「OPEC諸国」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

コモディティ・レポート (2014年9・10月)

...ジアラビアを中心にブレント原油で100ドルが適正な水準との見方を示してきたが、その水準を下回ってきたため、原油の減産を決定する可能性があるからだ。しかし、サウジアラビアなどOPEC諸国の多くは、原油価格下落への対応を急がない様子である。11月24日に交渉期限を迎えるイラン核開発協議の行方も、今回のOPEC総会を読みにくくする要因である。...

2015年3月3日中国電力フィードバック数:0社会/政治

エネルギア地域経済レポート 2015年3月(No.488)

...は僅かに減少するして定義し分析しており,2040 年断面では 75∼見通しとなっており,高価格ケースでは高い経済204 ドル/バレルになるとの見通しを示している成長を背景に需要は増加する見通しになってい(図表 2)。る(図表 3)。図表 2 EIAの原油価格見通し(ドル/バレル)2502001502013 レファレンス2013 高価格2013 低価格2014 レファレンス2014 高価格2014 低価格174150「OPEC,非 OPEC 諸国の生産動向」に関す237る②③については,レファレンスケースに比べ低204価格ケースでは,石油...

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済マンスリー 2014年2月(原油)

...より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成23.価格の見通し原油価格は四半期先進国景気は緩やかな拡大傾向を辿る一方、中国の成長率鈍化や新興国平均で 95~98 ドル 経済の伸び悩みが予想される。供給面では、リビアやイランの原油生産の台の推移と予想低水準推移が見込まれるが、米国やカナダ、ブラジル等の非 OPEC 諸国の生産拡大が続くとみられる。この結果、需給面からの価格上昇圧力は限定的であろう。しかしながら、中東・アフリカ産油国の地政学リスクを背景に供給懸念が根強い状況が続くとみられ、価格を下支えしよう。原油...

2014年10月1日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度 経済見通し(2次改訂)

...ルを下回って推移。原油需要は、中国・ASEAN など新興国を中心に緩やかに増加するとみられる。供給面では、OPEC諸国の供給量が安定していることに加え、米国を中心にシェールオイルの生産が順調に拡大していることから、供給懸念は緩和される。以上から、原油需要の高まりから原油価格に上昇圧力はあるものの、供給面は比較的安定して推移することが見込まれるため、小幅の上昇に留まるだろう。ただし、OPEC は 14 年 6 月の総会で原油生産目標の据え置きを決定したものの、リビアやイラン、イラ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ