「IT投資増加」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

中国保険市場の最新動向(10)理財関連商品への投資増加・・・の裏にあるもの

...中国保険市場の最新動向(10)理財関連商品への投資増加・・・の裏にあるもの | ニッセイ基礎研究所 中国保険市場の最新動向(10)理財関連商品への投資増加・・・の裏にあるもの 保険研究部 准主任研究員 片山 ゆき基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の保険会社による理財関連商品へ投資が短期間で大幅に増加している。保監会の調査結果によると、2014年6月末...

2013年5月17日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年3月機械受注

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月機械受注製造業の増加見通しは設備投資増加の兆しか? ◆2013年3月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+14.2%と2ヶ月連続のプラスとなり、市場コンセンサス(同+3.5%)を大幅に上回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比+13.3%と2ヶ月連続の増加、非製造業(船舶・電力を除く)は前月比+14.3%と2ヶ月連続の増加となった。加工...

2013年4月27日電力中央研究所フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

電中研 短期マクロ計量経済モデル 2012-財政乗数の変化と震災後の節電量の推定-

...的な金融混乱など様々な外生的ショックは日本経済に構造変化を生じさせた可能性がある.このため,直近の変化を可能な限り織り込むべく,電中研短期マクロ計量経済モデル(モデル 2012)の再推定を実施し,予測や分析に耐えうるモデルを開発する必要がある.本稿では,新モデルの予測精度や各種シミュレーション結果を紹介するとともに,林田・門多(2006)による旧モデルと比較して公共投資増加の経済効果は変化したか,東日本大震災後の「節電等による電力需要減少」はどの程度生じたかを分析した.得られた成果は以下の通りである.(1)公共投資増加の経済効果(実質 GDP 乖離率)は,旧モデルの 0.22...

2013年1月24日大和総研フィードバック数:1社会/政治

直接投資が増加するタイ、先行きも続く?

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 直接投資が増加するタイ、先行きも続く?ASEAN主要国の対内直接投資の動向 ◆良好な経済ファンダメンタルズ、低賃金等を要因とした有望な生産基地、今後の有望な消費市場として、ASEANへの直接投資が注目されている。とりわけ、日本企業は政治的な問題を背景とした中国への集中投資に対するリスクから「中国(チャイナ)+1」の候補地として大いに注目している。◆現状、日本からの投資増加の主な要因として、タイ、フィ...

2013年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

地方政府目標から炙り出す中国経済の問題点

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方政府目標から炙り出す中国経済の問題点投資偏重とユニット・レーバー・コストの上昇 ◆地方政府の2013年の主要経済目標をみると、成長率目標は2012年の目標より下げられたところが多いが、それでも中部と西部は固定資産投資を牽引役に10%以上の高成長を目指している。2013年の固定資産投資増加率目標を2012年から引き上げた地方が散見されるのは、要注意である。習近平・李克...

2014年5月30日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2013年末の本邦対外資産負債残高

...日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2013年末の本邦対外資産負債残高2014年5月30日日本銀行国際局要旨1. 2013年末の本邦対外資産負債残高対外資産は、前年末比円安になったことによる円建評価額の上昇に加え、対外投資の増加から、増加した。一方、対外負債は、本邦株価上昇や外国人投資家の投資増加から、増加した。対外純資産は、対外資産の増加幅が対外負債の増加幅を上回ったことから増加した(2012年末296.3兆円→2013年末325.0兆円)。対外...

2014年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/11/20~12/16発表統計分)

...環境に関しては回復ペースが鈍化していることが確認された。実質消費支出は季節調整済み前月比+0.9%と上昇した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)も同+1.3%と増加した。完全失業率(季節調整値)は前月から0.1%pt低下し、3.5%となった。有効求人倍率(季節調整値)は前月から0.01pt上昇し、1.10倍であった。◆足下で設備投資増加への地合いが整いつつある。設備投資の先行指標である機械受注は均せば持ち直しの動きを続けており、先行きの設備投資の増加を示唆する材料となっている。また、12月15日に...

2014年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長率鈍化は一時的

...マケアや暖房需要など特殊要因による押し上げとみられる部分もあるため割り引いてみる必要があるが、雇用・所得環境の緩やかな改善や資産価格の上昇が続いており、消費の下地は強い。今後も個人消費の拡大が続くことを見込む。◆住宅投資は住宅販売の鈍化による販売手数料の減少によってマイナス成長になったが、住宅建設はむしろ増加しており、住宅建設の増加、販売の鈍化により在庫不足は解消に向かっている。天候の回復とともに住宅販売は再び増加するだろう。◆企業部門では設備投資が減少に転じたが、企業の生産活動は過去最高に達しており、稼働率も上昇が続いている。海外経済が改善傾向にあることも設備投資増加...

2015年12月18日JEITAフィードバック数:0社会/政治

電子情報産業の世界生産見通し2015

...ドや東南アジア等での消費拡大やインフラ整備、日本でも消費拡大と企業増益による設備投資増加による成長が見込める。電子情報産業では、CPS/IoT社会に向けた、スマートフォン等のインターネットに繋がる機器の拡大を見込む。また自動車のIT化の進展は電子部品や半導体の搭載数増加に繋がる。さらに、CPS/IoT社会の到来を見据え、様々な分野での新しい価値を創造するための取組みが進展しITソリューション・サービスの需要が拡大することから、2016年の電子情報産業の世界生産額は対前年3%増と5年連続のプラス成長を見通した。 2. 日系...

2013年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(4/17~5/20発表統計分)

...に関しても堅調な推移が続くと見込んでいる。◆6月3日に発表される1-3月期法人企業統計では、企業収益の動向に注目している。国内景気が拡大しつつあるなかでも、1-3月期のGDP1次速報では設備投資は前期比▲0.7%と5四半期連続のマイナスとなった。しかし、キャッシュフローを潤沢に抱える企業が将来の売り上げ増加を見込めば、いずれは設備投資の動きも活発化するだろう。設備投資増加の第一条件として、企業収益が堅調に改善していることを確認したい。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポ...

2012年12月7日MM総研フィードバック数:6企業情報システム

2012年度上半期 国内PCサーバー出荷概況

...に特需として発生した東日本大震災後の節電・事業継続対策用のサーバー投資の反動により台数減となった。一方出荷金額は情報通信業の設備投資増加、また仮想化基盤向けの製品の拡大により単価が上昇し、同2.7%増の1,100億円と3上半期連続のプラス成長となった。台数シェアは11年度上半期に続き、NECが首位となった。情報通信業向けの大型案件の継続が寄与した。日本HPは半期ではシェアが伸び悩んだものの、第1四半期(4~6月)では首位となるなど堅調。3位の富士通もシェアを守り、上位3社のシェア争いが続いている。企業...

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年の日本経済見通し

...学的リスクを背景とする原油価格の高騰、の4点に留意が必要となろう。◆「経済の好循環」は本当に起きるのか?:今回のレポートでは、今後、わが国で政府が目指す「経済の好循環」が本当に起きるか否か、という点について検証した。第一に、「賃上げ」による好循環という面では、賃上げは「非製造業」などに好影響を及ぼす。特に、定期給与の増加は耐久財を中心に個人消費を活性化させる。ただし、好循環が継続するためには、「賃上げ分を販売価格に転嫁できるか否か」という点がカギとなる。第二に、「設備投資増加」による好循環という面で、設備投資減税には一定の「呼び...

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:「無理」をした成長率維持へ

...フラ、環境保護、戦略的新興産業などの投資増加により、景気はある程度下支えされようが、明確な回復感には乏しい状況が続くと想定している。◆従来、大和総研は、中国が債務の急膨張を抑制し、構造改革を推進するという期待を込めて成長率目標を7.0%と仮定し、2014年の実質GDP成長率見通しを7.2%と予測した。しかし、残念ながら2014年の成長率目標は引き続き7.5%となった。これを受けて大和総研による2014年の成長率見通しを7.5%に引き上げる。引き続き、投資にやや無理をさせた成長を想定し、固定...

2013年6月25日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済と電気需要についての予測です。

2013・2014年度短期経済・電力需要予測(2013年6月)

...事業の広範な活動と社会との関わりを分析する研究活動の一つとして、今後も継続的に我が国経済の短期予測に取り組んでまいります。今回、当研究所で行った短期予測と分析の概要は下記の通りです。経済標準予測実質GDP:2012年度は前年度比1.2%増 ⇒ 2013年度は同2.6%増へ成長が加速 ⇒ 2014年度は同0.5%増と伸びが鈍化一方で、駆け込み需要・公共投資増加の反動減 ●財政金融政策効果を持続的に展開するためには、企業行動を活発化させるための仕掛けが必要であり、成長戦略に盛り込まれている法人課税の軽減など国内投資を促す政策対応が早期に望まれます。電力...

2014年5月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小企業の業況(2014年5月) ~増税の反動は一服、景況感は持ち直しか~

...には底を打つことが期待され、6月には持ち直しの動きが見えてくるだろう。そうした中、米経済の回復を背景にした輸出の加速や企業の設備投資増加が見込まれ、景気の持ち直しが期待される。また、アジア通貨危機や国内金融システム不安に見舞われた前回増税時と比べ、中小企業を取り巻く環境(資金繰りなど)は、今次局面の方が格段に良い点も重要だろう。倒産件数も 97 年当時に比べ減少傾向にある。このような背景を踏まえ、規模の大小を問わず企業の業況は改善に向かうと予想する。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資...

2013年9月20日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日銀短観予測シリーズ No.6】日銀短観(9月調査)予測

...方修正)といずれも上方修正を予想。製造業では、2013年初から   の生産、輸出の増加基調に加え、米国経済を中心とした海外経済の先行きの回復期待により設備   投資マインドが改善。一方、非製造業では、通信業での高速通信エリア拡大向けの投資や、建設   業における建機向け投資が設備投資増加に寄与する見込み。もっとも、設備投資額でみればリー   マン・ショック前の7割程度にとどまっており、企業の設備投資に対する慎重な姿勢は依然とし   て、根強く残っている状況。(図表3)設備投資計画(土地...

2013年10月20日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

ノークリサーチのレポートです。

Quarterly Report 2013年 秋版

...他の年商帯と比べて多く、広い裾野の消費がまだ好転していない状況といえる。IT投資減少の理由では「物価や金利の上昇に備えて投資は控えておきたい」が他の年商帯と比べて多い。多少の収益を得たとしても今後の経済環境変化に備えておきたいと考えている状況といえる。年商5億円以上~50億円未満:経常利益DIは11.5ポイントと大幅な改善、IT投資DIも2.5ポイントの改善となった。経常利益改善の理由としては多くの事柄が挙げられているが、他の年商帯と比べると「消費増税を見越した駆け込み需要がある」が多く挙げられている。IT投資増加...

2013年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第179回日本経済予測

...当に起きるのだろうか?第一に、「賃上げ」による好循環という面では、賃上げは「非製造業」などに好影響を及ぼす。特に、定期給与の増加は耐久財を中心に個人消費を活性化させる。ただし、好循環が継続するためには、「賃上げ分を販売価格に転嫁できるか否か」という点がカギとなる。第二に、「設備投資増加」による好循環という面で、設備投資減税には一定の「呼び水効果」が期待される。しかし、わが国では設備稼働率が低迷していることを勘案すると、設備投資の回復力は総じて脆弱なものにとどまるだろう。近年、設備...

2014年10-12月期のICT経済、プラス成長が鮮明に

...伴う企業改革が進展すると仮定すれば、ICT投資増加額は1.95倍となり、実質GDPを0.08%ポイント押し上げるとの結果が得られた。 注1:原数値の対前年同月比での分析を補うため今回よりの季節調整値を参考値として掲載することとした。ここで使用した季節調整方法はX-12ARIMAのX-11デフォルトである。統計ソフトはEViews(Ver. 7.2)を用いた。 図表等入りの配布資料 目次ICT経済概況と見通し2014年10-12月期のポイント2014年10-12月期の動向(項目別)ICT経済総合ICT財ICT在庫ICTサービスICT設備...

2012年4月24日AT&Tフィードバック数:0企業情報システム

日本企業の「事業継続」に関する調査

...AT&T、日本企業の「事業継続」に関する調査を実施 日本企業の「事業継続」への意識向上と「最新テクノロジー」への投資増加が合致する結果に【2012年4月18日 東京発】 AT&Tは、東日本大震災から1年が経過した節目に、東京に拠点を持つ企業を対 象に事業継続計画(BCP: Business Continuity Plan)に関するアンケート調査を実施しました。AT&Tは、世界 各地において事業継続計画に関するアンケート調査を継続的に行っています。今回の調査によると、事業活 動に...

2013年12月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第179回日本経済予測(改訂版)

...前倒しで賃上げを実施するべきだろう。「経済の好循環」は本当に起きるのか?:今後、わが国では、政府が目指す「経済の好循環」が本当に起きるのだろうか?第一に、「賃上げ」による好循環という面では、賃上げは「非製造業」などに好影響を及ぼす。特に、定期給与の増加は耐久財を中心に個人消費を活性化させる。ただし、好循環が継続するためには、「賃上げ分を販売価格に転嫁できるか否か」という点がカギとなる。第二に、「設備投資増加」による好循環という面で、設備投資減税には一定の「呼び水効果」が期待される。しかし、わが...

世界のM&A事情 ~台湾~

...業といったサービス産業の投資の増加が目を引く状況である。こうしたサービス産業による投資増加は、日本市場の飽和や急増する中国大陸からの観光客(2007年にはゼロだった中国人観光客が2012年は258万人に急増。1位だった日本人観光客を抜き国別来台者数で首位)を取り込むメリットに加え、台湾をテストマーケティングの場として位置づけた投資の増加が要因となっており、この傾向は今後も継続するものと考えられる。 進む世代交代同族オーナー系企業が非常に多いといわれる台湾企業において、世代交代が進んできている。前出のとおり、日本企業における台湾投資は1980年代...

2015年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

政府・日銀の良い距離感

...)外需(右)17001400900四半期ベースで増加する。設備投資増加シナリオをサポートする内容だろう。なお、資本財輸出の先行指標となる「外需」は+8.0%と2ヶ月連続で増加した。1100800800700コア5006000809 Reutersにより作成101112 3ヶ月平均1314(備考)Thomson本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その...

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(2013年10月) ~景況感は高水準で推移している~

...に、「ボーナス商戦に向けて、販売金額は増加していくと予測している(南関東=家電量販店)」、「取引量が増えている顧問先が多く、設備投資も増えてきている(東海=会計事務所)」など今冬のボーナス増加や、企業の設備投資増加に対する期待も複数みられた。その一方、「アベノミクスやオリンピックの東京招致による経済効果は、円安とともに外需関連の大企業には波及しているものの、内需中心の中小企業が圧倒的多数を占める関西以西には波及していないように感じる(近畿=新聞社[求人広告])」など、景気...

2013年9月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率+3.7%へ大幅上方修正か~

...最終消費支出民間住宅民間企業設備民間在庫品増加(寄与度)政府最終消費支出公的固定資本形成財貨・サービスの輸出財貨・サービスの輸入名目GDP(前期比年率)(%)0.93.70.8▲ 0.20.9▲ 0.10.82.53.01.50.62.60.8▲ 0.2▲ 0.1▲ 0.30.81.83.01.51.04.00.72.9※断りの無い場合、前期比(%)(出所)内閣府「国民経済計算」、第一生命経済研究所設備投資は上方修正が予想される。本日公表された法人企業統計では、名目設備投資が季節調整済み前期比+2.9%の増加となった。特に非製造業の投資増加...

2015~2018年度経済見通し

...経済は緩やかな回復が続く本予測では2015年10月に公表された国際通貨基金(IMF)の世界経済見通し(World Economic Outlook)を予測の前提とした。予測期間における世界経済成長率は2015年が3.1%、2016年が3.6%、2017年が3.8%、2018年が3.9%となり、海外経済は緩やかな回復が続く。 ※1 モデルの詳細は、以下の2つの文献を参照されたい。飯塚信夫、篠﨑彰彦、久保田茂裕(2013) 「マクロ計量モデルによるICT投資増加のシミュレーションと乗数効果の計測」InfoCom REVIEW Vol.60...

利上げ時期に注目集まる米国市場

...的理由によるパートタイム就業者数は 685 万人と、依然高水準なが5 月(1.6%)以来の高い伸びとなった。らも 5 ヶ月連続で減少するなど、雇用者自動車・同部品が 5.1%と 5 ヶ月ぶりに数の増加ペースが加速している。ただし、増加するなど、製造業の伸びが加速した時間当り平均賃金は前年比 2.2%にとどほか、公益事業(電気・ガス)が増加にまり、この 1 年半程度は伸び悩み状態が転じ、鉱業もマイナス幅を縮小した。ま続いている。た、設備稼働率も 79.3%と前月(78.9%)から上昇し、今後の設備投資増加につな個人消費は、11 月の...

2014年5月9日三菱UFJ信託銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の設備投資についてのレポートです。

国内設備投資の展望

...=100)1061041021009896949290(実質実効為替レート、2010年=100)110105100959085807570輸出物価指数65実質実効為替レート601 4 7 10 1 4 7 10 1 4 7 10 1 4 7 10 1 4 7 10 1 4 7 10 1 4 7 10 1 4 7 10 1 4 7 10 1 (月)05060708091011121314(年)出所:日本銀行「企業物価指数」「実効為替レート」より作成(輸出物価指数は契約通貨ベース)図表 16:設備投資増加...

2014年5月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

直接投資受入国から投資国へ転換するタイ、マレーシア

...域内の物流インフラ整備の進展が投資増加に作用すると見込まれる。ただし、①タイ、マレーシアに現地法人を有する国際競争力の高い多国籍企業の多くは、本社所在国から投資を行うと見込まれること、②相対的に国際競争力の低い地場企業は、初期コストの高い直接投資よりも輸出を通じて国際化を進めると見込まれること、などから、非製造業と比べると直接投資の増勢は緩やかなものになろう。また、マレーシアでは、ASEAN後発国との地理的な距離が国際分業の制約要因としても作用する結果、タイ...

2014年3月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度エネルギー環境総合戦略調査(エネルギー政策に資する技術の導入等に関する調査研究)業務報告書

...-1対象設備の導入の有無○Q 3-2累積導入量○各対象設備新規導入量○の導入実績導入費用○Q 3-3減税相当額○Q 3-4投資増加率○Q 4-1導入予定の有無○Q 4-2導入予定量設備投資や減税措置の利用状況各対象設備の導入計画投資予定額○Q 4-3投資増加率○Q 5-1導入予定の有無○導入予定量導入計画投資予定額○Q 5-3投資増加率○Q 6-1投資意欲Q 6-2利用への障害Q 6-3税制の改善点Q 6-4他制度の利用状況○○○○措置へのニーズ○○そ の 他 設 備 の Q 5-2今後...

2014年2月2日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

DBJのレポートです。

製造業・非製造業両輪で国内外の設備投資を促進

...今月のトピックス No.204-1(2014年1月23日)製造業・非製造業両輪で国内外の設備投資を促進1.国内設備投資(1)- リーマンショック前は製造業が牽引 -・日本では足下景気回復が続いており、設備投資も持ち直している。本稿では、設備投資を取り巻く環境の変化をおさえ、当行が2013年6月に実施した「設備投資計画調査」の結果も踏まえながら、今後の成長や設備投資増加に向けた視点について考察する。・2000年代の設備投資(実質GDPベース)を日本と米国で比較すると、リー...

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2016

...界生産額は203兆312億円(同11%減)とマイナスを見込んだ。2017年の世界経済は、ユーロ圏での減速や新興国での成長鈍化など懸念材料が一部にはあるものの、米国では企業業績回復、雇用環境改善により成長持続、インドや東南アジア等でのインフラ整備や消費拡大、日本でも大型景気対策による消費拡大や企業の設備投資増加により成長は維持する見込み。電子情報産業では、スマートフォンをはじめとするインターネットに繋がる機器の高機能化を見込む。また安全安心ニーズから自動運転支援技術を搭載した自動車の需要拡大・電装...

2017年6月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 販社/SIerのクラウド拡販に向けた取り組み実態に関する調査

...が活発な既存顧客」または「新規に獲得した顧客」を指すが、クラウド活用に積極的なユーザ企業についてはIT投資が増加する場合だけでなく、減少する場合も「主要顧客」となる可能性があることになる。上記のグラフが示すように、こうした「主要顧客」ではSaaS活用割合が高い。その結果、前頁で述べた差異が生じていると考えられる。いずれにしても、販社/SIerにとってはクラウド活用に積極的なユーザ企業が「主要顧客」という観点で重要な訴求対象になっていくと予想される。クラウド活用状況とIT投資増減から見たユーザ企業の分類IT投資増加...

2014年8月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強い連結 ~「失われた6年」ではなかった~

...総額の増加を安定させる、などの効果をもたらしている。日本の所得収支黒字を通じて、経常赤字回避に寄与している部分もある。グループ企業の業績が伸びる企業業績は、消費税増税を受けた 4~6 月期の収益も好調さを維持している模様だ。企業にとって、消費税増税の反動減を織り込んでも、業績見通しが上方修正されるのならば、それは心強い。企業収益が増えさえすれば、自律的景気拡大のメカニズムによって、来期以降の雇用拡大・賃金上昇、そして設備投資増加を予想されるからだ。企業収益を考える上で重要なのは、国内要因ばかりではなく、海外...

2015年6月29日みずほ総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造業についてのレポートです。

製造業の国内回帰シリーズ(1)~円安によって国内回帰は進むか?~

...)実稼働率ベース(稼働率指数に基準年(2010年)の実稼働率(76.7%)をかけて計算)。(資料)経済産業省「鉱工業指数」より、みずほ総合研究所作成23.今後も海外投資増加のトレンドは変わらず。国内での新規産業創造が重要以上のように、現時点では工場新設を伴う国内回帰は、個別企業の事例としてはみられるものの、マクロ的には生じていないといえる。ただし、日米の金融政策の方向性(日本は金融緩和を続ける一方、米国は緩やかに利上げを進める予定)を踏まえれば、今後も円安基調が続く可能性は高い。円安...

2014年1月17日内閣府★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

内閣府のレポートです。

先行指標から見た設備投資

...店舗の出店動向について確認する 13。届出面積を見ると、工期が比較的短いと考えられるホームセンターが 2012 年に増加しており、2012 年から 2013 年にかけて構築物投資の増加に寄与したと考えられる(図 10)。また、2013 年は総合スーパーが店舗面積の増加に大きく寄与している。店舗面積に占める寄与の高さから推察すると、これらの総合スーパーは工期が長い大規模店舗と考えられることから、2014 年以降の構築物投資増加への寄与が期待できる。総合スーパーの出店が増加している要因としては、①高齢...

2013年3月15日内閣府フィードバック数:2社会/政治

国際比較からみた設備投資の動向

...水準はリーマンショック以前まで至っていない。イギリスにおいても、建設業や鉱業等一部業種の投資増加を背景に緩やかな持ち直しとなっているものの、アメリカ同様に、その水準はリーマンショック以前よりも低くなっている。ユーロ圏では、南欧諸国を中心とした欧州政府債務問題による需要減退や信用収縮等を背景に、足下まで弱い動きが続いている。ユーロ圏の中でも、ドイツでは回復が急速に進展しているが、この背景にはギリシャ財政危機顕在化以降に進んだユーロ安や大型の景気刺激策を実施した中国などアジア新興国の需要を取り込む形で輸出が顕著に増加したこと等が考えられる。ただ...

2015年5月31日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年5月号

...まで継続していると判断している。基本的には、円安の進行によっの積極的な投資増加の動きが一段落し、海外需要の増加に合わせて、日本からの輸出が増加しやすて日本の製造企業による海外での積極的な投資増加の動きが一段落し、海外需要の増加に合わせて、日本からの輸出が増加しやすい環境となってきたことが、昨秋からの輸出増加の背景である。い環境となってきたことが、昨秋からの輸出増加の背景である。その一方で、自社の海外製造拠点かその一方で、自社の海外製造拠点からの輸入品を、国内生産で代替する企業も増え始めるなど、「国らの輸入品を、国内...

2010年12月28日ノークリサーチフィードバック数:4企業情報システム

2010年中堅・中小企業におけるIT投資市場規模と実態調査報告

...った運用管理系ソリューションがユーザ企業における予算確保のし易さという観点では手堅いソリューションになるものと予想される。運用管理系以外では「会計」が比較的多く挙げられている。特に年商300億円~500億円の中堅上位企業における投資意向が強く、IFRSへの取り組み意向を反映したものと考えられる。ただし、一方では「2010年中に投資を減らす項目」においても上位に挙げられており、IFRS対応を見越した個別カスタマイズの抑制などが影響している。いずれにしても、IFRSに関連したシステム面での投資が本格化するのは2012年以降になると予想されるため、2011年時点では「会計」分野での大幅な投資増加...

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

公共投資と円安だけで賃金は増やせるか ~雇用は増加も賃金上昇には至らず~

...処理通信技術者などで新規求人倍率が2倍前後となっている。こうした状況や、対事業所向けサービスで見込まれる雇用増加のうち公共投資増加によるものが 8.6 万人と9割を占めていることを考えると、こちらについても供給制約がかかる可能性がある。建築土木測量技術者については毎月 1.6 万件もの新規求人があるものの、対する新規求職者数は4千人前後で、就職成立件数は 1500件程度にとどまっている。先行き、毎月4千人が決まったとしても、年間では5万人程度しか新規雇用余地は残されていない。一方で、建設業同様に今後 2011 年度...

2012年12月16日ノークリサーチフィードバック数:5企業情報システム

ノークリサーチ Quarterly Report2012年秋版

...の拡大や既存顧客の単価向上などに直結するIT活用提案が求められてくる。IT関連サービス業:2012年8月時点と2012年11月時点を比較すると、経常利益DIはプラス6.2ポイント、IT投資DIはプラス5.8ポイントと全業種の中で唯一二つのDI値がともにプラスとなっている。だが経常利益の増加要因としては、前四半期までの一般企業におけるIT投資DI改善傾向の結果が時間差を伴って現れていることに加えて、「人件費などの固定費削減施策の成果が出てきている」(34%)といった経営面の施策に負うところが大きい点に注意が必要である。IT投資増加...

2013年2月24日第一生命保険★フィードバック数:1社会/政治

民間調査機関21社の経済見通しを概観しています。

民間調査機関の経済見通し(2013年2月)

...業生産をはじめとした月次指標の多くはすでに底打ちしている。」(ニッセイ基礎研究所)というように、景気は 12 年末頃に底打ちしたとの見方がコンセンサスとなっている。○経済対策による公共投資増加や円安を背景に 13 年度成長率は大幅上方修正2012 年度成長率予想は前年比+0.9%と小幅上実質GDP成長率(前期比、%)方修正となった。上方修正の要因は、①11 年度確報の公表に伴い、12 年度成長率のゲタが上方修正1.2されたこと、②足元の成長率が 11 月時点予想対比1.00.8で若干上振れたことなどであるが、12 年度の景気0.6に対...

2014年の米国石油精製業界を取り巻く環境(2)

...開発に積極的な議員から聞かれる。2014 年 3 月末、米国石油協会(API)は ICF International と EnSysEnergy に依頼した調査結果(The Impacts of U.S. Crude Oil Exports on Domestic CrudeProduction, GDP, Employment, Trade, and Consumer Costs*)を発表し、原油輸出解禁が米国にもたらすメリットとして、石油製品価格下落、雇用創出、貿易収支改善、GDP(国内総生産)増加、原油開発に対する投資増加...

2016年1月11日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業のIT活用における注目ポイントと展望(新規IT活用領域編)

...億円未満の中堅・中小企業に対してIT投資増加の理由を尋ねた結果のうち、新規のIT投資に関連する代表的な項目をプロットしたものだ。「製品/サービスの開発」や「販路の創出や拡大」と並んで「業態の拡大や転換」が挙げられていることがわかる。そのため業態の拡大や転換につながる可能性のある「シェアリングエコノミー」の動向はITソリューションを提供する側にとっても重要なトピックといえる。新規のIT投資額を増やす理由0.0%5.0%10.0%15.0%製品/サービスの開発にITが必要である15.3%業態...

2013年9月4日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備(IT経営普及促進事業)

...ーチ) 「IT 投資動向報告書 2008 年-日本と世界-」 (2008 年 11 月)注: ①2007 年度の IT 投資増加率、②IT 予算の対年商比率、③CIO 設置企業比率、④経営陣が IT の重要性を理解、⑤「攻め」の IT 投資、⑥「守り」の IT 投資、⑦新規技術への投資の積極性の 7 項目の指標におけるランキング順位で1 位を+16、2 位を+15 点、3 位を+14 点とし、以下 16 位:+1点までを採点し、合計してある。調査期間は、日本 2007年 11 月&2008 年 5 月、他地...

2014年4月10日日本政策投資銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

デザイン・イノベーションによる “ファンをつくる”関西ものづくり~関西企業 組織としてのデザイン力活用事例を中心に~

...の獲得を最大の課題としているのである。これを実現するためにも、企業が、いかに他社が模倣できない本質的価値を提示し、数ある選択肢の中から自社を積極的に選んでくれる顧客を創造していくか、その方策が問われているのではないだろうか。図表2-1 業種別売上高経常利益率の推移図表2-2 中期的な国内・海外拠点への設備投資の見通し(関西本社企業)(%)10(単位:%)国内拠点への設備投資増加 現状維持 縮小864海外合計増加海外拠点への 現状維持設備投資縮小24.756.76.287.61.08.21.010.31.01.00.02.1国内合計26...

2015年2月12日三菱東京UFJ銀行★★フィードバック数:0社会/政治

業界ごとのレポートです。

業界見通し 2015年度:全文(総論・各論)

...%化学(含む医薬品)2016~2017(予想)3.5%3.2%・スマートフォン・車載向けの半導体・電子部品 (イメージセンサー、リチウムイオン電池等)2,462 2,608 2,7334.9%5.9%4.8%・次世代自動車・同部品の開発・能力増強3,247 3,451 3,682その他の製造業 (注1)5.5%6.3%6.7%自動車、機械の投資増加に伴い、金属、樹脂等を加工する中小企業でも幅広く更新投資が発生(注)1. 経済活動別分類上の「窯業・土石製品」、「金属製品」、「その他の製造業」。(注)2...

2014年2月6日三菱東京UFJ銀行★フィードバック数:0社会/政治

産業ごとの見通しです。

業界見通し 2014年度:全文(総論・各論)

...ウムイオン電池など次世代自動車関連の能力増強・次世代自動車・同部品の開発・能力増強・航空機向け部品・材料の能力増強自動車、機械の投資増加に伴い、金属、樹脂等を加工する中小企業でも幅広く更新投資が発生(注)1. 経済活動別分類上の「窯業・土石製品」、「金属製品」、「その他の製造業」。(注)2. 矢印は、 が「マイナス成長」、 が「0~3%」、 が「3%~5%」。(注)3. 下段は前年比伸び率。(資料)内閣府統計をもとに三菱東京 UFJ 銀行企業調査部作成7(3)非製造業の設備投資動向幅広い業種において業容拡大・基盤...

2013年9月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

消費市場としてのインドネシア・フィリピンの評価~現地調査を踏まえて成長性と課題を探る~

...みずほリポート2013年9月13日消費市場としてのインドネシア・フィリピンの評価―現地調査を踏まえて市場の成長性と課題を探る◆ 近年、日本企業はASEANへの関心を高めている。中国よりも低い生産コストに注目したチャイナ・プラスワンとしての進出に加え、約6億人を擁する消費市場としても注目されている。◆ 注目国としては、ASEANの人口・経済規模で突出するインドネシアとASEAN第2の人口を擁しかつ近年成長率を高めているフィリピンが挙げられる。◆ インドネシアでは、外国直接投資増加...

2014年3月12日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2014年3月号

...気の基調緩やかに回復している緩やかに回復している個人消費持ち直しつつある駆け込み需要などで増加している住宅投資堅調に推移増勢は弱まりつつある設備投資増加しつつある持ち直している公共投資予算効果で増加が続く予算効果で増加が続く輸出入円安効果で輸出・輸入ともに増加雇用・所得雇用は改善、所得は下げ止まりつつある輸出は横ばい、輸入は増加し、過去最大の赤字雇用は改善、所得は下げ止まりつつある鉱工業生産持ち直しの動き持ち直しの動きデフレ脱却に近づく緩やかな上昇が続く物価前月との比較海外経済10月 11月 12月 1月2月前月との比較3月米...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ