「RFID」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年8月8日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

RFIDシステム市場に関する調査結果 2013

...RFIDシステム市場に関する調査結果 2013 ~タグ価格の低下、UHF帯新周波数移行を背景に、市場環境は好転へ~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の要綱にて国内のRFIDシステム市場に関する調査を実施した。1. 調査期間:2013年3月~6月2. 調査対象:RFID関連メーカー、ソリューションサービス事業者、ユーザー企業、業界団体3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<RFIDシステムとは>RFID(Radio...

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(中編)--到来するデータ活用社会

...から個体識別にRFIDを用いていたが、収集した200~300項目に渡るデータをクラウドサービスを導入することで分析可能にした。その結果、牛乳生産量などの予測や出荷の最適化に結びつけることができ、中期的な投資計画にも貢献している。このほか、漁業や回転すしチェーン、バス事業、広告業などで、RFIDなどのセンサデータによる最適化がなさている。「RFIDによる個別商品管理に基づく需要予測(あきんどスシロー)」出典:「平成26年版情報通信白書」(総務省)  ビッグデータ活用の中で重要な位置を占めるのが、「G空間情報(地理...

2017年7月26日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

IoT型センサーシステム数を予測(2017年)

...サーとデータロガーだけで構成されスタンドアロンで利用されている装置や、スマートフォン等のスマートデバイス、RFID(Radio Frequency Identification)システムは含まない。調査結果サマリー◆ 2016年度のIoT型センサーシステム市場は109.6 万システムで前年度比6.7%増加2016年度の国内IoT型センサーシステム市場規模は、エンドユーザー設置数量ベースで前年度比6.7%増の109.6万システムとなった。2016年度は、M2Mを通信回線に利用したセンサーシステムの導入が好調であった。さらにMVNOの事業拡大によるアプリケーション(利用...

2012年12月26日アイティメディア★フィードバック数:14ビジネス

キーマンズがクライアント端末についての調査結果を公表しました。

クライアント端末の利用環境

...コン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 「端末」関連の特集対前年比9.1%増。今後はUHF帯RFIDシス...

2016年7月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

センサーネットワークシステム数を予測(2016年)

...ンドアロンで利用されている装置やスマートフォン等のスマートデバイス、RFID(Radio Frequency Identification)システムは含まない。センサーネットワークシステムは、エネルギー管理や道路・インフラ関連、工場・製造関連、セキュリティ関連、農業・畜産関連、ヘルスケア関連、流通関連、自然・環境観測、自動車関連などで利用されており、本調査ではこれらの9カテゴリーで利用されているシステムを対象とした。調査結果サマリー◆2015年度の国内センサーネットワークシステム市場は59.3万システム、2020年度には136.4万システムに拡大と予測2015年度...

注目の集まるワイヤレス給電技術についての市場調査です。

ワイヤレス給電の最新動向と将来展望

...向けで注目され新規参入企業や電磁誘導方式と並行して研究開発をすすめている企業が、東芝、ソニー、TDK、トヨタ自動車、三菱自動車工業など約20社ある。 ③電界結合方式近距離伝送、小電力では送受電デバイス間の位置決め自由度が水平方向で高い。2011年11月にタブレット向けに商品化が行われた。主要参入企業は、村田製作所、竹中工務店、ロームの3社。 ④電波受信方式長距離伝送で、同時に複数のデバイスに電力伝送が可能。人体安全防護上の規制があり、伝送電力は微小にとどまる。RFIDから宇宙太陽発電(SSPS)までその応用分野は広く、多くの機関や企業が研究を行っている。レク...

2013年9月18日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

ノートパソコンを利用する際、あなたはどちら派?

...で役立つのがアプリ短期構築…現在では特定エリアでのRFIDの導入事例が増えていますが、今回は技術動向と今後の展望についてご紹介し… 日本は大規模な災害を繰り返し経験しながらそのたびに見事な復興を遂げてきた稀有な国です。そのためかI… 「最適」関連のセミナー 情報システムの「所有」から、ITサービスの「利用」に移り変わっています。システム運用の役割は情報システムの「維持管理」からITサービスの「提供」に大きく変わる必…ダッシュボードの特徴とは何でしょうか?“社内のさまざまなシステムに蓄積されたデータを利用して集計できる”とい...

2015年6月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度製造基盤技術実態等調査事業(我が国繊維産地企業の商品開発・販路開拓の在り方に関する調査事業)報告書

...てになりますが本日の論点は、以下の 2 点と考えております。・消費者ニーズを踏まえたものづくりをしていくためには何が必要か。・作り手のこだわりや素材の品質の高さを消費者に訴求するためには何が必要か。また、参考資料として J∞QUALITY の説明や RFID の活用についてまとめているので、後ほどご確認ください。○山田氏 フォルツニットの斉藤さんに 2 年前にはじめてお会いしたときに、五泉市で自社ブランドを手がけている企業はほとんどない中で、フォルツニットが自社ブランドの「コルカエロ」をは...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ