「QE2」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年9月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

最近聞かなくなった「ユーロ圏失業率、過去最悪を更新」、「ギリシャ金利急騰」

...時は比較対象から除くとしても、QE2終了時には米株下落、米金利低下の裏で重債務国の金利が急騰し信用不安が拡大した(図)。この時期の欧州は11年4月にポルトガルが支援を要請、市場の疑心暗鬼はイタリア、スペインに広がりを見せており、金融市場は極度の緊張感を帯びていた。QE2終了後の米株安と欧州の信用不安増幅が重なったのは、偶然の一致のようにも感じるが、FEDの散布する過剰流動性が重債務国の国債に向かわなくなったことも遠因と考えられる。ところが、今回はTapering観測が高まるなかでも重債務国(GIIPS)金利が落ち着いており、エマ...

2013年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米金利の本格上昇は年後半 ~財政の崖クリア後はスティープ化進展

...て米景気に悪い影響をもたらすとの見方が大勢を占めるようになると考えられる。すなわち、量的緩和政策の打ち切りが遅れることで市場の期待インフレ率が高まれば、名目金利の押し上げに繋がるほか、インフレヘッジ手段ともなる商品への投資意欲が高まることで資源価格などが高騰、家計を圧迫して消費にマイナスの影響が及ぶ、などの弊害が生じやすくなる。実際、QE2時には原油をはじめとした商品価格が広範囲に上昇した結果、米国では消費の抑制要因となったばかりでなく、新興国を中心に世界的なインフレ加速を招いた。この結果、FRBは家計のバランスシート改善が不十分なままに、QE2の(当初...

2015年3月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

達磨さんが転んだ、米はドル高けん制に転じるか

...ての米国サイドにあったとするものだった。その理屈から、下記の図表の⑥の2007年以降、米国が大恐慌以来のバランスシート調整に陥るなか、異例の量的緩和であるQE1、QE2、QE3を用い、事実上自国通貨安政策を行ったことが、異例な円高につながった。一方で2013年以降、米国のバランスシート調整が進展し、米国がQE3からの出口を探り自国通貨安政策を転換させたことで、図表の⑦で示した為替の転換が生じた。2013年以降円安基調にあるという認識の背景には、この考え方がある。3月6日に発表された2月の...

2014年10月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

為替はやはり「達磨さんが転んだ」、ドル高でも牽制なし

...導権はいつも米国サイドにあったということだ。その論点からみて、2000年代以降を振り返ると、図表⑥の2007年以降では、米国が大恐慌以来のバランスシート調整に陥ったなか、異例な量的緩和であるQE1、QE2、QE3を用いて実質的に自国通貨安政策を行ったことが、異例な円高につながった。一方、2013年以降は、米国でバランスシート調整が進展し、米国が自国通貨安政策を転換させたことで、図表⑦の為替の転換が生じた。筆者は2013年以降、円安基調にあるとした認識の背景には、以上の考え方がある。今日、ポイントとなる米国サイドの状況をみると、10月3日に...

2015年2月6日参議院フィードバック数:0社会/政治海外

米国「量的緩和政策」終了

...で採用されるようになりました。(問)米国のQE3とはどのようなものですか。(答)QE3は、主に雇用環境の改善を目的として、毎月 400 億ドルの住宅ローン担保証券(MBS)と 450 億ドルの長期国債を銀行から購入し、市場の通貨量を増やすものです。米国の量的緩和政策は、リーマン・ショック後の金融市場の混乱への対応を目的として 2008 年 12 月に導入され、第一弾(QE1)では1兆 7,250 億ドルの国債・MBSを、第二弾(QE2)では 6,000 億ドルの国債を購入しました。(問)なぜFRBはQE3を終...

2014年3月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の出口事例、1994年の不安再来はあるか

...え緩和量は十分でも、そこからの転換、出口に向かう変化率が問われる。1994年も今回も、米国経済のバランスシート調整のなか、実質金利マイナス策で経済を回復させてきた状況からの出口を目指している。ただし、今回のバランスシート調整の規模は1930年代の大恐慌以来の大きさであり、その結果がQE1、QE2、QE3にわたる異例の量的緩和とゼロ金利政策であった。そうした状況からの出口には、1994年とは異なる慎重な対応が求められる。すでに「時期尚早な金融緩和解除を回避すべき」(IMF)や、「先進国は身勝手」(インド中銀、ラジ...

2014年3月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

やはり為替は「達磨さんが転んだ」、円安継続なるか

...ーチTODAY2014 年 3 月 4 日これまでも日本サイドは為替の円安を志向していた。しかし、先の図表の⑥の転換(2007年)以降、米国が戦後最大のバランスシート調整下、暗黙裡にドル安誘導を行なう状況にあったなか、日本側からの円高回避に向けた対応は無力だった。米国の異例な金融緩和、QE1、QE2、QE3は実質的にドル安誘導に割り当てられていた。ただし、こうした状況からの転換の兆しが、2012年後半(⑦)に生じた。それは、米国のバランスシート調整の進展を中心とした次の4つの要因による。①バラ...

2011年8月15日内閣府フィードバック数:8社会/政治

アメリカ:2010年とは異なる経済環境下における金融政策の動向

...ダウ平均株価はFRBによるQE2が始まった2010年11月の水準まで下落し(図2)、投資家心理を示すとされるVIX指数も急上昇し、2010年5月のギリシャ・ショック時の水準を上回っている(図3)。景気回復ペースの大幅な鈍化や市場心理の悪化を背景に、FRBは、8月9日のFOMCにおいて、FF金利の誘導目標を現行の0~0.25%で据え置き、異例に低水準のFF金利が妥当となる公算が大きい期間として、「今のところは、少なくとも2013年半ばまで(at least through mid-2013)」と...

2014年7月6日財務省フィードバック数:0社会/政治

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

...は、GSE 債と MBS の買入の増額とともに、3,000 億ドルの国債買入を発表した。これらの一連の買入政策が実施された 2008 年 11 月から 2010 年 6 月が、いわゆる FRBによる量的緩和政策の第 1 弾(QE1)と呼ばれる期間である。また、FRBは、量的緩和政策の第 2 弾(QE2)として 2010 年 11 月に新たに 6,000 億ドルの国債買入を発表した。2011 年 9 月には、保有する国債の年限を長期化させるために、残存期間 6~30 年の国債を 4,000 億ド...

2014年12月23日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

...グラムの内容め、当時の経験からの実証は叶わな2010/11月∼ 財務省証券2011/6月という呼称を用いてきた。その理由QE2(量的緩和2)目的買い入れ資産かった。央銀行が「ゼロ金利」の状態で政策2008/11月∼ GSEエージェンシー債2010/3月MBS財務省証券(=米国債)危機の収束QE1(量的緩和1)は、当初から米連邦公開市場委員会(FOMC) メ ン バ ー が、 先 行 し て 非伝統的な手段による金融政策運営の可能性に関して、当時唯一の経金利の誘導に必要なレベルを大幅に(出所)Fed資料...

2013年8月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年8月号 ドル円:当面は方向感を欠くものの、徐々に円安ドル高基調に復帰へ。ユーロ:ユーロの上値が重い展開が続く見通し。:相場見通し、ユーロ相場見通し

...時に資金が流入していた先進国で、株価の調整が進むリスクがあるほか、QE1やQE2実施時に資金が流入していた新興国・資源国でも、株式・債券・通貨が下落するリスク。2014年にかけて先進国景気は堅調、新興国景気は足踏みという潮流が強まっていくと予想されることを踏まえると、資金流出リスクは、先進国よりも新興国・資源国の方が大。先進国では、FRBのQE3縮小により、一時的に株価の調整色が強まる可能性はあるものの、堅調な景気に支えられ、株価の調整余地は限られる公算。一方、新興国では、資源・中国向け輸出への依存度が高く、成長...

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:2社会/政治海外

経済レビュー:FRBの出口戦略と長期金利の行方

...金利をゼロ(0-0.25%)に引き下げ2009/3/18 「長期に渡り」低金利を維持2009/9/232009/11/4 時間軸に低金利持続の条件を追加2010/8/102010/9/212010/11/32011/1/6準備預金への付利を開始付利金利を0.25%へ引き下げQE1導入(国債 3,000億ドル、エージェンシー債 1,750億ドル、MBS 12,500億ドル)MBS購入を10年3月まで延長エージェンシー債の購入額を減額MBSへの再投資決定追加資産購入を示唆QE2導入(国債6,000億ドル)FRB...

2015年5月13日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスとリスク・オン経済

...答えは容易に見出せず、議論ばかりが延々と15年間続いてしまいました。既存の経済学が、ベルリンの壁崩壊までは、もっぱらインフレを心配しなければならないという今日とは正反対の状況を前提にして組み立てられたことを考えれば、無理もないでしょう。それを横目に見ながら、日本のようなデフレになってはならないと米国が踏み切ったのがリーマンショック後の思い切った量的金融緩和です。米国がQE1、QE2と量的金融緩和を実施するたび、日本では実力と関係なしに円高が進み、デフレが進むという悪循環に陥り、空洞...

2014年9月2日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

内外金利・為替見通し No.26-6  国内金利環境:14年度の日本経済は、減速しつつも回復基調を維持

....50%から 0.75%に引上げ11 年6月末までに長期国債を月 750 億ドルのペースで 6,000 億ドル購入することを決定(QE2)少なくとも 13 年半ばまでFFレートの超低水準を維持することを示唆12 年6月末までに、残存期間6~30 年の国債を 4,000 億ドル購入し、残存期間3年以下の国債を同額売却する方針を決定(ツイスト・オペ)少なくとも 14 年終盤までFFレートの超低水準を維持することを示唆12 年末までに、残存期間6~30 年の国債を 2,670 億ドル程度購入し、残存...

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年11月(内外経済の見通し/全文)

...る長期国債の保有残高が総発行残高に占める割合の推移70(%)6060日銀の保有割合(2013年以降は現行買入れペース維持の場合)50FRBの保有割合(2013年10月末:直近時点)40FRBの保有割合(2011年6月末:QE2終了時点)30FRBの保有割合(2010年6月末:QE1終了時点)(%)(%ポイント)国債利回りの最近の変化幅〈右目盛〉試算500.6日銀による長期国債保有残高(10月末時点の実績)の総発行残高(除く財投債)に占める割合〈左目盛〉同(3月末時点の実績)〈同〉400.80.4300.2200.010-0.2201000-0...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ