「IT企業IT技術」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年5月6日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度)

...山:商業「守り」において生き残る戦略として、「見える化」をいよいよスタートしました。常にジョブ当たりの業務コストを把握して、継続的な削減を意識する仕組み作りをテーマとしています。 言葉だけでは伝わりにくい情報を視覚化する手法、インフォグラフィックスの需要が近年高まっている。 印... 「印刷会社の経営動向を業績・戦略・設備の面から総合的に調査する『JAGAT印刷産業経営動向調査201... 都内中小企業8社のテーマ発表、デザイナーからのデザイン提案募集開始 ものづくり企業の「技術」と「素材...

2016年11月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年1-10月「労働者派遣業」の倒産状況

...に追い込まれる小規模事業者が多いことを示した。労働者派遣業は派遣先(企業)の技術や業務内容など、派遣先との緊密な関係が優先される。一旦、失った営業窓口の挽回は難しく、挽回には時給切り下げが必要なケースも多く、業績不振に陥った企業の再建は極めて難しいようだ。 資本金別では、1千万円以上5千万円未満が24件(前年同期比7.6%減、構成比44.4%)、1百万円以上5百万円未満が16件(同14.2%増、同29.6%)と続き、1億円以上は発生がなかった(前年同期1件)。1千万円未満は27件(前年同期比17.3%増、前年同期23件)と半数(構成比50.0...

2012年4月24日AT&Tフィードバック数:0企業情報システム

日本企業の「事業継続」に関する調査

...支障をきたしたり、中断させる恐れのある想定外の事態への対策を検討している企業が増加していること が明らかになりました。調査に回答した日本企業の72%が、2012年のIT戦略における優先課題として「事業継続」を挙げています。こ うした緊急時への対策は仮定の話ではありません。回答企業の半数以上(52%)が、IT関連の障害、事業所の 停電、情報漏えいなど仮想領域での問題といったさまざまな危機に対して、企業は独自の事業継続計画によ って対処しなければならなかったことがあると回答しています。日本企業は、技術の向上とIT予算...

2014年2月27日楽天リサーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

人事側の調査です。

人事担当者に聞く、2015年新卒採用に関する調査

...の調査では、実施している企業は3割程度だったため、昨年と比較するとやや増加の傾向が見られた。「実施している」回答者に、そのインターンシップへの応募状況を聞いたところ、「例年と変わらない(39.7%)」が最も多かった。 ◇インターンシップの実施について(n=774)単位:% ◇インターンシップの応募状況について(n=282)単位:% 外国人学生は、昨年に引き続き今年も採用しないが半数以上。採用実施企業は「技術・開発・設計系」での採用を検討が多数。外国人の学生の採用について実施の有無を聞いたところ「これ...

総有効特許件数ランキング

...経済統計データバンクは、約6,500社に及ぶ企業の特許情報と経営・財務情報をもとに算出した特許・経済指標群(182項目)や、企業・業種・技術分野別に編集した統計データを、インターネット上でダウンロードできるサービスです。豊富な統計データの中から必要なコンテンツを24時間365日、いつでも入手いただけます。▼詳細はこちらを参照:■IPB特許経済統計データバンク ご提供コンテンツの例1) 企業別統計企業の特許情報と経営・財務情報にもとづいて、182項目の特許・経済指標を集計。出願・登録件数、請求項数推移のほか、審査...

2014年4月29日大阪府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業における情報開示と知的資産の認識・活用に関する調査報告書

...的資産の戦略的活用に関する意識調査1.回答企業の概要回答企業は比較的業暦のある、規模の大きい企業。第2章知的資産の戦略的活用に関する意識調査2.戦略・経営上の課題回答企業は「技術・ノウハウによる競争優位性確立」「品質による競争優位性確立」「収益性」「財務健全性」を重視した戦略を策定する一方、「同業者との競争激化」「需要低迷」「原材料価格の上昇」「従業員の確保難」を課題として挙げた。第2章知的資産の戦略的活用に関する意識調査3.知的資産に関する認識、活用および開示の実態第2章知的資産の戦略的活用に関する意識調査3.知的...

2017年10月3日Capgeminiフィードバック数:0企業情報システム

Turning AI into concrete value: the successful implementers’ toolkit

...をビジネス機会で活かせずにいることも今回の調査で明らかになりました。企業は、技術者の管理の下、課題の多い困難なAIプロジェクトを優先して行い、下に位置する簡単で実り多い課題や容易に解決できる問題を見失っています。調査に回答した企業の半数以上(58%)が「Need to do」(やるべきこと)を実施する、あるいはカスタマーサービスのように複雑性/利益性の高いプロジェクトを実施することにフォーカスしています。その一方で、「Must to do」(やらなくてはならないこと)であり、複雑性は低いのに利益性の高いAIの実装については、46%しか展開していませんでした。もし...

世界経済の新潮流となった"走出去”(中国の対外展開)の現状とその行方 報告書

... き な ODI の 目 的 に な っ て い る 。な お 、 投 資 主 体 と し て は 、 2006 年 に は 国 有 企 業 が 投 資 残 高 の 81%を 占 め 、私 営 企 業 が 1%を 占 め て い た に 過 ぎ な い が 、2012 年 に は そ れ ぞ れ 46.6%、2.9%となり、私営企業の割合が増えてきている。私営企業が、技術修得を目的とした ODI を 行 い 、こ れ に よ っ て 国 内 産 業 構 造 を 変 え る と い う 効 果 を...

2014年3月27日中小企業庁★フィードバック数:0ビジネス

中小企業の実態です。

平成25年中小企業実態基本調査(平成24年度決算実績)の結果(速報)

...の成果その他の知識を具体化することに伴う費用。 なお、この調査では自然科学のみでなく、人文・社会科学の研究についても調査の対象とする。ただし、製造現場で行われている品質管理活動やクレーム処理のための活動、または、探査・掘削などの鉱物資源の開発に特有の活動は、研究開発に含まない。中小企業技術基盤強化税制 中小企業者等が支出した試験研究費の12%に相当する額の税額控除(当期の法人税額の20%を限度とする)が認められる制度。特許権 発明を独占的に利用し得る権利であり、特許法による登録をしたもの。実用新案権 物品の形状、構造、組合せの考案であって、実用...

2013年6月20日中小企業庁★★フィードバック数:17社会/政治

中小企業についてのまとまった調査です。

平成24年中小企業実態基本調査(平成23年度決算実績)の結果(確報)

...・掘削などの鉱物資源の開発に特有の活動は、研究開発に含まない。中小企業技術基盤強化税制 中小企業者等が支出した試験研究費の12%に相当する額の税額控除(当期の法人税額の20%を限度とする)が認められる制度。特許権 発明を独占的に利用し得る権利であり、特許法による登録をしたもの。実用新案権 物品の形状、構造、組合せの考案であって、実用新案法に従って登録したもの。意匠権 物品の形状、模様、色彩についての美徳をおこさせるデザインであって、意匠法に従って登録したもの。商標権 自社の取り扱う商品・サー...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ