「MRF」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年9月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「貯蓄から投資へ」は投信から進む

...や公社債の売買は売り越し超になっていることから、投信を経由した株式や公社債の間接保有が進んでいるといえる。◆投信における資金の流入先の傾向を見ると、①「債券型から株式型へ、債券型の中でも為替ヘッジ無へ」の本格化、②新興国投信から先進国投信へのシフト、という二点が指摘できる。これら二つの傾向は投資家のリスク許容度の高まりを示唆しており、今後も投信へのさらなる資金流入が期待できよう。◆今後の注目点は、証券投資に関する軽減税率の終了に伴う投信解約の増加であろう。実際に解約額は高水準で推移しており、MRF・流動性預金等の待機資金も増加している。ただ...

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 個人マネーに注目

...14923.11円。・投資主体別売買動向では、海外投資家の買い越し(450億円)と個人投資家の売り越し(2998億円)が確認された。個人投資家は7週ぶりの売り越しとなったが、14年入り後は累積で1.3兆円程度の買い越しとなっている。11月から年末までの間に計4兆円も売り越したことから判断すれば、まだまだ買い余力があるだろう。1月時点のMRF残高は10兆円強と高水準にある。11-12月の日経平均株価の単純平均は15300円であることから、足もとの15000レベ...

2017年1月13日日本証券業協会フィードバック数:0大型消費/投資

インターネット取引に関する調査(平成28年9月末)

...投資信託の募集の取扱高国内投資信託の募集の取扱高は、5,700 億円(前回調査比 20.4%減)であった。(図-6参照)(注1)国内投資信託の募集の取扱高は、個人及び法人等を含む数値。(注2)インターネット取引の「国内投資信託」については、証券総合口座におけるMRF等の自動買付分を除いている。(注)国内投資信託の募集の取扱高については、千万の位を四捨五入。【参考】年代別売買代金等の状況(任意回答)・インターネット取引を経由した株式(現金取引)の売買代金総額は、32 兆 9,374 億円となり、前回調査時の 39 兆 4,828 億円から 16.6...

2014年12月11日日本証券業協会★フィードバック数:0大型消費/投資

証券会社対象の調査です。

インターネット取引に関する調査結果(2014年9月末)

...四捨五入。(注3)平成 24 年 4 月~25 年9月末の現金取引において、報告に誤りがあったため、インターネット取引の売買代金を修正している。3(2)国内投資信託の募集の取扱高国内投資信託の募集の取扱高は、7,056 億円(前回調査比 3.8%減)であった。(図-6参照)(注1)国内投資信託の募集の取扱高は、個人及び法人等を含む数値。(注2)インターネット取引の「国内投資信託」については、証券総合口座におけるMRF等の自動買付分を除いている。(注)国内投資信託の募集の取扱高については、千万...

2013年12月8日日本証券業協会フィードバック数:0大型消費/投資

インターネット取引に関する調査結果(2013年9月末)

...投資信託の募集の取扱高は、個人及び法人等を含む数値。(注2)インターネット取引の「国内投資信託」については、証券総合口座におけるMRF等の自動買付分を除いている。(注)国内投資信託の募集の取扱高については、千万の位を四捨五入。【参考】年代別売買代金等の状況(任意回答)・インターネット取引を経由した株式(現金取引)の売買代金総額は、102 兆 4,389 億円となり、前回調査時の 51 兆 6,443 億円からほぼ倍増している。年代別内訳については、30 才代が 24 兆 5,346 億円(24.0%)と最も多く、次い...

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 個人投資家が帰ってくる

...(年)(備考)Bloombergにより作成。(年/月)【注目点】~個人投資家が帰ってくる~・17日に発表された投資信託概況によると、12月のMRF残高は11.2兆円と前月の9.8兆円から一段と増加した。11-12月に個人投資家が証券税制改正を見据えて4.5兆円もの売り越しを記録したことが反映されており、自然に考えればこれらの資金が株式市場に還流するはずである。4.5兆円という数字はこの間の海外投資家の買い越し額(4.6兆円)に拮抗する。これらを踏まえれば、個人...

Weekly金融市場 2014年2月21日号

...タートを受けた個人投資家の裾野の広がりと即断することは困難で、むしろ海外投資家の売り崩しに単純に反応したものといえるかもしれない。しかし、新聞報道によれば、昨年末の段階で NISA の申込口座数は 556 万件に達しており、それなりの規模感になりうることが窺える。証券会社における待機資金と想定される MRF の残高が高止まりしていることと相まって、今後も個人投資家は株価下落局面でのバッファー役を務めることにはなりそうである。(億円)8,000(図表1) 個人投資家の株式売買動向(週次)(億円)3,00015,0002,50010,0002,0005,000...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ