調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ITセキュリティ投資

「ITセキュリティ投資」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年12月26日MM総研★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日米の対比です。

日米企業の情報セキュリティ投資動向

...日米企業の情報セキュリティ投資動向―セキュリティ対策で後れをとる日本企業― 2013年12月26日■ICT投資額に占める情報セキュリティ投資額は日本企業5.7%、米国企業7.2% ■日本企業はセキュリティ製品・サービスの導入が大幅に遅れている ■米国ではクラウドとセットで提供するフルレイヤーサービスのニーズが高まっている  海外からのサイバー攻撃や従業員による情報漏えいの増加により、我が国でも情報セキュリティの脅威が高まり危機的な状況になっている。多様...

PwCの調査です。

グローバル情報セキュリティ調査2015(日本版)

...プライスウォーターハウスクーパース、「グローバル情報セキュリティ調査2015(日本版)」を発表日本企業の情報セキュリティ投資額の平均は、世界全体平均の半分である日本企業の4割以上がインシデントの発生要因を把握できていない役員クラスの情報セキュリティリーダーが不足している2014年11月5日プライスウォーターハウスクーパース株式会社プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:椎名 茂)は、11月5日、「グローバル情報セキュリティ調査(The Global...

2017年5月5日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査

...2017年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査結果を発表  2017年度の情報セキュリティ投資は2016年度に続き増加傾向。投資を増やす企業では、アイデンティティ/アクセス管理を投資重点項目に上げる企業が多い  外部脅威対策の導入は進んでいるが内部脅威対策の導入は遅れている。一方、クラウド環境では内部脅威対策であるアイデンティティ/アクセス管理の導入が進んでいる  重大なセキュリティ被害に遭った企業が増加し、さらに復旧や賠償金などにかかった費用も増えた。また、ラン...

PwCの調査です。

グローバル情報セキュリティ調査2014(日本版)

...プライスウォーターハウスクーパース、「グローバル情報セキュリティ調査2014(日本版)」を発表日本企業のセキュリティ投資は停滞傾向インシデント検知ツールの導入状況はグローバル水準まで到達したが、活用は不十分インシデントレスポンス体制は部門内・企業内に限定2014年2月5日プライスウォーターハウスクーパース株式会社プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:椎名 茂)は、2月5日、「グローバル情報セキュリティ調査(The Global State...

PwCのレポートです。

激増するリスク追いつかない対策‐米国サイバー犯罪調査2014における主要な発見事項

...いう状況です。経営者は、サイバー脅威が最優先で取り組むべきリスクと認識し、戦略的なセキュリティ投資をすべく積極的に関与する必要があります。(2015年03月) © 2004-2017 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com...

2014年9月26日MM総研★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日米比較です。

情報セキュリティ対策、日米企業で大きな開き

...情報セキュリティ対策、日米企業で大きな開き―大企業600社調査 被害額減少する米国、拡大する日本― 2014年09月25日■ なりすまし、ウィルス感染、標的型攻撃など情報セキュリティにかかわる被害額は2012年度から2013年度にかけて米国企業が50%減少しているのに対し、日本企業は83%増加 ■ 2014年度の企業1社あたりの情報セキュリティ投資額(計画値)は日本23億円、米国は32億円 ■ 専門...

2009年5月26日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAがセキュリティ関連の調査結果を発表しました。

「2008年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査」報告書

....7%から40.9%に急上昇していることから推測されます。これまで、インターネット経由のウイルス対策は進展しつつありましたが、USBメモリ経由でのウイルス対策まで手が回らない企業が多かったと見受けられます。外部媒体を通じて感染するウイルスに対しても、対策を実施していく必要があります。[※別紙の図1-1~1-4を参照](2)2009年は大手企業を中心にセキュリティ投資抑制の見込み 翌年のセキュリティ投資額の見込みを2007年調査と2008年調査で比較すると、「増額」が300人以上企業で35.5%から...

2014年1月27日NRIセキュア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業対象の調査です。

企業における情報セキュリティ実態調査 2013

...Home > お知らせ > 「企業における情報セキュリティ実態調査 2013」の結果を発表〜情報セキュリティ投資意欲は過去5年で最大に〜「企業における情報セキュリティ実態調査 2013」の結果を発表〜情報セキュリティ投資意欲は過去5年で最大に〜2014年1月27日 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:増谷 洋、以下「NRIセキュア」)は、2013年8月〜10月に、東証一部・二部上場企業を中心とする3000社の...

2013年1月11日NRIセキュアフィードバック数:22セキュリティ/ネットワーク

企業における情報セキュリティ実態調査2012報告書

...ような一年で実施された本アンケートは、IT予算が制限されていく中で、セキュリティ投資をどの部分に行うか、高度なセキュリティ人材を育成するか、アウトソースするか、といった課題に速やかに結論をださねばならない状況となっている企業の様子がうかがえる結果となりました。また、スマートデバイス等による社外業務や、有効性の高いBCPやIT-BCPを作成し、改善することが企業の重点課題として認識されつつあることが確認されました。今回の調査では、以下の傾向が明らかになりました。なお、本調査の詳細レポートは、以下...

2009年11月2日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAによる中小企業を対象とした調査です。

中小企業における情報セキュリティ対策の実施状況等調査

...システムの開発事業者等の外部専門家から情報セキュリティ対策に関する提案を受けておらず、自らも積極的に情報収集を行っていない事が分かりました。また、情報セキュリティ対策を検討する際には、IT技術に関する知識のほか、業務分析や保有情報の重要性分析を行うため、企業経営の分析能力が必要となりますが、多くの中小企業には社内に豊富な知識や能力を有する人材がなく、専門家との接点もほとんど無い事が分かりました。 (4) 低い情報セキュリティ投資意向最近の経済状況の変化を受け、IT投資意向が減退している中で、情報セキュリティ投資についても必要最低限に絞られる傾向があります。担当...

グローバル情報セキュリティ調査2017 vol2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて

...ーバルと日本企業のデータを分析し、日本企業が取り組むべき2つのテーマを提言としてまとめています。企業のサイバーセキュリティ戦略の策定や効果的なセキュリティ投資のために、本書をご活用いただきたいと考えています。主な掲載内容クラウドでの大胆な組み合わせクラウドにおけるスレットマネジメントツールの統合高度認証によるフィッシングの発見クラウドベースのスレットインテリジェンスの概要一元的なプラットフォームの威力情報共有リソースネットワークISAOによ...

PwCのレポートです。

グローバル情報セキュリティ調査 2015

...らの重要資産をサイバーリスクの脅威から、どのように守るべきでしょうか。 本書は、世界115カ国、延べ9,600人以上の経営者や責任者からデータを収集し、企業の情報セキュリティに関する問題意識、投資動向、対策などからトレンドや企業の規模、業種、地域ごとの特徴を明らかにしています。また、グローバルと日本企業のデータを分析し、日本企業が取り組むべき3つのテーマを提言としてまとめています。企業のサイバーセキュリティ戦略の策定や効果的なセキュリティ投資のために、経営者やセキュリティ責任者の皆さまには、ぜひ、本書...

企業のサイバーセキュリティ投資に指針を与える調査報告書「The Defender’s Dilemma: Charting a Course Toward Cybersecurity」

...Navigation ジュニパーネットワークス、企業のサイバーセキュリティ投資に指針を与える 調査報告書を発表―同報告書によると今後10年間でサイバーセキュリティ費用38%増を予測―ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、調査・分析を通して政策や意思決定の改善を支援する非営利組織のランド研究所(米国)と協力して、サイバーセキュリティ脅威に対する防御において企業が直面している経済的な要因などを分析し、企業のサイバーセキュリティ投資に指針を与える調査報告書「The Defender...

2017年10月3日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内法人組織におけるセキュリティ実態調査 2017年版

....4%、調整中:17.5%)にあることが明らかになりました。世間を騒がせるランサムウェアが事業継続を脅かす深刻な脅威として認知され、法人組織がセキュリティ投資にやや前向きになり始めていることが推測できます。 図3:2016年以降のランサムウェア騒動に起因したセキュリティ予算増加状況(n=1361) 3.進まない経営層・上層部のセキュリティへの理解・関与、進まない法規制ガイドラインへの対応セキュリティ上の脅威を事業継続・組織運営を脅かすリスクとして認識している経営層・上層部は、全体の32.1%と前...

2008年4月21日IPA★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPA/三菱総研による大規模調査です。

2007年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査

...を抑止することは難しいため、企業側は徹底的な防衛策を実施する必要があります。しかし、実際には企業の提供するサービスに見合った情報セキュリティ投資や情報セキュリティ対策の実施が進んでいない状況が見受けられ、潜在的に不正アクセスのリスクに晒されている企業は多いと予想します。 また、ヒアリングを行った計4社について、「不正アクセスの顕在化・初動対応」、「被害状況調査・システム復旧対応」、「対外説明」、「再発防止策」などの一連の対応を基に被害額を推計した結果、発生した費用は、1社あたり、約700万円から6,000万円...

2015年6月23日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがセキュリティについての調査結果を発表しました。

企業における情報セキュリティ対策状況(2015年)

...企業におけるセキュリティ対策状況(2015年)  キーマンズネットでは、2015年4月1日〜4月13日にかけて「企業における情報セキュリティ対策状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:345)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の39.7%、一般部門が60.3%という構成比であった。今回、お聞きしたのは「情報セキュリティ対策の運用方法」や「発生した情報セキュリティ事件・事故」「実施しているセキュリティ対策」「IT投資額に占めるセキュリティ投資額の比率」など、企業...

グローバル情報セキュリティ調査2017(日本版)

...ようなセキュリティ対策を実施していますか グローバルの主な調査結果※グローバルの主な調査結果はで公開しています。 世界全体ではセキュリティインシデント想定損失額が減少セキュリティインシデントによる想定損失額は、世界全体で6%減少しています。特に20%以上の削減ができたと回答した業界が5つありました【図5】。この要因として、未然にインシデントを防止できていることや、インシデントが発生したとしても損失が発生する前に対応できていたためと考えています。昨年急伸した情報セキュリティ予算は横ばい情報セキュリティ予算は昨年から横ばいでした。これはセキュリティ投資...

2014年11月20日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

Fortinet Security Census 2014

...%、日本 77%)、モノのインターネット(IoT)やバイオメトリクス(生体認証)のような先端技術への新たな需要(世界 88%、日本 79%)が、IT部門責任者が組織をセキュアに保つ上での最大の障害要因となっています。IT部門責任者の多数はデータプライバシーの懸念(世界 90%、日本 74%)や、ビッグデータ構想のセキュア化(世界 89%、日本 72%)から行動を起こしており、多くのケースで新たなITセキュリティ投資につながっています。上層部はセキュリティ優先経営幹部のITセキ...

InfoCom ICT経済報告 2017年4‐6月期

...的課題の一つとして人手不足への対応があるが、これにより情報化投資(IoT活用による生産性・効率性向上、接客、受付やコールセンターにおけるロボット活用、セキュリティ投資等)がさらに推進される見込みである。一方、人手不足がICT設備投資にマイナスに影響する可能性も捨てきれない。 ICT消費は、今後も移動電話通信料の動向が最も注目される。注目背景には、プラスマイナス両面がある。プラス面としては、格安スマホへのフィーチャーフォンユーザの乗り換えが進んでいる点である。乗り換え後は月額数千円の支出増となり移動電話通信料にプラスに寄与する。一方、端末...

2014年10月29日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

日本版が発表になりました。

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2014年

...の情報資産保護に関する技術領域における改善と、情報セキュリティとリスクのマネジメント領域における改善を目的に、情報資産に対する信頼性の高いリアルタイム・プロテクション、セキュリティ情報のコンテキスト・アウェアな (状況判断を含む) 分析を可能にしています。セキュリティ・インテリジェンスの採用により、日々発生するイベントやアラートなどのセキュリティ情報について、これらを見逃す、あるいは対応優先度の判断を誤る、などといった人為的なミスを減らし、企業のビジネスに影響するような深刻な被害につながるリスクを低減させることができます。セキュリティ投資...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ