調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > PCEデフレーター

「PCEデフレーター」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年3月4日内閣府フィードバック数:5社会/政治海外

アメリカ:最近の物価動向

...今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向ポイント2013年3月4日 FRBが物価の尺度として使用しているPCE(個人消費支出)デフレーター(総合指数)の前年同月比の値をみると、12年半ば以降上昇していたが、10月以降は伸び幅を縮小させている(図1)。為替レートや原油価格など物価に影響を及ぼすいくつかの項目を取り上げ、インフレ率低下の要因を探ることとする。 為替レートは、輸入物価を通じてPCEデフレーターに影響を及ぼすと考えられる。昨年10月以降、ドル...

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の物価動向と今後の注目点

...財」(PCEデフレーターは、12 年 5 月以降、の下落幅が 0.1 ポイント拡大したことにFRB の長期目標(2.0%)を下回って推移より、ディスインフレ傾向が強まっていしているが、直近では 1.2%と 8 ヶ月ぶることが見て取れる。りの低水準まで上昇幅が縮小した(図表1)。まず、非耐久財の内訳では、ドル高を背景とした輸入価格の下落を受け「被こうしたなか、FRB は 14 年 12 月に開服・履物」の伸びが縮小した。また、シ催した連邦公開市場委員会(FOMC)後の...

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2013年9月号)

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業が 57.5%に上昇米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は 21.1 万人増米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・全体が 0.4%上昇米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは+1.7%に下降中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・1Qの伸び率は+6.9%に上昇中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・5月、51.2 で横ばい中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・輸出は2カ月連続でプラス当資料は5月31日ま...

2013年3月5日大和総研フィードバック数:11社会/政治

景気が見えるグラフ32(2013年3月号)

...)Ⅲ.海外経済米国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Q速報値は 2.6%成長に加速米国ISM景況指数・・・・・・・・・・・・・・製造業は2年10ヵ月ぶり高水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の雇用者数は 22.2 万人増と拡大米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の全体は2ヵ月連続で減少米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・5月のデフレーターは3ヵ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気...

2013年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2013年12月号)

...)Ⅲ.海外経済米国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Q速報値は 2.6%成長に加速米国ISM景況指数・・・・・・・・・・・・・・製造業は2年10ヵ月ぶり高水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の雇用者数は 22.2 万人増と拡大米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の全体は2ヵ月連続で減少米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・5月のデフレーターは3ヵ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気...

2014年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32 2014年10月号

...)Ⅲ.海外経済米国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Q速報値は 2.6%成長に加速米国ISM景況指数・・・・・・・・・・・・・・製造業は2年10ヵ月ぶり高水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の雇用者数は 22.2 万人増と拡大米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の全体は2ヵ月連続で減少米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・5月のデフレーターは3ヵ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気...

2014年4月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2014年4月号)

...)Ⅲ.海外経済米国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Q速報値は 2.6%成長に加速米国ISM景況指数・・・・・・・・・・・・・・製造業は2年10ヵ月ぶり高水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の雇用者数は 22.2 万人増と拡大米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の全体は2ヵ月連続で減少米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・5月のデフレーターは3ヵ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気...

2014年5月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2014年5月号)

...)Ⅲ.海外経済米国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Q速報値は 2.6%成長に加速米国ISM景況指数・・・・・・・・・・・・・・製造業は2年10ヵ月ぶり高水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の雇用者数は 22.2 万人増と拡大米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の全体は2ヵ月連続で減少米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・5月のデフレーターは3ヵ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気...

2014年3月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2014年3月号)

...)Ⅲ.海外経済米国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Q速報値は 2.6%成長に加速米国ISM景況指数・・・・・・・・・・・・・・製造業は2年10ヵ月ぶり高水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の雇用者数は 22.2 万人増と拡大米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・6月の全体は2ヵ月連続で減少米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・5月のデフレーターは3ヵ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気...

2014年1月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32 (2014年1月号)

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業は11カ月ぶり低水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は2カ月連続で 20 万人超え米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月の全体は+0.6%増米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは5カ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・8月は 51.7 で、前月比 0.3pt 上昇中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月は...

2014年6月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32 2014年6月号

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業は11カ月ぶり低水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は2カ月連続で 20 万人超え米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月の全体は+0.6%増米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは5カ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・8月は 51.7 で、前月比 0.3pt 上昇中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月は...

寒波の影響が続くも、底堅く推移する米国経済

....3(2.2~2.4)5.2~5.6(5.2~5.8)2.0(2.0)0.5~1.5(0.5~1.5)1.75~3.0(1.5~3.0)3.5~4.0(3.5~4.0)フォワード・ガイダンスについては、実質GDPインフレ率が FOMC の長期目標であ失 業 率る 2.0%を下回り続けると予想されPCEデフレーターる場合には「失業率が 6.5%を下回コアPCEデフレーター2.8~3.0(2.8~3.2)6.1~6.3(6.3~6.6)1.5~1.6(1.4~1.6)1.4~1.6(1.4~1.6...

2013年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32(2013年10月号)

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業は11カ月ぶり低水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は2カ月連続で 20 万人超え米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月の全体は+0.6%増米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは5カ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・8月は 51.7 で、前月比 0.3pt 上昇中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月は...

2015年1月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業は11カ月ぶり低水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は2カ月連続で 20 万人超え米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月の全体は+0.6%増米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは5カ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・8月は 51.7 で、前月比 0.3pt 上昇中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月は...

2014年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32 2014年2月号

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業は11カ月ぶり低水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は2カ月連続で 20 万人超え米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月の全体は+0.6%増米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは5カ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・8月は 51.7 で、前月比 0.3pt 上昇中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月は...

2014年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32 2014年11月号

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業は11カ月ぶり低水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は2カ月連続で 20 万人超え米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月の全体は+0.6%増米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは5カ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・8月は 51.7 で、前月比 0.3pt 上昇中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月は...

2015年6月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

景気が見えるグラフ32 2015年6月号

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業は11カ月ぶり低水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は2カ月連続で 20 万人超え米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月の全体は+0.6%増米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは5カ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・8月は 51.7 で、前月比 0.3pt 上昇中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月は...

2013年2月5日大和総研★フィードバック数:11社会/政治

各種指標のまとめです。

景気が見えるグラフ32(2013年2月号)

...指数・・・・・・・・・・・・・・非製造業は11カ月ぶり低水準米国雇用統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雇用者数は2カ月連続で 20 万人超え米国小売売上高・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月の全体は+0.6%増米国PCEデフレーター・・・・・・・・・・デフレーターは5カ月連続鈍化中国GDP/実質成長率・・・・・・・・・・2Qの成長率は+6.9%と横ばい中国PMI景気指数・・・・・・・・・・・・・・8月は 51.7 で、前月比 0.3pt 上昇中国貿易統計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7月は...

2015年3月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年3月号

...フレ率は低い水準での推移輸入物価は大きく低下輸入物価は、原油安・ドル高を背景に大きく低下している。2 月の輸入物価指数は、前年比▲9.4%と一段と低下した(図表 13)。原油安により石油関連輸入財物価が昨夏のピークと比べて大きく低下しているほか、最終財(自動車、消費財、資本財)物価も低下しており、後者にはドル高の影響がうかがえる。国内企業部門物価も低下国内企業部門でも物価は下落している。2 月の最終需要・生産者物価指数(PPI)は、前年比で下落しており、食品・エネルギーを除くコアPPIも前年比+1.0%に低下した(図表 14)。コアPCEデフレーター...

2015年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年5月号

...は低下が続いており、ドル高の影響がうかがえる。国内企業部門物価も低下国内企業部門では物価が下落している。4 月の最終需要・生産者物価指数(PPI)は、前年比で下落しており、食品・エネルギーを除くコアPPIも前年比+1.3%に低下した(図表 20)。コアPCEデフレータリテール部門でも、原油安の一服によってヘッドラインのインフレ率に底ーは低い水準で推移し打ちの動きが見られる。基調的なコア・インフレ率は低い水準で推移していているが、足元では持るが、足元では持ち直しの兆しが見られる。ち直しの兆しも個人消費支出(PCEデフレーター...

2013年9月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年9月号

...の販売価格には上昇圧力コア個人消費支出デフレーターは下げ止まり9 月の企業の販売価格を示す連銀製造業調査の販売価格DI(現状判断)は、NY調査が+8.6(8 月+3.6)、PHL調査が+12.7(8 月+9.9)と共に上昇した。個人消費分野に目を移すと、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は 7 月時点で前年比+1.20%(6月同+1.23%)と、インフレ率は概ね下げ止まっている。これまでインフレ率を押し下げていた女性衣服、医療関連などで持ち直しが続いており、個人消費分野のコア・イン...

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

為替レートと輸出価格についての教科書的記述は現実に当てはまるか

...ースで算出される営業利益(紫色の線)も増加してくる。一方、契約通貨ベースの輸出価格があまり変化しないのであれば、日本の輸出競争力はそれほど向上しなかったのであろうか。更に考慮すべき点は、日本ではデフレが続いていたが、輸出先ではインフレが通常なことである。例えば、米国・コアPCEデフレーター(橙色の線)は一貫して上昇を続けており、日本の輸出価格があまり変わらなければ、次第に競争力を増すことになる。以上は、企業の輸出担当の方などは良くご存じのことかもしれない。教科書の説明とは異なり、こう...

2013年10月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年10月号

...)デフレーター(米国商務省)は 8 月時点で前年比+1.23%(7月同+1.13%)と、インフレ率が上昇した(図表 15)。これまでインフレ率を押し下げていた女性衣服、医療関連などで持ち直しが続いており、個人消費分野のコア・インフレ率は安定化に向けた動きが見られている。食品とエネルギーを含む、いわゆるヘッドラインのPCEデフレーターは、同+1.2%(8 月同+1.3%)と低下した。その他の基調的なインフその他の個人消費関連物価の基調的な物価変動を表す指標もインフレ率の安定レ率も安定を示している。市場...

2014年12月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年12月号

....3(11 月±0.0)に上昇した。コア個人消費支出デフレ個人消費分野に目を移すと、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消ーターは 2%を下回る推費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は 10 月時点で前年比+1.55%(9移月同+1.49%)と前月の上昇率を小幅に上回ったが、FOMC が長期目標とする 2%を下回る推移が続いている(図表 15)。食品とエネルギーを含む、いわゆるヘッドラインのPCEデフレーター前年比上昇率は同+1.4%(9 月同+1.4%)と前...

2014年11月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年11月号

... 月同±0.0%)と上昇している(次頁図表 14)。販売価格へ上昇圧力一服企業の販売価格に対する上昇圧力は一服した模様だ。11 月の販売価格DI(現状判断)では、NY調査が±0.0(10 月+6.8)と低下した。コア個人消費支出デフレ個人消費分野に目を移すと、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消ーターは 2%を下回る推費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は 9 月時点で前年比+1.48%(8移月同+1.46%)と前月とほぼ変わらない上昇率となり、FOMC が長期目標とする 2...

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年11月号

...商務省1213/9輸入2014年 度2013年 度2468(月 )2012年 度(資料)米国財務省6みずほ米国経済情報(2013 年 11 月号)コア個人消費支出デフレ個人消費分野に目を移すと、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消ーターは下げ止まり費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は 9 月時点で前年比+1.19%(8月同+1.21%)と、ほぼ前月並みのインフレ率となった。個人消費分野のコア・インフレ率は春先まで低下傾向にあったが、足元で下げ止まりが見られる。食品...

2013年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年7月号

...の販売価格は上昇圧7 月の企業の販売価格を示す連銀製造業調査の販売価格DI(現状判断)を見力が緩和ると、NY調査では+1.1(6 月+11.3)、PHL調査では+7.0(+14.6)といずれも低下しており、6 月にあった上昇圧力は緩和した模様だ。コア個人消費支出デフレ個人消費分野に目を移すと、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消ーターは前月からほぼ横費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は、5 月時点で前年比+1.06%(4ばい。今後の持ち直しを月同+1.05%)と前...

2013年6月25日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年6月号

... 年 8 月から総じて安定していたが、足元で低下傾向を示している。他方、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は、4 月時点で前年比+1.05%(3 月同+1.17%)となり、ディスインフレが続いている。食品とエネルギーを含む、いわゆるヘッドラインのPCEデフレーターは同+0.7%(3 月同+1.0%)と低下した。その他の基調的な物価変その他の基調的な物価変動を表す指標も、総じ...

2014年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年2月号

...昇しており、前年比で見れば+1.3%(12 月同+1.2%)と前月からインフレ率が上昇した(図表 14)。企業の販売価格は上昇圧力が増大した模様2 月の販売価格DI(現状判断)は、NY調査が+15.0(1 月+13.4)、PHL調査が+7.6(1 月+5.1)と共に上昇した。企業の販売価格は上昇圧力が増した模様だ。コア個人消費支出デフレ個人消費分野に目を移すと、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消ーターの 2%に向けた持費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は 12 月時点で前年比+1...

2014年3月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年3月号

.../814/2コアCPIコアPCEデフレーター(資料)米国労働省7みずほ米国経済情報(2014 年 3 月号)コア個人消費支出デフレ個人消費分野に目を移すと、物価判断の指標として FOMC が注目するコア個人消ーターの 2%に向けた持費支出(PCEデフレーター(米国商務省)は 1 月時点で前年比+1.09%(12ち直しに遅れ月同+1.19%)と、FOMC が長期目標とする 2%に向けた持ち直しは遅れている(図表 15)。食品とエネルギーを含む、いわゆるヘッドラインのPCEデフレーターは、同+1.2...

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

寒波の影響が和らぎ、持ち直す米国経済

...傾向が続くこと10を示唆している。PCEデフレーター(左目盛)48物価面では、3 月の PCE(個人消費支出)失業率(右目盛)2604▲22デフレーターが前年比 1.1%と、金融当局(FRB)の目標である 2%を大きく下回っているが、原油価格や農産物価格の高02/404/406/4(資料)米労働省、米商務省、NBER金融市場2014年6月号08/410/412/4騰のほか、医療関連サービスの物価押し14/4(注)シャドー部分は景気後退期6ここに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製...

2014年1月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 資産購入額を100億ドル縮小し月額650億ドルに(1月FOMC予想) ~ファワードガイダンスは変更しない見込み~

...の度合いは小さくなってきている」との見方が示されよう。インフレ判断では、11月のPCEデフレーターが前年同月比+0.9%、PCEコアデフレーターが同+1.1%と低い伸びにとどまっていることから、委員会の中長期的な目標である同+2%を下回る水準で推移していることを指摘する一方で、中長期におけるインフレ期待は引き続き安定していることも示し、先々インフレ率が上向くことの見通しを示そう。景気と労働市場のリスクは均衡しているが、インフレ率はリスクになる可能性があるとなる可能性があるとの認識を維持認識を維持FOMC声明文での見通しは、緩や...

2014年9月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 2014年、2015年経済・金融予測 ~緩やかな成長基調を維持、早期の利上げがリスク要因~

...以降の実質GDP成長率は小幅鈍化する公算が大きい。5.インフレは競争環境インフレは競争環境等競争環境等映じて低位安定映じて低位安定継続低位安定継続インフレ期待は安定を続け、コアインフレは緩やかな上昇にとどまる見込みインフレに関して、個人消費支出(PCEデフレーターの上昇率は、エネルギー・食料品価格の安定によって、前年同月比+1.56%と低い伸びにとどまっている。また、FRBが重視しているPCEコアデフレーターはサービス価格の上昇ペース加速にもかかわらず耐久財価格の下落によって、前年同月比+1.47%と低...

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年3月2日~) ~米指標から利上げ時期を探る展開~

...利益      ・設備投資(除ソフトウェア)新車販売台数・乗用車(2月)欧州 欧失業率(1月)欧消費者物価(2月):速報値米国 ISM製造業景況指数(2月)自動車販売台数(2月)個人支出(1月) PCEデフレーター(1月)・コアバーナンキ前FRB議長講演他 中国HSBC製造業PMI(2月改定)日本 マネタリーベース(2月)名目賃金(1月)10年債入札欧州-米国 クリーブランド連銀総裁講演他 豪州金融政策委員会中国第12期政協会議日本-欧州 欧小売売上高(1月)米国 ISM非製造業景況指数(2月)ADP雇用統計(2月...

2014年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年10月27日~) ~日米金融当局はそれぞれの方向へ~

...)     ・全国・総合(9月)     ・全国・コア(9月)家計調査(9月):全世帯完全失業率(9月)有効求人倍率(9月)住宅着工(9月)日銀金融政策決定会合日銀総裁記者会見日銀展望レポート欧州 欧失業率(9月)欧消費者物価(10月):速報値米国 個人支出(9月) PCEデフレーター(9月)・コアシカゴ地区PMI(10月)ミシガン大学消費者センチメント(10月確報)--注目度コンセンサスレンジ★★+3.5%104.5+3.4~+3.6%102.0~105.3+3.5% 前年比104.7 景気動向★+0.8...

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年2月2日~) ~原油に絡む混乱は、米企業景況感にどのような影響を与えるか~

... ISM製造業景況指数(1月)自動車販売台数(1月)個人支出(12月) PCEデフレーター(12月)・コア2016年度予算教書他 中国HSBC製造業PMI(1月改定)日本 10年債入札欧州-米国 セントルイス連銀総裁講演ミネアポリス連銀総裁講演他 豪州金融政策委員会インド金融政策委員会日本 名目賃金(12月)岩田日銀副総裁講演欧州 欧小売売上高(12月)米国 ISM非製造業景況指数(1月)ADP雇用統計(1月)クリーブランド連銀総裁講演日本 30年債入札欧州 BOE金融政策委員会ECB月報...

2015年6月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年6月22日~) ~ギリシャ問題で動き取れず~

...向けサービス価格指数(5月)金融政策決定会合議事要旨欧州 欧製造業PMI(6月):速報値米国 新築住宅販売(5月)耐久財受注(5月)・除輸送機器連邦住宅局(FHFA)住宅価格(4月)パウエルFRB理事講演2年債入札他 中国HSBC製造業PMI(6月速報)米中戦略経済対話(~24日)日本-欧州 独ifo景況感指数(6月)米国 実質GDP(1-3月期)・確報値2年変動利付債入札5年債入札日本 2年債入札欧州 EU首脳会議(~26日)米国 個人支出(5月) PCEデフレーター(5月)・コア7年債入札日本 消費者物価・東京...

2013年9月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年9月23日~) ~自縄自縛となったFRB議長を救うのは、素直な解釈による金利の低下~

...入札日本 消費者物価・東京・総合(9月)     ・東京・コア(9月)     ・全国・総合(8月)     ・全国・コア(8月)2年債入札欧州 独消費者物価(9月)・速報値ドラギECB総裁講演米国 個人支出(8月) PCEデフレーター(8月)・コアミシガン大学消費者センチメント(6月確報)ボストン連銀総裁講演シカゴ連銀総裁講演NY連銀総裁講演--注目度コンセンサスレンジ前回備考★★★★★51.751.0~52.751.4★★50.849.5~51.350.1★★★★★★108.080.4+12.6%+0...

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年4月28日~) ~重要材料目白押し。日銀にも少しは期待したい~

...支出(3月) PCEデフレーター(3月)・コアISM製造業景況指数(4月)自動車販売台数(4月)イエレンFRB議長講演他 中国製造業PMI(4月)日本 家計調査(3月):全世帯完全失業率(3月)有効求人倍率(3月)マネタリーベース(4月)欧州 欧失業率(3月)米国 雇用統計・非農業就業者数(3月)     失業率(3月)     時間あたり賃金(3月)--注目度コンセンサスレンジ前回★★★★★★★★★+0.9%+1.4%83.2+12.9%+0.5%89.4+0.6~+1.0%+0.9~+1.5%81...

2013年11月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用上振れも回復の持続性を見極めるには材料不足(13年10月雇用統計) ~失業率は参加率の低下がなければ7.8%に悪化~

...用統計を受け早期利上げの織り込み度合いが若干強まった10月の雇用統計を受けQE3の減額開始が12月に前倒しされるとの見方がやや増加した模様であるが、10月の雇用統計の結果で、12月にFRBがQE3の減額を開始すると判断するのは早計だろう。足元の米国内需要に力強さはなく、9月のPCEデフレーターが前年同月比+0.9%まで低下しているほか、政府機関閉鎖の実体経済への影響が確認できていないことから、当面FRBが850億ドルの資産購入ペースを維持せざるを得ない状況にある。10月の雇用統計発表後のFF先物市場では、FRBが利上げを実施する確率を15年4月で...

2013年8月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年8月26日~) ~来週発表のISM、雇用統計を控えて一進一退か~

...)     ・全国・総合(7月)     ・全国・コア(7月)家計調査(7月):全世帯完全失業率(7月)有効求人倍率(7月)鉱工業生産(7月)住宅着工(7月)欧失業率(7月)欧消費者物価(8月):速報値個人支出(7月) PCEデフレーター(7月)・コアミシガン大学消費者センチメント(8月確報)シカゴ地区PMI(8月)-中国製造業PMI(8月)★★前回備考▲0.1% 前月比106.2 景気動向80.3+12.2% 前年比★★★★★★★★★★★★★★★★★前年...

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年3月3日~) ~ロシアの強硬な姿勢でリスク回避は鮮明に~

...利益      ・設備投資(除ソフトウェア)新車販売台数・乗用車(2月)欧州 ドラギECB総裁議会証言米国 ISM製造業景況指数(2月)自動車販売台数(2月)個人支出(1月) PCEデフレーター(1月)・コア他 中国HSBC製造業PMI(2月改定)日本 マネタリーベース(2月)名目賃金(1月)10年債入札欧州-米国 予算教書FRB副議長ら上院指名公聴会他 豪州金融政策委員会日本-欧州 欧小売売上高(1月)欧実質GDP(10-12):改定値米国 ISM非製造業景況指数(2月)ADP雇用統計(2月)ベー...

2013年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年2月25日~) ~TPP、FRB議会証言は株にとってプラスも、見えない財政の崖

...ソフトウェア)新車販売台数・乗用車(2月)欧州 欧失業率(1月)欧消費者物価(2月):速報値米国 個人支出(1月) PCEデフレーター(1月)・コア自動車販売台数(2月)ISM製造業景気指数(2月)ミシガン大学消費者センチメント(2月確報)歳出強制削減発動期限他 中国製造業PMI(2月)--注目度コンセンサスレンジ前回備考52.351.9~53.052.3+6.7%+0.6%61.2+6.5~+6.9%+0.5~+0.9%58.0~68.0+5.5% 前年比+0.6% 前月比58.6▲1.6%▲2.8...

2013年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年11月4日~) ~ISMが強かっただけに、雇用統計まで動きにくいか~

...会ドラギECB総裁記者会見BOE金融政策委員会ドラギECB総裁講演米国 実質GDP(7-9月期)・速報値消費者信用残高(9月)日本-欧州-米国 雇用統計・非農業就業者数(10月)     失業率(10月)     時間あたり賃金(10月)個人支出(9月) PCEデフレーター(9月)・コアミシガン大学消費者センチメント(11月速報)アトランタ連銀総裁講演サンフランシスコ連銀総裁講演他 中国貿易統計(10月)・輸出         ・輸入他 中国消費者物価(10月)中国小売売上高(10月)中国鉱工業生産(10月...

2014年3月12日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2014年3月号

... 月の生産者物価指数の最終財コア指数(変動の大きい食品・エネルギー価格を除いた指数)は前年比+1.7%(図表 2-1-13)。最終財総合指数は前年比+1.5%。・ 1 月の消費者物価指数のコア指数(変動の大きい食品・エネルギー価格を除いた指数)は前年比+1.6%(図表 2-1-14)。総合指数は前年比+1.6%。また、FRB のインフレ判断の目安であるコア PCE デフレーターは前年比+1.2%。[図表2-1-13] 生産者物価指数(前年比)[図表2-1-14] 消費者物価指数(前年比)(前年...

2013年1月9日日本総研フィードバック数:2社会/政治

為替相場展望2013年1月号

...12月)失業率(右)12▲2(年/月)(資料)米FRB、労働省、商務省(注)インフレ率は、PCEデフレーター。FOMC見通しは、中心レンジの中央値を表示。2012年 2013年 2014年 2015年 中長期実質GDP成長率9月時点の見通し 1.7~2.0 2.5~3.0 3.0~3.8 3.0~3.8 2.3~2.5失業率日本銀行名称英語名中長期的な物価安定の目途price stabilitygoal in themedium tolong term欧州中央銀行イングランド銀行...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ