「NAFTA」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年12月6日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「日系企業のNAFTA経済圏への進出状況」調査

...公開日付:2016.11.25 ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領就任を前に、日本経済への影響に注目が集まっている。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、通商協定の見直しを明言してきた。なかでも、アメリカ、カナダ、メキシコによる「北米自由貿易協定(NAFTA)」は域内貿易額が大きいため3カ国の経済にとどまらず、動向次第では域内へ進出している企業活動にも影響を及ぼす可能性がある。東京商工リサーチは、独自に保有する国内企業データベースと世界最大級の企業データベースを持つDun...

2016年11月24日JETRO★★フィードバック数:0社会/政治

「2016年度 米国進出日系企業実態調査」の結果(一次速報)

...な競合品の米国への流入によって米国市場での競争が激化していることを指摘する企業もいた。 通商政策:経済連携などの新政権による方針に注目集まる。通商分野の関心内容としては、TPP(298社、42.2%)への関心が高く、NAFTA(109社、15.4%)、アンチ・ダンピング税、相殺関税(104社、14.7%)が続いた(図表3)。TPPへの関心については、発効見通しと新政権による方針に関心が集まった。「コスト競争も激しいため、関税削減による生産コストの削減効果を期待している」(電気/電子部品など多数)、「米国とメキシコで生産工程を分担し、米州としてひとまとめに生産管理を行っているため、トラ...

2015年6月19日マークラインズ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車分野のランキングです。

2014年度サプライヤー売上高ランキング

...を始めとした豪亜地域は二桁増*2014年度も2013年度の為替レートで換算した場合、前年比5.0%増 ・アジアで前年比17.9%増、北米も堅調に推移・米国を本拠とするクロージャー製品メーカーTechform Group of Companiesを買収 ・主にNAFTAおよび中国で大幅な売上増を達成・Mecaseat Group (ベルギーのシート表皮メーカー) の2拠点、Veyance Tehcnologies (米国のゴム・プラスチック製品メーカー) の買収、Emitecの子会社化等 ・米州、欧州、中国が堅調に推移*2014年度...

2015年3月28日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

みずほ銀行のレポートです。

自動車・部品メーカーのメキシコ活用戦略

...充により、世界自動車販売市場の過半に無関税輸出が可能3 点目として、1994 年発効の NAFTA をはじめとする近年の FTA 拡充も、輸出拠点としてのメキシコの強みとなっている。メキシコが締結する FTA の対象国は 46 カ国に及び、原産地規制など一定の条件を満たせば、世界で 8 千万台強とされる自動車販売台数のうち 50%を越える市場に無関税での輸出が可能となる(【図表 6】)。メキシコと同じく自動車の輸出拠点化が進むタイの FTA 対象市場が世界の約 20%であることを踏まえても、メキ...

2014年8月28日JETROフィードバック数:0ライフスタイル海外

カナダ農業の特徴と穀物生産動向について

...る穀物流通の独占はアメリカなどから自由貿易を阻害する要因であると指摘されていて、WTOや自由貿易協定において議論の対象となってきた。そのため穀物産地の一つであるアルバータ州の穀物生産者団体が中心となり、NAFTA発効後の1990年代半ばからCWBへの改革圧力が強くなった。その結果、1998年にはCWBの組織改革が行われ、連邦政府任命のコミッショナー制(定員5名)を廃止して、定員15名(10名は穀物生産者による選挙、5名は連邦政府による任命)の理事会が導入されるとともに、従来の価格プール制に加えて、先物市場の動きに連動して販売できるオプション制が導入されたが、CWBによ...

2015年1月28日JETRO★フィードバック数:0ビジネス

JEITAのレポートです。

2014年度中南米日系進出企業経営実態調査

...の現調率、メキシコは北米ワイドのサプライチェーンで調達製造業の集積が大きいブラジルとメキシコで生産面の問題点をみると、「原材料・部品の現地調達の難しさ」を挙げる企業が多いのはメキシコであり、68.9%(42社)が問題視する。メキシコの現調率はアジアと比べるとかなり低いが、米国からの調達が多く、NAFTAを活用して北米ワイドで最適な調達先を選定しているものと思われる。近年は自動車産業を中心に日系サプライチェーンがTier2、Tier3レベルまで構築されつつあるため、中期的には現地調達が拡大するだろう。現地...

2015年3月13日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

Works University 労働政策講義 2015 No.7 外国人労働者

...許可と就労許可の手続きのワンストップ化を図り、社会統合政策の推進を含む現行制度の基礎を築いた(JILPT 2013(1))。さらに、2012 年には国外職業資格認定改正法を施6禁転載07. 外国人労働者労働政策講義 2015行し、域外で専門技術を修得した外国人の資格認定を化を行い、未熟練労働者の受入れ枠を縮小した(井口簡素化した。EU域内には、一部の専門的職業の相互2001)。1994 年には、NAFTAの批准に伴い、米加自承認に関する基準などを定めた「EU専門職業資格相由貿易協定に伴う専門職労働者のビザに替えて、互承認指令」があり、資格...

2013年9月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

景気減速局面のメキシコ経済~テキーラ・ショックの再来はあるのか~

...シコは事実上のドル・ペッグ制(クローリング・バンド制2)を採用しており、ペソ/ドル相場は割高な水準にとどまっていた。このため、経常赤字は対GDP比で▲6%に迫る高水準にあり(図表6)、80年代後半の民営化ブームや北米自由貿易協定(NAFTA)発効(94年1月)に伴う成長期待を背景とした短期の証券投資が、経常赤字のファイナンスを支えていた。94年には、左派ゲリラ集団の武装蜂起や、当時の与党・制度的革命党(PRI)の次期大統領候補暗殺(3月)などの政情不安に加え、米国がインフレ予防的な金融引き締め局面に入った(FF金利...

2013年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN経済の魅力と影 ~成長期待がある一方、成熟過程における政策変更リスクに注意~

...「ASEAN共同体」として名実ともに巨大な地域経済圏に統合していく計画を進めている。昨年時点におけるASEANの経済規模は 20 兆ドル程度に留まっており、ASEAN以外の地域経済圏であるNAFTA(180 兆ドル)やEU(160 兆ドル)などに比べると極めて小規模ではある。しかし、これら2つの地域経済圏に比べるとインドネシアやフィリピン、マレーシアなど域内の多くの本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一...

ヨーロッパのガス事情です。

欧州の天然ガス・LNG情勢を読む

...,PreemGothenburg2015Swedegas,VopakJoddbole or Tolkkinen2019GasumPansio Harbour2015GasumTornio Harbour2016OutokumpuPaldiski2015BaltiGaasMuuga,Tallinn2017Elering,VopakRiga2016Latevenergo次頁に続く2014.11 Vol.48 No.6 28欧州の天然ガス・LNG情勢を読むリトアニアKlaipeda(FSRU)2014Klaipedos Naftaポー...

2013年2月6日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

アジアマンスリー2013年2月号

...の先進国よりも財政状態が良好であるにもかかわらず名目金利が相対的に高いこと、経済発展に伴い長期的な金利低下や為替レートの増価が見込まれること、などが指摘できる。2000 年以降、アジア債券市場の投資収益率(リスク調整後)は各国で良好に推移している。長期債券および株式に関する域内投資比率(残高ベース)を算出すると、NAFTA や EU 諸国において横這いまたは低下傾向となっている一方、アジアでは上昇している(下図)。その要因としては、アジアの実体経済面の統合が加速していると考えられること、域内...

中南米における対内直接投資と多国籍企業の動向

...についてはメキシコの後塵を拝している。2013年の輸出台数は56万6,299台であるが、2017年には100万台に引き上げることを目指している。メキシコはNAFTAによって隣国である米国という大規模な市場を確保している。ブラジルの周辺国には米国に匹敵する規模の市場には恵まれていない。ブラジルにおける自動車生産に参入しているメーカーは、欧米や日本から進出していることはメキシコと共通している。ブラジルの特色としては、韓国や中国のメーカーが進出していることがあげられる。南米各国では韓国や中国の自動車が人気車種であるが、これ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ