「OPEC総会」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

けいざい早わかり 2014年度第12号:最近の原油価格の下落について

...Q1.原油価格が大幅に下落していますね。Q2.なぜ、原油価格は下落しているのでしょうか?Q3.注目されていたOPEC総会では減産が見送られましたね。Q4.原油価格は、さらに下がるのでしょうか?Q5.原油価格の下落は、日本経済や世界経済にどのように影響しますか?Q6.原油価格の下落は、金融市場にどのように影響しますか?...

コモディティ・レポート (2014年9・10月)

...からの銅鉱石の供給増が意識されやすいこともあり、銅相場は、一進一退が続きやすい状況とみられる。IV.貴金属市況:金は1,200ドル割れに下落金市況は、7月中旬に1トロイオンスあたり1,340ドルに迫ったものの、その後は、下落傾向で推移し、10月末には一時1,160ドル近くの安値をつけた。今後も、米国と日欧の金融政策の方向性の違いからドル高が進みやすいとみられる中、金相場は上値の重い展開が予想される。V.トピック注目される11月27日のOPEC総会・・・原油価格の下落が進む中、OPEC(石油輸出国機構)の動向に注目が集まっている。従来、サウ...

コモディティ・レポート (2014年11・12月)

...I.コモディティ市況全般: 11~12月は原油を中心に下落傾向が続くドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、6月下旬にかけて上昇した後、下落傾向で推移している。マクロ経済環境をみると、足元では、ギリシャ情勢の混乱や原油安に伴う産油国経済などへの悪影響が懸念されている。今後、米国を中心に世界経済の底堅さが確認されるとともにコモディティ市況は上昇に転じようが、原油を中心にコモディティ市況の反発力は弱いであろう。II.エネルギー市況: OPEC総会...

2017年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年12月報

...件数が唯一増加したサービス業が21.6%で最も高く、小売業も21.0%と両業種は3年連続で2割を超え、個人消費の低迷が倒産動向にも表れる結果となった。一方、負債総額は1兆9916億8300万円で、前年(2兆108億800万円)を1.0%下回った。■原油高や人手不足によるコスト負担が増加、円安により加速し業績を圧迫する懸念2016年11月末の石油輸出国機構(OPEC総会において原油産出国が8年ぶりに減産合意したことを受け、今後の原油価格に対する上昇懸念が浮上しているほか、液化天然ガス(LNG)価格も4カ月...

2017年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年報

...消費の低迷が倒産動向にも表れる結果となった。一方、負債総額は1兆9916億8300万円で、前年(2兆108億800万円)を1.0%下回った。■原油高や人手不足によるコスト負担が増加、円安により加速し業績を圧迫する懸念2016年11月末の石油輸出国機構(OPEC総会において原油産出国が8年ぶりに減産合意したことを受け、今後の原油価格に対する上昇懸念が浮上しているほか、液化天然ガス(LNG)価格も4カ月連続で上昇している。さらに、トランプノミクスへの期待で生じた12月以降の円安傾向は原油やLNGなどの輸入価格上昇を加速させており、企業...

2015年6月26日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し(1次改訂)

...国を中心に増加が続くものの、その伸び率は緩やかとなる。米国など先進国では原油価格下落により消費が刺激され原油需要増加が期待されるものの、世界的な需要量は小幅増加に留まる。一方、6 月上旬に開催された OPEC 総会では日量 3,000 万バレルの生産目標維持が決定されており、原油供給量は高水準を維持する見通しである。以上から、原油需要の緩やかな高まりによる価格上昇圧力があるものの、供給面からの価格低下圧力は依然強く、需給面から見た原油価格上昇圧力は抑制されるだろう。15 年度は 1 バレル=58.9 ドル...

2014年12月21日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外景気動向と14~15年度経済見通し

...に低めの成長が続こう。気の基調は強いといえよう。個人消費、住宅なお、このところ原油価格の下落が目立っ投資、企業設備投資などの国内需要が全般的ている。もともと夏場から弱含んでいた原油に底固さを示したほか、輸出も同+4.9%と前価格は11月に入って下げ足を速め、さらに11期の同+11.0%に続いて堅調な伸びを示し月27日のOPEC総会で減産が見送られたことた。この間、輸入は減少したため、外需の寄から一段安となっている。このことは産油国与はプラスとなった。以外の新興諸国には相応のプラスの影響を及一方雇用動向をみると(次頁第5...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ