「PPI」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年8月6日Open Signalフィードバック数:0モバイル海外

Android Fragmentation Visualized (August 2015)

... (points per inch - ppi). Ideally we would use separate values for X-density and Y-density as screens are sometimes manufactured with different ppi in different directions, however Android only gives access to one variable. Also worth noting: with rooted...

2013年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 米・欧ディスインフレ VS 日本 脱デフレ

...サプライズとなったのは物価統計だ。米PPIとCPIは前年比でそれぞれ+0.3%、+1.2%まで鈍化し、昨日はユーロ圏CPIが話題となった。このように米・欧でディスインフレ基調が強まるなか、日本の物価は上向き基調で対象的な動きとなっている。既に日米PPI格差は逆転(日>米)しており、PPPに基づけば、円安圧力が作用している。もっとも、米・欧のディスインフレ基調は、短期的には追加緩和期待を通じてUSD、EUR安を促す可能性があるため、即座に円安が進む可能性は低いだろう。ただ、それでもPPPは世界で最もポピュラーな為替理論だ。今後...

2015年9月30日Elsevierフィードバック数:0ライフスタイル

新薬採用アンケート2015年版

...で医療ニーズを満たすアンメット型新薬が明らかに数を増やした。加えて販売メーカーも国内・外資の大手に混ざって、ニッチ領域に特化するスペシャリティファーマが顔を出してきたのも特徴だ。◎タケキャブ 薬理作用の新しさと有効性を上手くアピール採用率トップの消化性潰瘍薬タケキャブ(P-CAB、ボノプラザンフマル酸塩)は、従来のPPIと異なる作用機序を有する。これまでのPPIが酸の生成部位に到達してから活性体となり、プロトンポンプと不可逆的に結合するのに対し、P-CABは直接カリウムイオンと競合し、プロトンポンプを可逆的に阻害する。採用理由の最多は「既存...

2014年9月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 確かな余力がそこにある

...り作成鉱工業生産11121314050607080910(備考)Thomson Reutersにより作成製造業生産11121314【国内株式市場・経済指標他】~中国物価統計:何れも弱い~・日本株は米株高、USD/JPY上昇を受けて高寄り後、もみ合い。・8月中国CPIは前年比+2.0%、PPIは▲1.2%とそれぞれ予想を下振れ前月から弱含み。CPIは食料品の減速が響き、PPIは資源関連の下落が目立った。後者は中国経済底打ちに疑問を呈する。【注目点】~確かな余力がそこにある~・昨日欧州時間にUSD/JPYは107手前まで上伸。リーマンショック前夜(前週...

2014年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook もはや“ノイズ”というレベルではない

...指標他】~中国CPIは上振れもPPIは鈍化~・日経平均株価は前日比▲221.71円の14313.03円で取引を終了。米株高に追随できず連日の大幅下落。・1月中国CPIは前年比+2.5%と前月から変わらず(市場予想:+2.4%)。食料品(+4.1%→+3.7%)の減速をサービス(+3.3%(前年比、%)→+3.7%)の上昇などが補った。他方、1月PPIは市場予想どお5り前年比▲1.6%と前月(▲1.4%)から下落幅拡大。需給バランス0の崩れから素原材料以外でも広範な品目が落ち込んでいる。グロー-5バル...

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook そろそろ日銀に注目、先ずは声明文から

...→+10.98)が大きく改善したほか、雇用(0.00→+12.2)と週平均労働時間(▲10.84→+1.22)も非常に強かった。北部を襲った寒波にも拘らず、NY連銀地区の製造業活動が拡大したことはヘッドラインの改善以上にポジティブだろう。・12月PPIは前月比+0.4%と予想に一致し、前年比では+1.2%と前月(+0.7%)から加速。もっとも、全体を押し上げたのはガソリン(前月比+2.2%)とタバコ(同+3.6%)で需給の引き締まりを反映したものではない。コアは前月比+0.3%、前年比では+1.4...

2014年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook やっぱり下落シナリオは描きづらい

... ㌦※は右上記載時刻における直近値。図中の点線は前日終値。101.0(出所)Bloomberg【海外株式市場・経済指標他】~米PPI:価格決定力の回復か~・NYダウ平均株価は前日比▲143.47㌦の16026.75㌦で取引終了。・4月ミシガン大学消費者信頼感指数は82.6と前月(80.0)から改善、市場予想(81.0)を上回った。現況(95.7→97.1)は寒波襲来前の12月水準(98.6)に接近し、期待(70.0→73.3)は昨年8月以来の高水準に到達。既往の資産効果や雇用・所得...

2014年3月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 引火しないことを祈る

...)Bloomberg【海外株式市場・経済指標他】~ウクライナ次第~・NYダウ平均株価は前日比▲43.22㌦の16065.67㌦で取引終了。ウクライナ情勢緊迫化などから売り優勢。・3月ミシガン大学消費者信頼感指数は79.9と市場予想(82.0)に反して前月(81.6)から悪化。4カ月ぶり低水準に落ち込んだ。内訳は、悪天候の逆風が弱まるなかで現況(95.4→96.1)は改善したものの、期待(72.7→69.4)が悪化。・2月PPIは前年比+0.9%と前月(+1.2)から急減速。前月比でも▲0.1%と予想(+0.2...

2016年10月10日転職×天職フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製薬会社「5年成長率」ランキング

...も高い成長率となっています。武田とアステラスは売上回復 抜け出せないエーザイ2010年問題で特に影響を受けた大手では、ARB「ブロプレス」とPPI「タケプロン」、糖尿病治療薬「アクトス」が立て続けに特許切れを迎えた武田薬品工業が、買収や新製品の成長を背景に27.3%の成長。免疫抑制剤「プログラフ」や排尿障害改善薬「ハルナール」の特許切れに直面したアステラスも高い成長を記録しており、両社の売上高は特許切れ前のピークの水準を超えました。一方、かつて売上高の6割を稼ぎ出していた認知症治療薬「アリセプト」とPPI「パリエット」の特...

米国経済(週次)予測(2013年2月22日)」

...の経済成長率を見る上で注意すべきは非常に低いインフレ率が背景にあるということだ。▶現在のような低いインフレ環境においては、失業率が 6.5%に低下するまで連銀が数量的金融緩和政策を維持することは間違いない。一方、連銀内において数量的緩和策のベネフィット・コストが建設的に議論されるようになった。<低いインフレ率に支えられた高成長>2 月 22 日の CQM 予測は 1 月の住宅着工件数、生産者物価指数(PPI)、消費者物価指数(CPI)を更新した。今週の CQM は今期(1-3 月期)の実質 GDP 伸び率を支出サイドでは 3.80%から 3.83%へ、所得サイドでは 1.93...

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 離陸待ちが続く

...13960.05円で取引終了。欧米株安を受けてギャップダウン。・3月国内企業物価は前年比+1.7%と前月(+1.8%)から一段と鈍化。前年比でみた円安一巡から企業段階での物価上昇が一服した。CPIも同様、先行きは円安効果の一服が見込まれる。・3月中国CPIは前年比+2.4%と前月(+2.0%)から加速。非食料品(+1.6%→+1.5%)の減速を食料品(+2.7%→+4.1%)の加速が補った。一方、PPIは前年比▲2.3%と前月(▲2.0%)から一段と下落。弱いPMI、輸出...

2015年4月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の病は「日本病」、デフレとバランスシート問題

...月以来の低い伸びとなった。翌2月には同+1.4%まで上昇したが、これは旧正月休暇を背景とする生鮮野菜・果実、旅行関連サービスの一時的な価格上昇によるところが大きい。また、工業生産者価格指数(PPI)の伸びも2015年2月には同▲4.8%となり、マイナス幅がさらに拡大しており、それが今後の消費者物価の下落要因ともなりうる。こうした物価の下落も「日本病」の症状の一つだ。■図表:中国の物価指数推移6(前年比、%)CPIPPI420-2-4-62012131415(年)(資料)中国国家統計局、CEIC...

2015年6月16日みずほ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2015年6月12日 人民元為替週間レポート

... FridayBloombergより当行作成3【TOPICS】5月の中国経済指標まとめ~前月(4月)分からは回復傾向~NBS発表PMIは回復の兆し。中小企業割合が多いとされるHSBC製造業PMIは前月比上昇だか、依然50を割る状況。(資料)Bloombergより作成CPIは前月から0.3ポイント低下。PPIは▲4.6%と39ヶ月連続でマイナス。実質金利は引き続き高水準で推移。(資料)Bloombergより作成輸出は米国経済回復を背景にマイナス幅を縮小。輸入は引続き国内需要の弱さが示される結果。更なる財政刺激策が必要か。(資料...

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>

...比ではプラスに転じており、補正予算の効果が出始めたようである。 ・2月の関空への訪日外客数は49万9,570人となり、2013年1月以来、49カ月ぶりの減少となったものの、引き続き高水準で推移している。 ・中国の2月の生産者物価指数(PPI)の伸びは2016年9月にプラスに転じてから、6カ月連続で加速。原油価格の上昇に加え、需給バランスの改善からデフレ圧力は緩和している。 Kansai Economic Insight Quarterly No.33 <岐路に立つ関西経済、持ち直しの動きを持続できるか 内需...

APIR Commentary No.47<日本は世界の「クール」な旅行先?>

...降で最も低水準となった。雇用環境は好調が続いている。 ・2月の公共工事請負金額は5カ月連続の前年比マイナスとなったものの、前月比ではプラスに転じており、補正予算の効果が出始めたようである。 ・2月の関空への訪日外客数は49万9,570人となり、2013年1月以来、49カ月ぶりの減少となったものの、引き続き高水準で推移している。 ・中国の2月の生産者物価指数(PPI)の伸びは2016年9月にプラスに転じてから、6カ月連続で加速。原油価格の上昇に加え、需給バランスの改善からデフレ圧力は緩和している。 Kansai...

2014年4月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2014年4月号

...みずほ中国経済情報2014年4月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 2014年1~3月期の実質GDP成長率は前年同期比+7.4%(10~12月期:同+7.7%)と減速、2012年7~9月期以来の低水準に。◆ 3月単月の主要指標をみると、工業生産や消費の伸びは1~2月から小幅に上昇したが、2013年通年の伸びを下回る水準。投資の伸びは引き続き鈍化。CPIは加速、PPIはマイナス幅拡大。住宅価格の伸びは鈍化傾向が強まる。◆ 3月の人民元預金残高およびマネーサプライの伸びは鈍化。銀行...

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年10月号

...みずほ中国経済情報2013年10月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 2013年7~9月期の実質GDP成長率は前年同期比+7.8%と、4~6月期(同+7.5%)より小幅に改善。◆ ただし、9月の主要経済指標は横ばいないし減速したものも少なくない。CPIは上昇、PPIはマイナス幅縮小。住宅価格は大都市を中心に上昇が続く。◆ 銀行貸出残高の伸びは小幅に加速。一方、銀行以外からの資金調達も含む社会融資総額は小幅に低下。人民銀行は、海外からの資金流入の増加をうけ、公開市場操作により流動性を吸収。[注目...

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年11月号

...圧力が減退した模様だ。ISM仕入れ価格判断DIは、製造業が 10 月 55.5(9 月 56.5)、非製造業が 56.1(9 月 57.2)と分岐点の 50 を上回りつつも、いずれも低下した。コア最終財PPIは緩慢な上昇米国労働省によれば、9 月の最終財生産者物価(PPI)は最終財食品物価の押し下げにより前月比▲0.1%と低下した。コア最終財PPIは同+0.1%と緩慢なテンポながら前月比上昇を示している。コア最終財PPIの前年比は、+1.2%(8 月同+1.2%)と前月と同程度のインフレ率であった。企業...

2013年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年7月号

...ほ米国経済情報(2013 年 7 月号)最終財PPIは 2 カ月連米国労働省によれば、6 月の最終財生産者物価(PPI)は前月比+0.8%(5続で前月比上昇。コア最月同+0.5%)と 2 カ月連続で上昇した。最終財エネルギー物価の上昇が牽引役と終財PPIは落ち着いたなっており、仕入れ価格判断DIの動きと整合的だ。コア最終財PPIは前年比推移+1.7%と 4 カ月連続で横ばいとなり、ディスインフレ傾向には歯止めがかかっている様子だ。前月比で見ると+0.2%(5 月同+0.1%)とインフレ率が上昇した(図表 14)。企業...

2013年6月25日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年6月号

...入れ低下した模様価格判断DIは、製造業が 5 月 49.5(4 月 50.0)と 10 カ月ぶりに 50 割れの水準となった。他方、非製造業は 51.1(4 月 51.2)と 50 近傍で前月から横ばい圏だ。最終財PPIは前月比上米国労働省によれば、5 月の最終財生産者物価(PPI)は前月比+0.5%(4昇。コア最終財PPIは月同▲0.7%)となり、インフレ率は 3 カ月ぶりにプラスに転化した。コア最終財落ち着いた推移PPIは前年比+1.7%と 4 カ月連続で横ばいとなり、ディ...

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 ISM製造業景気指数(13年2月) ~緊縮財政が強まっているものの、民需と外需に支えられ製造業活動は活発化

... 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13生産者物価とISM仕入れ価格DIの推移67646158555249464340373431282522(%)30100PPI(中間財コア、3カ月前対比年率、左)ISM仕入れ価格DI(右)902080107006050-1040-2030-3020(注)PPIは3カ月移動平均、ISM仕入れ価格DI-401093 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13本資...

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 ISM製造業景気指数(13年4月) ~米製造業部門の拡大モメンタムはヘッドラインの数字が示すほど急激に弱まっていない~

... 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13生産者物価とISM仕入れ価格DIの推移(%)3067646158555249464340373431282522100PPI(中間財コア、3カ月前対比年率、左)ISM仕入れ価格DI(右)902080107006050-1040-2030-3020(注)PPIは3カ月移動平均、ISM仕入れ価格DI10-4093 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13本資...

2013年4月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 ISM製造業景気指数(13年3月) ~自動歳出削減プログラム開始により大幅低下、拡大モメンタムの鈍化を示す~

...)-180ISM雇用(右)-200-220(注)雇用者数は3ヵ月移動平均。-24094 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13生産者物価とISM仕入れ価格DIの推移(%)3067646158555249464340373431282522100PPI(中間財コア、3カ月前対比年率、左)ISM仕入れ価格DI(右)902080107006050-1040-2030-3020(注)PPIは3カ月移動平均、ISM仕入れ価格DI-401093...

2014年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 不快なほど円安??

...関連品目主導の色彩が強い足元の物価下落をさほど悲観する必要はないだろう。・11月中国CPIは前年比+1.4%と予想外に0.2%pt鈍化。PPIは前年比▲2.7%と下落幅拡大。共に構成品目が押し並べて弱く、同国内需の弱さが浮き彫りになった格好。資源価格下落も影響した。(前年比、%)1086420-2-4-6-8-10日本 物価指数05 06 07 08 09 10 11(備考)Thomson Reutersにより作成(前年比、%)3中国 物価統計10CPICPI(右) 2510企業物価0-1-5PPI-2-31213-10050607080910(備考)Thomson...

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 製造業部門の一段の加速を示す(14年10月ISM製造業景気指数) ~米製造業は堅調さを維持、他国との製造業活動格差拡大~

...)ISM仕入れ価格DI(右)902080107006050-1040-2030-3020(注)PPIは3カ月移動平均、ISM仕入れ価格DIは1カ月-401093 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全...

2014年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 逆風弱まる、そして無用な混乱からも解放されるかもしれない

...月中国CPIとPPIは共に軟化。先進国と同様に需給が緩く物価が上がりづらい構図が継続している。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1NFP変化(NFP chg...

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 雇用の「量」は“○”でも「質」は“?“「物価」は”△“

...を後押しするものだが、質的改善を見極める上で重要となる労働参加率は大きく歪んでしまったため、その評価は難しい。また、PCEデフレータが前年比+0.9%(コア:+1.2%)と目標を大幅に下回っており、一筋縄にTapering開始とは行かないだろう。Tapering開始の上では少なくともPCEデフレータの底打ちを確認する必要があろう。しかし、PPIをみる限り企業は値上げにかなり慎重で、先行き消費者段階で物価が安定的に上昇していく姿は描きづらい。①雇用の量的改善、②雇用の質的改善、③デフレ懸念払拭に分けて考えると、①は条...

2014年1月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 製造業の業況はヘッドラインが示すよりも良好(13年12月ISM製造業景気指数) ~新規受注が10年4月以来の高水準~

...者数は3ヵ月移動平均。67646158555249464340373431282522100PPI(中間財コア、3カ月前対比年率、左)ISM仕入れ価格DI(右)902080107006050-1040-2030-3020(注)PPIは3カ月移動平均、ISM仕入れ価格DI-401093 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 1397 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13...

2014年2月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 寒波の影響で急低下したが拡大基調は維持(14年1月ISM製造業景気指数) ~重要な項目である新規受注、生産、雇用が拡大を示す水準を維持~

...雇用判断と製造業雇用者数の推移雇用者(前月差、左 )ISM雇用(右)(注)雇用者数は3ヵ月移動平均。67646158555249464340373431282522100PPI(中間財コア、3カ月前対比年率、左)ISM仕入れ価格DI(右)902080107006050-1040-2030-3020(注)PPIは3カ月移動平均、ISM仕入れ価格DI-401093 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 1497 98...

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 内外の受注増加により製造業部門の拡大ペース加速(13年8月ISM製造業景気指数) ~引き続き国内では自動車部門や住宅部門が押し上げ要因~

...仕入れ価格DI(右)902080107006050-1040-2030-3020(注)PPIは3カ月移動平均、ISM仕入れ価格DI-401093 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通...

2014年12月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年12月号

...れ価格の下落を示した。一方、非製造業は 54.4(10 月 52.1)とコスト上昇圧力の増大を示している。コア最終需要PPIは前米国労働省によれば、11 月の最終需要生産者物価指数(PPI)は前月比▲月比低下0.2%(10 月同+0.2%)と低下しており、エネルギー関連物価が下押し要因となった。また、食品・エネルギーを除くコアPPIは同±0.0%(10 月同+0.4%)と横ばいの推移だ(図表 14)。販売価格は上昇圧力増大企業の販売価格は上昇圧力が増大した模様だ。12 月の販売価格DI(現状判断)では、NY調査が+6...

2014年11月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年11月号

...イナス幅を拡大させ、非石油関連は前年比+0.5%(9 月同+0.7%)と上昇率が低下した。仕入れコスト上昇圧力は米国企業の 10 月の仕入れコストは、上昇圧力が後退した。ISM仕入れ価格判後退断DIでは、製造業が 53.5(9 月 59.5)、非製造業が 52.1(9 月 55.2)とコスト上昇圧力の後退を示している。コア最終需要PPIは前米国労働省によれば、10 月の最終需要生産者物価指数(PPI)は前月比+月比上昇0.2%(9 月同▲0.1%)と上昇した。また、食品・エネルギーを除くコアPPIも同+0.4%(9...

2014年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年2月号

...れコストは上昇圧力米国企業の 1 月の仕入れコストは、2 カ月連続で上昇圧力が高まった模様だ。に高まりISM仕入れ価格判断DIは、製造業が 60.5(12 月 53.5)、非製造業が 57.1(12図表 13(前 年 比 )2%輸入物価図表 14(前 年 比1%0%コア最終需要PPI(前 月 比 )0.6%(前 年 比 )3%図表 15消費関連コア物価指数(前 年 比 )2.5%0.4%2%2.0%0.2%1%1.5%0.0%0%1.0%▲ 1%0.5%0%▲ 2%▲ 1%▲ 4%13/1▲ 2%13/714/1輸入...

2013年5月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年5月号

...・住宅用地の供給拡大、④低価格住宅の供給加速、⑤市場管理の強化を指示。さらに、3月1日、中古住宅を売却した際のキャピタルゲイン課税(20%)の徴収厳格化を要求。3月末から地方政府が相次ぎ具体策を発表。北京市は単身者による2軒目の住宅購入などを禁止。概説輸出入投資実質GDPとCPI(前年比)CPIとPPI(前年比)(%)141312物価トピックス主要70都市の新築住宅価格(%)10実質GDP(2四半期先行)CPI(右目盛)消費(2010年12月=100...

2013年5月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年4月号

...%)と低下した(図表 9)。春節期間に高騰していた野菜など食品価格が落ち着いた。非食品価格も前年同月比+1.8%(2 月:同+1.9%)と小幅に低下した。なお、4 月に入ってからは、鳥インフルエンザの影響を受けて、鶏肉や鶏卵など畜産品の価格が急低下している。PPI 上昇率はマイナス幅が拡大3 月の生産者物価指数(PPI)は前年同月比▲1.9%(2 月:同▲1.6%)と、マイナス幅が再び拡大した。鉄鉱石価格の下落に加え、在庫調整圧力が残存している鉄鋼や非鉄金属などの価格が低下したものとみられる。住宅...

2015年3月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年3月号

...フレ率は低い水準での推移輸入物価は大きく低下輸入物価は、原油安・ドル高を背景に大きく低下している。2 月の輸入物価指数は、前年比▲9.4%と一段と低下した(図表 13)。原油安により石油関連輸入財物価が昨夏のピークと比べて大きく低下しているほか、最終財(自動車、消費財、資本財)物価も低下しており、後者にはドル高の影響がうかがえる。国内企業部門物価も低下国内企業部門でも物価は下落している。2 月の最終需要・生産者物価指数(PPI)は、前年比で下落しており、食品・エネルギーを除くコアPPIも前年比+1.0%に低下した(図表 14)。コアPCEデフ...

2014年1月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 年末年始はやわかり(12/27-1/3)

...ギャップ縮小を背景に物価の下落圧力が弱まっている様子が窺える。消費税の価格転嫁がどれだけ進むかについては不透明な点も多く、事前に予想することは困難だが、少なくとも消費税率引上げ前の3月までは同程度のモメンタムが続くだろう。日米CPI格差(日>米)は0.3pptまで拡大した。(%)(%)コア(コア)CPI32614020-1-2日米インフレ格差8コア-2コアコア日米PPI格差-4-39500(備考)Bloombergにより作成。日米CPI格差05109500(備考)Bloombergにより作成。(年)0510(年)本資...

2013年11月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年11月号7~9月期の景気は持ち直し

...」-「低下」)4518444317主因は内需の持ち直し。公共投資の拡大に牽引され、製造業の受注が拡大。景気失速回避に向け政府の投資抑制スタンスが和らいだ点も指摘可能。実際、銀行融資残高の増勢鈍化に歯止め。概況4241164015393814373613201112(資料)中国人民銀行200513(年/月)0607080910(資料)中国人民銀行を基に日本総研作成111213(年/期)(株)日本総合研究所 中国経済展望 2013年11月-4-深セン市と北京市が住宅価格抑制策を厳格化CPIとPPI(前年...

2013年9月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

通貨防衛に追われるインド~防衛のための金融・財政引き締めで景気は停滞~

...) 市中銀行が保有する国債のうち、時価評価を(注)インドは WPI、米国は生産者物価指数(PPI)。経常収支求められる「短期保有」の分類につき、預金が均衡していた 2004 年 4~6 月を起点に、みずほ総合残高対比24.5%を上限に「満期保有」へと分研究所試算。類変更し、価格急落前の7月15日時点の評価額 (資料)インド統計計画実行省、米国労働統計局、CEICに固定することを容認(資料)RBI7引き続き滞ると考えられる。このように、需給動向からは当面はルピー相場に下落圧力が続くとみられる。一時...

2015年3月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

「新常態」移行元年の経済運営~2015年全人代のポイントと中国を待ち受ける課題~

...%にまで低下し、2009年11月以来の低水準となった。翌2月には同+1.4%に上昇したが、旧正月休暇を背景とする生鮮野菜・果実、旅行関連サービスの一時的な価格上昇によるところが大きい(図表4)。また、工業生産者価格指数(PPI)の伸びも2015年2月には同▲4.8%となり、マイナス幅がさらに拡大している状況だ。(2)景気へのてこ入れを強化このような状況ゆえ、中国政府は景気に対するてこ入れを強めることを決意したとみて間違いない6。それが明らかなのが財政政策であり、楼継偉・財政部長が3月6日の...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ