「MM総研調査」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

各国の状況です。

世界40カ国、主要モバイルシェア状況【OS、筐体(機種)、スマートフォン普及率、人口】

...フィーチャーフォンを使用しているという結果が出ており、未だに根強い人気があることが伺えます。また、2018年も携帯電話端末保有者の約5人に1人はフィーチャーフォンを持ち続けているという予測データも出ており、日本では今後も、携帯電話市場におけるフィーチャーフォンの需要の高さは続くことが予測できます。参考: 内閣府消費者動向調査株式会社MM総研調査■中国のスマートフォンメーカー小米(シャオミ)、世界で台頭の兆し。2014年第3四半期、中国のスマートフォンメーカーの小米(シャオミ)が、サムスン、アップルに続き売上世界第3位の...

2016年12月22日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドサービス市場規模の2015年度(2015年4月~2016年3月)の実績と2020年度までの予測、および需要動向に関する調査

...国内クラウド市場は1兆円を突破MM総研調査レポート近刊 12月16日に関連セミナー開催(M&Dレポート購読者限定) 2016年12月13日■ 2015年度の国内クラウド市場規模は1兆108億円、2020年度には3兆円を超えると予測■ クラウドのセキュリティに対する不安イメージが低下■ IaaS/PaaS領域ではAWSとMicrosoft Azureが顧客獲得で競争  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は12月13日、国内クラウドサービス市場規模の2015年度(2015年4月~2016年3...

SNSについてのレポートです。

ソーシャルネットワークサービスの近未来構図

...ムを投入後も日々少しずつゲーム内容にチューニングをかけるなど、ゲーム参加者を楽しませるノウハウが非常に優れているため、自社提供ゲームでの収益性が高いという結果を残していると言われている。このようなノウハウをスマートフォンでも活かしてグローバル市場でも実績を残して頂きたいものである。(図表10:右グラフ) 出所:MM総研調査による市場規模予測(2012年3月公表) スマートフォンの普及予測日本におけるスマートフォンは、2012年以降も契約件数が年平均成長率(2012-2017年)が26.3%と利用急拡大が見込まれており、スマ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ