「IT人材戦略」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年4月22日EY Japan★フィードバック数:0ビジネス

セミナー参加者の調査です。

「持続可能な経営」セミナー申込者事前アンケート

...経営の最優先は人材戦略、グローバル課題は関心低く~持続可能な経営に向けた経営上の優先課題を調査~新日本有限責任監査法人などが構成するEY Japanは、持続可能な経営に向けた経営上の優先課題について、企業経営層や経営企画、IR、CSR担当者などにアンケート調査を実施しました。その結果、経営者の最優先課題は「人材戦略」であり、激しく変化する経営環境に対応できる人材の育成、労働力不足など、人材に関する課題解決が急務であることを裏付けています。一方で、社会課題は国内志向が強く、「紛争鉱物」や「貧困...

ものづくり分野の人材についてのレポートです。

「平成26年度 地域中小企業の人材確保・定着支援事業(素形材)ものづくり中小企業におけるシニア人材等活用促進事業」成果報告書

...中小企業の人材確保・定着支援事業(素形材)ものづくり中小企業におけるシニア人材等活用促進事業素形材産業人材戦略の策定 報告書 (全体総括)女性の活躍推進の取組指針業界を熟知したシニア・OB人材の再教育プログラムの創出 報告書知識集約型産業への移行を担う人材育成の促進に関する調査報告書グローバル・新市場を見据えた経営・営業を担う人材育成の促進 報告書地域を担う素形材企業における人材育成事業の創出 報告書素形材産業を担う若手人材の輩出・育成に関する調査 報告書...

2016年10月24日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査

...~法制度対応から人材の多様化対応へ取り組みが拡大~国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査結果を発表 人事最高責任者(CHRO/CHO)の設置率は10.5%にとどまる 人事関連業務コストは、「採用」が約3割と最多を占める ユーザー企業は経営やビジネス視点を取り入れ、形骸化しない人事戦略と組織作りを検討し、ITサプライヤーはクラウドソリューションで次世代の企業の取り組みを支援すべきである IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京...

人材採用の国際動向について

...とめたニュースレター「INTERNATIONAL HR」を発行しました。JAC Recruitment Group NEWS LETTER : INTERNATIONAL HR 【国際人事】についてINTERNATIONAL HR 【国際人事】は、世界9ヶ国・地域で人材紹介事業を展開しているJAC Recruitment Groupがお届けする、人材採用の国際動向に特化した季刊ニュースレターです。大手から中小まで日系企業が国境を越えて展開している人材戦略の今を、当グループが入手した最新求人を通してお伝えします。特に...

PwCによるレポートです。

アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査

...アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査‐グローバル化に苦しむ日本企業が今後どのような人材戦略をとるべきか、まずはアジアにおける現状を知る‐PwCでは、タレントマネジメントに関する最新動向調査を、世界各地域で実施しており、本レポートは、そのアジア地域版となります。本調査によれば、調査に参加した約50%のCEOが、アジア地域の今後3年間の業績拡大の見通しについて、肯定的な意見を示している一方で、少子化問題に起因する労働力不足、優秀...

第19回世界CEO意識調査 日本分析版

...ークホルダーとの対話における改善領域として、「事業戦略」を挙げた。 48%の日本のCEOは、人材戦略において「企業風土と行動原理の改革」を図っている テクノロジー、イノベーション、人材戦略を結びつける「テクノロジーの進歩」が、幅広いステークホルダーの期待を変える影響力が最も高いグローバルメガトレンドと考える日本のCEOは75%(世界77%)で、2年前の調査から10ポイント上昇。日本のCEOの47%(世界55%)は「イノベーションの影響と価値」についての計測およびステークホルダーとの対話を強化すべきと回答。 CEOイン...

2013年6月5日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

中国の雇用・労働についてのレポートです。

変わる中国市場

...京オリンピックにおける人材レガシーホスピタリティ産業の慢性的な人手不足を克服し、東京五輪で「おもてなし」を実現するための人材戦略について考える 研究プロジェクトTechnologyと2030年の「働く」テクノロジーによって働き方はどう変化するのか?米国の最新動向や推計データを踏まえ、新たなワークモデルを提示する 機関誌Works機関誌Works141正社員ゼロという選択...

2013年9月4日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状_月刊版2013年9月号

...京オリンピックにおける人材レガシーホスピタリティ産業の慢性的な人手不足を克服し、東京五輪で「おもてなし」を実現するための人材戦略について考える 研究プロジェクトTechnologyと2030年の「働く」テクノロジーによって働き方はどう変化するのか?米国の最新動向や推計データを踏まえ、新たなワークモデルを提示する 機関誌Works機関誌Works141正社員ゼロという選択...

2013年6月5日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状6月号

...京オリンピックにおける人材レガシーホスピタリティ産業の慢性的な人手不足を克服し、東京五輪で「おもてなし」を実現するための人材戦略について考える 研究プロジェクトTechnologyと2030年の「働く」テクノロジーによって働き方はどう変化するのか?米国の最新動向や推計データを踏まえ、新たなワークモデルを提示する 機関誌Works機関誌Works141正社員ゼロという選択...

2013年8月1日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状_月刊版2013年8月号

...結果中途採用実態調査(2016年上半期実績、2017年度見通し)2017年度の中途採用はさらに増加の見通し。採用難の状況が引き続き見られる 連載・コラム2020年東京オリンピックにおける人材レガシーホスピタリティ産業の慢性的な人手不足を克服し、東京五輪で「おもてなし」を実現するための人材戦略について考える 機関誌Works機関誌Works141正社員ゼロという選択...

2013年4月25日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

新卒採用の求人倍率です。

大卒求人倍率調査(2014年卒)

...結果中途採用実態調査(2016年上半期実績、2017年度見通し)2017年度の中途採用はさらに増加の見通し。採用難の状況が引き続き見られる 連載・コラム2020年東京オリンピックにおける人材レガシーホスピタリティ産業の慢性的な人手不足を克服し、東京五輪で「おもてなし」を実現するための人材戦略について考える 機関誌Works機関誌Works141正社員ゼロという選択...

2014年3月18日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成25年度「ダイバーシティ経営企業100選」

...創造のためのダイバーシティ経営に向けて」と、これに対応する各社の事例を紹介する「取り組みのアイデアリスト」を収録しています。是非、ご活用ください(下記URL参照)。 別紙:平成25年度ダイバーシティ経営企業100選受賞企業地域別一覧(業種、所 在地、受賞のポイント入り) 【参考】ダイバーシティ推進~グローバル化時代の人材戦略~(経済社会政策室 facebook アカウント) https://www.facebook.com/diversity.meti 経済産業政策局 経済社会政策室平成26年3月3日(月) 経済...

2014年3月4日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成25年度「なでしこ銘柄」

...京証券取引所のレポートをご覧ください。 【参考】経済産業省「女性の活躍」で企業を視る「なでしこ銘柄」 ■ダイバーシティ推進~グローバル化時代の人材戦略~(経済社会政策室 facebook アカウント) https://www.facebook.com/diversity.meti 経済産業政策局 経済社会政策室平成26年3月3日(月) 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511...

2014年11月18日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車産業についてのレポートです。

自動車産業戦略2014

...・人材戦略今後、グローバル市場において、コスト低減、車種の多様化、関連技術分野の拡大が求められる中で、自動車産業において、より戦略的な選択と集中や開発・生産体制の整備を行うとともに、産産・産学の連携による協調体制の強化を行う。○協調体制の強化(重点6分野を定め、協調領域を特定し、ロードマップを策定)○自動部素材産業との共存共栄(グローバルニッチトップ企業への支援、取引適正化の推進、競争法に係るコンプラ体制の強化) ④ バイク、バス、トラック・フォークリフト・運搬車両機器バイク、バス、トラック・フォ...

2014年5月22日アイ・キューフィードバック数:0キャリアとスキル

「転職しても活躍している人材の出身企業」ランキングTOP5

...を出すべき部分とそうでない部分をしたたかに分けている」が35.3%と、約2倍の回答率となりました。「この会社の出身者は転職しても活躍しそうだと感じている会社名(イメージ)」では、1位がリクルートホールディングス、2位日本アイ・ビー・エム、3位サイバーエージェント、4位グーグル、5位日本GE、アクセンチュアとなりました。前問では挙げられていなかった日本GE、グーグルなど、人材戦略で注目度の高い顔ぶれがランクインしました。※図2 活躍している人材の特徴【調査概要】調査対象 :全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者 ほか)調査期間 :2014...

人材不足についての調査です。

第10回人材不足に関する年次調査日本語版

...への影響人材不足が顧客ニーズ対応力に影響すると答えた企業の割合は、昨年(54%)と同水準であり、世界的に人材不足への対策にあまり変化がないことが裏付けられました。5社中1社以上が、人材不足への対応策をまだ実施していません。ManpowerGroup CEOのヨナス・プライジングは、「人材不足に対処する最初のステップは、事業戦略に合致した人材戦略を策定することです。旧来の採用施策・ワークフォース施策では結果を変えることはできません。新たな人材施策を活用し、未開拓の人材プールを模索する時が来たのです。企業は社内に学ぶ文化を育て、社員...

2014年6月27日NPO法人ETICフィードバック数:0キャリアとスキル

NPO・ソーシャルビジネスに関する20代・30代の就業意識調査

...や価値観)なのでしょうか。今回DRIVEでは、多くの方々の協力を得て、20代・30代の若者1,000名をを対象にWEBアンケートを実施しました。本稿では、調査のサマリ部分のみを公開しています。NPO法人/ソーシャルベンチャーの人材戦略や、担い手市場の拡大、そして今後の働き方を考える上での参考になれば幸いです。■ 調査概要 調査方法:インターネットによる調査 調査対象:全国の20代・30代の男女 (株式会社セレスが運営するポイントサイト・モッピーの登録会員を母集団とする) 対象者構成:男性20代 244名...

2009年7月6日アイルフィードバック数:0キャリアとスキル

大調査!みんなのハケン事情

...中小企業のシステム戦略・Web戦略・人材戦略を有機的に結合した、企業力アップの支援「CROSS-OVER シナジー」 アイル「派遣@ばる」 運営の株式会社アイル、派遣の仕事に関する調査『大調査!みんなのハケン事情』 を実施。「新しい派遣先で早く職場に慣れるためにしていること」は『確認とメモで仕事を早く覚える』&『笑顔と積極的なあいさつ』!でも『人間関係を観察し、空気を読む』!〜 新しい派遣先でスムーズなスタートを切るために心掛けているコツについて大調査 〜  求人求職マッチングサイト「派遣...

2009年10月13日アイルフィードバック数:0キャリアとスキル

派遣の仕事に関する調査

...中小企業のシステム戦略・Web戦略・人材戦略を有機的に結合した、企業力アップの支援「CROSS-OVER シナジー」 アイル「派遣@ばる」 運営の株式会社アイル、派遣の仕事に関する調査『大調査!みんなのハケン事情 〜スキルアップのための勉強や資格取得について〜 』を実施。厳しい市況下、現在スキルアップに取り組んでいる、または興味があるという人は98%。― 「仕事に役立った資格」は簿記、TOEIC、英検、MOS・MOUS、ホームヘルパーなど。『資格を持っていたから、仕事の紹介につながった』とい...

2015年3月12日JETRO★★フィードバック数:0ビジネス

JETROのレポートです。

2014年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査

...%)、インドネシア(21.2%)で高く、「労働力の不足・人材採用難」と回答する企業もタイ(18.6%)と中国(14.4%)で相対的に多いなど、中国、タイで労務関係の課題を認識する企業が多い。また、「インフラが未整備」は、ミャンマー(53.9%)、カンボジア(44.9%)、インド(44.8%)などで課題として認識する企業が多い他、ロシアでは、「為替リスクが高い」と回答する企業の比率が増加。7.留学生の採用は大企業が6割を超える一方、中小企業は4割強に留まる海外ビジネス拡大に向けた人材戦略について、「現在...

外資系企業の日本人管理職に対する意識調査

...方法:インターネットによるアンケート■調査対象:エンワールド・ジャパンの外資系企業顧客 183社■調査期間:2015年5月13日 ~ 2015年5月22日▼エンワールドについてアジア太平洋地域7カ国を拠点に、スペシャリスト・管理職のリクルーティングサービスを提供。また、海外拠点との連携によりクロスボーダーリクルートメントでグローバル企業の人材戦略サポートも実施しています。▼エンワールド・ジャパン株式会社について外資系企業や、グローバルな視点を持つ日本企業を対象に、業界...

女性活用推進法施行~女性管理職はロールモデルか

...うスタンスに対して違和感を持っている人が多いことも示唆されました。若手女性社員は従来の管理職世代とは異なる働き方、成長の仕方を求めていると考えられ、女性活用のさらなる推進においては、若手女性社員の仕事観を加味した人材戦略・人材育成が必要と言えます。 【調査概要】Biz CAMPUS Basicの研修を受講する管理職(課長以上) および若手・中堅社員(係長以下) ※1 東京会場で開催の管理職向け研修および若手・中堅社員向け研修 1,461名(管理職:329名、若手・中堅社員:1,132名) Biz CAMPUS Basicについて Biz CAMPUS...

グローバルフィンテック調査2017 日本分析版

...査に回答した日本の金融機関の91%が今後3年から5年の内にフィンテック企業とのパートナーシップを拡大するとしている。今後は、外部組織とのパートナーシップや組織文化の変革を通じて、新しいテクノロジーを速やかに理解し、適用できる組織に強化するため、人材戦略の見直しも求められるだろう。 Q:現在、フィンテックにどの程度対応していますか?フィンテック企業とパートナーシップを結んでいると回答した企業の割合(フィンテック企業は回答対象外) 調査結果データを見る世界71カ国、1300社を超える金融機関・フィ...

CEO調査です。

第18回世界CEO意識調査 日本分析版

...バーシティ人材の活用や多様性といった面では、日本のCEOは世界全体、特に米国に比べて取り組みに遅れている面がみられました。ダイバーシティやインクルージョン(多様性の受容)を推進する戦略があると回答した日本のCEOの割合は53%と、世界全体の64%より低い水準にとどまっています。鍵となる優秀な人材の確保を含め、人材戦略の重要度をより一層高めていく必要があります。PwC Japan 日本代表の鈴木洋之パートナーは、次のようにコメントしています。「今年の調査結果の特徴として挙げられることは、グローバル競争を勝ち抜いていく上で、世界のCEOが『テク...

女性活躍推進のメカニズムを解明する調査 トーマツイノベーション

...約40都市に約9,400名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。トーマツ イノベーションは中堅中小企業を中心に人材育成・人材戦略に特化したコンサルティング会社です。公開型定額制ビジネス研修「Biz CAMPUS Basic」、モバイルラーニング・反転学習を取り入れた「モバイルナレッジ」、定額...

PwCのレポートです。

ミレニアル世代の女性: 新たな時代の人材 (The female millennial: A new era of talent)

...たる稼ぎ手となっている一方、3年以下では18%、4~8年では24%であることが調査から明らかになりました」さらに、「この調査結果は、女性が家庭をもつために退職するといったような、一部の誤った通説も払拭するものです。ミレニアル世代の女性が退職した一番の理由は家庭をもつためではなく、昇進の機会が与えられなかったことでした。企業は、この世代の女性がキャリアを歩みだす1日目から、その自信と意欲が生かされるようなインクルーシブ(受容的)な組織文化と人材戦略に取り組む必要があります」との見解を示しました。本報...

2014年9月2日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

「ダイバーシティとワークライフバランスの効果研究」研究会 成果発表

...平成25年度ダイバーシティ経営企業100選表彰式・なでしこ銘柄 発表会 シンポジウム 経済産業研究所(RIETI)「ダイバーシティとワークライフバランスの効果研究」研究会 成果発表 (議事概要)イベント概要日時:2014年3月3日(月)13:00-16:30 (受付開始 12:30)会場:イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)議事概要人材戦略としての「ダイバーシティ推進」の必要性が高まるなか、女性、外国人、高齢者、障がい者などを含め、多様な人材を活用して、イノ...

CEOの意識調査です。

第17回世界CEO意識調査

...術進歩を挙げました。次いで人口構造の変化(60%)、世界的な経済力のシフト(59%)が続いています。こうしたトレンドおよびそれ以外の課題に対応するための取り組みとしては、人材戦略の変更(93%)、顧客の拡大・維持戦略(91%)、技術投資(90%)、組織の構築/設計(89%)、データ利用と管理(88%)が挙がりました。半数以上のCEOは、事業計画対象期間を3年に設定していると回答していますが、この期間設定が理想的であると考えているのはわずか40%に過ぎません。政府への対応CEOが政...

2013年7月2日アイティメディアフィードバック数:1ビジネス

個人利用のクラウドストレージ、何%の人が有償サービスを利用?

...マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 「クラウド」関連の特集年を追うごとに増加するサーバ台数。それにともなって増大するシステムの管理・運用コストや担当者の作業負…クラウドへの期待と現実とのギャップが散見される昨今、競争優位構築のためのクラウド戦略とは何か?アナリ…企業に必要不可欠となっているメール。その利用方法においては、万が一の訴訟リスク対策や情報漏洩対策など… 「クラウド」関連のセミナー 【OSSの統合監視ツール「Zabbix」とは...

就職活動と動画についての調査です。

“就キャス”オープン記念アンケート調査

...数の学生が「インターネットの動画を使った就活が一般的になったら‘費用の確保’‘移動時間’が解決される」と回答。 約9割の学生が、「インターネット上で見る会社説明会動画」がもっと一般的になったらいいと回答。———————————————————————中堅中小企業の経営・人材戦略をサポートする株式会社カケハシ スカイソリューションズ(本社:東京都新宿区/代表取締役:中川智尚)は、インターネットと映像を活用した新しい就活の仕組みとして、会社説明会から一次選考までをオンラインで実現する就職情報WEBサイト「就キ...

2017年7月5日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年グローバル人材動向調査(GLOBAL TALENT TRENDS STUDY)

...ネスモデルがテクノロジーや社会における人口構成の急速な変化によって再定義を迫られる中、企業は革新的な変化に直面してもなお、人材戦略において発展的なアプローチを採用している。2017年マーサーグローバル人材動向調査(Mercer Global Talent Trends Study)によると、日本企業の大多数(88%)が「今後2年間で組織の再設計を計画している」と報告しているものの、調査に参加した経営陣全てが、自社が"変化への機敏性"を備えていると認識していなかった。 「デジタル化、ロボット工学、AIが従来のビジネスモデルに大きな影響をもたらしつつある時代に、経営陣は、組織...

2014年9月8日Aonフィードバック数:0キャリアとスキル

グローバルにおける社員のエンゲージメントに関する調査

...ての国において常に上位に位置づけられる。社員の41%が、現在所属している会社からは十分な昇進の機会が与えられていないと考えている。調査結果から、APACにおいてはY世代(ジェネレーションY)を中心に社員エンゲージメントを改善させるためにはいくつかの重要な要因があることが明らかになっている。柔軟かつ明確に定義されたキャリアパスや昇進、異動などの機会を提供している会社は、それ以外の会社と比較して社員のエンゲージメント・レベルが高い。 人材戦略を構築するにあたり、ビジ...

Smarter incentives:‐報酬規制の変化を強みに変える‐

...い合わせはじめに「Smarter incentives: 報酬規制の変化を強みに変える」をご紹介します。先に発行した報告書、「Seizing back the people1agenda」では、組織において人材戦略をいかにして競争優位性に結びつけるかを説明しました。本報告書では、報酬やインセンティブに関して、より持続可能で戦略的に一貫性を保つための方法に焦点を当て、前報告書のテーマをさらに深掘りしています。 報酬規制はより多くの人材を対象にできるよう厳格化・細分化されるため、多くの国が加盟しているEUと他...

2014年2月20日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

歴史的ターニングポイントとしての2014年春闘の課題

...スアップの対象となる従業員は大幅に減少し、春闘賃上げ率と所定内給与が連動しなくなっているのである。こうした賃金構造の変化を念頭に置けば、まずは非正規も含めた全従業員の基本給ファンドをターゲットとすべきであり、その一人当たり平均伸び率(=所定内給与伸び率)を中期的に見た生産性上昇率に連動させることが望ましい。そのうえで、個社の事情を勘案しながら、正規・非正規間の格差是正、賃金カーブの歪みの是正、人材戦略に応じた特定層への重点配分といった観点から、このファンド増加分の個々の労働者への配分を決めることが妥当であろう。ちなみに、この...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ