「OECD景気」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年5月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年5月号

...収益の改善とこれまでの政策金利の引き下げを受けて、低迷している民間設備投資が回復へ。第2は、世界経済の回復による輸出増。OECD景気先行指数は6カ月連続で持ち直し。第3は、個人消費の拡大。良好な雇用情勢と最低賃金の引き上げが続くなか、中小小売業の消費財や飲食の売上高は高い伸びを維持する見通し。消費者マインドは資産価格の上昇もあって高水準。2013年の成長率予想は足許での景気下振れを勘案し、8.2%から7.9%へ引き下げ。2014年は8.2%成長と予想。今後の景気下振れリスクは、政府の過度な金融引き締め策。過剰...

2014年2月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し、米欧中心に改善、ネオ・デカップリング

...収支の赤字を抱えることになったインド、ブラジルの成長率は下方修正した。下記の図表のように、OECDの景気先行指標でみると、回復は日本、米国と欧州、新興国であり、中国とロシアはやや上向き、ブラジル、インドは下向きと分けられる。この違いは、バランスシート調整の重みの度合いや段階によるものと考えられる。すなわち、バランスシート調整に目処がついてきた先進国、バランスシート調整が新たに生じ始め、これから調整を余儀なくされる主要新興国というグループである。■図表:OECD景気先行指数1021061011041021001009998989697...

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し、2014年に向けて米欧中心の改善に

...アと分けられる。この違いはバランスシート調整の重みの度合いや段階によるものとも考えられる。すなわち、バランスシート調整に目処がついた先進国、バランスシート調整が新たに生じ始めた主要新興国という2グループである。■図表:OECD景気先行指数1021061011041021001009998989697米国96ユーロ圏日本95中国94ブラジル92インド90ロシア88940708091011120713 (暦年)080910111213 (暦年)(資料)OECDグローバルに見て、米国のQE3縮小は、当初2013年内...

2013年4月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年4月号

...は増加傾向。ASEAN、BRIS、米国、日・韓・台向けはいずれも過去最高水準を更新。低迷が続いていたEU向けは急増。今後、緩やかな増加傾向を維持する公算大。2月の製造業PMI新規受注(輸出向け)は目安となる50を割り込んだものの、春節による季節要因が大。OECD景気先行指数が5カ月連続で上昇したことを勘案すると、海外経済の回復に伴い輸出は増加傾向を続けると判断可能。概説世界 米国 ASEAN (2008年=100)240<輸入>2012年秋まで横ばいで推移した輸入は、昨年...

2014年5月9日三菱UFJ信託銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の設備投資についてのレポートです。

国内設備投資の展望

...景気の拡大や円安の進行があったとしても、前者の経路を通じた設備投資の回復が以前ほど見込みにくくなっている可能性がある。実際、リーマンショック以前は、輸出の伸び率が OECD 景気先行指数の伸び率を上回っていたのに対し、足下は、輸出の伸び率が OECD 景気先行指数の伸び率を下回っており、海外景気に対する感応度が低下していることが窺える。理由としては、①日本企業が既往の円安にも関わらず、契約通貨ベースの価格を引き下げないため、数量効果が出にくくなっていること、②構造的な現地生産比率の上昇などが考えられる。①については、企業...

2014年11月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し~「トリプルメリット」が押し上げる日本経済~

...増税の影響を受けた日本やユーロ圏は低下――― 中国は下げ止まりつつあるも、戻りは鈍い【 主要国の成長率 】【 OECD景気先行指数 】(前期比年率、%)2014年2013年4∼6月7∼9月10∼12月1∼3月4∼6月7∼9月米国1.84.53.5▲ 2.14.63.5ユーロ圏1.30.61.01.20.30.6日本3.22.4▲ 1.66.7▲ 7.3▲ 1.6韓国4.14.43.63.82.03.5台湾3.80.17.62.53.92.0香港2.13.13.71.1▲ 0.66.910.20.76.91.80.11.2タイ1.13.72.7...

2013~14年度改訂経済見通し

...らないユーロ圏 では、マイナス成 長 が続 くなど、深 刻 な景 気 低 迷 に陥 っている 。こうした 中 、世 界 の主 要 中央 銀 行 では金 融 緩 和 を継 続もしくは強 化 する動 きを強 めている。今 後 の過 剰 流 動 性 の発 生 が、世 界 経 済 、金 融 資本 市 場 に何 らかの影 響 を及ぼすの か否 か、十 分 見 極 め ていく必 要 があるだろう。(長期平均=100)OECD景気先行指数(CLI)1041021009896OECD+6主要新興国米国ユーロ圏中国94922000...

2015年4月1日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年3月号

...先行するとされる内閣府の景気動向指数で CI 先行指数こうした見方は、景気の山・谷に先行するとされる内閣府の景気動向指数で CI 先行指数が 2014 年半が2014 年半ばに下げ止まり、足元で持ち直しの兆しが見えることとも整合的だ。OECD 景ばに下げ止まり、足元で持ち直しの兆しが見えることとも整合的だ。OECD景気先行指数が世界的な景気先行指数が世界的な景気の先行きについて、緩やかながらも回復が続くと示唆している気の先行きについて、緩やかながらも回復が続くと示唆していること、2014 年後半に失速した欧州景気-2-こと、2014...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ