「IT投資減少」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

欧州経済見通し-問われる雇用の危機への対応力-

...緩和策の効果が債務危機国には及ばないため、回復のペースは緩慢に留まる見通しである。2013年はマイナスのゲタも影響し、年間の成長率はマイナス0.6%と落ち込む。2014年は1%成長への緩やかな回復が期待される。銀行システムの強化、雇用対策の遅れは、不況をさらに長引かせるリスクとなる。ユーロ圏全体の経常収支は黒字転化、債務国でも対外不均衡はほぼ解消している。金融安全網が強化されたことで、ユーロ圏が世界的な金融混乱の引き金となるリスクは大きく後退しているが、外部環境の悪化に対して脆弱である。イギリスでは、個人消費の緩やかな拡大の半面、投資減少...

2013年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し-問われる雇用の危機への対応力

...ロ圏が世界的な金融混乱の引き金となるリスクは大きく後退しているが、外部環境の悪化に対して脆弱である。イギリスでは、個人消費の緩やかな拡大の半面、投資減少は続き、輸出も伸び悩んでいる。今後の回復も緩慢なペースに留まる見通しだ。ポンド安、インフレへの警戒も必要なため、カーニー新総裁誕生後のBOEがさらに異次元の緩和に踏み込む可能性は低い。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮らし ジェロントロジー(高齢社会総合研究)注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アク...

ESPフォーキャスト5月調査「15年1-3月期実質成長は1.84%に―15年度消費者物価は0.33%に下方修正」

...し、今回調査ではそれに続き、「国際関係の緊張や軍事衝突」を挙げるフォーキャスターが半数を占めた。また、18年度予測では7割以上のフォーキャスターが実質公的資本形成の減少を見込んでいるが、景気のリスクとして「公共投資減少」を挙げた人は4名にとどまった。民需や輸出の堅調から今後の成長を見込むフォーキャスターが多いようだ。物価見通しの下方修正は続いている。米国の利上げは今年の12月に続いて、来年は2回とみるフォーキャスターが最も多かった。�@先行きリスク3位に「国際関係の緊張や軍事衝突」――「中国景気」と...

ESPフォーキャスト2014年9月調査

...前月調査並みだった。現在の景気拡大はさらに長続きする様相を呈している。その中で、景気に変調を来たすリスクとなる要因を尋ねたところ、2カ月前と同様に「中国景気の悪化」と「円高」が最も多かった。しかし、今回調査ではそれに続き、「国際関係の緊張や軍事衝突」を挙げるフォーキャスターが半数を占めた。また、18年度予測では7割以上のフォーキャスターが実質公的資本形成の減少を見込んでいるが、景気のリスクとして「公共投資減少」を挙げた人は4名にとどまった。民需や輸出の堅調から今後の成長を見込むフォーキャスターが多いようだ。物価...

ESPフォーキャスト2014年12月調査

...前月調査並みだった。現在の景気拡大はさらに長続きする様相を呈している。その中で、景気に変調を来たすリスクとなる要因を尋ねたところ、2カ月前と同様に「中国景気の悪化」と「円高」が最も多かった。しかし、今回調査ではそれに続き、「国際関係の緊張や軍事衝突」を挙げるフォーキャスターが半数を占めた。また、18年度予測では7割以上のフォーキャスターが実質公的資本形成の減少を見込んでいるが、景気のリスクとして「公共投資減少」を挙げた人は4名にとどまった。民需や輸出の堅調から今後の成長を見込むフォーキャスターが多いようだ。物価...

ESPフォーキャスト調査 2014年4月調査

...前月調査並みだった。現在の景気拡大はさらに長続きする様相を呈している。その中で、景気に変調を来たすリスクとなる要因を尋ねたところ、2カ月前と同様に「中国景気の悪化」と「円高」が最も多かった。しかし、今回調査ではそれに続き、「国際関係の緊張や軍事衝突」を挙げるフォーキャスターが半数を占めた。また、18年度予測では7割以上のフォーキャスターが実質公的資本形成の減少を見込んでいるが、景気のリスクとして「公共投資減少」を挙げた人は4名にとどまった。民需や輸出の堅調から今後の成長を見込むフォーキャスターが多いようだ。物価...

ESPフォーキャスト2015年1月調査

...前月調査並みだった。現在の景気拡大はさらに長続きする様相を呈している。その中で、景気に変調を来たすリスクとなる要因を尋ねたところ、2カ月前と同様に「中国景気の悪化」と「円高」が最も多かった。しかし、今回調査ではそれに続き、「国際関係の緊張や軍事衝突」を挙げるフォーキャスターが半数を占めた。また、18年度予測では7割以上のフォーキャスターが実質公的資本形成の減少を見込んでいるが、景気のリスクとして「公共投資減少」を挙げた人は4名にとどまった。民需や輸出の堅調から今後の成長を見込むフォーキャスターが多いようだ。物価...

世界の都市別不動産投資に関する年次レポート Winning in Growth Cities

...のうちアジア太平洋勢は、ソウル、パース(豪)、ブリスベン(豪)、シドニー、名古屋、大阪の6都市だった。TOP10のうち大きく順位を下げたのはパリで昨年度の4位から8位に後退した。順位を下げた他の主要都市としてトロントとシカゴが挙げられるが、より顕著なのは中国の上海、北京、広州、成都、天津で、開発用地の販売を除きいずれも40%以上の投資減少となった。これはクロスボーダー投資よりも主に国内支出の削減によるものだ。成功要因このレポートWinning in Growth Citiesでは、不動産投資と価格・需要...

2017年6月26日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 販社/SIerのクラウド拡販に向けた取り組み実態に関する調査

...増加クラウドも含めた新しいIT活用に積極的に取り組む企業層IT投資減少ITコスト削減の手段としてクラウドを選ぶ企業層IT投資変化なし現状維持の企業層販社/SIerから見た顧客の分類販社/SIerから見た主要顧客IT投資が活発な既存顧客新規に獲得した顧客動きが見られない既存顧客出典:ノークリサーチ(2017年)ユーザ企業全体にクラウド活用状況を尋ねた場合の対象範囲3Nork Research Co.,Ltd2017年 販社/SIerのクラウド拡販に向けた取り組み実態に関する調査本リリースに関連した調査データのご案内『2016年版...

2015年1月14日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2015年1月号

...気の基調緩やかに回復しているものの、弱い動きもみられる緩やかに回復しているものの、弱い動きもみられる個人消費反動減からの持ち直しは足踏み反動減からの持ち直しは足踏み住宅投資減少が続いている減少が続いている設備投資持ち直しの兆し持ち直しの兆し公共投資減少しつつある減少しつつある輸出入輸出は一進一退の動き輸出は一進一退の動き雇用・所得雇用の改善は一服、所得は増加している雇用の改善は一服、所得は増加基調にある鉱工業生産一進一退の動き一進一退の動き伸び率は縮小伸び率は縮小物価前月との比較海外経済8月9月 10月 11月12月前月との比較1...

2012年12月16日ノークリサーチフィードバック数:5企業情報システム

ノークリサーチ Quarterly Report2012年秋版

...利益DIはマイナス7.9ポイント、IT投資DIはマイナス16.2ポイントといずれも大きく下落している。経常利益の減少理由としては「自社の販売や受注における数量が減少または横ばい状態である」が6割強と最も多いが、「日中関係の悪化」も約16%と他業種と比べて多く挙げられている。裾野の広い自動車産業に関しては中国における新車販売台数の減少が大きく、それが中堅・中小の組立製造業全般にも影響していると考えられる。IT投資減少の理由については「現状を維持する以外、特にITに対して投資をする必要はない」が6割弱...

2015年11月11日ノークリサーチフィードバック数:0社会/政治

ノークリサーチ Quarterly Report 2015年 秋版

...サービス業サービス業-6.4-6.4-11.2-16.0-15.7-20.0-22.2-25.0出典:ノークリサーチQuarterly Report 2015年秋版以下のグラフはIT投資DI値の変化を業種別にプロットした結果である。一見すると、業種によってIT投資意向に差があるようにも見えるが、IT投資減少の要因は前頁でも触れた「売上低迷」や「景気回復への信頼不足」であり、IT投資を増やす場合の主な要因はマイナンバー対応である。2015年7月~2015年10月の変化を見ると、組立製造業、流通業、建設業、IT関連...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ