市場主に通信ネットワークを介してさまざまなシステム機能やアプリケーションソフトを提供する企業向けソリューション・サービスである SaaS、IaaS、PaaS の、国内...

2017年11月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...放送プラットフォームサービスとは、同軸ケーブルや光ファイバーを用いて提供される多チヤンネルサービス(地上波放送やBS放送の再送信のみのサービスは除く)を利用する「有線プラットフォームサービス」、衛星を経由したプラットフォームサービスを利用する「衛星プラットフォームサービス」、および光ファイバー網など閉域のIP(Internet Protocol)ネットワーク網を利用する「IP放送サービス」の3種類が含まれる。 ●プラットフォーム市場クラウドサービス・データセンター・法人ネットワーククラウドサービス(クラ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アクセストップ10

ランキングINDEXへ
  1. ライフスタイル
    社員食堂に関する調査
  2. ★ ライフスタイル
    ビジネスパーソンのランチと社員食堂に関する調査
  3. ★ 大型消費/投資
    バレンタイン予測 2018
  4. ★ 企業情報システム
    700社以上の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」結果 中堅企業の8割が働き方改革に着手、一方で3割がセキュリティ事故の被害経験ありで対策が急務
  5. ★★ マーケティング
    サイバーエージェント、インフィード広告市場調査を実施
  6. ★★ 企業情報システム
    企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す~「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2018」より~
  7. ★ ライフスタイル
    社員食堂が1位!平均418円のエンジニア・ランチ事情
  8. ライフスタイル
    イマドキ女性の節約意識に関する調査2018
  9. 社会/政治
    イマドキ高校生、親世代より「忙しい」…理由にギャップ
  10. ★★ マーケティング
    マーケティング・販促・広報の仕事をしている735名に対して、2018年予算を増やしたい「Web広告」の調査を実施。
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ