「QE2」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年12月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 欧州からのバッドニュースはたったの2つ(2013年)

...からのバッドニュースはたったの2つ(2013年)~今年の振り返り、或いは過去のQE終了局面との比較という点で欧州債務問題の進展が過小評価されていると筆者は考える。QE2終了時に日米株は20%程度下落したが、この時はQE効果息切れと欧州債務問題が重なったことが大きかった(その他デットシーリング問題も)。だが、今年、欧州発のバッドニュースが金融市場を揺らしたのは伊総選挙とキプロスショックの2回のみ。今後も世界を揺らすようなイベントは見当たらず、過去のQE2終了時と比べ金融市場のストレスは劇的に緩和している。こうして考えると、今回...

2014年3月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

やはり為替は「達磨さんが転んだ」、円安継続なるか

...ーチTODAY2014 年 3 月 4 日これまでも日本サイドは為替の円安を志向していた。しかし、先の図表の⑥の転換(2007年)以降、米国が戦後最大のバランスシート調整下、暗黙裡にドル安誘導を行なう状況にあったなか、日本側からの円高回避に向けた対応は無力だった。米国の異例な金融緩和、QE1、QE2、QE3は実質的にドル安誘導に割り当てられていた。ただし、こうした状況からの転換の兆しが、2012年後半(⑦)に生じた。それは、米国のバランスシート調整の進展を中心とした次の4つの要因による。①バラ...

2014年3月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の出口事例、1994年の不安再来はあるか

...え緩和量は十分でも、そこからの転換、出口に向かう変化率が問われる。1994年も今回も、米国経済のバランスシート調整のなか、実質金利マイナス策で経済を回復させてきた状況からの出口を目指している。ただし、今回のバランスシート調整の規模は1930年代の大恐慌以来の大きさであり、その結果がQE1、QE2、QE3にわたる異例の量的緩和とゼロ金利政策であった。そうした状況からの出口には、1994年とは異なる慎重な対応が求められる。すでに「時期尚早な金融緩和解除を回避すべき」(IMF)や、「先進国は身勝手」(インド中銀、ラジ...

2015年3月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

達磨さんが転んだ、米はドル高けん制に転じるか

...ての米国サイドにあったとするものだった。その理屈から、下記の図表の⑥の2007年以降、米国が大恐慌以来のバランスシート調整に陥るなか、異例の量的緩和であるQE1、QE2、QE3を用い、事実上自国通貨安政策を行ったことが、異例な円高につながった。一方で2013年以降、米国のバランスシート調整が進展し、米国がQE3からの出口を探り自国通貨安政策を転換させたことで、図表の⑦で示した為替の転換が生じた。2013年以降円安基調にあるという認識の背景には、この考え方がある。3月6日に発表された2月の...

2014年1月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「新重商主義」とアベノミクスのリスク

...、クウェートジブチ、エチオピア米国カナダミャンマーラオス、タイベトナムカンボジアアルゼンチンモザンビーク計30カ国(資料)各種資料よりみずほ総合研究所作成この1年、日本の株価の急上昇を中心とした大きな成果が確保できたのは、アベノミクスによる「三本の矢」とされる経済政策が支えた面はあるものの、その前提として海外環境の大きな転換があったと考えてきた。それは、具体的には2007年以来生じているバランスシート調整に対応する為の、QE1、QE2、QE3とい...

2011年8月15日内閣府フィードバック数:8社会/政治

アメリカ:2010年とは異なる経済環境下における金融政策の動向

...ダウ平均株価はFRBによるQE2が始まった2010年11月の水準まで下落し(図2)、投資家心理を示すとされるVIX指数も急上昇し、2010年5月のギリシャ・ショック時の水準を上回っている(図3)。景気回復ペースの大幅な鈍化や市場心理の悪化を背景に、FRBは、8月9日のFOMCにおいて、FF金利の誘導目標を現行の0~0.25%で据え置き、異例に低水準のFF金利が妥当となる公算が大きい期間として、「今のところは、少なくとも2013年半ばまで(at least through mid-2013)」と...

2013年10月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

イエレン時代は金融市場になにをもたらすか

...とも安定した時代、正常化の時代なのかという「時代認識」が重要と筆者は考えている。確かに、今日のFRBの政策は、今年9月のFOMCでQE3の縮小の動きは見送られたなか、2009年以降のQE1、QE2、QE3に至る異例な金融緩和、量的緩和を引き摺る状況にある。先月のFOMCが世界的にあれほどまで注目を集めたように、その出口の道程は明示されたものではなく、過去の未曾有な環境からの正常化が示されたものではない。バーナンキ議長は異例な量的緩和であるQE3縮小を通じて、その出口を模索するが、自らの任期中2014年1月のFOMC...

2013年11月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米国出張メモ2、日米の長期金利管理時代の到来か?

...をもたらしたかのコンセンサスは難しいが、共通した見方は住宅市場の改善がMBSを通じて行われたことにある。下記の図表のように、米国の住宅価格は2007年以降に大きく低下した後、QE1からQE2、QE3に至る支援策で、足元では値を戻す状態にある。■図表:米国の住宅価格の推移240(2011年1月=100)22020018016014012010002040608101214(暦年)(注)白丸は各年 11 月時点の先物価格。(資料)Bloomberg よりみずほ総合研究所作成住宅市場に関しては、実体...

2013年10月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今、韓国でも注目されるアベノミクス

...ノミクスによる円安に対する怨嗟の気持ちがあると考えられた。日本の円安に対し筆者がセミナーで主張した論点は、為替市場のトレンド転換の主導権は戦後の歴史上、常に日本にはなく米国にあり、昨年末の円安への転換は米国の住宅市場を中心としたバランスシート調整の進展と米国の自信回復にあるとした。振り返れば、2007年のサブプライム問題とそれに続く2008年のリーマンショック以降、米国がQE1、QE2、QE3の金融緩和策で実質的なドル安政策を暗黙裡に展開し、同様に、欧州も債務危機からユーロ安政策に踏み出したなか、日本だけが、世界的な為替切下げ競争「金融緩和五輪」への...

2013年12月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米国出張メモ、アベノミクスへの関心は根強い

...分野については相応の成果を示すことが必要になるだろう。また、日本の金融政策については、日本でのコンセンサス的な意識以上に日銀の追加的な金融緩和への関心が強い。追加はいつあるのか、また、次の一手はなにかとの具体的な質問が多く寄せられた。さらに、過去1カ月余りの大きな変化はドル円為替相場の100円台の定着にあった。先に「失われた3年」と言った現象の主要な要因は為替市場にあり、世界の「金融緩和五輪」で日本が敗者になっていた状態からの転換にあった。すなわち、米国においてQE1、QE2、QE3に至る実質的な通貨引き下げ策の転換が昨年末から生じ、そこ...

2015年1月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

いかにもドラギらしい ~緩和マネー継続に安心感も、物価の浮揚効果は未知数~

...の量的緩和時の金融市場や経済指標の推移を確認すると(図表3)、米国債利回りはQE1では開始直後に大きく低下、QE2とQE3では追加緩和を事前に織り込む形で実際に政策を開始する前に低下した後、QE開始後は景気回復期待もあり上昇に転じた。ドルの実効為替レートはQE1とQE2ではQE開始後に一段と低下したが、QE3ではテーパリングの開始や日欧の緩和強化の影響もありドル高が進んだ。株価は何れのケースもQE開始直後にいったん調整し、その後は資産市場への資金流入や景気回復期待もあり持続的に上昇している。金融市場の緊張度合いを示すVIX指数は、QE1の開...

2014年11月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

追加緩和効果も米経済データ次第 ~ドル高効果にシンクロしてこそ威力を発揮~

...総裁の金融緩和が「異次元緩和」に化けたのは、アベノミクスの演出と海外の金融緩和のせいである。翻って、今回の追加緩和はどうか。FRBがテーパリング完了を発表したタイミングに、日銀の追加緩和をぶつけてきた。ドル高・円安が双方向で進むことをアピールするのが、黒田総裁の狙いに思える。やはり、黒田総裁は、米国次第であるという点も十分に考慮している。注意すべきは、今度は金融緩和ではなく、引き締め方向のイベントなので、2013 年 4 月とは違っていることだ。これまでの量的緩和策であるQE1・QE2ともに、その...

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

1ドル100円を突破、通貨安競争への警戒 ~円安容認の賞味期限をどう考えるか~

...強く働くとしても、それ以降は徐々に減 圧していくと考えられてきた。そうした折、5 月初に発表された雇用統計は、予想されていた弱めの動きが 意外に早く改善されてきた点で、市場の見方を強気にさせる材料だったと言える。そこへ最近の新規失業保 険申請件数の発表に伴う雇用改善観測を通じて、ドル円レートが 100 円を突破してきた。 中長期の効果としては、昨年 9 月に発動された QE3 の効果も株価上昇を通じた個人消費の刺激効果も、米 国経済を拡大させている。過去の QE1、QE2 の経 験を踏まえると、発動...

2015年の内外経済金融の展望――経済再生に向けて再始動する日本経済――

...ルの資産を購入し,次いでQE2(10吸収を図る措置)など補完策を講じるととも年11月∼11年6月) では米国債を合計6,000に,正常化過程のどこかの段階で超過準備億ドル買い入れた。さらにQE3(12年9月∼預金金利を引き上げる。また,保有する金14年10月)では,MBSと米国債を合計1兆融資産については,利上げ開始後に償還資8,100億ドル購入した。金の再投資を終了し,最終的には経済見通FRBは14年10月末で新規の資産購入を停しや金融情勢を勘案しながら段階的かつ長止したが,満期...

2013年7月3日日本総研フィードバック数:1社会/政治

「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済―米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化―

...FRBによるQE3早期縮小。バーナン キ米FRB議長は、経済が予想通り推移すれば「年内に資産買入ペースを縮小」、「来年半ば までに資産買入を終了」すると表明。これを受け、米国長期金利は大幅に上昇。米国経済は 中期的に改善の方向にあるものの、GDPギャップは依然大きく、ディスインフレの傾向が続 いている状況下での拙速な緩和縮小は景気の順調な持ち直しを阻害する恐れ(図表6-1)。 (2)第2が米QE3早期縮小に伴う投資マネーの変調。米FRBのQE1実施時には資源国に、QE2実施時 には...

2013年7月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年7月号、ドル円相場見通し、ユーロ相場見通し

...での米国投資家の対外証券投資の動向を地域別にみると、QE1実施時には資源国に、QE2実施時には南米やアジア新興国に、QE3実施時には先進国に大量の資金が流入。5月以降の証券投資動向は未公表ながら(7月4日時点)、海外投資資金の米国回帰が生じていても不思議ではない状況。次に、投機筋の動向を示すとされるシカゴIMM通貨先物取引(非商業部門)の動向をみると、5月にかけて先進国通貨(円・ユーロ・スイスフラン・ポンド・加ドル)に対しては米ドルロングポジション、春先にかけて資源国・新興国通貨(豪ドル、NZドル、メキシコペソ)に対...

2015年4月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 金融と税財政の将来を考える】「出口」局面に向けての非伝統的金融政策運営をめぐる課題

...の収束」から「実体経済の浮揚」へと次第に変化させつつ、2010年11月からの通称「QE2」、2011年9月からの通称「オペレーション・ツイスト」、2012年9月からの通称「QE3」と展開し、2014年10月をもって新規の債券買い入れを停止した。なお、FedはLSAPと並行して、「フォワード・ガイダンス」を用い、政策金利(FFレート)を事実上の下限である0.25%にとどめる状態をいつまで続けるのか、に関する見通しを市場に示し、金融緩和スタンスを維持している。(図表2)連邦準備制度のバランスシートの推移〈資産...

2013年11月2日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

国内金利環境:景気回復、デフレ圧力の低下で、日銀は様子見スタンスを継続

...ル購入することなどを決定出口戦略に関するバーナンキ FRB 議長の議会証言の原稿公表FRB、公定歩合を 0.50%から 0.75%に引上げ11 年6月末までに長期国債を月 750 億ドルのペースで 6,000 億ドル購入することを決定(QE2)少なくとも 13 年半ばまでFFレートの超低水準を維持することを示唆12 年6月末までに、残存期間6∼30 年の国債を 4,000 億ドル購入し、残存期間3年以下の国債を同額売却する方針を決定(ツイスト・オペ)少なくとも 14 年終盤までFFレートの超低水準を維持することを示唆12 年末までに、残存期間6∼30...

2015年5月13日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスとリスク・オン経済

...答えは容易に見出せず、議論ばかりが延々と15年間続いてしまいました。既存の経済学が、ベルリンの壁崩壊までは、もっぱらインフレを心配しなければならないという今日とは正反対の状況を前提にして組み立てられたことを考えれば、無理もないでしょう。それを横目に見ながら、日本のようなデフレになってはならないと米国が踏み切ったのがリーマンショック後の思い切った量的金融緩和です。米国がQE1、QE2と量的金融緩和を実施するたび、日本では実力と関係なしに円高が進み、デフレが進むという悪循環に陥り、空洞...

2014年12月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治

新内閣の政策課題-経済・財政両立に向けた5つの提言

... Focus(図表3)各QE後の株価ピーク時までの年率変化率(%)(図表4) 米国の生産性伸び率と実質金利株価 QE1 QE2 QE3 47.85 26.20 12.88為替 ▲ 8.68 ▲ 7.43 2.7810 8 6 4 2 0 ▲2 ▲4 ▲6(%) 生産性伸び率 実質金利(資料)Bloomberg L.P.、BIS50 55 60 65 70 75 80 85 90 95 00 05 10 (年) (資料)U.S.Dep of Commerce,FRB一方、消費増税の先送り、および、補正...

2014年9月2日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

内外金利・為替見通し No.26-6  国内金利環境:14年度の日本経済は、減速しつつも回復基調を維持

....50%から 0.75%に引上げ11 年6月末までに長期国債を月 750 億ドルのペースで 6,000 億ドル購入することを決定(QE2)少なくとも 13 年半ばまでFFレートの超低水準を維持することを示唆12 年6月末までに、残存期間6~30 年の国債を 4,000 億ドル購入し、残存期間3年以下の国債を同額売却する方針を決定(ツイスト・オペ)少なくとも 14 年終盤までFFレートの超低水準を維持することを示唆12 年末までに、残存期間6~30 年の国債を 2,670 億ドル程度購入し、残存...

2014年5月18日三井住友銀行フィードバック数:0社会/政治

マンスリー・レビュー(2014年4月号)

...する債券の大量の買い入れを始めましり高い成長性と多くの投資機会が見込また。これがいわゆる「QE1」(量的緩和れる新興諸国に大量に流入しました。そ第一弾、の意味)です。その後2010年夏の結果、おしなべて新興諸国の金利は低には、多額の財務省証券(米国債)を買下し、通貨は上昇し、株式市場は活況にい入れることを通じて、長期金利の低下沸き、実物投資も活発化しました(図表)。をめざす「QE2」に乗り出しました。さ そうした状況は、バーナンキ前議長がらに2012年9月には、特定の期限を設け「QE3」の出口について言及した2013年ず、米国...

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年11月(内外経済の見通し/全文)

...る長期国債の保有残高が総発行残高に占める割合の推移70(%)6060日銀の保有割合(2013年以降は現行買入れペース維持の場合)50FRBの保有割合(2013年10月末:直近時点)40FRBの保有割合(2011年6月末:QE2終了時点)30FRBの保有割合(2010年6月末:QE1終了時点)(%)(%ポイント)国債利回りの最近の変化幅〈右目盛〉試算500.6日銀による長期国債保有残高(10月末時点の実績)の総発行残高(除く財投債)に占める割合〈左目盛〉同(3月末時点の実績)〈同〉400.80.4300.2200.010-0.2201000-0...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ