「PCEデフレータ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

期待インフレ ~物価安定への中央銀行の役割~

...ど遅る方法、②金融市場の債券利回りから求れて、変化の激しい食品・エネルギー価める方法、等がある。格を除いたコア PCE デフレーターも上昇し始め、12 年初め頃には 2%近辺に押し経済学で扱われる「期待」には合理的上げられた。期待と適合的期待がある。適合的期待とは、例えば期初における期待インフレ率米 CPI と期待インフレの関係と実際の物価上昇率が異なった場合、両者乖離分を徐々に実際の物価上昇率に適物価目標の達成には期待インフレの安合するよう修正していくという考え方で定が不可欠である。その...

2013年3月4日内閣府フィードバック数:5社会/政治海外

アメリカ:最近の物価動向

...今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向ポイント2013年3月4日 FRBが物価の尺度として使用しているPCE(個人消費支出)デフレーター(総合指数)の前年同月比の値をみると、12年半ば以降上昇していたが、10月以降は伸び幅を縮小させている(図1)。為替レートや原油価格など物価に影響を及ぼすいくつかの項目を取り上げ、インフレ率低下の要因を探ることとする。 為替レートは、輸入物価を通じてPCEデフレーターに影響を及ぼすと考えられる。昨年10月以降、ドル...

2015年2月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

個別品目からみる米国のサービス物価-物価動向をみるうえでは、賃金以外の要因も注視する必要

...Research Focushttp://www.jri.co.jp2015 年 2 月 25 日No.2014-053個別品目からみる米国のサービス物価―物価動向をみるうえでは、賃金以外の要因も注視する必要―調査部 研究員 芝亮行《要 点》 米国では、物価の低い伸びが続いている。変動の大きい食料とエネルギーを除いたコアPCEデフレータを財とサービスに分けると、財の振れが小幅にとどまる一方、2009年以降、サービスの伸びが大きく鈍化し、物価全体の伸び抑制に作用している。 サー...

2014年4月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ドル高シナリオ再確認 USD/JPYは115に向けて離陸

...:3MA0708091011(備考)Thomson Reutersにより作成。121314こうした賃金(≒所得)の伸びは物価、特にサービス価格の持続的な上昇に寄与する。FEDが重視するPCEデフレータは2月に前年比+0.9%まで落ち込んだが、これはエネルギー価格の軟化に伴う財価格の下落に大きな影響を受けている。他方、サービス価格は財価格の下落をよそに2%近傍で底堅く推移している。緩やかな賃金上昇とサービス価格上昇が互いに影響し合うことで、日本型デフレを回避していると考えられる(日本...

2015年4月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 5か月ぶりの上昇も物価下落圧力は残存(15年3月生産者物価) ~医療費の鈍化は3月のPCEデフレーターの抑制を示唆~

...U.S.Indicators米国 5か月ぶか月ぶりの上昇も上昇も物価下落物価下落圧力下落圧力は圧力は残存(残存(15年3月生産者物価)生産者物価)発表日:201発表日:20152015年4月16日(木)~医療費の医療費の鈍化は鈍化は3月のPCEデフレーターの抑制を示唆~PCEデフレーターの抑制を示唆~第一生命経済研究所 経済調査部桂畑 誠治0303-52215221-5001生産者物価(Producer Price Indexces)最終需要合計14/0314/0414/0514/0614...

2011年8月15日内閣府フィードバック数:8社会/政治

アメリカ:2010年とは異なる経済環境下における金融政策の動向

...目的の板挟みにあると考えられる。まず、後者の最大雇用の達成については、非農業部門雇用者数はこのところ増加のテンポが緩やかになっており、失業率は依然として高い水準が続いている(図5)。特に2011年4月以降の雇用者数の増加幅の月平均は+10.8万人と、2011年1-3月期の平均である+16.6万人から鈍化している。その一方で、物価については、デフレ懸念が一部で台頭していた2010年夏と比較すると、足元の状況は、デフレ懸念よりもインフレ懸念が台頭しやすい環境にある。PCEデフレータ(注1)およびCPIのコ...

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の物価動向と今後の注目点

...財」(PCEデフレーターは、12 年 5 月以降、の下落幅が 0.1 ポイント拡大したことにFRB の長期目標(2.0%)を下回って推移より、ディスインフレ傾向が強まっていしているが、直近では 1.2%と 8 ヶ月ぶることが見て取れる。りの低水準まで上昇幅が縮小した(図表1)。まず、非耐久財の内訳では、ドル高を背景とした輸入価格の下落を受け「被こうしたなか、FRB は 14 年 12 月に開服・履物」の伸びが縮小した。また、シ催した連邦公開市場委員会(FOMC)後の...

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

住宅価格上昇への対処と中央銀行のVIEW ~FED VIEWとBIS VIEW ~

...連載物価 古今東西 住 宅 価 格 上 昇 への対 処 と中 央 銀 行 の VIEW~FED VIEW と BIS VIEW~竹光 大士米国住宅価格と不良債権に大きく上昇した後、07 年以降バブル崩壊が起きていることが分かる。米国住宅バブル崩壊が起きる以前の2000 年代前半、IT バブル崩壊から景気回一方、2000 年代前半の PCE デフレータ復を後押しするため、米連邦準備制度理ーは当時 FED が目安としてきたと推察さ事会(以下、FED)は金融緩和を約 4 年近れる 2...

2015年8月31日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

アメリカ: 賃金の動向

...保障関連費用等)といった会社負担の費用を含む点で、最も包括的に労働コストの動向を把握でき、PCEデフレータとの相関が高いことから、FRBが重要視している指標である(図1)。平均時給と雇用コスト指数の関係をみると、平均時給が雇用コスト指数に半年程度遅行する傾向にあり、2015年1~3月期までの雇用コスト指数からは平均時給の持ち直しが示唆されていた(図2)。しかし、15年4~6月期の雇用コスト指数は前年比+2.0%と、伸び率は前期(同+2.6%)よりも低下した(図2)。内訳をみると、サービス部門のうち、特に...

2013年5月7日大和総研フィードバック数:11社会/政治

景気が見えるグラフ32(2013年5月号)

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業が 57.5%に上昇米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は 21.1 万人増米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・全体が 0.4%上昇米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは+1.7%に下降中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・1Qの伸び率は+6.9%に上昇中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・5月、51.2 で横ばい中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・輸出は2カ月連続でプラス当資料は5月31日ま...

2014年5月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2014年5月号)

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業が 57.5%に上昇米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は 21.1 万人増米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・全体が 0.4%上昇米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは+1.7%に下降中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・1Qの伸び率は+6.9%に上昇中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・5月、51.2 で横ばい中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・輸出は2カ月連続でプラス当資料は5月31日ま...

2013年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32 2013年11月号

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業が 57.5%に上昇米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は 21.1 万人増米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・全体が 0.4%上昇米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは+1.7%に下降中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・1Qの伸び率は+6.9%に上昇中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・5月、51.2 で横ばい中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・輸出は2カ月連続でプラス当資料は5月31日ま...

2013年6月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

今後は「今後のデータ次第」

...に前向きな発言がでたことを受けて下落(詳しくは後述)。もっとも、前日までの上昇により史上最高値目前まで水準を切り上げてきた経緯を踏まえれば、ごく短期的な利益確定売りが誘発されたと考えても不自然ではないだろう。今回改定されたFEDの経済見通しは下表のとおり(上段3月時点、下段6月時点)。2014・15年の強気な失業率見通しが目を引く。カレンダー型の時間軸政FRB理事、地区連銀総裁による見通し策はいわゆるエバンスルールの採用により指標リンク型に変更されたが、こうした強気見通しからイメージ実質GDP失業率PCEデフレータPCEコア...

2013年12月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

クリスマスプレゼント、日米は物価2%を目指し「永遠の0」

...の不透明感の後退がある。みずほ総合研究所では、昨今の財政合意と併せて、金融政策面でも不透明感が大きく後退したことは、民間経済にとってこの上ないクリスマスプレゼントになったと評価した。今回の大きな転換とその意義を整理してみる。下記の図表は日米欧の消費者物価推移である。日本の消費者物価は今後上昇に向かうが、来年漸く1%程度との見通しだ。米国はドル高と世界的な商品価格の安定からディスインフレ状況にあり、10月のPCEデフレーター上昇率は1.1%であり、日米の物価水準は1%前後である。欧州...

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2013年9月号)

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業が 57.5%に上昇米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は 21.1 万人増米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・全体が 0.4%上昇米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは+1.7%に下降中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・1Qの伸び率は+6.9%に上昇中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・5月、51.2 で横ばい中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・輸出は2カ月連続でプラス当資料は5月31日ま...

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook Back to the デフレ前 Back to the 2万円

...PCEデフレータは前年比+0.3%と市場予想に一致。他方、コアPCEデフレータは前年比+1.4%に加速、市場予想(+1.3%)を上回った。インフレ率はFEDの目標を大幅に下回ったままだが、エネルギー価格下落とUSD高に距離を置くコア物価の底堅さをみてFEDは自信を深めているはずだ。(%)個人消費支出9(%)11実質710 マインド悪化9貯蓄率上昇5837 マインド改善6 貯蓄率低下1米 貯蓄率・消費者マインド0税効果要因2040貯蓄率名目-3PCEデフレータ40CRB指数(右)32060100CB...

2015年3月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年3月号

...フレ率は低い水準での推移輸入物価は大きく低下輸入物価は、原油安・ドル高を背景に大きく低下している。2 月の輸入物価指数は、前年比▲9.4%と一段と低下した(図表 13)。原油安により石油関連輸入財物価が昨夏のピークと比べて大きく低下しているほか、最終財(自動車、消費財、資本財)物価も低下しており、後者にはドル高の影響がうかがえる。国内企業部門物価も低下国内企業部門でも物価は下落している。2 月の最終需要・生産者物価指数(PPI)は、前年比で下落しており、食品・エネルギーを除くコアPPIも前年比+1.0%に低下した(図表 14)。コアPCEデフレータ...

2015年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年2月号

...者物価指数(PPI)は、前年並みの水準まで低下した(図表フレが持続14)。一方、食品・エネルギーを除くコアPPIは前年比+1.6%と緩やかに上昇している。コアPCEデフレーターは低めで安定推移リテール部門でも、原油安によってヘッドラインのインフレ率が大きく低下すると共に、基調的なコア・インフレ率は低めの安定推移が続いている。個人消費支出(PCEデフレーターは、12 月前年比+0.7%まで低下した(図表 14)。食品・エネルギーを除くコアPCEデフレーター上昇率は同+1.3%と、2 か月で0.2Pt 低下...

2015年4月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年4月号

...最終需要・生産者物価指数(PPI)は、前年比で下落しており、食品・エネルギーを除くコアPPIも前年比+0.9%に低下した(図表 21)。コアPCEデフレータリテール部門でも、原油安によってヘッドラインのインフレ率が大きく低ーは低い水準で推移し下している。基調的なコア・インフレ率は低い水準で推移しているが、足元ているが、足元では持では持ち直しの兆しが見られる。ち直しの兆しも個人消費支出(PCEデフレーターは、2 月前年比+0.3%と低い水準にあるものの、前月からインフレ率が上昇した(図表 22)。食品・エネ...

2015年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年5月号

...は低下が続いており、ドル高の影響がうかがえる。国内企業部門物価も低下国内企業部門では物価が下落している。4 月の最終需要・生産者物価指数(PPI)は、前年比で下落しており、食品・エネルギーを除くコアPPIも前年比+1.3%に低下した(図表 20)。コアPCEデフレータリテール部門でも、原油安の一服によってヘッドラインのインフレ率に底ーは低い水準で推移し打ちの動きが見られる。基調的なコア・インフレ率は低い水準で推移していているが、足元では持るが、足元では持ち直しの兆しが見られる。ち直しの兆しも個人消費支出(PCEデフレータ...

2014年11月18日丸紅フィードバック数:0社会/政治海外

US Economic Outlook 14年11月:今月のトピック「堅調な拡大を続ける自動車ローン市場」

...売上高 (前期/月比)0.2%2.3%1.0%0.3%0.6% ▲0.3%自動車販売台数 [百万台]15.716.516.716.417.516.3非農業部門就業者数 (前期/月差)[万人]56.980.070.224.318.024.821.46.7%6.2%6.1%6.2%6.1%5.9%5.8%0.8%1.1%0.7%0.1%0.3%0.0%物価 コアPCEデフレーター (前年比)1.3%1.5%1.5%1.5%1.5%1.5%新築住宅着工件数 (前期/月比)▲9.8%6.5%3.9%20.8...

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

実質個人消費は2月に失速(15年2月個人消費・所得) ~1-3月期の実質個人消費は前期比年率+1.9%に減速する見込み

...残高の増加が予想される。また、消費者マインドが安定していること等から、3月の個人消費は小幅拡大すると見込まれる。それでも、1-3月期の実質個人消費は前期比年率+1.9%と10-12月期の同+4.4%から減速すると予想される。2月のPCEコアデフレーターは前年比+1.1.44%ーターは前年比+1.インフレ関連では、2月のPCEデフレーターは前年比+0.3%(1月同+0.2%)、PCEコアデフレーターが同+1.4%(前月同+1.3%)と小幅上昇したものの、低い伸びにとどまっており、低位安定した状況が持続している。FRBの長...

2014年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(3月24日~3月28日)

...食品]完全失業率(2月)有効求人倍率(2月)実質消費支出[全世帯](2月)前年比[+1.7%]+1.1%+0.7%大型小売店販売額[既存店](2月速報)小売業販売額(2月速報)前年比前年比[+0.7%][+4.8%]▲0.0%+4.4%+0.2%+2.5%個人所得(2月)消費支出(2月)コアPCEデフレータ(2月)前月比前月比前年比[+0.2%][+0.2%][+1.1%]+0.3%+0.4%+1.1%▲0.0%+0.1%+1.2%[80.0]3月速報79.92月確報81.6米ミ...

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

為替レートと輸出価格についての教科書的記述は現実に当てはまるか

...ースで算出される営業利益(紫色の線)も増加してくる。一方、契約通貨ベースの輸出価格があまり変化しないのであれば、日本の輸出競争力はそれほど向上しなかったのであろうか。更に考慮すべき点は、日本ではデフレが続いていたが、輸出先ではインフレが通常なことである。例えば、米国・コアPCEデフレーター(橙色の線)は一貫して上昇を続けており、日本の輸出価格があまり変わらなければ、次第に競争力を増すことになる。以上は、企業の輸出担当の方などは良くご存じのことかもしれない。教科書の説明とは異なり、こう...

2013年11月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(12月2日~12月6日)

...当たり賃金(全従業員ベース)個人所得(10月)消費支出(10月)コアPCEデフレータ(10月)前月比前月比前年比ミシガン大消費者信頼感指数(12月速報)予想:[ ]はみずほ総合研究所予想、それ以外はコンセンサス(Bloomberg 等)。予定は変更になる可能性があります。日:日本、米:米国、欧:欧州、英:英国、中:中国3...

2013年6月14日みずほ総合研究所フィードバック数:3社会/政治

世界中、どこを見ても2%物価目標は困難だ

...中央銀行が注目する物価指標。日本:CPI前年比(生鮮食品を除く総合、消費増税の影響除く)。米国:PCEデフレーター前年比(エネルギー・食品を除く総合)。ユーロ圏:CPI前年比(総合)。予測はみずほ総合研究所。(資料)総務省、米国商務省、Eurostat今年、日銀は2%の物価目標を掲げた。それは現在のようなマインド転換を印象付ける局面では、象徴的効果を持つ。しかし、指標たる消費者物価は実際には先に示した世界的ディスインフレ環境下、世界的1リサーチTODAY2013 年 6 月 14 日にも2%には上昇しにくい。米国...

2014年1月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2014年2月3日~2月7日)

...性を保証するものではありません。また、本資料に記載された内容は予告なしに変更されることもあります。2【 来週のダイアリー 】経 済 指 標 等日 付1/31(金) 米予 想個人所得(12月)消費支出(12月)コアPCEデフレータ(12月)前月比前月比前年比+0.2%+0.5%+1.1%▲0.1%+0.4%+1.1%[80.4]1月速報80.412月確報82.5中 製造業PMI(1月)50.551.051.4中 非製造業PMI(1月)N.A.54.656.0[56.0]57.057.3N.A.+0.6%▲0.1%[53.0]53...

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FOMCのインフレ見通しを下回る動き(14年8月消費者物価) ~物価の安定感が強まる~

....3+0.1+0.2+0.0▲0.1▲0.0+0.1+0.1+0.1▲0.0▲0.1+0.2+0.3+0.3+0.3+0.1+0.1+0.0+0.100+0.200+0.261+0.351+0.257+0.091▲0.202インフレはFOMCインフレはFOMCのFOMCの見通し見通しを下回る可能性下回る可能性14年8月の消費者物価統計では、総合指数、コア指数がともにインフレ圧力の弱まりを示した。FRBのインフレ目標の対象であるPCEデフレーター、PCEコアデフレーターの低下も予想され、9月FOMCで公...

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 下方修正もより良好な内容に改定(14年10-12月期実質GDP:改定) ~設備投資が大幅上方修正~

...下方修正前期比年率+2.6%から下方修正された。設備投資、政府支出が上方修正されたものの、個人消費、住宅投資、在庫投資、純輸出が下方修正された。ただし、設備投資が大幅に上方修正されるなど国内最終需要は前期比年率+3.2%(速報同+2.8%)と上方修正されており、速報値よりも内容は良くなった。一方、PCEデフレーターが前期比年率▲0.4%と速報の同▲0.5%から上方修正された。10-10-12 月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2.22%と減速率+2.以下では、7-9月期との比較をみる。14年10-12月期...

2014年10月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年10月号

...圧力の推移はまちまちな力はまちまち模様だ。10 月の販売価格DI(現状判断)では、NY調査が+6.8(9 月+17.4)と低下した一方、PHL調査が+20.8(9 月+8.8)と上昇した。コア個人消費支出デフレ個人消費分野に目を移すと、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消ーターは 2%を下回る推費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は 8 月時点で前年比+1.47%(7移月同+1.49%)と前月とほぼ変わらない上昇率となり、FOMC が長期目標とする 2%を下回る推移が続いている(図表 15)。食品...

2013年4月26日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年4月号

....0%)、コアCPIは同+1.89%(2 月Iインフレ率は落ち着き同+2.00%)といずれもインフレ率が低下した(図表 15)。コアCPIインフレ率は前年比ベースで 2012 年 8 月から総じて安定している。これに対し、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は、2 月時点で前年比+1.26%(1 月同+1.34%)となり、ディスインフレが続いている。食品とエネルギーを含む、いわゆるヘッド図表 13(前 年 比 )15%輸入物価図表 14(前...

2014年11月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年11月号

... 月同±0.0%)と上昇している(次頁図表 14)。販売価格へ上昇圧力一服企業の販売価格に対する上昇圧力は一服した模様だ。11 月の販売価格DI(現状判断)では、NY調査が±0.0(10 月+6.8)と低下した。コア個人消費支出デフレ個人消費分野に目を移すと、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消ーターは 2%を下回る推費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は 9 月時点で前年比+1.48%(8移月同+1.46%)と前月とほぼ変わらない上昇率となり、FOMC が長期目標とする 2...

2015年3月25日三井住友銀行フィードバック数:0社会/政治

マンスリー・レビュー(2015年3月号)

...┃ 9DATAEYEデータ アイ米国物価伸び悩みの背景と行方  国経済は、総じて回復基調が強まっています。もっとも、物価の伸びは、依然として低水準にとどまっています。 物価の動きを変動の大きい 食 料 と エ ネ ル ギ ー を 除いたコア個人消費支出(PCEデフレータでみると、2012年 初 め に 一 時FRBが目標としている前年 比 +2 % に 達 し た も のの、その後再び伸びが鈍化し、足元では1%台半ばでの推移が続いています(図表1)。 こ の 背 景 に は、 失業...

2013年10月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年10月号

...)デフレーター(米国商務省)は 8 月時点で前年比+1.23%(7月同+1.13%)と、インフレ率が上昇した(図表 15)。これまでインフレ率を押し下げていた女性衣服、医療関連などで持ち直しが続いており、個人消費分野のコア・インフレ率は安定化に向けた動きが見られている。食品とエネルギーを含む、いわゆるヘッドラインのPCEデフレーターは、同+1.2%(8 月同+1.3%)と低下した。その他の基調的なインフその他の個人消費関連物価の基調的な物価変動を表す指標もインフレ率の安定レ率も安定を示している。市場...

2013年6月25日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年6月号

... 年 8 月から総じて安定していたが、足元で低下傾向を示している。他方、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は、4 月時点で前年比+1.05%(3 月同+1.17%)となり、ディスインフレが続いている。食品とエネルギーを含む、いわゆるヘッドラインのPCEデフレーターは同+0.7%(3 月同+1.0%)と低下した。その他の基調的な物価変その他の基調的な物価変動を表す指標も、総じ...

2015年1月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2月2日~2月6日)

...支出(12月)コアPCEデフレータ(12月)貿易収支(12月)失業保険新規申請件数(~1/31)2/6(金)英 英中銀金融政策委員会(4・5日)日景気動向指数(12月速報)米予想:[ ]はみずほ総合研究所予想、それ以外はコンセンサス(Bloomberg 等)。予定は変更になる可能性があります。日:日本、米:米国、英:英国、中:中国、印:インド3...

2013年6月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(6月24日~6月28日)

...%▲0.6%▲0.3%[4.1%]4.1%4.1%[0.90倍]0.89倍0.86倍6/25(火) 米 耐久財受注(5月)新築住宅販売件数(5月)カンファレンスボード消費者信頼感指数(6月)S&P/ケース・シラー住宅価格[20都市](4月) 前年比2年国債入札6/26(水) 米GDP(1~3月期確定)5年国債入札6/27(木) 日 全産業活動指数(4月)2年利付国債入札米個人所得(5月)消費支出(5月)コアPCEデフレータ(5月)失業保険新規申請件数(~6/22)中古住宅販売仮契約指数(5月)7年国...

2014年7月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(7月28日~8月1日)

...保険新規申請件数(~7/26)比 金融政策決定会合8/1(金)日 黒田日銀総裁講演(内外情勢調査会)中 製造業PMI(7月)HSBC製造業PMI(7月確報)米雇用統計(7月) 失業率 非農業部門雇用者数 時間当たり賃金(全従業員ベース)前月差前月比製造業ISM指数(7月)個人所得(6月)消費支出(6月)コアPCEデフレータ(6月)前月比前月比前年比ミシガン大消費者信頼感指数(7月確報)予想:[ ]はみずほ総合研究所予想、それ以外はコンセンサス(Bloomberg 等)。予定は変更になる可能性があります。日:日本...

2013年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(2月25日~3月1日)

...業PMI(2月)米 製造業ISM指数(2月)個人所得(1月)消費支出(1月)コアPCEデフレータ(1月)前月比前月比前年比ミシガン大消費者信頼感指数(2月確報)3/3(日)中 非製造業PMI(2月)[55.4][4.2%]4.2%4.1%[0.82倍]0.82倍0.80倍[+0.9%]N.A.▲0.7%50.4+0.2%50.6N.A.52.351.5[52.5]53.150.2[▲2.0%][+0.1%][+1.3%]+2.6%+0.2%+1.4%+1.0%+0.4%+1.5%[76.3]2月速...

2013年12月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 欧州からのバッドニュースはたったの2つ(2013年)

...上記載時刻における直近値。図中の点線は前日終値。103.5(出所)Bloomberg【海外株式市場・経済指標他】~11月実質消費は非常に強い~23日の米国株式市場、NYダウ平均株価は続伸。前日比+73.47㌦の16294.61㌦で取引を終了。好調な米経済指標を背景に買いが優勢となった。11月名目個人消費支出は前月比+0.5%と予想どおり強い伸びを示したうえ、前月分も上方修正(0.3%→0.4%)された。実質ベースでは+0.5%と2012年2月以来の高い伸びとなり、3ヶ月前比年率では+3.5%と非常に強い。一方、PCEデフレータ...

2013年9月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(9月30日~10月4日)

....8%]3.8%3.9%[0.96倍]0.94倍0.92倍前年比[+1.4%]+0.1%▲0.4%名目賃金 前年比N.A.▲0.1%+0.6%51.551.050.3[56.0]55.755.4N.A.53.954.1[59.0]58.656.0[315千人]305千人310千人N.A.52.851.3[7.3%][+185千人][+0.2%]7.3%+169千人+0.2%7.4%+104千人±0.0%個人所得(8月)消費支出(8月)コアPCEデフレータ(8月)ミシガン大消費者信頼感指数(9月確...

2014年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 米国の突破力に注目

...れぞれ高い伸びを示したほか、住居(+0.3%)を中心にサービス価格(+0.4%)も加速。コア物価は前年比+2.0%と昨年2月以来で初めて2%の大台を回復した。FEDの重視するPCEデフレータも同様に加速が見込まれるため、今後は物価統計に一段の注目が集まろう。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通...

2014年7月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 「ノイズ」「ノイズ」と切り捨て続けられるのか

...比、%)2.54231.52110.500-160PCEデフレータ40CRB指数(右)200-20コアPCE-40-2-0.5101112(備考)Thomson Reutersにより作成PCEデフレータ130708091011(備考)Thomson Reutersにより作成14-60121314本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全...

2014年9月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(9月29日~10月3日)

...%3.7%[1.10倍]1.10倍1.10倍ミシガン大消費者信頼感指数(9月確報)GDP(4~6月期確定)前 回個人所得(8月)消費支出(8月)コアPCEデフレータ(8月)中古住宅販売仮契約指数(8月)9/30(火) 日 鉱工業生産(8月速報)完全失業率(8月)有効求人倍率(8月)実質消費支出[全世帯](8月)前年比[▲2.6%]▲5.9%▲3.0%大型小売店販売額[既存店](8月速報)小売業販売額(8月速報)前年比前年比[▲0.2%][▲0.4%]▲0.6%+0.6%▲1.8%▲0.6%毎月...

2013年5月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(5月27日~5月31日)

...%[0.87倍]0.86倍0.85倍前年比[+2.2%]+5.2%+0.8%季調済年率[93.6万戸]90.4万戸94.4万戸[+0.1%][±0.0%][+1.1%]+0.2%+0.2%+1.1%+1.1%+0.7%+1.3%[84.0]5月速報83.74月確報76.4有効求人倍率(4月)実質消費支出[全世帯](4月)新設住宅着工戸数(4月)中曽日銀副総裁講演(ESRI国際コンファレンス)米個人所得(4月)消費支出(4月)コアPCEデフレータ(4月)前月比前月比前年比ミシガン大消費者信頼感指数(5...

2013年6月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook ポジティブサプライズにも注意

...速。個人所得は同+0.0%、貯蓄率は同+2.5%となった。PCEコアデフレータは前年比+1.05%と前月(同+1.17%)から鈍化(図)。3ヶ月前比年率(3MA)でみても+0.55%とディスインフレ基調が強まっている。PCEデフレータも前年比+0.7%とFEDの物価目標(goal)からの下方乖離が一段と鮮明になった。PCEコアデフレータ54(%)3PCEコア年率換算(3MA)PCEコア年率換算PCE前年比2.53221.51005060708(備考)Bloombergにより作成。10910111213...

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 黒田総裁は「躊躇なく調整する」と言っている。バーナンキ議長は「縮小もありうる」と言っている。

...利低下も好感され買いが優勢となった。GDPの下方修正を受けてQE縮小観測がやや後退した模様。GDP(1-3月期、確定値)は前期比年率+1.8%と改定値(同+2.4%)から下方修正。個人消費(+3.4%→+2.6%)の下方修正が主因。FRB理事、地区連銀総裁による見通しこれを受けてQE縮小へのハードルがやや高くなっ実質GDP失業率PCEデフレータPCEコアデフレータた可能性がある。今年の成長率は6月FOMCで示されたFEDの強気見通しに届くのだろうか。2013年2.3-2.67.2-7.30.8-1.21.2-1.3(6月時...

2013年8月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook FED泣かせの雇用統計

...分は下方修正)。個人所得は同+0.3%と市場予想(同+0.4%)を下回ったうえ、過去分も下方修正された。PCEデフレータは同+0.4%(前年比+1.3%)、PCEコアデフレータは同+0.2%(前年比+1.1%)とディスインフレ基調が続いている。(%)54PCEコアデフレータPCEコア年率換算(3MA)PCEコア年率換算PCEコア前年比(右)32100506070809(備考)Bloombergにより作成。10111213本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成...

2015年2月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2015年3月2日~3月6日)

...支▲425億㌦▲466億㌦▲398億㌦中 製造業PMI(2月)非製造業PMI(2月)日中法人企業統計(10~12月期)  経常利益[全産業]  設備投資[全産業](ソフトウェア除く)前年比前年比HSBC製造業PMI(2月確報)米 製造業ISM指数(2月)個人所得(1月)消費支出(1月)コアPCEデフレータ(1月)3/3(火)2月速報93.6[+1.9%]中古住宅販売仮契約指数(1月)3/2(月)前々回前期比年率GDP(10~12月期暫定)3/1(日)前 回日 毎月勤労統計(1月速報)10年利付国債入札3...

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

冴えない経済指標が続き 利上げ先送り観測強まる

....20.60.10.32.02.11.82.22.02.10.20.1-0.2-0.3-0.50.1-0.3-0.3-0.70.20.2小売売上高(前月比、%)0.30.4-0.9-0.8-0.50.9(前年比、%)ミシガン大学消費者信頼感指数鉱工業生産(前月比、%)企業関連 稼働率(%)ISM製造業指数住宅関連5.722.1消費者物価指数(前月比)PCEデフレーター(前月比)消費関連14年10月 14年11月 14年12月 15年1月 15年2月 15年3月4.34.73.33.61.91.386...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ